大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
私の主観

探していたもの!

毎度のことながら、秋の夜長のひと時を無料動画で楽しんでいます。

先日見たマツコさんの番組で、私が長年探していたものが見つかりました。

鉄道ヲタクの方の番組でしたが、香川県高松から阿波池田を経由する土讃線の汽車の中で頂く
駅弁が 「遊山箱」(ゆさんばこ)に入っていました。
 
これこれ!私が長年探していたのはこれなんですよ。そうなんだ!遊山箱というのか!

大昔に(60年以上前)に母がこの手さげ弁当にお料理を詰めてくれて、
お花見に行った記憶があります。

そのことを先日フッ!と思い出して、
懐かしさのあまり、今でもあんなの売ってるのかなと思っていたところでした。

ネットで調べてもその弁当箱の名前も解らず。


戦争が終わって10年も経っていない時に、母が妹の分と二つ買ってくれました。
生活苦しかっただろうに。

その三段重の遊山箱に巻きずし、蒸しようかん(はっぴぃで教えている)卵焼きを詰めてくれて
近所の城山までお花見に行った事を鮮明に思い出しました。

そうそう、ゴザを小脇にかかえて山を登って行きましたよ。ちっちゃな私が愛おしい。


どうやら、この遊山箱は阿波徳島だけの江戸時代から続く文化だそうです。

かつて徳島には、子供たちだけで遊山箱を持って野山に遊びに行くという風習がありました。
子供の時から自立を促して成長を見守るのかな?いい風習ですよね。

お料理を詰めていない時も遊山箱で遊んでいたような記憶があります。可愛いお重だからね。


徳島県物産センターの方が、この文化を残そうと復刻にご尽力をされているそうです。

遊山箱のキャッチコピーが 「つまりしものは想い出か」

娯楽の少なかった時代だからこそ、その思い出が華やいでいるのです。
こんな優しい思い出があることは幸せなことです。母の愛があればこそ、今の私がある。

昔の私の遊山箱は今どこにあるのでしょう。可愛い花の絵がついていました。


これが遊山箱です。つまりしものは母の愛です。



徳島駅の後ろが城山。徳島城のあった場所が私の遊び場だった。



徳島駅の近くにある四国電力。玉木君をご贔屓にして下さってありがとうです!

遊山箱は夫のために買いました。お正月には一人おせちを詰めます。

玉には私も愛をあげないとね(後ろめたいから?) 言い訳はしない!


Posted at 2017年09月20日 08時32分29秒  /  コメント( 0 )

歳に負けない!

台風一過の朝は塵埃が洗い流され綺麗な青空が広がっていました。

昨夜は猫ちゃんたちが見守る中、デッキブラシで入口のテントをゴシゴシ!
朝起きたら、洗剤だらけのテントも台風がさっぱりと綺麗にしてくれていました。


そして私は健康管理とあわよくば10月に向けてのダイエットを兼ねて夜に運動をしています。

まずは腰ひねり体操。ラジオ体操もどき。早足歩き。縄跳びは無理なのでその場飛びを100回。


それが〜健康になるためにやっているのに健康どころか腰痛になってしまいました。
全体重が腰にかかったのです。

まさかそんな事が起きるなんて。なんてこった!自分の歳をわすれていました。

徒歩18歩の近くの整骨院にお世話になることにしました。

その場飛び運動で腰痛になったというのも恥ずかしいので、
クーラで冷えたと嘘つきました(なんで?)

今日で3回通いましたが「腰痛は良くなりましたでしょ」と先生が言われました。
「どうしてわかりましたか?」

どうやら背中の一部分のコリがとれているらしい。そこがこってきたら腰痛になるそうです。
さすがプロです。

3回マッサージをしてもらっただけですっかり元の体にもどりましたよ。
さすがおばちゃんです!


ふくらはぎのマッサージが飛び上がるくらい痛いのよ。
痛さに打ち勝った結果、ふくらはぎもやわやわになりましたよ。すごいわ〜

ふくらはぎは第二の心臓と言われているからやわやわの方が血液の流れがいいらしい。

さて、腰痛も治った私は、その場飛び運動をやるかやるまいか迷っています(やめろ!)

メンテナンスが必要なお年頃になったと、くやしいけど自覚しますが、
気持ちに負けてたまるか〜(もう負けている!)


