平成30年度「新入職研修」が行なわれました

4月4日(水)に、教育委員会主催の「新入職研修」が行なわれました。
おもに、昨年度および今年度に入職した職員が参加しました。



まずは、『福祉施設(社会福祉法人)で働くということ、施設理念、地域包括ケアシステム』の講義がありました。講師は、施設長が務めました。
地域包括ケアシステムの中の一員として、施設が地域に必要とされることが必要であることを学びました。



次に、『対人援助の基本となる姿勢・考え方』の講義がありました。講師は、サービス部長が務めました。
対人援助において大切なことは、尊厳の保持であることを学びました。



次に、『社会人としてのマナー』の講義がありました。講師は、総務部長が務めました。
仕事上で関わる人と良好な関係を築こうと思ったとき、大切なのは社会人としての常識やマナーであることを学びました。



最後に、『本日の講義を受講して明日からできること』の講義がありました。講師は、教育委員が務めました。
上記3単元を受講して、学んだことを振り返り、自分でできることは何かを考えました。



これからも、笑顔あふるる温もりケアをご提供します。

Posted at 2018年04月09日 09時32分53秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*