大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
私の主観

なんてことない日常!

玉木君のインスタ更新を遅れて知ると言うバタバタの生活をしております。

今回のインスタはスマホからだな(証拠は?)
玉木君にしたら構図が甘い(何を言う!)なんとなくそう感じたのです。


箕面の滝(みのうのたき)を見に行きたくて、かれこれ2年は悩んでおります。
すぐ近くなのに呼ばれないわ。紅葉の落ち葉をザクザク踏みしめて歩きたい。


平安時代からある紅葉狩りという言葉の意味をネットの見逃し配信で見ました。

紅葉狩りがあるのに桜狩りはどうしてないのか?という外国の方の不思議に答えて。

大昔の貴族の方は山に入ってモミジの枝を刈りとってきて楽しんだそうです。
同様に桜の枝も刈ってきて楽しんだから昔は桜狩りと言っていたそうですよ。

それが山に入るのはめんどくさい?のでお屋敷の庭に桜を植えたそうです。

だからもう刈りに行かなくても庭で見えるのでお花見と言い方が変わったそう。
なるほど納得です。



私も先日山に登ってきました。登るつもりはなかったのですが登りました。

霊感の強いお友達が、「清荒神に行って念珠を授かって来なさい。嫌な人や霊が寄ってこないから」
というアドバイスのもと(素直だな!)いやいや!人の言う事に間違いはない。

宝塚線の清荒神まで出かけました。
なんでお台所の神様のところに数珠が売ってるんだろ?とは思ったのですが。

清荒神は神仏両方を祀られている場所です。知らなかった。

駅から10分という案内のもと降り立ったら、なんと坂道だらけの山の上だったのです。
エンヤコラ〜ハァハァ。

私を守って下さる石は「ヒスイと水晶」だそうです。

胸には鹿男の小川先生のようにヒスイの勾玉(まがたま)をぶら下げ、
腕には念珠をはめ。よっしゃ〜これで怖いものなし(壺は買うなよ!)

生徒さんの中に念珠をはめておられる方がいらっしゃいますが魔除けだったんだ!と
遅まきながら知りました。

念珠をはめてもはめなくても私に魔除けは必要ないと思うのですが、

人間は弱い生き物ですのでこんなちっちゃなもので安心ならそれはそれでいいかも(鬼が逃げる!)


Posted at 2018年11月18日 15時51分42秒  /  コメント( 0 )

負けてしまった!

富士山が例年より11日早く初雪化粧に頬をそめたそうです。
急に秋らしくなってまいりました。サブッ!

そういえば久しく富士山を見てないな。

お勤めをするとなかなかお休みをとるのが難しいです。
みなさん万章繰り上げてハワイとかのイベントに行かれているんですね。

今まで好き勝手に料理教室を休めたことがなんとありがたかった事か、しみじみです。


昨日の秋華賞2018(3歳牝馬のレース)でロードカナロア産駒のアーモンドアイが
一着になりました。

二着のミッキーチャーム、三着のカンタービレそして五着まですべてディープインパクト産駒
だったのですよ。ディープがロードカナロアに負けました。ガックシ!

アーモンドアイは桜花賞、オークス、そして秋華賞と3歳牝馬が出られるレースをすべて
優勝して「牝馬三冠」を達成したのです。

競馬がはじまって以来牝馬三冠は5頭目だそうです。

牝馬のレースですから名前がかわいい。サヤカチャンという馬もいるんですよ。

サヤカチャンは逃げ馬だからいつも先頭を走って最後は力尽きて後ろに後退する子です。

今回サヤカチャンは押さえて走ったのですが16着でした。サヤカチャン頑張れ!

16着でもこのレースに出られるだけでも凄い事なんです。
今までに賞金を稼いだ馬しか走れないレースです。

って、私は何を語っているのでしょうか?

10月21日の京都競馬場の「菊花賞」に行きたくて行きたくて。
本物の馬を見たい気持ちが盛り上がっています。困った〜

菊花賞には松坂とうり君が来られます。秋華賞はハルさんがプレゼンターでした。
ちなみにディープインパクトは菊花賞を優勝して「無敗の三冠」を達成しました。


アーモンドアイが優勝して賞金1億円を貰ったそうですが、
懸命に前を向いて走ったご褒美がカイバと人参。なんともやりきれないわ(君には関係ない!)


Posted at 2018年10月15日 20時28分29秒  /  コメント( 0 )

あと少しで…

花に水をやっていて、思いっきりおでこをぶっつけました。
目から火が出たような痛みにしばらく息を止めましたよ。(目から火は出んやろ!)