Posted at 2017年09月18日 22時57分03秒  /  コメント( 2 )

なってことない日常!

夏が終わり、随分しのぎやすくなってまいりました。
この夏中クーラーからのポトポト水で植木の水やり全般まかなえました。

ゴーヤはちっちゃいのを5個収穫。イチジクは3個収穫して私の胃の中に納まりました。
自給自足の生活には程遠いですがなんだか少し満足♪


奥祖谷二重かずら橋から帰り、しばらく衛星地図で遊んでいました。

あれは便利です。どこでも行けますから。世界各国の名所旧跡に難なく行けます。
世界旅行がパソコンで出来ますよ。

今は沖縄の慶良間諸島で遊んでいます。
フムフム!ここで魚肉ソーセージを買って、この道をまっすぐ行けば中学校に行けるのかとかね。

そして時々、飛行機の離着陸20連発をユーチューブで見ています(好きにして!)


ここ最近仕事が立て込んでくるとくたびれます。

仕事が終わってパソコンの前に座ってアイスコーヒーをグビグビ飲んでも神経が休まりません。
歳とったのでしょうか?(今更!)

これはあれだな!体はくたびれてないのに神経だけがくたびれているんだ。

そんな時は体をくたびれさせたらいいのでは?
ということでちょっと遠くまで早足でスタスタと(走らないんだ!)

いやいや!無理はしません。あっちこっちウロウロして体をくたびれさせたら。

なんと!すっきりしましたよ。
なるほど!心と体の両方を疲労させたらバランスがとれるんだね。

是非是非皆様におすすめします。

さ、ユーチューブで飛行機のタッチアンドゴーを見るとするか(玉木は出てこないんだ!)


小っちゃいけど甘かったよ  ゴーヤの成長は私の成長?要は何事にも愛が必要と言うことです


Posted at 2017年09月06日 23時39分09秒  /  コメント( 0 )

残暑厳しき折!

ひとしきり祖谷の話を触れ回り、買い物行っても知り合いを捕まえてはおしきせで語り。
いまだ、余韻に浸っております。

日本三大秘境とは世界遺産の白川郷、宮崎県の椎葉村(しいばむら)そして奥祖谷。

それぞれ秘境と呼ばれるにふさわしい景色なんですが、
旅人の私がいろいろ行った中でキングオブ秘境は奥祖谷です。

隠岐の島もコンビニも信号もない場所ですが(ま、一か所あります)

奥祖谷は公共の交通の便が悪いからたやすく行けないので、私の中では断トツ一位です。

そんな話を触れ回っていたら、
なんと剣山(つるぎさん1995m)のふもとに住んでいたと言われる人が身近におられました。

50歳代のその方は小学生まで奥祖谷で住んでいたそうです。

その方が言われるには「朝起きたら雲海が一面広がっていて綺麗だったよ。
たばこの葉を作っていたんだけど生活できなくて町に降りてきたのよ」とな。

「やっぱり、平家の落人の家系?」「そうよ」「今その家はどうなってんの」
「村人みんな家を捨てて町まで降りたから、お寺の駐車場になってるらしいよ」

山に残ったおじさんは山菜を栽培して京都の料亭から注文が殺到しているそうです。
800年も前から代々続く山奥の歴史を少し垣間見た気持ちになりました。

たばこ産業で栄えた町も時代の流れで衰退していく。

過疎化は深刻な問題ですが、
そこを守って残して下さったからこそ、忙しい現代人は山奥の秘境に心の癒しを求めて行ける。

奥祖谷二重橋のチケット売り場の方やマイクロバスの運転手の方もみなさんご高齢の方で
生き生きと働いておられました。

山道と太陽で鍛えられた足腰は、ぬるい現代人は到底かないません。どうぞ皆様お元気で。


汽車を降りて手で虫をよけながら玉木君が左側をのぞいた大歩危峡の景色←こまかい


この線路を通って改札に向かった。駅を出たらすぐ、ぼけマートへの坂


ぼけマートのすぐ裏はこんな山が迫ってる。ここにも生活がある。


Posted at 2017年08月30日 17時03分13秒  /  コメント( 0 )

祖谷の想い出!

