メインメニュー
2015-05-28 の記事

今月最後の着付けレッ...

こんばんは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。








軽く頭痛がしているのですが、月末お仕事でまだまだ帰れそうにないです。
でも明日も朝からお客様がいらっしゃるので、なるべく早く帰ろうと思います。。。


さて昨日は朝早くにお着物の着付けレッスンへ行ってきました。

そろそろお着物はそれなりに着られるようになってきたのですが、着られるようになったらなったで拘りが出てきてしまって…

「ここがこうなるのがイヤ」とか
「ここはこう着たい」とか
「もうちょっとこうならないかな」などなど、目が肥えてくると自分の着方のおかしいところや、美しい着方などが分かってくるのです。

ネイルと一緒ですね!

それで今回、またまた着て行くにふさわしい場所やランクがよく分からないお着物があったのでそれを見て頂くついでに着ました。



鮮やかなブルー地に、バラの地紋がおしゃれに入っていて、裾近くと左袂にピンクやグレーなどのラインがお洒落に入っていて、更にそのラインにも地紋のバラが入っている素敵なお着物です❤

今回衿元は、白地に和柄の龍の絵が入った半衿と、白地にブルー系の大きなお花が描かれた伊達衿を合わせました。

そして帯周りは、玉虫色に色が変わるホワイト地に矢などの柄が入った袋帯と、蒸栗色と水色とピンクがグラデーションになっている帯揚げ、水色にホワイトのドットが入った帯締めをしています。

今回、、、と言うより今後ずっと、’こう着たい’という着方を目指して着れるようにしたい着方があって先生に写真を見て頂き、それになるようチャレンジしてみたのです。

そのお手本と言いますのが…

祇園の舞妓ちゃんの衿元!

お着物は洋服とは違うのでV字に衿元がなるより、Y字になる方が若々しくてかわいいと思うのです、私は。

なので、この着方ができるよう今回はレクチャーして頂きましたが、いかがでしょう!




どんなシーンにも間違いない二重太鼓結びです。

今回も作っておいて背負う方法です。



今度は帯を変えました。

こちらも玉虫色の名古屋帯で、色が色々入って華やかな帯です。
かわいらしい帯ですが、地の色がスレートグレイに近い玉虫色なのでいい具合に落ち着きもあって合わせやすい帯です。



こちら、普通のお太鼓(一重太鼓)結びです。

二重太鼓と少し違うので両方覚えないといけないのです。


それにしても舞妓ちゃんのお着物の着方、本当にかわいい!
私のお着物の目標が定まりました♪

Posted at 2015年05月28日 21時52分43秒  /  コメント( 0 )