案の定でっかいたんこぶがあらわれました。
たんこぶが出たという事は内出血してないなと安心しました。

この時期に脳外科のお世話になったら大変です。
やっと待ちに待ったRAMG運動会がやってきますもの。あと少しで!玉木君に逢える〜♪

何カ月も前から着ていく服をあれこれ考えて、楽しい時間を過ごしました。

今回も娘のようななっちゃんのアドバイスに従って決めました。

「ダメージのGパンに赤のヒールを履け」とな。それは無理です。
なので、ペッタンコの赤い靴にしました(おばはんが!)

それが〜介護のお仕事をはじめてから5キロ以上は痩せました。
ダイエットも何もしてないのに痩せたんですよ。ラッキー♪

2が月前にGパンを2サイズダウンして買い求めたのに
それもブカブカになって買い直しましたよ(やたら変わらん!)

まま、元々が筋肉質の元々ですから見た目はさほどとは思いますが。



仕事終わりに運動会に行かれた方々のブログとかツイラーを楽しみにしているのに、
誰も何も書いてない。ショック!そこまでシークレットにしなくてもいいのに。

お弁当ばっかの画像を見るだけじゃ、なんだかね〜つまらんわ。

書いていい事と書いちゃいけない事はわきまえていますから、私は書きますよ。


そして、雨が降れば嬉しい私は今日も畑に出かけました。
人んちの野菜など興味がないかと思われますが植物観察日記です。

 
キャベツも立派に育ちました   大根も今に見ておれ なのにカブはバッタに食われてあわれ

よーく考えたらカブもバッタの好きなアブラナ科だもの。

農園スタッフの方が「種を蒔きなおしますか」と言って下さったのですが、
虫に食われたカブの底力に、私はかけます(意地の張りどころが変!)


Posted at 2018年09月25日 16時13分52秒  /  コメント( 2 )

何が起こるかわからない!

暑い暑いと言っていた日々も去り、過ごしやすい季節が巡ってまいりました。

4日の台風そして北海道の地震。予測不可能な防ぎようのない自然災害が襲ってきました。

復旧にはまだまだ時間が必要かと思いますが、
被害に遭われた方の日常生活が、一日も早く戻ることを切に願います。


我が家も4日の台風で屋根を押さえているブリキの板が飛びました。

昼間の台風でしたので外を見ていたらブリキが飛んできたので、どっかのトイが飛んできたのかと思っていましたら自分ちでした。

雨が上がって外に出たら家の前の電線の数を見てびっくりしました。

大小合わせて10本以上の電線が張り巡らされていました。
よくぞこのたくさんの電線の間をぬって、電線を傷つけることなく飛んできたものだと。
停電になるところでした。

風の向きが悪かったのかご近所でも瓦がはがれたり、モルタルがはがれたりしていました。

1959年の伊勢湾台風、1961年の第二室戸台風も経験していますが、
大人になってからの台風は怖かったです。


そして私は台風一過のもと野菜たちが気になって畑に出かけました。

1日に植えたカブラと大根の芽がもうすでに出ていました。わずか4日で発芽です。

台風も何のそので、自分の使命を全うしているちっさな芽が愛おしい。
なんだか愛を貰ったような気がしました(気のせい!)

そして今日も仕事が終わっていそいそと畑に向かいました(玉木はどうした!)

お仕事情報が漏れ聞こえてまいりましたが、元気で何よりです。
だって〜わうわうとか見れないもん。

とりあえずは2週間後に迫ったRAMGが楽しみです(人の夫でも!)

そ、おっさんになっても人の夫でも存在だけで満足です。
お嫁ちゃんは見たくないけど(底意地悪い!)


キャベツらしくなったでしょ。  種を蒔いて2週間後のカブラの赤ちゃん


Posted at 2018年09月15日 21時43分17秒  /  コメント( 0 )

猛暑お見舞い!

外に出ればうだるような暑さ、地面からの照り返しに辟易している毎日です。
猛暑お見舞い申し上げます。

私はこの暑さで一気に老けた気がします。
自分の顔を見るたびに干からびていくのがよくわかります。

今まではなかなかの70歳だな!と、ほくそ笑んでいたのに(あつかましい!)

電車の乗り下りに階段を駆けあがり、炎天下の中自転車を必死にこいで、
駅からは徒歩でえっちらこっちら。顔も腕も真っ黒け。

エスカレーターでは必ず左側を上ります。関西では左側が空いてます。
それを自分のノルマと課してます。
そのお蔭か体力はみなぎってきました(干からびてるのに!)

そしてめまぐるしい忙しさの中、5時間ほど時間が空きましたので介護施設の近くの映画館に飛び込んでジュラシックワールドを見てきました。やった〜

マナーとして一度は見ておかないとね。

ぶっちゃけ前回の吹き替えではちょっと違和感がありましたが(正直者!)

