お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー

総絞り振袖の通しぐし




総絞り振袖に「通しぐし」を入れているところです。

通しぐしは表地と裏地の縫い代をおさえるため型崩れ防止になります。



表から針を入れ、裏からまた表に針を出します。




裏から見るとこんな感じです!

一定の針目でまっすぐに・・・とても根気のいる作業です(ー_ー)!!

上の画像は衽部分ですが、この他に裾、袖口、共衿部分にもこのぐしが入ります。

☆今日も一針一針丁寧にお仕立しています(^^)☆


☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇-☆-◇

お仕立・お直し・洗い・シミ抜きなど、和服のことならなんでもおまかせください


Posted at 2014年07月10日 11時33分38秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*