千葉市の建設会社 ハウスワークス事業部(株)佐藤屋建設のサイトです。新築・リフォームはお任せ下さい!
メインメニュー
LOHA−Style新築施工例

【ロハスタイル】とは




LOHAS=Lifestyles Of Health And Sustainability



LОHAS(ロハス)とは、Lifestyles of Health and Sustainabilityの
頭文字をとった略語で、
『健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル』の事です。


そして、Loha-Style(ロハスタイル)とは、『ロハス』と『スタイル』の組み合わせ。
佐藤屋独自の造語です。


人の健康だけではなく家にも地球環境にも優しい生活スタイルは、
現在も様々な分野ですすめられているます。


住宅の基本がこのスタイルにこそ当てはまると考え、
『自然素材で人や建物が健康で長持ちする住宅』をコンセプトにした仕様を作りました。
人それぞれの生活の中心に『住まい』があり、これは欠かせることはできません。


そこで作られたのが、天然素材を主軸にした仕様の『Loha-Style』です。


例えば無垢の材料は湿度の調整をしてくれて、人体に有害な物質もほとんど出ません。
また、余った端材は燃料にしたりプランターを作ったり、
日曜大工用におすそ分けできたりと、リサイクルすることができます。


人に優しい材料は、そのまま家にも地球にも優しいと考えます。


無垢の素材等の優しさ、あたたかさを毎日の生活で感じ取り、
ゆったりとリラックスできる自分たちの空間を存分に楽しんでください。

Posted at 2011年09月01日 08時49分08秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】7


それではS様邸施工例の続きです。







2階も各室ともに、床は無垢の杉板。やはり完成品よりも足触り・温かさが違います







ベッド脇のサイドボードは造り付け。







オリジナル家具で自由な収納が可能です。







主寝室床も自然素材で仕上げ。ようやくベッドも入りました。







クローゼットとは別に収納スペースを作成。一部を稼働棚として、こちらも自由に収納していただきます。







クローゼットの中も床は自然素材で仕上げています。
無垢の床は自然の調湿効果があるので、湿気を嫌う収納内にもとても有効です。







ウォークインクローゼットのような大きな収納には通気用の小窓を設けることも大切だと思います。




ロハスタイルは人によって様々な形を見せてくれます。そして使用する素材も変わってきます。
内装壁にこだわるなら漆喰や珪藻土なども良いでしょう。壁に無垢の木材を貼っていくのもおすすめです。自分なりの健康住宅をつくり、人にも地球にも優しい家づくりをはじめましょう!

Posted at 2010年09月28日 15時31分19秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】6


緑区S様邸『ロハスタイル』施工例つづきです。
お気に入りの無垢の素材で階段も作成。1階〜階段〜2階まで全て年中裸足でOK!







階段下を有効に利用するため、収納を設置。ちょっとしたスペースだけど、あると結構便利なんです。
階段室は洗面室やトイレにも隣接しているので、広さを求めて4段目まで階段を開放しました。








そして2階へと続いていきます。

Posted at 2010年09月28日 15時30分58秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】5


S様邸ダイニングからつながるリビングは和室です。二間続きになってるので普段は開放して広々使用。反対側の洋室も普段は扉を開放するのでさらに広々。すべてがつながっているので風通しも良く、畳の香りでリラックスできるリビングです。





リビングの和室ですから、天井は少し変えたい。ということで、照明を天井上に上げて障子を組み込むことになりました。さて、仕上がりは・・・






こちらが完成した天井。照明の明かりに引っ張られ周りが暗くて見にくいですが、少し凝ったデザインのこだわり和室になりました。

Posted at 2010年09月28日 15時30分36秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】4


S様邸キッチン。大黒柱が軸になって、LDKや和室や洗面室・階段室などが周りを囲っている形です。毎日家族が集まり、動線となる場所が中心となるよう各部屋が配置されています。







キッチンには食品庫等の収納スペースはどうしても必要になってくると思います。







今回S様邸ではキッチン右側に収納を設けました。
間口が広くリビングからも見えるので、その見栄えも考慮して扉はガラス(アクリルパネル)戸の引き違い建具。






これでキッチンの空間がグッとスマートに。

Posted at 2010年09月28日 15時30分11秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】3


