メインメニュー
2007-10 の記事

北欧・中古家具 サイ...

大きなサイドボードが入荷しました。



ワイドは209cmと大型ですが、状態も良くデザインも良いです。




両サイドは引き戸になっていて、中に棚が付いています。



縁の仕上げもシャープでなかなか・・・。
ちょっとサイズが大きめなので置き場所を選びますが、きっと絶大な存在感を発揮してくれる
ことでしょう。いかがですか?

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月27日 12時10分14秒  /  コメント( 0 )

北欧・中古家具  デスク

Lewisではだいたい一週間に一度、商品の補充や差し替えなどを行っていますが
こちらは前回持って来たものの一つで1960年代のデンマーク製のデスクです。



このタイプのものでは良くあるように、背面は棚になっています。



家具は現地からコンテナで入荷してきますが、たまに引き出しの中に持ち主の
忘れ物が入っていることがあります。
このデスクにもカレンダーが・・・・。



実際にこのような当時の年代を伺えるようなものを見ると使っていた人のことを思い、
なかなかに感慨深いものがあります。
このデスクは天板に大きなキズもなく、引き出しの中も汚れないように紙をひいてあり、
大切に使っていたんだなあとわかります。
こういったものを大事にする気持ちは忘れないようにしたいですね。

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月26日 12時27分06秒  /  コメント( 0 )

中古家具・アメリカ ...

今回は1920年代前後のトロッコのご紹介です。
サイズも良く、コーヒーテーブルやテレビ台にいかがですか?




車輪の高さも調節しがたつきもありません。
ペンキのはげ具合も汚すぎず、きれい過ぎず良い感じです。



この年代の鉄ものは鋳物の雰囲気が良く、質感を伴った風合いが素敵です。
部屋にインパクトを出したい方、おすすめです。

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月18日 11時46分46秒  /  コメント( 0 )

階段

Lewisは古い一戸建てを改築した二階建てです。
よって二階に上がるために階段があるのですが・・・。



一つはこの改築の際、後から付けられた鉄製の螺旋階段。
鉄の質感も良く、なかなか雰囲気が有り気に入っています。が、螺旋階段は家具を上に
上げにくいのです・・・。

そこでこの建物にもう一つのもともとあった階段を使い、家具を上にあげているのですが、



急すぎます。

そうは言っても慣れると案外 大丈夫なんですが(笑)


Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月12日 15時44分38秒  /  コメント( 0 )

北欧・アメリカ 中古...

今回はうちのミニカフェセットのご紹介です。
ダイニング以外のちょっとしたカフェスペースや一人暮らしのお部屋で
ダイニングテーブルはちょっと大きすぎて・・・という方にお勧めです。
テーブルの高さは57cmと低めなため、部屋の中でも圧迫感なく使えます。
この位の中途半端な高さのテーブルは有りそうでなかなか無かったりします。

ちなみにテーブルはアメリカ製、チェアはデンマーク製です。

秋の夜長を部屋でお気に入りの家具と一緒にいかがですか?



Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月09日 19時11分42秒  /  コメント( 0 )

ドアストッパー?

正面から見ると平面的ですが・・・



実はちょっと立体的です。特に鼻のあたり・・・



そして問題のこの部分、自立させるための支えなのか、ドアストッパーの差込なのか?
ちょっと試せてないのですが、ドアストッパーだとしたら番犬みたいでかわいいなーとか
考えています。



顔はちょっと怖めです(笑)



Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月05日 12時13分51秒  /  コメント( 0 )

中古家具・アメリカ ...

1960年代から1970年代のアメリカ製のコーヒーテーブルです。
縁の丸みを帯びた天板がスリットになっていたりとミッドセンチュリー感があふれた
デザインです。
サイズも小ぶりで使いやすいのでは?



片側はポットなどを直接置けるように、大理石がはまっています。



天板がスリットになっています。



タイルなどで図柄がデザインされたものとかも好きなのですが、シンプルに大理石という
のも上品でいいですね。

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月05日 11時56分59秒  /  コメント( 0 )

中古家具・北欧   ...

格好良いキャビネットが入荷しました!

本体はチーク、脚はオークのコンビネーション、上下に分かれたフォルムも
印象的なキャビネットです。



このままでも十分格好良いですが、このキャビネット、天板がスライドするため
なんとデスクでの使用も可能です。



このような特徴的な家具が一つ部屋にあると、雰囲気がかなりかわります。
秋の模様替えにいかがですか?

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月02日 18時19分55秒  /  コメント( 0 )

中古家具・北欧   ...

今回は北欧家具の中でも定番アイテム ドローリーフテーブルをご紹介します。
ドローリーフテーブルとはエクステンション・テーブルの一種で、天板の下に収納された
補助の板(リーフ)を引き出して(ドロー)使うタイプです。



このテーブルの利点は補助板を他の場所にしまっておくことなく使えるということと、下の画像
のように片方だけ引き出した状態でも天板が水平を保てるので、3段階の大きさで使えるという
ことでしょう。





このタイプはほとんどの場合、脚も外れるので搬入も楽です。
デザインはシンプルなのですが、木目、色の濃淡、天板の形のちょっとした差異で
不思議なほど印象がかわります。
是非 実物をご覧になって見てください。
ご来店 お待ちしております。

Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月02日 18時19分18秒  /  コメント( 0 )

中古家具・北欧   ...

今回のデンマーク買付けより、ハンス・ウェグナーデザイン GETAMA社製 GE−290をご紹介します。

木部は現在では作られていないチーク材を使用し、オリジナルファブリックも目立ったダメージもなく非常に良い状態でした。
入荷は順調にいけば11月の初旬ごろになります。お楽しみに!



Lewisでは北欧(主にデンマーク)、アメリカの中古家具やインテリア・アクセサリーを
扱っています。この年代ならではの暖かみのあるデザインを是非感じて見てください。
Lewisのホームページはこちらからどうぞ。

Posted at 2007年10月02日 18時18分06秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