メインメニュー

もう1つの神話の里。 〜最終話〜

こんばんは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

昨日、無事に帰ってきまして、本日から元気に営業再開しております!
そして、有り難い事に早速のご予約を頂きまして、本日も忙しくさせて頂きました。

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)をご利用下さいますお客様には、数あるネイルサロンの中からE-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)をお選び頂きます事、心から感謝申し上げます。

この度、1ヶ月ほど帯から離れていたのですがその間に一気に帯は紅葉して、秋の装いに変わっていましたので着陸前の飛行機からの景色が綺麗でした♪

それに伴って、30℃近い九州の温度から、これまた一気に冬型の寒さに気温が下がる帯に戻ってきましたので、しばらくは風邪をひかない様に気をつけつつ頑張ろうと思っております(笑)



これまでのお話の続きと、これまでの旅のお話しは、、、

 1話目の、「無事に着いています!」はこちらをクリックして下さい。

2話目の、「熊本の2日目。」はこちらをクリックして下さい。

3話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL1〜」はこちらをクリックして下さい。
4話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL2〜」はこちらをクリックして下さい。
5話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL3〜」はこちらをクリックして下さい。
Α6話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL4〜」はこちらをクリックして下さい。
А7話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL5〜」はこちらをクリックして下さい。
8話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL6〜」はこちらをクリックして下さい。
9話目の、「(念願だった!)安芸の宮島へ行ってきました♪ 〜VOL7〜」はこちらをクリックして下さい。

10話目の、「やり手そうなサロンなのに…。 〜VOL1〜」はこちらをクリックして下さい。
11話目の、「やり手そうなサロンなのに…。 〜VOL2〜」はこちらをクリックして下さい。
13話目の、「やり手そうなサロンなのに…。 〜最終話〜」はこちらをクリックして下さい。

12話目の、「もう1つの神話の里。 〜VOL1〜」はこちらをクリックして下さい。
14話目の、「もう1つの神話の里。 〜VOL2〜」はこちらをクリックして下さい。

15話目の「木霊が住まう、もののけ姫の森、屋久島へ! 〜VOL1〜」はこちらをクリックして下さい。


さて、先月の20日(火)に台風の大荒れの中で島根に行ったお話の続きです。




’須佐神社’の参道から見える境内の様子です。


入り口から入って右側に須佐の七不思議の1つ、塩井があります。


その説明は、こちらの看板に書いてありますので写真上でクリックして頂くと大きくなり読みやすくなりますので、ご覧下さい。


その須佐の七不思議が書いてある看板がありました。
同じく、写真上でクリックして頂くと大きくなり読みやすくなりますので、ご覧下さい。


その塩井横には、神楽殿があります。


そして、出雲大社と同じ、とても大きくて太い注連縄が本殿にされていました。
荒ぶる神に相応しい、雄々しい注連縄だなと思いました。


そして、ご祭神である須佐之男命(すさのをのみこと)を始めとする、奥さんの稲田比売命(いなたひめのみこと)、 そして須佐之男命(すさのをのみこと)の両親である、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)が御祭神としている、御由緒の案内板です。



そして、須佐神社の道挟んだ真向かいには、、、


ひっそりとしたお社があり、そこには須佐之男命(すさのをのみこと)のお姉さんの天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祭られていました。

この日、雨が断続的に降っていて参拝していたこの時間は有り難い事に小雨でしたが、道がとてもぬかるんでいましたのと、大好きな天照大御神(あまてらすおおみかみ)には、改めて宮崎の高千穂にある、天岩戸神社に参る予定でしたので、入り口付近まで入って帰りました。

そして、またまた私のコレクションの1つとして、、、


須佐神社の御朱印帳を頂きました。
表紙はいたってシンプルで、この1色しかありません。


右はブックカバーと、御朱印です❤


そして一緒に、須佐神社の御由緒を詳しく書いてある本も頂きました。
読んでみましたが、、、難しい。。。

こちら、須佐神社は出雲国神仏霊場代18番目の場所なんだそうです。

須佐之男命(すさのをのみこと)の詳しいお話は、以前行った高千穂で書いていますので、「感無量の高千穂の旅。 〜Vol4〜」から読んでみて下さい。

須佐之男命(すさのをのみこと)は、人間らしい1面を持っている為、男神では大好きな神様の1人ですので、須佐之男命(すさのをのみこと)にまつわる神社にはすごく行ってみたかったので、とても嬉しかったです。

お天気には恵まれませんでしたがそれでも参拝中は小雨になってくれたので、須佐之男命(すさのをのみこと)も歓迎してくれたのかな、、、なんて思ったり(笑)

今回行けなかった出雲大社に改めて行った時、資料館をもう1度拝観して、須佐之男命(すさのをのみこと)の人柄に想いをはせてみたいと思います❤❤


〜To be continued〜

Posted at 2011年10月19日 21時44分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*