メインメニュー

この連休で起きた、雲泥の差の出来事。

こんにちは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

本日も昨日に引き続き(昨日の記事はこちらからいけます)、ドコモとのやり取りが行われました。
帯の駅前の店長さんは、

「私共が調べた所、これまでに事例が無くて…」と言いながら、
「このような場合、大変失礼な言い方になりますが菓子折り程度でお納めする事があります」とも仰った。。。

これを聞いたら、皆様はどう思われますか?

私は正直、ユーザーの1人1人が大事なのではないの?と、思いました。
このご時世、多くの携帯各社が’どんぐりの背比べ’で参戦する中、信用こそがユーザー獲得に繋がるのではないかと思うんですよね。


連休前に出したエルメスのキーケースは、綺麗に修理されて戻ってきたのに、、、


連休中に故障した大切な携帯は、無事、データーも取れて修理から返って来たというのにドコモショップの店員の手によってデーターを消失させられるし…(泣)

この落差と言うか…

同じ修理から返ってきた物の満足度と言ったら、本当に雲泥の差です(激泣)

ドコモよ、今後の対応が大きな分かれ道なのではないだろうか。
災い転じて福来る、とは私の心情には当てはまらないが、ドコモとしては今回の大きな過失をどのような対応をするかによって、’真摯に受け止めている’という態度を私に示してくれるのか!

また長いお付き合いをする事になるかは、本当に今後のドコモの対応で考えたいと思っています。。。

Posted at 2011年08月09日 15時46分29秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*