お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー
2014-02 の記事

共衿と地衿交換

共衿と地衿交換の工程のご紹介

着用時に汗やお化粧で、どうしても共衿が汚れてしまいます。
洗って汚れが落ちるのが1番ですが、それも限度があります。何度も洗ってると、その部分が薄くなり生地が弱ってしまいます。
そこで、下前(右)の衿の綺麗な部分を共衿にすれば、気持ち良く着用できます。
今回は男物ですが、工程としては女物と同じです。

 ※地の色が薄いピンクの為、見ずらいと思いますが、ご了承ください。

 ,泙困蓮衿、共衿を解いて筋を消します。
 (筋は完全には消えないことが多いです。ご了承ください。)
   工程時間 40分


 下前から共衿を取った場合、元の共衿と上前の(左)衿を接ぎ合わせて、衿丈が出来るか  必ず確認します。
 確認後、元の共衿と地衿を接ぎます。  
     


 接ぎをしたら縫い目を割ります。     
   工程時間 ↓ 15分


 っ篭泙付いたら、共衿をつけます。元の汚れのある共衿を付けているので、下前の地衿は汚れています。※着用時には隠れるので安心です。
  
 衿付け    工程時間 50分 
   共衿付け   工程時間 30分

 ノ側の衿をくけ、仕上げをします。
      工程時間  40分

 Α―侏莨紊り(^^)v
  共衿はこんな感じになり、綺麗になりました。



工程時間 おおよそ3時間〜4時間   工料 ¥4.725-

Posted at 2014年02月14日 13時45分30秒  /  コメント( 0 )

【吉兵衛】残り1個!

■和柄財布■【吉兵衛】


〇今日の和柄財布は【吉兵衛】の千社札です!
吉兵衛は過去にも紹介してますが、京都の型染めのメーカーです!

百年以上前に作られた染型でリメイクした、吉兵衛さんの看板商品〔千社札〕です。


表地の千社札  型染めの写真です。
裏地はしけ引きの生地で、ハケで真っ直ぐ線を引いていきます。
ボカシ染めや、しけ引きや京都の染の技術が、日本の文化が詰まったお財布です!
こちらの商品はこの一点のみになっております。
なくなり次第終了ですのでご了承下さい。
〇桐箱に入れて発送します。布の製品なので保管箱にしていかがですか。
※残り1個になっておりますので、お早めにご注文下さい!
※シミやキズにご注意下さい。

▼税込価格▼

29,800円


◆クロネコヤマト コレクトサービス〔商品代金以外の料金の説明〕
[代金引換手数料]
1万円未満 … 315円
1万円以上3万円未満 … 420円
3万円以上10万円未満 … 630円
10万円以上30万円未満 … 1,050円

[送料]
関東 … 630円
東北・甲信越・東海・関西・中国・四国 … 1,050円
北海道・九州 … 1,260円
※手数料・送料はお客様負担になっております、ご了承下さい。

和服の杜オンラインショップはこちら!

Posted at 2014年02月06日 18時00分57秒  /  コメント( 0 )

テレビ局のイベント!

写真はステージで名探偵コナンが…

昨年のゴールデンウィーク…盛岡に行ってきました。

アントキの猪木に誘われて、日テレ系の岩手の夕方の番組『ごきげんテレビ』のイベントに  

参加しました。4日間、地元の果物、サツマイモで作ったアイスを売りに。。。



最終日にみんなで記念撮影。

もの凄いイベントでした。

帰りに、お約束のわんこそばを食べて帰りました。
結構食べたね〜

Posted at 2014年02月05日 17時33分55秒  /  コメント( 0 )