メインメニュー

Miami、4日目。

こんばんは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。


 『アメリカへ行ってきます。』はこちらをクリックして下さい。
『無事に着いています。』はこちらをクリックして下さい。
『今回のホテル。』はこちらをクリックして下さい。
『無事帰国しました。』はこちらをクリックして下さい。
『Miami、2日目。』はこちらをクリックして下さい。
Α『Miami、3日目。』はこちらをクリックして下さい。
(掲載順に記載しています。)


マイアミ日付で16日。


この日の朝食は、お決まりのシリアルにドライフルーツのバナナをトッピングして頂きました。

この日も朝から日本人のガイドさんに連れられてマイアミ観光をしました。


今回宿泊している、'HYATT(ハイアット)'の玄関前でパチリ。

この日はアメリカ本土最南端のキーウェストまで行く事になっていました。
キーウェストは50の小島を43の橋で結んだ先っちょにある街の名前です。

その途中の、


アイラモラーダという島に少し立ち寄って、そこで大きな魚のオブジェが吊り下がっているところで記念撮影!


ここはスポーツ・フィッシングのメッカだそうで、フィッシング・ボートがチャーター出来る場所もあるそうです。
そこで海を見ている私。


ガイドさんを真ん中に、歩いているところです。

行ったこの時間、ひとけはありませんでしたが、建物がとても綺麗でした。

そして少し休憩した後は、、、


全長7マイル(約11キロ)の長さの橋、セブンマイルブリッジの手前でパチリ。


マリンブルーの綺麗な海に2本の橋が真っ直ぐにひたすら延びている光景は圧巻でした。

…それにしてもこんな海が素敵なリゾート地で、日傘の似合わない事!
分かってはいましたが、前日に日焼け対策を万全にしていなかった事で日中の日射しを浴びてしまっていたので、さすがにその翌日のこの日はこれ位しないと不安でした(苦笑)

女は面倒臭い、、、
と言うか、歳は取りたくないものですねぇ(泣)


海をこじ開けて橋を通したようなこの景色は、テレビ広告や映画の撮影などにも使われているんだそうです。

…私は知りませんでした。。。

今は左側の橋が使われていて、この写真の橋は今は使われておらず、先は途中で切れているとの事でした。


ガイドさんが色々説明して下さっている様子です。


この景色も、沖縄の北部にあるリゾート地に似ているなぁと思っていた私です。


橋を渡り、今渡って来た橋を砂浜から見ているところです。


指差し確認中(笑)


各自が各方面からパチリ!(笑)


砂浜を歩く私。

やっぱり海は良いですね♪


私の後ろの海中に道の様な筋が出来ていますが、これ、干潮になると歩道ができるんだとか。


はい、やっとマイアミから4時間かけてやって参りました、
ここがサザンモスト・ポイント、アメリカ本土最南端となります。


その記念碑よりさらに奥へ行き、90マイル(144キロ)先の海の向こうにあるキューバを撮っている私です。
曇っていて海に浮かんでいた客船しか撮れませんでしたが。

そしてこの後に行った所は、


アメリカの文豪、ヘミングウェイさんの家です。


ヘミングウェイさんが晩年を過ごした家なんだそうで、今は博物館として公開されており沢山の人で賑わっていました。

所で皆様、ヘミングウェイって知っていました?
ぶっちゃけて言いますと私は’ヘミングウェイ’って、本の名前だと思っていました。

この後にシアトルで会ったアメリカ在住のいとこに聞いたら私と同じ事を言っていました。
なので、もしかしたら私と同じ事を思っていた方が他にもいるのではないかと思いますが、いかがですか?
(どうかいてくれぇ〜っ!)

この日の観光で、ガイドさんが「次はヘミングウェイの家を見ます」と仰っていたのですが、私は意味がさっぱり分かりませんでした。
恥ずかしくてそれをはっきり言えないので、笑ってその場をやり過ごしていたのですが、この観光のお陰で、これは人の名前だという事、アメリカでは数少ない文豪だという事、何より、’「誰がために鐘は鳴る」(1940年)’という映画をいとこの伯父さんが「これは名作だ!」と言って見ていた映画は、この方が書いたんだと知りました。

改めて、
旅は人に知識も与えますね(笑)

さて話は戻し、このヘミングウェイさん家には、6本指の猫が住んでいるんだとか。

それを聞かされた時、「何じゃそりゃ?」と思いました。

ぜひその猫を見てみたいと、もはやヘミングウェイさん云々より6本指の猫を見る事だけが楽しみになった猫好きの私。


早速入ってすぐのテーブルの下に綺麗なグレーの猫が!


一緒に無理やりパチリ。

この子の手元を見てみると、、、


何と、6本指!

