メインメニュー

野焼きと噴煙。

こんにちは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

本当に毎日、強い雨が降ってきたのかと思うくらいの雪解け水が窓ガラスを勢いよく流れていきます。

思えば九州から帰ってきてからサロンの暖房機器は休止しています。
それほど一気に暖かさが増したんでしょうね。

さて、先日帰ってきました熊本でのお話です。

□第1話目は、こちらをクリックして下さい。
□第2話目は、こちらをクリックして下さい。
□第3話目は、こちらをクリックして下さい。
□第4話目は、こちらをクリックして下さい。

ずっと昔から、阿蘇山の火口にはもう1度行きたかったので、念願かなって行く事が出来ました。
中学の時に修学旅行で始めて行き、その迫力に圧倒されて特に印象に残っていた事と、地球のエネルギーを放っている所としてパワースポットとしても素晴らしい所ですよね!

迷いながら阿蘇山の麓を走らせていると、山の間に煙が見えてきました。


(ん? もしかしてあれが噴煙??)

と思い、近くまで行くと、、、


沢山の人と、消防車が!


何をしているか分かりますか?


野焼きです!




勢いよく火がまわっていると、風がとても暖かくて九州と言えど阿蘇山も雪が残っている寒さでしたので、気持ち良かったです。

野焼きの火は勢いよく山肌を焼いていくと、一斉に火が衰えて消えていくんですよ。
火を放ったものの、消化はどうするんだろうと疑問に思っていましたが、私がいる間にあっと言う間に鎮火していました。


山のあちらこちらで野焼き後が見られ、山肌が黒くなっていました。


そして、初めて見る珍しい野焼きを一通り堪能した後、阿蘇の火口に向かいました。

そして、修学旅行の頃に行った記憶とは程遠い沢山の建物や駐車場スペースが分かりにくくありましたが、


どうにか到着しました。

火口周辺には、修学旅行時には無かった柵がされていて更に安全に観光が出来るように講じられていましたが、何だか記憶との相違は少し淋しかったですね。




そして、この噴煙も修学旅行時に来た時は時々噴煙が上がる程度だったはずですが、ずっとこの量の噴煙が上がっていました。

随所に時間の経過が見て取れ、改めてまた行きたかった所を訪ねる事が出来た事は本当に嬉しかったです♪

久し振りに短時間でしたが阿蘇の火口が見れて本当に良かったです!
時間があれば、お店が並んでいる所にある阿蘇山の資料館のような所で見れる噴火の映像も修学旅行の時に見たのですが、もう1度見たかったなぁ。。。


〜To be continued〜

Posted at 2011年03月08日 15時31分04秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*