お仕立・お直し・洗い・しみ抜き・など、和服のことならなんでもおまかせ!「和服の杜」
メインメニュー

長襦袢の半衿取替え

長襦袢の半衿取替えをご紹介いたします。

長襦袢の半衿とは?

長襦袢の衿の部分についている衿のことをいいます。(下写真)


半衿はじかに首周りに付くので、汚れやすい部分なので着物を、綺麗に、粋に着こなすには大事な部分です!半衿が綺麗だと着物の見栄えが良くなります。(気分も。。)
着終わった後『汚れてない!』と思っても汗などで、時間がたってから黄色くなったり、シミが出てきたりしますので、ご注意ください!

着る1週間前には、半衿をチェックしてください! (取替えに間に合うように。。。)

では、半衿を取ってみますずいぶん汚れが目立ちますね。。。

それでは取り替えます
  針を打って位置を決めます

 そして、一針、一針職人の手で縫っていきます。

  半衿の下の部分が台芯です
 出来上がり。。

出来上がりは、一番最初の写真になります。

こうして半衿を取り替えます。ちょっとしたことですけど着物には大事な事なので、ぜひ半衿を気にかけてください。

Posted at 2013年12月16日 17時44分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*