メインメニュー
2009-05-06 の記事

G,W! 今日まで!! ...

こんばんは。

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

皆様、G,Wの今日はいかがお過ごしでしょうか!

5日振りのブログ更新になってしまいましたが、久々に私も今回のG,Wは例外なく『弾丸トラベル』ではありますが、思う存分楽しみ、疲れてきました(笑)

まず、2日のお仕事を通常通り終え、その日の夕食は外食に致しました。
その外食に出向いたお店は、初めて行くお店でした。

<ここまで画像-->
ポスフールのある通りに、最近出来たお店で、’ろそろそ’と言うお店です。
説明悪くてごめんなさい。。。

<ここまで画像-->
こちら、何だと思いますか?
’コラーゲンたっぷりお鍋’と言うメニューのお鍋で、白濁しているのはコラーゲンです。
この中に、お野菜やお肉を入れて頂き、最後はフォーと言う麺が人気だと言う事でしたが、私は勿体無かったので、全部頂く事が出来るおじあにして、完食致しました!

こちらのお鍋と、単品のメニューも数種頼み、数時間に決行される長旅に備え腹ごしらえを致しました(笑)

こちらのお店、コラーゲン系のお鍋の種類が色々ありましたのでぜひ、行ってみて下さい!

そして、この後、車での長旅をする際、必ずする、沢山のCDを借りる為TSUTAYAに行き、沢山のCDを借りた後、帰宅してこれからする旅の荷造りをして、短い仮眠を取りました。

早朝4時。
殆ど’寝た’と言うには程遠い、10分間の目をつぶっていた’仮眠’から起きて、そそくさと出発の準備をして、4時過ぎ、いざ東北に向かって一先ず、苫小牧のフェリー乗り場に向かって出掛けました!!


夜が明け始めてきました。
車は殆どいないので、スイスイでした。

ただ、時間が時間だったからか、はたまた春だからか、沢山の鹿を見ました。
これまでも、道内のドライブ中には鹿を度々見る事はありましたが、今回は、小さい子供連れのファミリーが沢山いて、鹿しかいないサファリパークにいるみたいでした!

道中、まだ小さい体の鹿や、狐のかわいそうな事故現場を目撃する事もありましたので、加害者にはならないよう細心の注意を払いつつ、苫小牧を目指しました。

AM6:30頃、早目に苫小牧に到着しました。

<ここまで画像-->
諸手続きを終え、いざ、フェリーに乗り込みます。

<ここまで画像-->
フェリーへと続く通路を歩いている途中です。
前方に、「八戸行」の案内が見えますね。


フェリーに乗り込むやいなや、連日睡眠不足気味でしたので乗り物酔いの薬を飲みマスクをして寝ました(笑)


朝に出航したはずが、目を覚ますと夕日が出ている時刻でした。


もうすぐ八戸にさしかかる時間に、甲板に出ました。

およそ、9時間ほどの航海を経て、青森県八戸港に5/2のPM6時過ぎに上陸です。
そこから約1時間ちょっとで5/2の最終目的地、岩手県の二戸市にある、金田一温泉の『座敷童子』のお宿に向かいます。


はい、無事到着です!

2年前の年末年始に行った以来です。
前回の記事はここからご覧頂けます

今回、宿泊予定日の2週間少し前に思い立って予約をしたら取れたので、本当にラッキーでした☆


さすが、G,Wだけあって、車が一杯です。

今回は、到着が遅かったので滞在時間は短いのですが、どんな思い出が出来るのか楽しみです♪


お部屋からです。
中央に見える緑色したおもちゃは、今回、私が来年まで厄年ですので、その厄払いを込めたお願いを聞き入れてもらえるよう’座敷童子’へ、プレゼントです!


はい、到着早々やる事と言ったらオーブが写るか写真を沢山撮る事です(笑)

<ここまで画像-->
でも、今回のお部屋はあまり出ないお部屋なのか、全く写る気配が無いし私は既に、ヘバり気味です(苦笑)

到着時間が遅かったので、一息ついたらお宿の方が見えられて早速、夕食に。
その夕食会場へ行く時に、座敷童子のお部屋と言われ3年先まで既にご予約が一杯と言う’槐の間’に、「まだご宿泊のお客様がお見えになられていないので、ご案内致します」という嬉しい言葉を頂きました!


