ようこそ、寅さんの家へ! 私達は北海道磯谷郡蘭越町で自然体験が豊富に楽しめる、農家民宿を営んでおります。 アットホームな当民宿で、山菜・きのこ取りから釣り、芋ほりなど、日常では出来ない自然体験を楽しみ、スローライフとは何か、自然とは何かを感じ取って頂けると思います。
メインメニュー
オーナーの気まぐれ日記

三回忌法要。

 今日は、親父の三回忌です。早いもので、親父の死から2年が経つんだなぁって感じています。親父が死んでから、多くの人たちに支えられたお陰で、この民宿の経営を存続できました。また、精神的にも強く成れたと思っています。感謝の一言に尽きます。

 先日、アップした小学校での話しの時に、親父の死について話す場面があったのですが不覚にも泣きそうになってしまいました。一番親父が辛かったであろう、息をお引き取るまでの2週間、自分はインフルエンザにかかり何もしてやれなかったこと。親父が、「雄三は?」と病床の中、心配していてくれていたこと。握った手の力の無さ、やせ細った身体。思い出したら涙が溢れてきてしまって…。どこかの民族の言葉にとありました。「親と塩の大切さは、無くなってから気づく」まさにそのとおりだと。

 経営をしていく中で、親父に聞きたいことがあるのに親父はいない。結婚と言う自分の人生の節目に親父はいない。寂しいってことは口には出しませんが、私にとって親父の存在はおおきかったですね。

 そんな親父の三回忌。「頑張ってるよ」とだけ伝えたいと思ってます。では、また。

Posted at 2008年02月03日 06時58分04秒  /  コメント( 0 )

クロスカントリースキー

 おはようございます。今日は、地元で開催されるクロスカントリースキー(以下クロカン)大会の役員の手伝いに行ってくる。

 幼稚園の頃、蘭越に引っ越してから中学卒業まで続けたクロカン。結構思い入れがある。まわりの父母も真剣になり、我が子のためにワックス掛けを遅くまでやっていたりした。私の父はいたって静観する人間で、ワックス掛けも自分で全てやったのを憶えている。正直周りの友達が少し羨ましかった。。だが、自分で塗ったワックスだから滑らなくても誰のせいでもなく、自分自身のせいだから開き直る事が出来たのも事実。
 結果的に全道大会で個人21位(だったと思う)、リレー3位と言う成績も残せた。懐かしいし、とても良い思い出だ。当時は少年団に70名弱が所属する大所帯だったが現在は10名弱とのこと。寂しい限りだ。クロカンの普及を願っているし、私に出来ることがあるならば尽力したいと思う。

 そろそろ行かなければいけないので、このへんで。失礼します。。

Posted at 2008年02月02日 06時37分31秒  /  コメント( 0 )

続き…。

 さて、朝の仕事もやっと一段落ついたので、さっきの続きを。

 子どもに対して、伝えたいことを話せたかと言うと6割ぐらいしか話せなかったような気がしています。うまく言葉に出来なかったり、40分弱×2回という時間を使いこなせなかったり…。教師になって、現場慣れしていたらそんな事は無いのだろうけど…。ヒトの前で話すことの難しさを実感した今回でした。

 教頭先生と休み時間に少しお話したのですが、これがまた大変有意義なお話を聞けました。現在の教育現場の抱える問題や悩み、学校教育過多になりすぎている実情…。もちろん先生は守秘義務の範囲を超えるようなお話はしませんでしたが、著書なんかで読む教育についてよりも、リアルタイムの教育についての話は大変私をひきつけました。

 縁あって、今回のような企画に参加することが出来たのですが、今後も機会があれば是非参加していきたいなと思う今日この頃でした。もちろん、自らも発信し続けてもいこうと思ってます。
 本業の民宿もお陰様でとりあえずは安定しています。今は春からの山菜採りや農業体験について、無い頭を使って魅力的なサービスを考えている次第です。皆さんもこんなことがしたい!というような事がありましたら、コメントでも構いませんし、当民宿のHPの問い合わせフォームからでも良いのでお気軽にご意見ください。

 それでは、親父の三回忌法要のために除雪があるので、このへんで。

Posted at 2008年02月01日 09時48分37秒  /  コメント( 0 )

放置してました。。

 見事に放置してました。ご無沙汰です。この放置していた期間、忙しかったのかと言うと確かに忙しかったのですが、書くことが思いつかなかったのが大半です。。なかなか、毎日更新するのは難しいものだなって痛感しています。