がっしりと大地を掴んでいるような逞しい感じがしました。


ヘミングウェイさんの家の中に飾られていた自画像です。

でも先程も述べましたように、誰がヘミングウェイさんか分かりません…(笑)


広い敷地内には執筆をされていた書斎が離れにありました。


こちらの書斎にはヘミングウェイさんが愛用していたタイプライターなどが当時のまま残っているという事でした。


書斎から見えるヘミングウェイさん家のプールです。

このプールはキーウェストで最初に家の敷地内にプールが作られたんだそうです。
しかも、その大きさは今も昔もキーウェストでは1番なんだそうです。


この1セントコインはプールサイドに埋め込まれているのですが、ヘミングウェイさんが莫大なお金をかけてプールを作られたので奥様に対して冗談で、「これが私の持っている最後のお金だよ」と、プールのセメントに押し付けたものなんだそうです。

さすが文豪、ボキャブラリーが素敵です☆


最初に会った猫ちゃん以外にも、敷地内では沢山の猫に会いました。
この子も、


指が6本。


この子もよく見ると、


6本でした。

60匹以上いるこの子達はヘミングウェイさんが飼っていた猫の子孫なんだそうで、猫たちの約半分が6本指なんだそうです。

6本指の猫はどうして生まれたかと言うと、当時は船に鼠狩りの為に猫を何匹か航海に連れて行っていたらしくそこで近親交配がなされ変異の種類が生まれたんだそうです。
それをヘミングウェイさんは6本指の猫は幸運を招くと信じて6本指の猫を何匹か譲り受けたのが始まり何だとか。

日本でも招き猫は幸運を招くとされていますから、6本指は確かに幸運を招くどころか強引に引き寄せてくれそうですよね。


この子たちを見ていると私も早く、我子に会いたくなりました。。。
❤❤



この日引率して頂いたガイドのかいさんと。
漢字はどう書くのかな。

かいさんはとてもチャーミングな女性でした♪

マイアミからキーウェストまでは片道4時間もかかるので、車中でかいさんはご自身のお話も少しして下さいました。

新婚で御主人に先立たれた事、その後に起こったご自身の健康面のトラブルなど。
聞いていて、「強くてかっこいい方だなぁ」と思いました。

私だったら、右も左も分からない外国で頼りにしていたご主人様がいなくなってしまったら、そそくさと日本に帰るかなぁと思いながら、色々御苦労もあったんだだろうな、と、想像しました。

強くて自立している女性が大好きな私は、ここで同じ日本人女性が逞しく生きている事を知り、改めて元気と言うか活力と言うかを頂き、そして自分自身を少し見つめ直しました。

若輩者の私にはそんな想いはかいさんに伝えられるわけはありませんでしたが、かいさんは私のこのブログを聞いていましたので、もしご覧になっておりましたら、、、

「かいさん、この度は素敵な思い出となったツアーを引率して頂きありがとうございます。
そして、かいさんと出会えた事、大変嬉しく思います。
’友達が宝’と仰ったかいさんの言葉、私もとても同感です。

鹿児島ご出身との事ですので、沖縄出身の私には遠くない存在の様な気が勝手にしております(笑)
どうかお体を大切に、これからも素敵に輝き続ける女性でいて下さい☆」




ヘミングウェイさんの家の前の通りです。

ちょっと行くとデュバル・ストリートという、賑わった通りがありました。

ヘミングウェイさんの家の敷地内にお土産品屋さんがあったので、


私はこのしおりを買いました。
6本指の猫がモチーフになっているし、最近よく本を読むし、何より文豪さん絡みのお土産ですから、しおりが1番でしょう!!

この後、夕食を頂きに出掛けました。


ガイドさんが連れて行ってくれたお店はこちらです。






色々な海の幸を頂き、最後はデザートまで頂きました。


私達が座ったテーブルのすぐそこには海が広がっていました。
窓から下を覗けば食べるときっと美味しいんだろうなと思ってしまうほど大きな魚が泳いで行くのも見ました。

そんな窓から海を眺めながら夕食を頂いていたら、向こうにペリカンが2羽プカプカと浮いていました。

泳いでいる魚や浮かんでいるペリカンを見ながらの食事は、ちょっとはしゃいでしまう位楽しかったです♪

美味しくて楽しい夕食を終えると、、、


いよいよ、この日最後のイベント、サンセットを見に行きました。


キーウェストは夕日がとても綺麗な事で有名らしく、沢山の人が夕日を見に来ていました。






本当に綺麗な夕日でした❤


夕日が沈む頃、ここマロリー・スクエアという所では毎日、大道芸人さんや屋台などが出てお祭りを開催し、集まった方達を楽しませているんだそうです。


若いお兄ちゃんの大道芸人さんを写す私。


ここでちょっと自由時間になり、少し見て廻ってからマイアミに戻りました。

帰りの車の中ではガイドさん以外、私も含め、他の方達もみんな寝ていたと思います。

ホテルに着いたのは23時頃でした。

毎日、マイアミを余すところなく、時間の隙間が出来る事がない位に詰めまくりで楽しみました。


〜To be continued〜




ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ

※3日(火)から5月6日(日)まで、スキルアップの為にスクール通いをしています為、お休みを頂いております。

仕事始めは5/7日(月)からとなりますので、ぜひ、その日からのご予約をお待ち申し上げます。

その際のご予約は、ブログ下にあります、’コメント’の方か、メールの場合はこちらをクリックして頂き、、、

.瓮鵐弌璽坤ードの番号かフルネーム、
△幹望のお日にちとお時間、
ご希望の内容、
ずの地爪は何か付いているか否か、
ゥ◆璽箸鬚垢觝櫃呂匹陵佑覆發里、  を書いて、お送り下さい。

特定される情報は伏せますので、ご安心してご利用下さい!

沢山のご予約、お待ちしております。

ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ❤ ❤ΞΞ

Posted at 2012年04月25日 18時56分35秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*