こちら、その、槐の間です。
うっすら、オーブが写っているのがお分かりですか?


沢山の、これまでご宿泊された方からお礼の品々をバックに。
こちらでも、オーブが何個か写っていますね。


私が指差す所に、亀のぬいぐるみがいるのですが、実は、こちらの座敷童子の名前は’亀麿’君と言うそうです。
座敷童子のお宿、緑風荘のホムペはこちらから
なので、槐の間には亀が飾られていると思います!


奥のお部屋も写しましたが、こちらにはオーブらしき物は見つけられません。

数分間に、数枚のお写真を撮った後、長旅でお腹も空いていましたので早々に夕食会場へ行きました。


こちら、御夕食です!
和食中心のとても美味しいラインナップでした!


はい、こちらでもやっぱり’記念撮影’というよりオーブを撮る為の撮影です(笑)

こちらの朝夕のお食事をする大広間も、意外にオーブが沢山撮れるのです。

<ここまで画像-->
大広間には舞台があるのですが、ここを撮ると結構オーブが写るんです。
こちらにもやっぱり複数のオーブが写っていますね。


右側の写真の端に、大きなオーブが写っています。

オーブは、数が少なかったり多かったり、小さかったり大きかったり、濃く写ったり薄く写ったりなどあるのです。

<ここまで画像-->
沢山写っていますね。

でも…

<ここまで画像-->
しばらくしてから撮ると全く写っていなかったり。。。

あと、フラッシュをした時にだけ写る傾向があるように思えます。

<ここまで画像-->
やっぱり写っていませんね。


でも、またしばらくして私の横顔と舞台をバックに撮るとオーブが撮れました。


お食事が一段落しましたので舞台側まで行き撮ったのですが、この時も写りませんでした。

でも…


離して撮ってみると、また沢山のオーブが写りました。

お腹も満たされて、オーブも数枚撮れましたので安堵から睡魔もボチボチ出始めてきたのでお部屋に引き上げる事に致しました。


こちら、大広間に通じる廊下です。
’キュッキュッキュ’と鳴るので、柱に「鴬張り」ならぬ、「烏張り」という名前が貼られております(笑)


お部屋に戻る間には、大浴場を横切ります。

<ここまで画像-->
ずっと奥が大浴場があり、こちら側は客室側です。
この長い廊下の両端には、これまで槐の間に泊られた有名著名人の方々のお写真が飾られています。

<ここまで画像-->
右側に槐の間や、大浴場や大広間があると言う標識で、その左側に見えるドアが今回の私のお部屋です。


手前が、今回の宿泊部屋です。
お部屋の前の様子を撮ろうとシャッターを押すと、向こう側から小さなかわいらしい現代の’座敷童子’が走ってきました(笑)
このお写真にも、オーブが写っているのが分かりますか?

今回はG,Wでしたので、沢山のお子様連れがいらしていました。

<ここまで画像-->
これが、今回宿泊部屋となった、1階の’青柳’と言うお部屋です。

では、この辺で前半のお話を終わりますね。
もしかしたら所々、分かりにくい文章がある事もあるかもしれませんがご了承下さい(苦笑)

疲れが抜けにくいお年頃ですね、本日、半分、頭がボーっとしていまして、集中力がないのです。

続きは明日、また致しますので、お楽しみにお待ち下さい♪

 ← ランキングが少しだけですが、応援(クリック)して頂いているお陰でアップしています。この調子で、更に上にいけるように、また、本日も”見てるよ!”のリアクションを下さい!
こちらの2つを1回づつクリックして頂くと、E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)がエントリーしていますランキングがアップされます。
アップしていくのは、とても励みになりますので、1日、2つに1回づつクリックお願い致します!!

※また、今年からコメントを書く事が出来るようになりました。
(本年度から公開になっております。予約など、個人名が記載されているコメントの場合は非公開とさせて頂きます)
良ろしければコメントを下さい! お待ちしています!!

Posted at 2009年05月06日 18時38分19秒  /  コメント( 1 )