お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー

裄直しについて

今日は、裄の直し方をご紹介いたします。

1  まず、お客様の直したい寸法が出来るか、見積もります。
2  出来る事を確認したら、袖をはずしていきます。
 *基本的に裄直しは、袖と肩巾で直しますが、袖口の方で出せる場合があります。その場合は、袖縫い直しとなりますのでご了承下さいませ。(この場合はご連絡致します。)
3  袖をはずし、振りもほどいたら、蒸気を使って筋を消します。
   *右図は袖縫い直しの時です
ほどくのは結構神経を使うんです。
4  寸法を確認し、袖を縫います。一針一針丁寧に
5  袖が出来たら、身頃に縫い付けます。
6  表も裏も縫い終わったら、仕上げをします。長年愛用している、コテ板を使って!(小さいアイロン台の様なもの)


7  寸法を確かめたら、出来上がり^^

 裄を長くする場合、筋が出ますのでご了承下さい。
  気になる時は、筋消しも承ります。
 
   

Posted at 2014年09月22日 15時46分57秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*