お盆も過ぎ朝夕は少ししのぎやすくなってまいりました。
玉木君が訪れた「秘境ふれあい紀行 祖谷編」を懐かしさのあまり何度もリピしております。

ここ!ここ!と祖谷の想い出に浸っております。

そこでフッと気が付いたことが。

大歩危から路線バスで久保というところでマイクロバスに乗り換えるのですが
久保はあの大家族の住んでいるところなんですよ。

畑の横を通って杉林を抜けて小さな小川を通るあの通学路が久保だったのです。

衛星地図で調べましたらあの小川は三嶺(みうね)という山から祖谷川に流れ込む小川でした。


私がマイクロバスに乗った時の乗客は3名。久保から二重かずら橋までの運賃が420円。
これでこの運転手の方のお給料は出るのかなと思っていました。

途中長靴をはいたおばあちゃんが道端に立っていました。
マイクロバスに乗り込んで何十円かの運賃をお支払をしていました。

そうだったのです。このマイクロバスは、朝は子供たちのスクールバスになり
お昼は観光客を載せるバスになり地域のコミニティバスにもなっていたのです。それなら納得です。

東祖谷小中学校までは遠いです。
毎日歩いて通っているのかと思っていましたがスクールバスがあったのです。

あの子供たちが通学していた同じバスに乗ったのかと嬉しくなりました。

私は久保で路線バスを待っている間に時間つぶしにそこら辺をウロウロしていたのですが、
一軒だけ廃業したよろずやさんがありました。後は大自然だけ。

子供の頃からこの地域に住んでいるあの子たちにはこれが普通の生活なんですね。

まさしくコンビニもゲームセンターもない生活が当たり前なんです。

体を使って遊ぶ。夜になったら寝る。

一日中クーラーの効いた部屋にこもってゲームをしている孫たちが
なんだ別の意味で不憫になりましたよ。

外から見れば不便なように見えますが、山奥で生活されている方は自給自足で充分足りていて、
それ以上は求めない。

畑でその日に食べる野菜を収穫して、余ったものはお漬物とかにして保存して。
まさしく生きるそのものが祖谷には残っているのです。

先祖代々たまたまあの場所での生活がある。
不謹慎ですが、人間らしい生活が何ともうらやましいような環境と思いました。

あの子供たちに幸多かれと。



大歩危から近いかずら橋  平家の落人が都をしのんで奏でたと伝えられる琵琶の滝。



一重かずら橋からの集落


Posted at 2017年08月22日 20時56分17秒  /  コメント( 0 )

ジュレック中毒?

言葉は悪いですがジュレック中毒になったもようです。
昨日のジュレックを生徒さんに食べてもらったので、今朝のジュレックがありません。

ないと思えば食べたい食べたい!

ライ麦発酵はたくさん作ってあります。たくさん作りすぎて瓶から噴き出してました。

なので、お盆休み特別レッスンハワイの揚げパンマラサダを発酵させている間に
特別なスペシャルレッスンとしてジュレックをやりましたよ「ポーランド料理を作りま〜す!」

私が食べたいからね。

スープは鶏がらで取ってありましたので、後はベーコンと玉ネギを生徒さんに炒めてもらってっと。

私はニンニク3カケをスリスリ。オレガノと塩小さじ1強を入れたら
相も変わらず美味しいジュレックの出来上がり〜♪

おそらくポーランドの各家庭によって作り方も違うと思います。

日本のお味噌汁でも煮干しだしの家、かつおぶしの家、又はだしの素を使う家。
具もいろんなバージョンがあると思います。

私のお気に入りの具なしは、味噌汁で言えばわかめとネギのみみたいな。
ソーセージやジャガイモバージョンは具だくさんの粕汁や豚汁みたいな感じかな?
それだけでおかずになる。

だからあまり気にしなくっても気楽に作れますよ。なんでもいいんです。体にいいんだからね。


今日の生徒さんにも「おかわり自由だよ」と。
みなさん美味しい美味しいとジュレジュレ(もうええ!)

