千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
佐倉市K様邸

佐倉市K様邸新築施工例5


K様邸施工例つづきです。




さて、それではこのカーブ階段をのぼり、2階を見てみましょう。






階段の途中にはちょっとした飾り物ができるように3つの段をコーナーに設けました。






このような感じです。






2階に上がり、先には玄関吹き抜けが広がります。






2階突き当たりの壁には上部が丸いアーチを描いているニッチを付けて、よりエレガントなホールを演出。






1階玄関吹き抜けから見上げて見える空中廊下の手すりは、床支持タイプの手すり子を使用して、空間の広がりをみせています。






高い所が苦手な人は一瞬ひるんでしまうかもしれませんけども・・・






各子供室の床はナチュラル色、その他ドア、壁紙関係はホワイトで統一。






子供室1からは吹き抜けを見下ろせる両開きの扉をつけました。






このような感じです。






主寝室の床は1階と同じくカリン色。建具関係の色も合わせてます。






主寝室からも吹き抜けを見下ろせる扉をつけました。1階からつながっている大黒柱も見えます。
玄関ホール、2階廊下、和室、主寝室、ほとんどの居室から観賞できるような計画です。

Posted at 2009年02月09日 16時45分46秒  /  コメント( 0 )

佐倉市K様邸新築施工例4


K様邸施工例つづきです。






キッチンはこだわりのL型。毎日のお料理を考えて、奥様が最善だと選択したものです。






キッチン内にはフロアータイルと呼ばれる特殊な床を張ってあります。本物のタイルと違い目地が割れる心配もなく、また耐水性、耐火性にも優れている商品だと思います。
柄はテラコッタ風。






さて、今回のキッチンはまた大工さんが活躍します!






キッチンの前も横も後ろも手作り棚!完全フルオーダーメイド!





持っている食器棚や電子レンジ、炊飯器等など・・・すべての寸法を把握して、あとは大工の意気込みで最後まで仕上げます。
寸法等、そこまで細かく調べるのは大変だから、自分で好きなように棚を移動させたいという人にも優しい可動棚もあるので、オーダーメイド家具が欲しい方は安心してご相談ください。






さて、キッチンコーナー上部が妙に明るいのですが、




キッチン2階は部屋がなく屋根だったので、トップライトを設けてあります。
これで曇りや雨の日でも明るく照らしてくれることでしょう。

Posted at 2009年02月08日 16時45分23秒  /  コメント( 0 )

佐倉市K様邸新築施工例3


K様邸施工例つづきです。






リビングには収納家具を作成しました!




例によって・・・




スライドすることができます。これは便利!でも、実際は何に使用するのかはわかりません。






こちらが完成後、引っ越された後に撮影したもの。テレビなどの寸法がぴったりです!
リビングに違和感なく馴染んでいると思います。






空いている壁を利用して『ニッチ』を3つタテに並べました。
飾ってある小物は奥様の手作り。趣味が建物などに反映できて、とても楽しくすごせそうです。

Posted at 2009年02月07日 16時44分49秒  /  コメント( 0 )

佐倉市K様邸新築施工例2


佐倉市K様邸施工例つづきでございます。






今回は和室をご紹介です。






玄関ホールから見える大黒柱は和室からも眺められます。
無垢の大黒柱は、ただ建物を支えているだけではなく、湿度を調整してくれる役割も備わっているスグレモノ!季節を通して大活躍してくれることでしょう。大黒柱だけでなく、普通の柱も無垢材を使用しているところは当社のこだわりです!






朱色の襖の吊り押入れ。中央に紅紫檀(ベニシタン)の床柱と床板。それを支える地板は黒のうるし塗り仕上げ。・・・と、なんだか難しい名前が続いていますが、こういった難しいところは社長の『お話』やブログなどでお楽しみいただく事といたしまして、ささっと次に行きます。






和室に出窓を採用し、カウンターを設置。6帖の和室も出窓の分、空間に拡がりをつくりました。敷地の影響などでなかなか広くとれない和室がある場合、出窓を大きめにしてあげると、拡がりと、もちろん見た目にも有効です。

Posted at 2009年02月05日 16時44分27秒  /  コメント( 0 )

佐倉市K様邸新築施工例

今回は、【佐倉市K様邸新築】をご紹介します。




以前内覧会にてご紹介させていただきました、パワーボードの住宅です。






玄関まわりは石の外壁でコーディネート。迫力ある玄関に仕上がりました。






まずは玄関ホールから。こだわりのS字を描いた框に合わせるようにカーブ階段を中央に持ってきました。





専用の下駄箱は特に設けず、シューズクローゼットを作りました。






2階吹き抜けとからめて2階の空中廊下が個性を引き出しています。






その空中廊下の下側(天井部分)には杉の無垢板を使用。ダウンライトを点ければ暖かみも倍増です。






普段は圧倒的な存在感をかもし出す大黒柱8寸!(約240cm)が普通の柱に見えるほどインパクトのある玄関ホールになったと思います。






階段下は収納に。収納にしないで階段下の空間を空けるデザインの選択肢もありました。今回は実用性を考えて収納にしています。収納は少しでも、価値のあるスペースです。
中を見てみるとカーブの具合がよくわかります。こうして「曲げ合板」と呼ばれる板が影で大活躍しているのです。

Posted at 2009年02月01日 16時44分05秒  /  コメント( 0 )