S様邸のお話し続きです。







今回はS様邸の目玉となる、キッチン廻りをご紹介していきたいと思います。







キッチン前のカウンターも自然素材で。塗料なしのそのままで、素材感を楽しめます。







ちょうど中心になるこの位置に大黒柱をたてました。床やカウンターと一緒に経年変化を楽しめる大黒柱だから、家族が毎日必ず通る絶好の位置にセットできました。

Posted at 2010年09月26日 15時29分50秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】2


そのモダンな外観でデザインされたS様邸。







中へ入ると今度は『ナチュラル』な空間が広がります。







S様邸では床は無垢の杉で統一。その柔らかな足触りと温かみ、ほのかに香る杉をとても気に入っていただけました。一年を通してほぼ『裸足』の生活がスタートします。

Posted at 2010年09月26日 15時29分30秒  /  コメント( 0 )

【Loha-Style】1


新築施工例、今回はS様邸です。







S様邸は既存建物を解体しての建て替えとなります。







完成したその外観は白と黒のモダンなイメージ。







外壁はパワーボード。
パワーボードの厚みはなんと37个妊丱張哀鵑梁儺彑。そして防火性能・断熱性能もあり、遮音性能までついてきます。
耐久性があるのでシーリング・再塗装のメンテナンスで長年の張り替えも不要な外壁です。

塗装仕上げなので、コストを抑えた標準のフラットパネルでも自由な色分けによって個性が出ます。

Posted at 2010年09月25日 15時29分07秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』10


T様邸つづきになります。廊下にはちょっとした収納を設けました。
『何をしまうか』・・・迷った時は可動棚で対応!ということで、自分の好きな位置に移動できる可動棚がお勧めです。(本などの重い物は無理です)







T様邸トイレ。1階は人気のオフホワイトをセレクト。







2階はフォググリーン。この色は好き嫌いが分かれるかと思いますが、これはこれで「あり」だと思うんです。いかがですか?しかも、なんとなく『ロハスタイル』のイメージにピッタリな色合いだと思いますし、個人的に好きな色です。







T様邸2階のお部屋。
壁も天井も床もすべて『木』のお部屋です。
梁をそのまま見せて、天井は屋根なりに仕上げ、壁の上の方から光を採るために窓をセット








約12.5帖のこの大部屋は、将来3つに分ける計画となっております。







壁も床も、あとは経年変化によって色の移り変わりが楽しめます。住めば住むほどに味が出てくる住宅。年月がこの建物を仕上げてくれるというわけであります。






バルコニーから見るこのほのぼのとした風景も、独り占めです。

Posted at 2010年04月09日 15時27分56秒  /  コメント( 0 )

『Loha−Style』9


T様邸【ロハスタイル】新築施工例。2階へ上がってまいりました。







2階廊下の空間。今回お風呂は2階にもってきています。当然洗面・脱衣室も2階になります。






北側の奥に配された洗面・脱衣室は暗くなってしまうため、吹き抜けから光が入るように開口部を設けました。







というわけで先に洗面室からチェックしていきます。







洗面台は埋め込み型で、カウンターなどは手づくりです。下の収納部分を大きく空けておけば、収納ボックスなどでたくさん洗面まわりの物をスッキリとしまう事ができます。







鏡は特注の横長〜なものを設置。この大きさなら、二人まで並ぶ事ができます。
朝の忙しい時などにも大変便利です







廊下側から見た開口部がここで活躍しています!階段吹き抜けからの光を有効に取り入れて、いつでも明るい洗面室になりました。







ちなみに1階トイレ脇に設置された洗面台も手づくりになっています。
確かに既製品の洗面化粧台のほうがキレイにおさまるかもしれませんが、こういう手づくりなものには手づくりなりの良さ・味わいが出てくると思います。
床と合わせた色合いなので、なんだか【温か】な雰囲気が伝わってくるようです

Posted at 2010年04月06日 15時27分29秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  | 次へ