千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
中央区S様邸

【中央区S様邸新築施工例】10


S様邸本棚ラックの先に洗面室・浴室。






洗面化粧台の上に壁から照明を出して、暖かな印象に仕上がりました。





浴槽はもちろん半身浴仕様。クリナップです。





トイレは落ち着いた色合いを中心に、癒しのグリーンを入れて個性的な空間を造り出しています。

Posted at 2010年11月30日 10時13分52秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】9

中央区S様邸新築施工例第9回目は・・・







リビング後ろ手にある洗面室・浴室・トイレに向かう廊下の壁に、雑誌のラックを造りました。






手造りのラックなので、毎回デザインがちょっとづつ違うところがオンリーワンたる所以です。
今回はまわりの壁紙に合わせて塗装しました。






トイレに入る時ならまだしも、お風呂に入ってる時(湯船に入ってるとき)暇な時ありませんか?特に半身浴って言われても長時間は暇なので、こういう所に雑誌なんて置いてあるとちょっといいですよね。

Posted at 2010年11月29日 12時03分07秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】8


S様邸はモダン寄りな外観と色合い、そのリビング続きということで和室はシンプルな造りになりました。
今回S様邸では、少し背の高い建具、窓仕様となっており、見た目にも高さが表現されています。






さらには南に面している和室ですから、とっても光が入ってくるんです。







押入も高さを揃えました。通常2メートルの丈なので、襖選びに少し制限が出てきますが、シンプルなもので対応しました。

Posted at 2010年11月28日 10時38分12秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】7


S様邸つづきです。
アイランドキッチンの人気が集中して、ハット型のおしゃれなレンジフードも多く出てるものですが、まだまだ主流はI型キッチン。となるとガスコンロの前は大体壁が付きます。
オープンにしたいけど、ガラスのちょいっとしただけの仕切りでは、油がはねて大変かもしれません。
壁があればキッチンパネルを貼って油がはねれば拭き取ればいいのでお手軽です。日々のお手入れを考えると、こっちのほうが現実的な気がします。
かっこいいんですけどね、オープンなキッチンは・・・お値段もいいですけど。

だからこそ、この壁にちょっと工夫を施したいものです。例えば上の写真のように飾り棚を付けるだけでもそこの雰囲気は違ったものになりますよね。
今回は壁を出来るだけくりぬいて棚の奥行きを増やしてます。
おきにいりの絵画や美術品などを飾ってみるのもいいかもしれませんよね。

Posted at 2010年11月27日 18時06分08秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】6


S様邸施工例をつづけたいと思います。
外部からみたこの色々使える土間スペース。中はリビング、ダイニングへとつながります。




ダイニング側はこの4枚折れ戸型の窓を採用しています。






開閉の操作に若干の慣れが必要だと思いますが、全開すると引き違い窓よりも開放感が出るんです。もちろん、網戸も付きます。
将来はフラットに出入りできるデッキなどを計画するのもいいですね。

Posted at 2010年11月26日 13時11分14秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】5


S様邸リビングは大きな吹き抜けで、換気ファンが大活躍。
オリジナルの鉄骨造手すりは、お子様が大きくなるまではネットで転落防止です。







リビングには大きなニッチと飾り棚を設けました。
その面にブルーのクロスがワンポイントで取り入れられました。せっかくの新築だから、思い切ってこんな感じで冒険をしてみるのもよさそうです。

Posted at 2010年11月25日 18時09分29秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】4


S様邸施工例続いてはメインのリビングをご紹介です。
リビングの半分以上が吹き抜けになっているので、抜群の開放感です。






南に面する所に大きな窓を設置して、上からもよく陽の光を入れます。明るいリビングになりましたね。これから寒くなってくる季節には家族が集うポカポカな場所です。




吹き抜けは2階廊下につながっています。その手すりは鉄骨造り。木部の塗装と合わせて一体化されています。
見上げても楽しいリビングのための、オリジナルデザインです。

Posted at 2010年11月23日 17時21分37秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】3

中央区S様邸つづきです。






なにげに好評なのが、玄関に設置させていただいた大きな鏡なんです。出掛ける前の忙しい時間にも瞬間的に大活躍できますからね。







そして現代住宅において玄関とホールの段差がより低くなっている一方でささやかれている、女性のブーツなどの履きにくさ。これを解消するものがこちら。







腰掛けベンチです。折りたたんでおいて、必要な時だけサッと倒してベンチに早変わりする優れもの。
普段はひっそりと立て掛かっていて、必要な時は強烈な個性を発揮して役に立つ、職人技です。ちなみに重量は100圓泙韮錬法







そして玄関にはシーサー。開運風水の基本はこれでばっちりです。

Posted at 2010年11月22日 09時14分33秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】2


S様邸新築施工例、その2になります。







早速玄関に入ってみますと、そこは真っ白な空間。また緑がよく映えてます。
清潔感のある玄関でお客様をお迎えするだけではなく、自分自身も毎日の帰宅を気持ちよく迎えてくれるでしょう。







白の演出をお手伝いさせていただいているホール床は好評をいただいております、ツヤツヤの真っ白なタイルです。







その白いタイルと対照的な玄関、ポーチタイル。これならいくらお子様が泥んこで帰ってきても、汚れが目立ちませんね。

Posted at 2010年11月21日 18時21分43秒  /  コメント( 0 )

【中央区S様邸新築施工例】1


目の前に小さなお子様がたくさん遊ぶ公園があり、住環境良好なS様邸。ご紹介していきます。







外観は飽きのこない落ち着いた色合いでまとめられています。白い外壁も、真っ白すぎない「クラウディホワイト」。ワンポイントのブラウンの外壁と屋根がピッタリマッチしていますね。
木で組まれたバルコニー手すりが印象的です。






こうしてみると、S様邸は半分のずーっと奥までバルコニーです。主寝室と子供室がつながっている事や、プライベートな部分を増やす事で、ただ洗濯物を干す以外の「遊び」が生まれます。







南に面する窓をめいっぱい大きくとって、いつでも明るい室内で生活することができます。







外部にこんなちょっとしたスペース。雨の日には洗濯物をここへ。休日にはバーベキュー。
タイルやデッキを敷いてセカンドバルコニーにすることも可能です。

Posted at 2010年11月20日 11時00分26秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2