お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー
寸法直し 工程

着物 身巾直し(単衣)

本日は着物の身巾直しをご紹介いたします。

以前より太った、お母様から譲り受けたなど、いろいろあると思います。

お洋服も同じですが、自分に合った寸法が1番フィットします。

大きいサイズでも着れますが、背中心がずれたり、脇のタックが多くなったり・・・

着付けの時にひと苦労^^;

・・・という事で、自分にあった寸法に直す事をおすすめいたします。


‖吃佞院∀董,鬚曚匹ます。
 (脇だけで直せない場合があります。その場合は衽、衿をほどいて直します。)
 (この場合は追加工料として¥6,300かかります。)

    (工程時間 30分)


∀討覆彬イ辰燭△箸篝泙譴討觸蠅覆俵擇鮠辰靴討います。

  (20分)


6攵辰靴終わったら、印を付けます。(15分)

ぐを付けたら、縫っていきます。



内あげの始末など込み(60分)


ハ討け、裾をくけます。                β吃佞

 (70分)      (50分)


Щ転紊押 〜澗里鮓て終了です。

  (20分)






「きものの仕立て屋 めぐのひとり言 和服の杜別館」

http://ameblo.jp/wafukunomori/



ブログ更新中



『半衿の付け方』をご紹介です。



こちらもお立ち寄りくださ〜い♪






お仕立・お直し・洗い・シミ抜きなど、和服のことならなんでもおまかせください

もっと快適に!!

コート(単衣)の丈直しの工程をご紹介いたします。

今回のお直しはちりよけの為、着物より2、3分長めにします。
(着物が見えていると汚れや色ヤケの原因になります。)

今回のお直しは元の寸法より4分出しました。
裾まで長さがあるので、竪衿には丸みが付きます。

…召靴燭だK,魴茲瓩襦(メモしておく)


※※※※※※一番大事なのは、寸法決め!!※※※※※※  
胸の厚み・帯の厚み・帯の結び方・補正の仕方など1人1人違うので、着慣れてるものや、一度ご希望の寸法で仮縫いをして確認するのをおすすめ致します。

  ∪K,決まったら、竪衿と裾を解き、筋消しをする。
   (なるべく大きく解いたほうが、直しやすい。)
  
 解く時に注意しないといけない事 
・生地を切らない事。基本中の基本です。ですが、生地の風合いや色によって糸が分かりずらい事もありますので、注意しながら、丁寧に解いています。解くのも大変な作業です。
    筋のままの状態!   解くとこんな感じです。
          
    右側のみ筋消しをしました。 
注意 最初からアイロンを使ってしまうと変な風に折れてしまったり、シワになるので、最初は自由が利くコテで筋を消していきます。その後、アイロンで仕上げます。
         ↓
    こんな感じに筋が消えましたが、少し筋が残りました。
       

                工程時間 解き、筋消し 60分

  裾をくける。              コテかけ 
        
 

← 脇縫い 裾返し(裏側)の写真です。
裾の前身頃は前下がりが付いてるので、斜めになります。脇を縫う時に(縫い代も斜めにするので)計算しながら縫います。結構大変な作業です。 


              工程時間 40分


 っ╋泙隆櫃澆鮑遒辰討ける。
   (丸みの大きさを確認中。解く前に確認しておきます。)

丈直しで、2番目に気を付けるのが丸みを作る事かもしれません。コートの丸みはお袖の丸みと違って、丸みの端が角になりやすいので、腕の見せ所です・・・ (^^;  

    
          丸みが出来上がりました工程時間 仕上げ込み120分

お疲れ様でした。

こんな感じでお直しが進められています。丈を短くする場合も、工程は同じです。袷のお直しの場合は、少し工程が違ってきます。

ご自分に合ったサイズにお直ししませんか?
もっと快適に☆


※筋消しをしても、生地の風合い、元の状態、色などにより完全に筋が消えない事がありますが、予めご了承くださいませ。

Posted at 2014年04月22日 17時50分07秒  /  コメント( 0 )

共衿と地衿交換

共衿と地衿交換の工程のご紹介

着用時に汗やお化粧で、どうしても共衿が汚れてしまいます。
洗って汚れが落ちるのが1番ですが、それも限度があります。何度も洗ってると、その部分が薄くなり生地が弱ってしまいます。
そこで、下前(右)の衿の綺麗な部分を共衿にすれば、気持ち良く着用できます。
今回は男物ですが、工程としては女物と同じです。

 ※地の色が薄いピンクの為、見ずらいと思いますが、ご了承ください。

 ,泙困蓮衿、共衿を解いて筋を消します。
 (筋は完全には消えないことが多いです。ご了承ください。)
   工程時間 40分


 下前から共衿を取った場合、元の共衿と上前の(左)衿を接ぎ合わせて、衿丈が出来るか  必ず確認します。
 確認後、元の共衿と地衿を接ぎます。  
     


 接ぎをしたら縫い目を割ります。     
   工程時間 ↓ 15分


 っ篭泙付いたら、共衿をつけます。元の汚れのある共衿を付けているので、下前の地衿は汚れています。※着用時には隠れるので安心です。
  
 衿付け    工程時間 50分 
   共衿付け   工程時間 30分

 ノ側の衿をくけ、仕上げをします。
      工程時間  40分

 Α―侏莨紊り(^^)v
  共衿はこんな感じになり、綺麗になりました。



工程時間 おおよそ3時間〜4時間   工料 ¥4.725-

Posted at 2014年02月14日 13時45分30秒  /  コメント( 0 )

裄、袖丈直し

今日は裄、袖丈直しの工程をご紹介いたします。

,泙此⊇蕕瓩砲幹望の寸法に出来るか、確認します。(長くする時は要注意)
 ご希望の寸法に出来ない時は、必ず、お客様に確認いたします。


       (工程5分)

∪K,出来るのを確認したら、ほどきます。

     (22分)

ほどき終わったら、元の筋を消します。 (20分)

 →   

  → 

ぢ気鯔イい泙后

   (50分)

タ犯ツ口を縫います。

  →  
 →     (30分)

β吃佞

 力の入る所は必ず、力布を入れます。

 袖巾、肩巾を確認。 

  袖と身頃のバランスが悪くないか確認。
  ←とめをしている所です。

  ← 縫ってます。 (15分)

   ←裏をくけてます。

 くけたら、裄寸法を測ってOKなら仕上げ。 (10分)


この工程をもう片袖分やります。 (25分)

Т粟です。

 





 裄直し ¥3,675 
袖丈直し ¥3、150

筋消しがある時は ¥1,000〜

Posted at 2009年11月17日 23時49分48秒  /  コメント( 0 )