お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー
2014-02-14 の記事

共衿と地衿交換

共衿と地衿交換の工程のご紹介

着用時に汗やお化粧で、どうしても共衿が汚れてしまいます。
洗って汚れが落ちるのが1番ですが、それも限度があります。何度も洗ってると、その部分が薄くなり生地が弱ってしまいます。
そこで、下前(右)の衿の綺麗な部分を共衿にすれば、気持ち良く着用できます。
今回は男物ですが、工程としては女物と同じです。

 ※地の色が薄いピンクの為、見ずらいと思いますが、ご了承ください。

 ,泙困蓮衿、共衿を解いて筋を消します。
 (筋は完全には消えないことが多いです。ご了承ください。)
   工程時間 40分


 下前から共衿を取った場合、元の共衿と上前の(左)衿を接ぎ合わせて、衿丈が出来るか  必ず確認します。
 確認後、元の共衿と地衿を接ぎます。  
     


 接ぎをしたら縫い目を割ります。     
   工程時間 ↓ 15分


 っ篭泙付いたら、共衿をつけます。元の汚れのある共衿を付けているので、下前の地衿は汚れています。※着用時には隠れるので安心です。
  
 衿付け    工程時間 50分 
   共衿付け   工程時間 30分

 ノ側の衿をくけ、仕上げをします。
      工程時間  40分

 Α―侏莨紊り(^^)v
  共衿はこんな感じになり、綺麗になりました。



工程時間 おおよそ3時間〜4時間   工料 ¥4.725-

Posted at 2014年02月14日 13時45分30秒  /  コメント( 0 )