千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
代表からのメッセージ

代表からのメッセージ


みなさん、こんにちは。株式会社 佐藤屋建設 代表取締役の佐藤行雄です。

昭和45年創業の佐藤屋建設は、代表の私こと佐藤行雄が現役の大工時代であった佐藤建築から宮大工として学んだ技術、経験を奮って木造住宅を造り、またリフォームをし続けてまいりました。

この実績は、これまで知り合えた様々なお客様によって支えられてきました。

そして平成22年、40周年の節目に新たに不動産業を行うにあたり、場所的な制限もあり、本社を中央区生実町から中央区仁戸名町に移動してまいりました。

私たち佐藤屋建設は、これまで「地域密着型の工務店」としての『小回り』という特性を最大限に活かし、特にアフターメンテナンスに力を注いでおりました。

新築は人生一番のお買い物であり、だからこそ『健康な家で長く安心して快適な生活をしてもらいたい。』この考え方を基本に定期的な住宅の点検・アドバイスをご提案させていただいております。

建物は建てたその後、リフォームしたその後が一番大切です。
何年、何十年か後に定期的な点検がなかったためにシロアリ被害に遭ったり、地震の被害があったり、雨漏りしたり・・・。このような被害がある方々からよく修理のご依頼をいただきます。

「普通、修理や不具合な箇所は建てた会社やリフォームをした会社に依頼すると思うけど、なぜお客様はそうしないのだろうか?」などとよく思っていたことです。

建てた会社が倒産した等の理由は色々あると思います。
ですが、お客様に聞いてみると、ほとんどがアフターフォローの対応の悪さ・遅さという声が非常に目立つのです。

「もう何十年前にハウスメーカーで建てたから、今さらそこに言ってもしょうがない・・・」

「担当がコロコロ変わるから相談できない」

現場で聞けるこういった声こそが逆に地域で働く私たちの強みだと実感しております。

定期的に点検・メンテナンスさえしていれば本来建物とは社寺・仏閣と同じように何百年と、もつものだけに、こういう声を聞くととても残念に思います。
建物とは、建てた後も一生涯続くお付き合いを通して、時には補修をしながら長く愛着を持って使用するものです。

『お施主様・建物・工務店』の輪が一つになって本当の長寿命住宅が完成するものだと思います。

これからも佐藤屋建設は地域の住まいアドバイザーとして、また新築後やリフォームをした後に一番お客様が心配に思われるアフターフォローを強化して『長く安心して快適に暮らせる家』を目指していきたいと思っています。




株式会社佐藤屋建設
代表取締役 佐藤行雄

Posted at 2011年09月28日 19時07分38秒  /  コメント( 0 )