 さて、話は変わりますが、先日ひょんなことから、母校である小学校で6年生の授業で自らについて語る機会をいただき、2時限分目一杯話してきました☆
 話した内容は、本当に単純なもの。私自身が、この四半世紀どう生きてきたのかってこと。いたずらっ子だったことや、プロ野球選手を目指していたこと、挫折、教師という夢への移り変わり、現在に至るまでの私自身のありのままを話してきました。うまく伝わったかどうかはわかりませんが、私が常々思ってきた「周りの人への感謝」、「自己の確立」といったようなメッセージを話の中に織り込んできました。

 今回の出来事は私自身にとっても大変有意義なものとなったと思っています。自己を改めて考え直す機会として、そして今後の自己を考えさせられるものとなりました。実は、親父の「死」についても話したのですが、危なく子ども達の前で涙がこぼれそうになってしまいました(汗)。普通に話しているつもりが、声が詰まってきちゃって。。無意識だけど、それだけ親父が私の心の中に残っているということなのかもしんないですね。

 ちょっと時間がなくなったので、この続きは次の更新時に。次は放置しないようにしますね。

Posted at 2008年02月01日 06時44分22秒  /  コメント( 0 )

青森県

 2日に青森県の嫁の実家に新年のご挨拶に伺わせてもらった。ちょうど親戚の方々も大勢来ていて、短い時間であったが楽しく一晩を過ごせた。お義父さん、お義母さんはもちろん親戚の方々も、私を温かく迎えてくれおいしい料理をご馳走していただいた。

 近いようで遠い青森県。本当は、頻繁に行き来して、両家の親交を深めていきたいのだが、なかなか商売柄そうはいかない。嫁にもちょくちょく帰省させて羽を伸ばしてあげたいのだが。これからも年に数回しか行けないかもしれない。だけど、できるかぎりこういった時間を大切にしていこうと思う今日この頃である。

Posted at 2008年01月04日 07時51分17秒  /  コメント( 0 )

再会☆

 昨晩から、私の学生時代の友人達がニセコでのスキーも兼ねて我が家に泊まりに来てくれている。毎年恒例の行事となってきており、私も久々の再会ということで毎年楽しみにしている。スキー場近くのペンションを使えば、もっとスキーを楽しめるだろうに、わざわざ我が家を使ってくれる。つくづく良い仲間と出会えたと思う。

 昨夜は、遅くまで学生時代の思い出話や、近況について楽しく酒を酌み交しながら語らった。皆、社会人になると想像以上にしっかりとした考えをもっていて、驚いた。教育現場にいる者たちの教育に対しての考え、一般企業で働く者の現代社会への考え。やはり社会の荒波で揉まれているととても芯の太い、人間味のあるヒトになっていた。自分の未熟さを毎年思い知らせる。。今日も泊まり、明日帰る。短い時間だが、中身の濃い有意義な時間だ。友人達にも、気持ちよく帰ってもらえるよう、頑張ろうと思う。ちなみに、友人達はまだ爆睡中・・・(笑)

 

Posted at 2008年01月04日 07時41分39秒  /  コメント( 0 )

今年も

 残すところあと20時間をきりました。今年一年は本当にいろいろなことがありました。当民主気を継がせてもらって、初めて本格的に動いた一年。先代からのお得意様のご利用のお陰で、なんとかそれなりの売り上げは確保できました。しかし、新規の顧客をいまいち獲得できなかったのが悔やまれます。来年は経営に関してもっと精査し、よりよいサービスを提供できるよう尽力していきたいと思っています。
 若輩者が経営している当民宿ですが、出来る限りのサービスを提供できるよう頑張りますので、これからも温かく見守りください。もしも暇がありましたら当民宿にお立ち寄りいただけたら幸いです。今年一年、本当にありがとうございました。では2008年が皆様にとって最良の年になるよう祈念し、失礼させてもらいます。

P.S
 今朝は久方ぶりに、雪が結構積もった。朝食作りも落ち着いたので、これから除雪をしなければ・・・。なにも年の瀬に降らなくてもいいじゃないかと思いながらも頑張ろうかと思います。

Posted at 2007年12月31日 06時30分57秒  /  コメント( 0 )

ファームステイ

 昨晩、某大手旅行代理店から問い合わせの電話がきた。修学旅行でのファームステイについての問い合わせだった。もちろん我が家には修学旅行生が泊まれるようなキャパは無く、細かい話については数年前から修学旅行受け入れ(農業体験として)の仲介をして下さっているマルベリー代表 松橋さんを紹介して電話は終わった。

 近年、修学旅行での農業体験や酪農体験といった一次産業への体験事業が増えてきている。背景には、文科省や各教育委員会での方針(体験事業の重要性を認識のため)があるのだろう。我が家にとっても、農家にとっても商品を売るという形以外で収入があるのは助かる。生徒にとっても、一次産業の苦しさ、大変さを、反面、面白みも伝わるのかもしれない。悪くはない事業なのだとは思う。

