メインメニュー

古典芸能 『狂言』

こんばんは!

E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

実は昨日、早目にお仕事を終わらせて帯広市民文化ホールへ行ってきました。

理由は…

日本の歴史ある芸術、’狂言’に触れる為です。



今回で2回目でした。

出会いは、もう3年前になりますか、E-ori's5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)にご来店下さっているM井様が、こちらの狂言に関わっていらっしゃている方で、ひょんな事から、帯広でも年に1回、狂言だけの舞台が見れますと聞き、帯広で私が好きな古典芸能を、しかも間近で見られる機会があるなんて!と、早速ご紹介して頂いたのがきっかけです。


開演前の舞台の様子です。
前の方は人が沢山でした。



2時間ちょっとの舞台を見終わったところです。

これから、’直会’という、狂言者さん達とお近付きになれる素敵な集まりへ行きます。

場所は…


最近よく行く、北海道ホテルでした。


北海道ホテルで催される’直会’の案内と。

この日、本当は着物ドレスを着て行こうと思ったのですが時間が無かったので、普通のラフドレスになりました。

それに、ブラックストールに、久々登場のシャネルのキャビアスキンバニティです。


ご一緒に、今回狂言をご披露下さいました、山本御一門のすごい方です。

重要無形文化財に指定されておられるんですよ!!

そんなすごい方ですが、本当に気さくな方でした。

私のトンチンカンな質問にも、ご丁寧に笑って答えてくれたりしました。

実際、狂言って、若い世代の方であればあるほど触れ合う事は無いと思います。
私も京都に住んでいながら古典芸能は見た事がありません。

でも、私達日本人の歴史ある娯楽文化の1つの狂言を若い時から見ているなんて、素敵だと思いませんか?

一緒に’粋’な趣味を持ちませんか♪?
来年は、ご一緒に見に行きましょう!!

詳細はこちらをクリックして下さい。

沢山の方のご来訪を楽しみにしています☆

 ← 本日も2つを1回づつクリック(応援)お願い致します!
クリックして頂きますと、エントリーしているランキングが上位に入るので、モチベーションが上がります!!

※コメントを送って下さる皆様、ありがとうございます。楽しく拝見させて頂いております。
まだ知らない方、今年からコメントを書く事が出来るようになりました。
(予約など、個人名が記載されているコメントの場合は非公開とさせて頂きます)
よろしければ感想など、コメントを下さい! お待ちしています!!

Posted at 2009年09月30日 22時28分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*