メインメニュー
2013-03-21 の記事

お休みで行ってきました。

こんばんは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。







一昨日の19日(火)と昨日の20日(水)の2日間、今月最後のお休みを頂き、、、


夕日が綺麗なサロマ湖へ行っていました。


サロマ湖、この白さは湖面が凍っているからなのでしょうか。
まだ、サロマ湖畔は冬そのものでした。

…と書くと、冬のサロマ湖を見に行ったようですが、そうではなく、サロマ湖近辺にあるこちら、、、

ご存知の方も多いでしょうね、魚貝類を食べられない位出してくれる事で有名な、’船長の家’に行ってきたのです。



こちらお部屋です。
船長の家は、食べきれない位の海の幸を出す事で有名なので、お部屋はいたって普通です。
和室部屋で、お布団は自分たちで敷きます。


宿の出入り口が正面です。
左側にフロントカウンターがあり、右が食堂になっています。
この橋の後に客室と温泉風呂があります。


フロント辺りには漁で使う道具やそれに引っかかったように魚のオブジェが吊るされて飾られています。

そして、待ちに待った夕食です。


見て下さい、このボリューム!


テーブル一杯にお魚、カニ、貝、魚貝のグラタンなどなど所狭しと並べられています。

怖いのが、食べている間から、「カニの炊き込みご飯です」とか、「カニのお吸い物です」とか、「エビの揚げ物です」なんて、まだ出てくるのです!

この頃は美味しい物をちょっとだけでいいですし、何よりダイエット中なのと、、、
実は私は今回2回目で、1度行った時、大変申し訳ない事ですが「2度はないかな」と思っていたくらい、しょっぱい味のオンパレードには参ったほどでした。

1度目に行った時は、カニなど手で持って頂いたので指先が塩でシワシワになるし、何より口の中もシワシワになっているようで、最終的にはお水ばかり飲んでいたのです。

そのお水も塩味に感じるくらいで…。

ですので行く事を躊躇していたのですが、どうしても行きたいからと私は今回付き合う羽目に…。

ここで見えているカニと、奥のお鍋で蒸し焼きにされているカニは結局、中途半端に食べ残すわけにはいかないと一切手をつけず仕舞いでした(泣)

1度目に来た際に、残ったカニなどは帰りに頂けたので今回も持って帰ろうとこの時は思っていたのです。

ちょこちょことお料理された物を頂き、お腹一杯になった後は、、、

お宿の温泉に入りました。
見たいドラマがありましたので長湯出来なかったのが残念だった位、こちら貸し切り状態でお風呂を楽しみました。

お風呂も実は難があり、前回の時もそうだったのですがシャワーの水圧が弱いんですよね。
改善してほしい点です。

そして夜は、ウダウダと過ごし、翌朝の朝食時間に寝坊するところ、何とか起きて食堂へ。


こちら朝食です。
朝も色々出てきましたが、本当に申し訳ないくらい食べきれませんでした。

そしてチェックアウトしてお宿の向かいにありますお土産品屋さんへ。


前回の時はこちらで夕食に残したカニなどを冷凍してくれてチェックアウト後に取りに来れたのですが、今回、残し過ぎて魚介類があまり好きではないと思われたのでしょうか、何も言われなくてカニなど全く食べずに残したのに持ち帰る事もしませんでした。

言えば準備をしてくれたかと思いますが…正直しばらく魚介類は食べたくない感じでしたので今回は積極的に持ち帰る事を申し出ませんでしたよ。。。


お土産品屋さんの店頭には沢山のお魚が干されていました。
沖縄にはない光景なので、いまだにこのお魚を干したり野菜を干したりする光景は新鮮ですね!

ここで、フカヒレやカニの雑炊の素を買って帰りました。

そして帰って来た昨日の夕食は、、、
今、マイブームの大好きなナンを食べにビスターレビスターレに行っちゃいましたよ(苦笑)

贅沢になってしまったなぁと、昨日は自己反省でした。
あれだけのカニを目の前にして食べずに帰って来たのですから。
しかも持って帰りもしないで、何の為に料金をグレードアップしたんだかと自己嫌悪です。
何より、お料理をあれだけの量残す事がもうしばらくありませんでしたので、食材を無駄にさせてしまった事にも反省でした。。。

…という事からも、船長の家はもういい、、、かな。
殆どの味がしょっぱいのは私にはちょっとしんどいです。
むくみの原因にもなりますしね…。

でも、道外の方にはあの海の幸の多さは喜んで頂けるのでしょうね。
私も両親が北海道に来た際は、もしかしてこの時こそ最後と連れて行くかもしれませんが…。





■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■ΧΧ■■
A矢様です★ 様へ

コメントありがとうございますね☆
コメントのお返事は、このブログの下の『コメント(1)』をクリックして頂くか、左側にある『最新コメント一覧』からご覧頂けますので見て下さいね!!

Posted at 2013年03月21日 18時48分30秒  /  コメント( 1 )