千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
千葉市I様邸

千葉市I様邸新築施工例5


千葉市I様邸施工例のつづきです。






早速、LDKを見てみましょう。






まずシステムキッチンは前回【ショーリポ】でご紹介させていただきました、YAMAHAの『ベリー』。人気のフラット対面型です。






白い大きなカウンターと半丸でライトグリーンのシンクとの組み合わせがとってもキュートです。これで楽しく料理ができそうです。






キッチン背面には食品庫を設置。キッチン廻りの細かい物などなんでも収納です!デザイン小窓がちょっとしたアクセントになっています。







リビングの上部は吹き抜けになっています。斜めになった天井にはダウンライトを配置。
梁部分はクロスで仕上げました。






さらに上部分には3つの採光窓をつけました。高い位置の空気入れ替えのために電動で開く窓にしてあります。冬場の暖房効率を上げるために天井にはサイクルファンを効果的に配置しています。






外観から見るとこのようになります。リビングにより光を取り入れるために一番高い位置に取り付けされている3つの窓が確認できると思います。






玄関上部の吹き抜けはこのリビングからも見下ろせます。対面のお部屋とそろいの両開きトビラでコミュニケーションのあるモダンリビングに仕上がりました。






リビング入り口にはドアのない開放的な間取り計画にしたので、代わりにロールスクリーンを採用しています。




閉めるとまたイメージが変わりますね。床まで下がるオーダー品なので、エアコン効果を逃がしません。






普段はたたんで目立たなくできるスグレモノの物干し。外観デザインを損なわないので、人気のあるタイプです。
バルコニーの手すり側に付けるタイプもあるので、建物のデザインに合わせて選んでいきたいものです。

Posted at 2009年04月23日 17時00分38秒  /  コメント( 0 )

千葉市I様邸新築施工例4


それでは、I様邸のつづきを見ていきましょう。







早速2階に上がってみます。通常より広く階段をとっているので、ゆったり上がれます。
人のすれ違いも楽にできました。







さて、2階上がったホールには玄関上部にあたる吹き抜けが広がります。







その先に2階の寝室がつながります。こちらのドアも高さ2,300のハイドア仕様となっています。







2階の寝室のカラーも、基本的に1階と統一されています。






タテ長の窓2つは、外から見た時に和室と2階寝室で上下階揃うようにデザインしています。
(一番上の外観写真で、どの位置か確認してみよう!)






内観にもどりましょう。突き当たりの折れ戸の先には1坪の【ウォークインクローゼット】を設けています。






クローゼット内は棚にパイプのシンプルな造り。そこに通気のための小さな窓を付けました。
棚などを細かく分けてしまうのは、何を収納するのかをはっきりしてからがよろしいでしょう。






玄関吹き抜け側に両開き窓。モダンなスタイルによくあったYKKAPの製品です。

その先に広がるLDKは、次回ご紹介させていただきます。

Posted at 2009年04月21日 17時00分19秒  /  コメント( 0 )

千葉市I様邸新築施工例3


それでは、I様邸のつづきをさせていただきます。







玄関より右の正面には主寝室があります。ポイントとなるのはその左側のドアのお部屋。







こちらのお部屋、実は【防音室】なんです。趣味で音楽をやられるご主人様のこだわりの防音室は、木造住宅で一番の防音性能であるレベル2。これ以上の防音は一般住宅には不可能なレベルです。
採用した防音設備は松下電工でした。(今は合併してパナソニック電工になってます)







その防音設備は様々あります。こちらは床に敷く防音材。







もちろん壁の中にも防音材を敷き詰めます。エアコンのために開ける穴にも注意を払って、専用の防音テープや防音管を使用します。さらに【遮音コンセントカバー】なんていうのもあります。コンセントの穴すら音をやわらげます!






天井も防音素材を使用。部屋を一つの箱として考えて、6つの面すべてに防音工事を施します。







窓も外側と内側に2重にします。2重にしないと、どんなに他が優れた防音性能を持っていたとしても、まったく意味がなくなってしまうそうです。







そして防音ドアはぶ厚いです!これならしっかり密閉してくれます。




こちらは通常のドアです。厚みの違いがわかるかと思います。
防音レベル2と言いますと、参考までにホームシアター、ピアノルーム、オーディオルーム、カラオケルーム、楽器演奏ルームなどが最適です。

防音イメージとして、
ピアノ演奏(90db<デシベル>)が→普通の会話程度(45db)に。


ちなみに防音レベル1では、寝室、リビング、子供部屋、書斎などに有効です。

防音イメージとして、
時速40kmで走る車の中(65db)が→ささやき声(30db)に。

より快適な生活をするために、寝室などにレベル1程度の防音をするのも注文住宅の選択肢の一つとして考えていいかもしれません。

Posted at 2009年04月20日 16時59分54秒  /  コメント( 0 )

千葉市I様邸新築施工例2


I様邸施工例つづきです。






玄関から左に入るとそこは4.5帖の和室です。最近の和室はこのくらいの大きさの和室が人気です。






普通の和室にはあまり使用しないような、高さのある窓を採用させていただきました。
タテ長の窓は光を取り入れるのに有効なので、北面の和室もよく光の入るお部屋になりました。






洗面化粧台とトイレです。トイレには狭小用の手洗いキャビネットを設置。扉の色は化粧台の扉と合わせています。(INAX製)







浴室を見てみましょう。メーカーは前回ショールームリポートでご紹介させていただきました、【ヤマハ】です。






浴槽のカーブの取り方で、洗い場が広くなったユニットバスです。1坪でも十分な広がりを体感できることでしょう。






ヤマハはこちらのセットがもう一つの特徴です。【サウンドシャワー】お手持ちのCDプレーヤーなどで自分の好きな音楽を聴きながらリラックスバスタイムをお楽しみいただけます。






『サウンドシャワーイメージ』
一時期はやった、半身浴をする人などに人気が集中しそうです。

Posted at 2009年04月19日 16時59分36秒  /  コメント( 0 )

千葉市I様邸新築施工例


今回より、I様邸新築施工例をご紹介していきます。よろしくおねがいします。






モダンに特化したその外観デザインには、コンクリート打ちっぱなしのサイディングを採用。
それに合わせてブラウンのウッド調外壁で全体を引き締めます。






玄関ドアは人気のシルバー系。子扉いっぱいにガラスが入っているデザインで玄関に光を照らします。






玄関ホールです。お施主様のこだわりで、階段は通常よりも幅を広めにとってあります。
写真ではなかなか伝わりにくいところですが、何センチ違うだけでもかなりゆったりと階段を昇ることができます。





最初の3段だけデザインをとってストリップ階段に。その先は階段下に収納を設けましたので箱型通常階段です。






階段の横に見えるドアが階段下収納部分。






シンプルモダンはデザインを優先しすぎると収納が少なくなってしまう事もあるので、階段下をめいっぱい使わせてもらいます。奥までどどーんと。






今回のブラックの下駄箱、内装ドアはYKKAP製。ドアは人気の高さ2,300のハイドア仕様。






玄関上部は吹き抜けになっています。階段幅の広がりにハイドアに吹き抜けで、広さと高さを感じる玄関でお客様のお迎えも楽しくなりそうです。

Posted at 2009年04月16日 20時17分17秒  /  コメント( 0 )