今回は意識することなく鑑賞できました。ジュラシックに溶け込んでいました。成長したんだね。

長年役者のお仕事に携わっていても、なにもかもが上手くいくわけないです。

彼の自覚は当然の事と、役者さんの成長を見守りながらファンが育てる部分も多いと思います。
頑張れ〜新夫♪


そしてこの暑さの中、我が家のキュウリは頑張っています。水は一日3回やります。
キュウリは水食いです。水が少しでも切れるとちっちゃなキュウリの子供が枯れてしまいます。

キュウリの気持ちになって、キュウリを理解しないと育ちません(なんと大袈裟な!)

そこで活躍するのが冷房から出た除湿水です。
去年から除湿のホースが途中から切れてしまってポトポト落ちるのをバケツに溜めて植木の水やりに使っています。

ま、ホースを直すのが邪魔くさいというのもあるのですが。水道代も助かりキュウリも喜ぶ。


一日三杯は溜まる。   頑張れ〜キュウリも玉木君も←言われなくても!


Posted at 2018年07月27日 23時50分24秒  /  コメント( 0 )

オジュウチョウサン!

なんだそれは?とお思いでしょうが、これはサラブレッドの名前です。

先週の日曜日に福島競馬で7歳のオジュウチョウサンが平地を走りました。

もともと平地を走る馬だったのですが新馬戦から成績が悪くて障害の方に回ったわけです。

植え込みを飛び越える障害レースでスタミナのある彼はメキメキ頭角を現し、
なんと障害G1(重賞レース)5勝を上げて9連勝中で平地を走る機会が与えられました。

4年8カ月ぶりに豊さん鞍上でのぞみました。

スタートから前につけて4コーナーを回った頃にはトップに。

そのまんま3馬身くらい差をつけて優勝ですよ。
なにせ谷あり坂あり、障害ありの4000mも走っていましたからスタミナは充分過ぎるほどあるのです。

福島競馬ではオジュウチョウサンが平地を走るというので満員。

重賞レースでもないのにG1なみの歓声に包まれていました。

オジュウチョウサンも首をかしげていたと思います。だって障害を飛び越えることなく終わったのですから。

これで彼は10連勝。どうやら年末の有馬記念に出場できるかも?ともっぱらの噂です。

頑張れ〜オジュウチョウサン!私は頑張っている人も馬も大好きです。

オジュウチョウサンのおじいさんはサンデーサイレンス(前記参照)
サンデーはディープインパクトのお父さんです。やっぱり血統強いわ。


もう、ユーチューブで何回見たかわかりません。
起きてオジュウチョウサン、仕事終わりにオジュウチョウサン(またかっ!)

だって肝心の玉木君の情報がさっぱりなんですもの。なにしてはるんやろ?(ほっといたげて!)


さ、これから介護のお仕事に向かいます。
今日のお献立はブリの照り焼き、肉味噌たっぷりの冷製うどん。

玉木君がデザインしたラングのTシャツを着て玉木君と「同行二人」で向かいます(どうぞ!)


Posted at 2018年07月15日 16時01分36秒  /  コメント( 0 )

歳は関係ない!

「ママ!玉木ロスじゃないの?」突然娘のようなみどりちゃんが聞いてきます。

「結婚してもしなくても玉木君は玉木君やから」「へーそうなん!」

「玉木君がインスタグラム始めたんやけど、嫁さんがフオローしたらしいよ。
ステージ嫁さんになったら冷めるわ。家でせんどあえるのになんでそんなことするんやろ?」

「そりゃ!結婚したのが嬉しいんちゃう!」ある朝の職場での会話です(ゆるすぎる!)


今私は人生最高の忙しさです(ブログ書いとる!)

社長のご要望で介護のお仕事の日数が増えました。
新しいブループホームに時々働かせていただいています。介護の勉強してて良かったわ。

お食事の時には、料理に合わせたランチョンマットを敷き、かわいい箸置きを置き、
食器も料理に合わせて整えました。患者様が「旅館の食事みたいやな」と言って下さいます。

私の作るお料理を美味しそうに食べて下さるのを見るのが嬉しいのです。

だからやりがいがあって忙しくっても楽しいです。
この歳の私を必要としてくださる事がもったいなく思います。


夫が「大丈夫かお前そんなに働いて」

「働きすぎて死ぬ人はおらん!
嫌々働いてストレス抱えて人は病気になるんや。だから大丈夫やから」(そりゃそーだ!)

