千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
市原市T様邸

『Loha−Style』10


T様邸つづきになります。廊下にはちょっとした収納を設けました。
『何をしまうか』・・・迷った時は可動棚で対応!ということで、自分の好きな位置に移動できる可動棚がお勧めです。(本などの重い物は無理です)







T様邸トイレ。1階は人気のオフホワイトをセレクト。







2階はフォググリーン。この色は好き嫌いが分かれるかと思いますが、これはこれで「あり」だと思うんです。いかがですか?しかも、なんとなく『ロハスタイル』のイメージにピッタリな色合いだと思いますし、個人的に好きな色です。







T様邸2階のお部屋。
壁も天井も床もすべて『木』のお部屋です。
梁をそのまま見せて、天井は屋根なりに仕上げ、壁の上の方から光を採るために窓をセット








約12.5帖のこの大部屋は、将来3つに分ける計画となっております。







壁も床も、あとは経年変化によって色の移り変わりが楽しめます。住めば住むほどに味が出てくる住宅。年月がこの建物を仕上げてくれるというわけであります。






バルコニーから見るこのほのぼのとした風景も、独り占めです。

Posted at 2010年04月09日 15時27分56秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』9


T様邸【ロハスタイル】新築施工例。2階へ上がってまいりました。







2階廊下の空間。今回お風呂は2階にもってきています。当然洗面・脱衣室も2階になります。






北側の奥に配された洗面・脱衣室は暗くなってしまうため、吹き抜けから光が入るように開口部を設けました。







というわけで先に洗面室からチェックしていきます。







洗面台は埋め込み型で、カウンターなどは手づくりです。下の収納部分を大きく空けておけば、収納ボックスなどでたくさん洗面まわりの物をスッキリとしまう事ができます。







鏡は特注の横長〜なものを設置。この大きさなら、二人まで並ぶ事ができます。
朝の忙しい時などにも大変便利です







廊下側から見た開口部がここで活躍しています!階段吹き抜けからの光を有効に取り入れて、いつでも明るい洗面室になりました。







ちなみに1階トイレ脇に設置された洗面台も手づくりになっています。
確かに既製品の洗面化粧台のほうがキレイにおさまるかもしれませんが、こういう手づくりなものには手づくりなりの良さ・味わいが出てくると思います。
床と合わせた色合いなので、なんだか【温か】な雰囲気が伝わってくるようです

Posted at 2010年04月06日 15時27分29秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』8


開放感のあるリビングには開放感ある見通せる階段を。手摺りは鉄骨造りでシンプルなデザインに。白い塗装で仕上げました。






緑の自然がどこにいても確認できるようになるべく窓を効果的に使いたくて、階段横にも設置。階段と絡んでくるので、施工する大工は気が抜けません。Ku様邸に引き続き、よろしくお願いします・・・。
ちなみにこの後の現場でもここの大工さんはこのデザイン階段に出会うことになりますが、それはまた別の施工例でお話します・・・。







デザインばかりを優先にしてはいられません。ちょこっと収納できるような所を階段下のコーナーに設けました。







階段上は言わば吹き抜けです。上からも光が入るように、トップライトをつけています。







階段上の窓は手が届かない場合のためにチェーンをひいて窓を開ける事ができるものがあります。







階段手摺りは丸型。階段に差し込んで固定してあるので、こう見えて頑丈です。

Posted at 2010年04月03日 15時27分01秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』7


キッチン側面のカウンター下。簡単な棚を造りました。
雑誌入れにしてもいいし、ガラス戸を付けてコーヒーカップなどの収納にしてもいいですし、レース生地のようなもので戸の代用をすると素敵な収納になりそうです。







こちらがキッチンセット。必要最低限の機能だけを残し、シンプルで、かつ、使いやすいキッチン。扉の取手もライン取手に替えて、よりシンプルに。この空間では吊り戸もなくしています。
吊り戸に関しては、他にキッチン用収納を造ってありますのでご安心を!