 ただ、この事業が根本的に減反・転作政策や後継者、担い手の減少に苦しむ農業集落を救うものにはならない。子どもたちにとっても、たかだか半日や一日で農業をはじめとする一次産業のすべてが伝わるとも思えない。なんでも義務化のようにさせられるようなままではいけないのではないのか。
 受け入れ側としても、集落の自立を目指し農業集落だけで受け入れができるような基盤を作っていかなければいけないだろう。蘭越において考えると、ニセコ近辺にペンションを構える方々もおり、うまくいけば100名程度のキャパは用意できる。宿泊施設の横のつながりを強くし、閑散期における集客アップに繋がる可能性もあるのではないのだろうか。そして農家さんとの連携を強くし、お互いの魅力を引き出せるような共同体を作っていくべきだろう。

 長々となったが、蘭越町に住んで、農家民宿を経営していこうときめた以上泣き言は言ってられない。6000人弱の小さな町だが魅力は多々ある。もちろん問題も多々ある。そういったしがらみ、魅力すべてをふまえ、蘭越に住む人間、来る人間全てが精神的に満たされるようになって欲しいものだ。もちろん微力ながら私自身も尽力し続け、都市の人たちに蘭越の魅力を発信していこうと思う。

Posted at 2007年12月28日 07時17分44秒  /  コメント( 0 )

打ち合わせ。

 今朝はさらりと雪が降った。気温が低かったせいで、サラサラの雪、パウダースノーが3〜5cmくらい積もった。ヒラフやニセコに行くスキーヤーはたまらないのだろう。豪雪地帯に住む私達にとっては、なにも有難くもないただの雪に変わりはないのだが・・・。

 今日は、函館にこれから出発。先日購入した、結婚指輪が出来たらしいので、支払いと引き取りに行くことになった。嫁にはマリッジリングは、自分がしっかりとした蓄えが出来たときに買うという事で我慢してもらった。しかし、結婚指輪は、「後で」とはいかない。なんとか頑張って購入に至ることができ、ホッとしたし、楽しみである。ついでに、挙式でお世話になる、聖マリア教会にも、ご挨拶と軽い打ち合わせに行く予定。

 スケジュールがいっぱいだ。しかも、今日もお陰様でお客さんがいるので5時前には帰着しなければいかん!運転する自分としてはプレッシャーである。調子に乗って、スピード違反ででも捕まったらテンションの低いまま年越しとなってしまう。くれぐれも安全運転で行こうと思う。世間一般では、俗に言う「クリスマスイブ」。家はキリシタンではないから・・・ってわけには行かず、いつの間にか日本人の文化というか風習のようになってしまったこの「クリスマスイブ」を、ささやかながら我が家も祝う予定である。その買出しもあるし、今日は本当に疲れる一日になりそうだ。

 そろそろ、車のエンジンをかけ、出発の準備にとりかかるとしますか。では、今日も良き一日になりますように☆

Posted at 2007年12月24日 07時15分38秒  /  コメント( 0 )

忘年会☆


 今朝は穏やかだ。雪こそ昨晩に降ったのが、さらりと車のボンネット積もる程度。最近は夜明けも遅くなってきました。6時半すぎくらいからようやく明るくなってくる。 まだ暗い中で起きて、仕事をするのはなかなkモチベーションがあがらない。できることなら布団の中から出たく無かったりする。ま、そんなことも言ってられないのがこの商売なのだが・・・。

 今日は集落の忘年会。20軒ほどの家々が、会館に集まり酒を飲みながら今年を振り返る。なんと、朝の10時からである!!しかも、残る人では、日が暮れるまで居続けるのだ!正直タフである(笑)。実は、生前の父も最初から最後まで残るタイプの人間であった。民宿のお客は母にまかせっきりで、集落の皆と飲んでいたのである。

 農家が中心の当集落。今後の農業の在り方について、酒を酌み交わしながら話すのも必要なのかもしれない。大農家ではない分、収益も安定しない。生産力が大農家にかなわない。担い手、後継者がいない…など、問題は山積している。これらに対し何ができるのだろうか。 集団営農という方法なんかもある。完全集団営農が難しければ、部分的な営農活動ありかもしれない。いずれにせよ、なんらかの対策をしていかなければいけないのだろう。

 そんなことを考えつつ、朝食作りの仕上げをそろそろしようかな。今日も一日頑張りますか☆

Posted at 2007年12月23日 06時33分11秒  /  コメント( 0 )

前へ |  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  | 次へ