千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
習志野市H様邸

【習志野市H様邸新築施工例】9


H様邸、リビングからキッチンを見たところ。







LDKの一角に、和室コーナーがあります。







縁なしの半畳敷き畳。
客間としても憩いの場としても活躍してくれそうです。

Posted at 2010年03月08日 09時14分17秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】8


日の光をたくさん入れるため、2階リビングの形を取ったH様邸。
その効果を十二分に発揮するため、勾配天井をとりました。







これにより明るさアップ、さらに空間にも広がりを見せてくれます。







この特殊な形をした窓もアクセントになり、外観も内観も個性を出しています。







リビングの奥まで光が伸びているのがわかります。







こちらがもう一つのアクセントとなる組み合わせ窓。下がFIXで、上がタテすべり出し窓。
風もたくさん取り入れられます。







リビングの一角には収納スペースとカウンターを設置しました。多目的スペースとして利用できます。
この多目的なスペースも、キッチンなどにいても目が届く範囲なので、小さなお子様がいても安心して家事ができます。

Posted at 2010年03月06日 10時01分05秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】7


H様邸2階LDKを見ていきましょう。







2階廊下から入ったところ。天井を屋根なりに上げて、空間を広げました。横にかかる梁もクロスで仕上げ、これもアクセントとなります。







入ってすぐ左がキッチンスペース。
キッチン天板の奥行きが広い『スタイルフラット対面式キッチン』。上部に吊り戸をなくし、LDKにさらなる一体感をもたらします。
キッチンを引き出し式として、取っ手をライン取っ手にしてフラットに。
完全に開放型のキッチンなので、常に家族が身近に感じられるLDKとなっております。

Posted at 2010年03月05日 09時47分25秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】6


H様邸のリビングは2階。お客様も2階へお通しする関係で、2階トイレを少し広くとりました。
床は洗面室と同じ柄のクッションフロアー仕上げ。







トイレのサイドカウンターは大工手作りによるもので、白の塗装とシート仕上げ。
丸くくりぬいたカウンターに洗面器を埋め込んで水栓を取り付ければ、おしゃれな手洗いカウンターになりました。

Posted at 2010年03月04日 09時22分11秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】5


H様邸2階をご紹介していきましょう。







まずは2階廊下から。一角には収納を作成。可動式の棚なので、自分の好きな位置に棚を動かすことができます。一箇所でもあれば、非常に使いやすいものになると思います。







さて、1階に寝室、2階がリビングの関係上、一番最初に考えたいのが、バルコニーとお部屋の位置関係。
当然布団を干すには2階に持って行かなくてはなりませんし、洗濯物も2階に上がらなくては干せません。
このあたりの生活シミュレーションをした上で、自分に合った間取りを考えなくてはなりません。
今回は、いちいちリビングを通ってバルコニーに出ることを嫌い、2階に上がってすぐの位置にバルコニーを設置しました。少しでも動線を抑えるためです。







こちらは『ホスクリーン』。雨の日こそ効果を発揮する主婦の強い味方!
先端に見える輪っかに物干し竿をひっかけて室内で干します。
付けるには天井下地が必要になるので、事前に確認が必要です。

取り外しが簡単にできるので、お部屋に付けてもいいと思います。
値段も安いので、どこか一箇所だけでも付けておくことをオススメします。

Posted at 2010年03月03日 13時42分48秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】4


洗面・脱衣室です。洗面台と洗濯機を分けるこういうやり方もあります。洗面台の脇にある壁を隔てて奥に洗濯機を置くスペースをとっています。

さらに引き戸で完全に独立した空間になります。

つまり、洗面室と脱衣室を二つにわけられるようにしました。







洗面台は、クリナップ「ファンシオ」。ワイドでダイナミックなボールと多彩な色合いが楽しめることで人気です。
「ファンシオ」のボールは、ペンタム樹脂使用で、水じまいのよい一体成形。ペンタム樹脂とは、化粧ビンなどを落としても、割れ・カケの心配が少ない強靱な素材です。分解式ヘアキャッチャー内蔵でお手入れ簡単。ボールの底面が平らなので洗面器やバケツを置いても安定感があります。