コンロはIHを選択。夏場汗だくになって料理しなくてよくなると聞きますが、どうなのでしょうか。







キッチンの奥の空間が食品庫となります。カウンターを付けてちょっとした家事スペースにしても面白いかもしれませんね。




でもせっかくキッチン前に大カウンターがあるのですから、ここでいろいろ工夫して活用してもらうのが一番ですヽ(´∀`*)






こちらは木工作成の収納家具。キッチン背面に設置。
カウンター上に電子レンジなどをセットします。この他に既存の家具を置きます。
木工で作成した家具の中は可動式になっており、ひとつひとつの棚を好きな位置に動かせるので、大変便利に使用できます

Posted at 2010年04月03日 15時26分29秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』6


新鮮な空気が通り抜ける爽やかなリビングからお届けしております。T様邸【ロハスタイル】住宅。
LOHAS(ロハス)=Lifestyles Of Health And Sustainability 健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル。自然素材を主に使用する事で、人に優しく、有害な物質を抑えて環境にも配慮。このスタイルのイメージは、T様邸のまわりの自然環境にとってもピッタリ!であります。

ここだったら、自然素材なんて使わなくても・・・空気がおいしくて、緑を見ているだけで、それだけで健康になりそうな感じです(*´ω`)とても癒されます。







さて、T様邸のキッチンは、大黒柱を中心にLDKがまわりを囲んでいます。
カウンターをL字にして柱と絡めて、リビングもダイニングもキッチンもお互いがすぐに見渡せる位置です。
家族がいつも集まる空間、そしてLDKすべてに均等に光が入り、『究極の対面型キッチン』の形となりました。

Posted at 2010年04月03日 15時26分09秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』5


LDKの中心にあるのは150角の大黒柱。T様邸を支えます。
奥に見えるのが2階への階段です。







階段はリビングから上がれる場所に設置してあるので、少しデザインよくストリップ階段に。
手摺りは鉄骨で作成。写真は色を付ける前のものです。

Posted at 2010年03月30日 15時25分50秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』4


T様邸、1階リビングを見ていきましょう。







扉を開けるとLDKが大黒柱を中心に広がっています。







リビングから見渡せるのは、緑いっぱいのお庭。さりげなく置いてあるロッキングチェアーでさらに癒しの空間になることでしょう。
イスに揺られながらこのお庭をながめられる、とても贅沢な気分を味わえそうですね。







約10.5帖ほどのリビングは腰の高さまで床と同じパインの板で仕上げています。







天井は1階洋室と同じ仕様です。外は『自然の緑』と中は『自然の木』で囲まれた癒しのリビングになりました。

Posted at 2010年03月30日 15時25分27秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』3


玄関入ってすぐ左にある1階洋室。床は同じく無垢パイン材です。







いつもアップで撮ってもわかりにくいのは、珪藻土。1階洋室壁は珪藻土で仕上げています。
アレルギーが心配だというT様にぴったりな素材です。







天井は高さをとるために梁見せ天井です。『コストを少しでもおとし、なおかつなるべく自然素材を使用』というT様のご要望にお応えしました。
金物が気にならなければこういう方法も、やり方の一つです。







建具はすべてナチュラルな色合いで統一しました。自然素材によく合っています。

Posted at 2010年03月29日 16時07分52秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』2


T様邸で今回選定されました外観仕様は、『ガルバリュウム』と『サイディング』の組み合わせ。
ガルバリュウムで金属の質感を出し、バルコニーまわりをサイディングで囲います。サイディング部分は金属とは真逆の『木』の質感を出して、その対比を楽しめます。玄関も木の質感を出すために木調のものを選定されました。







玄関に入るとまず感じるのが自然な木の香り。
しかし今回玄関の壁はクロス仕上げなので、ここはまだまだ序の口







玄関は家の顔。
その存在感を存分にアピールしている、玄関框。イチョウの木です。
パインの床材ともマッチした色合いとなっています。







あえて下駄箱ではなく収納として引き違い扉をつけました。下駄箱よりも自由に収納できるメリットがあるので、こちらを選ばれる方も多くいらっしゃいます
反対側は玄関から通じる納戸となっております。1坪程の広さのこの納戸の床は、玄関と同じタイル仕上げなので、ゴルフバッグを置いたり、外用の子供のおもちゃをしまったり、掃除用具を入れたりと、その用途は様々です。

T様が畑をやるのに農作業用の道具をたくさん置ける事でしょう。

Posted at 2010年03月28日 15時24分52秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』


T様邸ロハスタイル住宅施工例です。







ご覧の通りロケーションは緑につつまれた大自然の真っ只中!







お隣や奥では畑ができています。
手前の更地になってる部分まですべてT様の土地になるので、農作物を育てながら自給自足の昔ながらの生活になります。こういう生活も、ちょっといいですよね。







反対の北側。小径を進むと・・・







眼下に広がる町並みを一望できます。このような自然の中で建てる家は、天然の素材を中心に使用していきたいものです。

Posted at 2010年03月26日 15時24分28秒  /  コメント( 0 )