少し偏食気味の生徒さんまで「美味し〜〜 これなら毎日食べたいです」
皆さんに満足して頂いてこれ以上の喜びはありません。

ポイントはサワークリームですよ。
酸味の利いたサワークリームを入れるだけでコクも旨みも加わって後引きます。

シチューみたいにトロミがついているんだけど、酸味があるから飽きないお味なんです。

もうまぎれもなく中毒だわ。
ライ麦粉を使ってしまったので又大日イオンまで買いに行かなくっちゃ。

生徒さんからの希望多数なので
ポーランドのお菓子も勉強してスペシャルなレッスンを開催する予定です。

なので…ポーランドのお菓子で美味しかったのは何〜? 玉木く〜ん!(毎度お決まり〜)


Posted at 2017年08月13日 19時39分00秒  /  コメント( 3 )

体によさげ!

すべての生徒さんに試食してもらおうと毎日ジュレックを作っています。
レッスンの合間にスープを取って一番美味しいところを食べてもらっています。

「おかわりしてもいいよ」みなさん一様に大満足の模様。

昨夜は孫一家が来ましたので5歳児と7歳児では無理かなと思ったのですが、
美味し〜〜ぃ!とパクパク!ジュレジュレ!

ジュレックには香辛料のオレガノを大さじ1入れます。
バジル、オレガノはパスタの香辛料なんです。

なのでパスタ好きの孫には違和感がなかったようです。「ばぁば持って帰りたい」
と。もちろんOK!

具なしにしたら時間も短縮してすぐに作れますよ。
スープにベーコンと玉ネギをしっかり炒めたものを入れて10分位煮たら
ジュレとオレガノ大さじ1、すりおろしニンニク、塩小さじ1強を投入。

最後にすっぱいサワークリームをスープで溶いて入れたら出来上がり〜♪

今朝は焼き立てライ麦パンを買ってきて頂きました。しあわせ〜

夫には裏庭で取れたゴーヤのおひたしとスープにとった手羽もとをほぐして味噌マヨで。
どや!これで文句ないやろ!


材料はベーコン、玉ネギ、サワークリームだけだからいつでも作れるようにストックしています。

スープはくず野菜でいいからね。近くの万代にスープ用の鶏ガラを50円で売ってます。
ほら!体に良くって経済的でしょ!もちろんコラーゲンたっぷりお肌が歓迎〜♪

その上に酸味が体にいいアルカリ性食品だから、風邪をひかない免疫力がつきますよ。
ポーランドは寒い国だから体が欲しているのでしょうね。

その国に合った食べ物はやはり一番の健康食品なんですよ。納得!

さて、新しもん好きで、凝り性で飽き性の私がいつまで作るでしょうか(時間の問題だな!)
次の美味しいものを教せ〜て〜 玉木く〜〜ん!(呼ぶな!)


一晩寝かせたジュレックは酸味がマイルドになってます


Posted at 2017年08月12日 11時34分16秒  /  コメント( 0 )

BS音楽サスペンス紀行に想う!

あの広いヨーロッパで情報を得るのにどれほどの時間をかけ構想を練って撮影に挑んだのかと
気の遠くなるような思いで拝見しました。

見ごたえがあり考えさせられるドキュメンタリーでした。

戦争が絡んだデリケート題材ですので、
声を落とした玉木君のナレーションも一層心に響きましたね。

私の夫も戦争体験者です。兄弟もすべて戦争体験者です。
私は戦争が終わって3年後に生を受けました。

戦後のどさくさを目の当たりにした人間にとって余計に見るのが辛いものがありました。

母は夫を戦争で亡くしています。ある日母に聞いたことがあります。

「戦争が終わったと聞いて嬉しかった?」
「嬉しくなかった。よその主人はみんな元気に帰って来てるのに」と。

一般人の母にとっては政治も関係者の思惑もそんなの一切関係なかったと思います。

なんで戦争が始まったのか一体これからどうなるのか。
瞬時に情報が手に入る今の時代と違いますので、その不安たるやいかばかりだったかと。

焼夷弾がヒューパラパラと空から落ちてきて恐ろしかったと。

もっと残酷な話も聞きましたがここでは書けません。

「戦争に反対する人はいなかったの?」「この戦争は負けると言うてた人もいたよ」と。

戦争は庶民には何ら関係ないどころで進められてしまいます。
言論も芸術も自由もすべてが封印されてしまいます。


正直言って私はこのような心にのしかかるドキュメンタリーは苦手です。
正面から見るのがおどろおどろしいものがあるからです。

今ののんきな時代に平和ボケをしている私は、脳みそ叩かれたような気持ちです。

この取材を通じての経験が
「僕にとっての財産になりました」と言う玉木君の言葉はこころから出た言葉と思いました。

戦争関係者の方がご存命なうちにもっと掘り下げて取材をしたかったであろうとも思いました。


Posted at 2017年08月01日 20時28分35秒  /  コメント( 7 )

自由気ままに!