床はフローリング!?と思いきや、水に強いビニール製のクッションフロアー。木目調の物をチョイス。廊下からのフローリングから、自然につながるように考えられています。

Posted at 2010年03月02日 10時53分30秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】3


こちらは6.5帖の寝室です。巾木、廻り縁、ドア色、クロスまで統一されたホワイト。







収納その1は、階段下。空いたスペースをうまく利用します。







収納その2はウォークインクローゼット。0.75坪ほどの広さです。

『ウォークインにした場合のメリットはなんですか?』

よく聞かれる事があるので、ここでいくつか上げておきます。

もちろんクローゼットの機能+収納という、広い収納スペースになる事が第一の利点です。

こんな方にお勧め!

「タンスなど、既存で使ってる物を新築に持って行きたい方」
お部屋に置いてもいいですが、クローゼットの中に入ればその分お部屋は広く使えます。
たくさん家具が置いてあったらお部屋が狭く感じたりしますし、せっかくの新築ですからお部屋はスッキリとさせたいものですよね。

「とにかく収納がほしい!という方」
よく希望に出てきますし、説明は不用ですが、大きさによって納戸としても使用可能です。間取りによりますが、廊下からも入れるようにドアを付ければ使い勝手もよくなるかもしれません。

「間仕切りの自由度が高い」
ここにパイプを吊って洋服をかけて、ここは可動棚にして小物を置いたり、ここは重いものを置くから固定棚を付けて・・・などなど、自分の使いやすいようにできます。

メリットばかりではなんなので、デメリットも一応。

例えばよくある大きさのウォークインクローゼットの大きさ約1坪。これだと人が入った一人分のスペースには物が置けないので、実質は1坪の広さを利用できないという事。

この画力といったら・・・これでわかった人は天才だ


空気がこもってしまう事を考えて、換気扇を付けるか、換気用の小さい窓などを付けるとなおよさそうです。

あと何を入れるのかなど計画的に間仕切りをしないと、使いにくくなってしまう場合もありますので、持ってる家具の寸法などを事前に設計士に伝えておく必要があります。
間仕切りの高い自由度が逆にデメリットになる場合もあるのでした。






約5.3帖の子供室。玄関から見える縦長の組み合わせ窓はこの位置になります。よく光の入るお部屋になりました。

Posted at 2010年03月01日 22時28分27秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】2


玄関横アプローチに効果的に配置された縦長の組み合わせ窓。
玄関ホールと居室内に光を採り込み、またデザインにもなります。







今回選ばれた玄関ドアはこちら。
【あたたかく素朴な木質感の表現】
リアルな木目や質感を追求したあたたかみのある木調素材でオーソドックスな板張りを再現。
玄関に素朴でやさしい印象を与えています。







玄関を開けると明るく真っ白な下駄箱が正面に設置されて来客をお迎えします。今回選ばれた床は1階2階とも今人気色のナチュラルバーチです。

Posted at 2010年02月28日 17時19分06秒  /  コメント( 0 )

【習志野市H様邸新築施工例】1


H様邸新築施工例。はじまります。
隣地の南西側にビッタリと建物が建てられていていますので、光を取り入れるような間取りを計画していかなければなりません。
そうなると1階リビングでは光を採りにくくなる事も考えられますので、1階・2階逆転プランとなりました。
すなわち、1階に寝室+お風呂、2階がLDKとなります。生活の中心が2階となります。







系統分けするならモダン住宅。高い位置まで片流れ屋根を上げてきて、2階天井を屋根なりに張り、通常の窓位置よりももっと上の方に天窓をつけます。
一番光が入るところがリビングとなります。







モダンな住宅をより一層演出するための外壁は、コンクリート打ちっ放し調のサイディング。
コンクリートの質感で冷たい印象になりすぎないように、アクセントにもなるダークブラウン色の木調サイディングを組み合わせています。







袖壁までコンクリート調の外壁をまわし、玄関内部は木調でからめ、立体的なアプローチに。

Posted at 2010年02月27日 09時25分13秒  /  コメント( 0 )