引越や立替え、または大掃除など自分でも忘れていた物の処理に困ったら、まずは創業26年の「まんが宿」(03−3657−2011)にご連絡を!  「シカルナ・工房」は日本製にこだわり、海外でも評価をいただいているソフビメーカーです。原型製作承ります。お見積はお気軽にどうぞ。 
メインメニュー
2012-02 の記事

ワンフェス2012winter

無事に終えました。

お越しいただいたお客様に感謝、
ご協力いただいた各方面にも感謝です。
皆様のお蔭で生きているシカルナ・工房です。

ワンフェスって楽しいですね。
参加し始めた頃は緊張の連続でそんな余裕はありませんでしたが、
だんだん楽しめるようになってきました。

「グループ魂の石鹸イガール」

開場するや否や、走って買いに来て下さったお客様がいました。
ワンフェスと同時にシカルナHPでもご注文受付開始しましたが、
ご注文フォームのメッセージ欄に「石鹸Love」的なことが高確率で書いてあります。
石鹸さんはとても愛されているのです。

怒髪天・増子さんが来てくれました。

POP書いていただきます。
ただでは帰しません(笑)

できました、サイン入りパネル!
「怒髪鬼」ヘッダーにも増子さんがサインを書いてくれることになりました。
是非是非、手に入れていただきたいと思います。

次回も、ワンフェス側から断られない限り参加しますよ!

来月は東京国際アニメフェアに出展します。
こちらもよろしくお願いします。

Posted at 2012年02月14日 20時59分24秒  /  コメント( 0 )

WF情報 つづき

グループ魂・石鹸さんのサイン入りヘッダー

サインだけで充分満足ですのに、
メッセージ等も書いてくれました。
良い人ですね〜!
ファンの方々に愛されてるのがよくわかります。
ヘッダーを選びたい人は是非ワンフェス会場へ!

泉屋おやじ。
このようなポーズです↓

大きさの比較のためにぷくっちょを並べてみました。
付属品ではありません(笑)

  ◎  ◎  ◎  ◎

石鹸さんのヘッダーを受け取るため
久しぶりに渋谷を訪れると、
警察によって道路を封鎖された右翼がマイクで怒りの言葉をわめきちらし、
さらに歩いていると、すぐ横でバイク事故発生!
かなり刺激的な街でした。

Posted at 2012年02月11日 18時22分17秒  /  コメント( 0 )

WF情報 ブログ版

2月12日はワンフェスですよ!
ご存知でしたよね。

シカルナ・工房のブース番号は
6−23−02です。
“カレーライス・焼きそば・たこ焼き”を売っている売店の近くのお手洗いの前、
ぐらいの場所です。
ついでがあったら寄ってみて下さい。

「ブラックオックスmoonlight ver.」

(c)光プロ

月明かりが照らしているんです。
だから青いんです。
初回版よりおトクな8,820円(税込)

「デビルマン40th記念ver.」
今年はデビルマン40周年記念ということなので、
早速40周年記念カラーを作ってみました。

(c)永井豪/ダイナミック企画

レトロ感のあるライトブルー。
懐かしいと思う人は40代以上?
6,500円(税込)

先日も書いたように「グループ魂の石鹸イガール」

三宅弘城さんのサイン入りヘッダーを
是非手に入れて下さいね!
4,980円(税込)

こ、これは…!?

c 鴨川つばめ(週刊少年チャンピオン)

おそらく初ソフビ化…!
鴨川つばめ原作「ドラネコロック」の泉屋おやじ!
当日限定で30個販売します。
4,800円(税込)
(ヘンな写真ですが、本当は体もありますのでご安心下さい)

売店より先にシカルナブースに行ったほうがよさそうですね!

Posted at 2012年02月09日 21時54分34秒  /  コメント( 0 )

グループ魂の石鹸イガール

「グループ魂」ご存知ですよね。
阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんがやっている、
NHK紅白歌合戦にも出場したことのある、
あのバンドですよ!
言うまでもなく、シカルナ・工房より100万倍有名です。

グループ魂のドラム担当、
“石鹸”こと三宅弘城さんが
弊社の「イガール」に似ている、
ライブの時にドラムの上にイガールを飾ってくれている、
という情報は怒髪天・増子さんから聞いていました。

だからって、
イガールを“石鹸バージョン”で塗ってみようなんて!
どうなの、これ?

あら、似てる☆

所属事務所さんから送っていただいた写真が
“レスリングスタイル”だったので、
このような塗装でやってみました。

2月12日ワンフェスにて20個先行販売、
同日10時よりシカルナ・工房websiteにて販売開始です。
とってもお買い得な4,980円(税込)!
先着順で、ヘッダーに石鹸さんのサインが!



〜「イガール」を知らない方へ…〜
昭和40年代、怪獣ブームの頃に出版された
中岡俊哉著「新・世界の怪獣」に載っている“ミイラ怪獣”。
2009年、シカルナ・工房より「イガール」ソフビ発売開始。
↓怪獣っぽい塗装の一例

もちろん原作者・中岡先生サイドの許可もバッチリです。
シカルナ「…俳優さんの、…イガールの、…こんな感じの商品を作りたいのですが」
中岡夫人「あー、いいわよ。あなたに任せるわよ」
こんなに簡単でいいのか。

Posted at 2012年02月01日 13時13分10秒  /  コメント( 0 )