お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー

もっと快適に!!

コート(単衣)の丈直しの工程をご紹介いたします。

今回のお直しはちりよけの為、着物より2、3分長めにします。
(着物が見えていると汚れや色ヤケの原因になります。)

今回のお直しは元の寸法より4分出しました。
裾まで長さがあるので、竪衿には丸みが付きます。

…召靴燭だK,魴茲瓩襦(メモしておく)


※※※※※※一番大事なのは、寸法決め!!※※※※※※  
胸の厚み・帯の厚み・帯の結び方・補正の仕方など1人1人違うので、着慣れてるものや、一度ご希望の寸法で仮縫いをして確認するのをおすすめ致します。

  ∪K,決まったら、竪衿と裾を解き、筋消しをする。
   (なるべく大きく解いたほうが、直しやすい。)
  
 解く時に注意しないといけない事 
・生地を切らない事。基本中の基本です。ですが、生地の風合いや色によって糸が分かりずらい事もありますので、注意しながら、丁寧に解いています。解くのも大変な作業です。
    筋のままの状態!   解くとこんな感じです。
          
    右側のみ筋消しをしました。 
注意 最初からアイロンを使ってしまうと変な風に折れてしまったり、シワになるので、最初は自由が利くコテで筋を消していきます。その後、アイロンで仕上げます。
         ↓
    こんな感じに筋が消えましたが、少し筋が残りました。
       

                工程時間 解き、筋消し 60分

  裾をくける。              コテかけ 
        
 

← 脇縫い 裾返し(裏側)の写真です。
裾の前身頃は前下がりが付いてるので、斜めになります。脇を縫う時に(縫い代も斜めにするので)計算しながら縫います。結構大変な作業です。 


              工程時間 40分


 っ╋泙隆櫃澆鮑遒辰討ける。
   (丸みの大きさを確認中。解く前に確認しておきます。)

丈直しで、2番目に気を付けるのが丸みを作る事かもしれません。コートの丸みはお袖の丸みと違って、丸みの端が角になりやすいので、腕の見せ所です・・・ (^^;  

    
          丸みが出来上がりました工程時間 仕上げ込み120分

お疲れ様でした。

こんな感じでお直しが進められています。丈を短くする場合も、工程は同じです。袷のお直しの場合は、少し工程が違ってきます。

ご自分に合ったサイズにお直ししませんか?
もっと快適に☆


※筋消しをしても、生地の風合い、元の状態、色などにより完全に筋が消えない事がありますが、予めご了承くださいませ。

Posted at 2014年04月22日 17時50分07秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*