夜中にポリポリとうすぴーを食べながら珈琲ゴクゴク!タダで無料のぎゃおーを見ていました。

フッ!と袋の裏を見るとゲッ!561カロリーもあるやんか〜食事一食分を食べてしまったわ。
5個ほど残しお口をチャック(遅すぎ!)

どおりでゆったり目のボーイフレンドパンツがスキニーパンツになったはずだわ。油断大敵。


10月の玉木君の舞台になっちゃんが選んでくれたブラウスにボーフレンドパンツを合わせようと思ったのにピッチピチのぱっちぱち。どうしましょう!



ま、そんな風に玉木君の存在のおかげで太っただの、おしゃれだの、お化粧だのに、

この歳で関心が向くのです。ありがたい!ありがたい!合掌!(するな!)


私は玉木君のファンになる前から日本全国リックを背負って旅をしていました。
兄が旅好きだった環境で、知らないところを訪れるのが好きです。

「今自分が地球上のどこの位置にいるか知ってる方が楽しいぞ」と教えてくれました。
るるぶが私のバイブルでした。一人旅は自由気まま。勝手気まま。


玉木君が秘境ふれあいでいろんな場所を訪れてくれたお蔭で人生の楽しみも倍増しましたよ。

いくら旅が好きと言ってもやみくもにウロウロするのもあれなんで。

「ここはこんなところですよ〜」と
紹介してくれたらもっと楽しみも増えるというものです(ポーランド行ったぞ!)


夏の夜長は玉友さんが録画してくれた「奥祖谷編」を見たおしています。
こんな近場をよくぞ紹介してくれたものだわ。

ほら貝がうまく吹けた時の得意満面の、お芝居では決して出せない彼の顔がツボです。

お揚げさんの奥さんとの掛け合いも楽しいわ。「やれるよ!」「やるやる〜」

彼をのせるにはこうでなくっちゃ!ポジティブ万歳!
もう何度見倒したことか。ぷ〜う!

お盆に行く二重かずら橋で
同じ位置から同じ写真を撮るのが楽しみで!楽しみで。風景を目に焼き付けています。


もし、出来る事なら四国八十八ヶ所を玉木君が歩いてくれたら

私はもっとやる気がでるのにな!と思う今日この頃(その発想どこからくる!)


Posted at 2017年07月24日 11時10分11秒  /  コメント( 0 )

女子力UP!

今更感はあったのですが、先日女子力アップの為にお化粧教室に行きました。
少しでも玉木君に若く見てもらいたい女心です(何を言う!)


主催者の方が言われるには「若い女子のお教室はたくさんありますが
おばちゃんの為の教室はないというのに気が付いてはじめました」とな。

なかなかの核心をついた隙間産業ですね。勉強になりました。

まま、感想から言いますと目からウロコが1〜2枚落ちたかな?

リンパマッサージの後に基礎化粧。化粧水、乳液、下地クリーム。もう顔中べたべた。
この時点で私の肌は息苦しさを感じていました。お金と手間がかかって女性は大変だなと。

書道の大きな筆みたいなのでファンデーションをはけはけ。
その上から明るく見えるようにピカピカの粉をはけはけ。

眉はペンシルじゃなくって三色の固形のもので描きます。

講師の方が言われるには

「太く!短く!まっすぐに!書くと若く見えます」な〜るほど西郷どんのようにだな。

老けてくると全体に下がってくるから眉尻を丸く画くともっと下がって見えるらしい。

頬紅は目の下に入れると若く見えるそうですよ。プンプンの子みたいにね。再びはけはけ!

口紅は赤いと老けて見えますのでヌード色にと。

さて、私の顔はどんな風に仕上がったのかご想像下さい。


何事も勉強です。向学の為に受けたのですが、自分の顔を見てショック!

結論は、普段通り体を洗った石鹸で顔を洗って体内から自然に出る油分で済ませることにしました
                      (おやじかッ!)ま、ほぼ近いです。


Posted at 2017年07月19日 10時03分14秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