そんな風に事あるごとに夫が話しかけてきます。

私は料理教室が終わったら真っ暗にしてパソコンで競馬を見たいのに。
夜のひと時は一人でゆったりした時間をもちたいのです。誰かが側にいるとくつろげないのです。

そこでフッ!と思ったのですが、38年間も一人が好きで一人の時間を大切にしてきた人が
四六時中誰かが部屋にいる。

もうそろそろ息が詰まっているんじゃないかと老婆心ながら思う今日この頃(一緒にしないで〜)


Posted at 2018年07月06日 22時30分39秒  /  コメント( 4 )

さ、スタートだ!

今朝の正式な結婚発表をもって、彼は一人の女性の旦那様になりました(傷口に塩ぬるな〜)
いやいやこれは紛れもなく真実だから。

さ、これから玉木君の正念場。スタートラインに立ちました。

今まではファンや陰で支えてくれた事務所のスタッフ、特にMマネのお力が絶大だったと思います。

芸能人は世間に知られてなんぼ。いくら実力があっても日の目を見ない方が大半です。

結婚するに当たり自分を支えてくれるファンが減ってもこの方と結婚したいと思っての決意
だったと思います。人気なんて泡沫のものだからね。

一般人の結婚とはちょっと違うんだから。人に夢を与えるのが役者のお仕事。


この前の恐竜映画のイベントでも主役の男優さんのファンサービスには感心する事ばかりでした。

質問には丁寧に答えインタビュアーの方とハグして。さすがハリウッドの俳優は違うなと思いました。

そんな事を彼に求めても今世紀では無理です(断言するのか!)
そんな事やり出したらむしろ引きます。

与えられたお仕事をプロフェッショナルにこなして、お芝居で人を感動させたらいい事なんです。

まずは後回しにしていた苦手意識のものに挑戦しては如何でしょうか?(指図は受けん!)
できません!やれません!ではもう通用しない世界です。

この年代の俳優さんは飽和状態なんだから。特別感というかカリスマ感が漂ってこその男優です。

なんて〜厳しい事をのたまったみました。それもこれも愛あればこそ(いりません!)



7月17日からのフランスのなんとか賞に、武さん騎乗のジエニアル、ラルクの二頭が出ます。
二頭ともディープの子ですよ。

ディープインパクトも現役の時にフランスの凱旋門賞に出たのですが優勝できませんでした。

それどころか日本では禁止されていない薬物反応があったということで失格になりました。
競走馬馬生で唯一残念な結果になりました。

親の無念を子ではらしてほしい。

あの今世紀最大の怪物と言われて歴史に刻まれているディープインパクトの子供なんだから。

玉木君もディープの子も頑張れ〜〜(一緒にすんな〜)

いつもたくさんの方のご訪問に感謝しています。ありがとうございます。


Posted at 2018年06月29日 23時25分39秒  /  コメント( 0 )

昨今の騒動について!

これから益々仕事が忙しくなる予感がしますので
私の人生修業の場の四国八十八ヶ所巡りにどうしても時間が取れない。

次回の八十八ヶ所巡りからは二泊三日になります。こりゃ!無理だな。

八十八ヶ所すべて参ったら高野山に満願成就のご報告に参るのを、
前倒しで行こうかとツアーに申し込んでいました。精進料理と僧侶の方のありがたい説法付。

なのに、なのに人数が集まらないため催行中止になりました。
他のツアーもあるのですが私は土曜日しか行けません。残念。

ま、そんなことはどーでもいい事なんですが。

昨今のやっさもっさの騒動が気になって。

芸能人の玉木君に限らず結婚は普通の事で普通にめでたい事なんですが。
結婚は自分たちの幸せの為だけじゃなく親を安心させる親孝行でもあるわけです。

事務所がシークレットでファンに送った封書が、
何かの手違いで発表前に一部のファンに届いてしまった。

私も今日受け取りましたが、これをこの騒動を知らずに受け取っていたら
びっくりどころじゃなくて、どっきり??おれおれ詐欺?(なんで?)と思ったかも知れません。

おそらく若いファンが受け取ったら、びっくりするのと同時にそりゃみんなに言いたいですよ。
「うぁ〜」と浮かれてSNSにアップしてしまった。

どなたがアップしたかはお友達ならわかるでしょ。

悪気もなくいつもの楽しいノリでやってしまったことが、
この子の人生の汚点になってしまった。私はそのことがかわいそうでなりません。

別に犯罪を犯したわけでもないのに。

マスコミより先に報告したかった事務所や彼の気持ちもわかりますが、
シークレットと言っても数日経てば解る事なので、

運命共同体みたいな、そんな紛らわしいことはしなくてもいいんじゃないかと私は思います。
先に知らせてもらわなくっても、ファンはいつまでも忍耐強く待ちますよ。

みんな玉木君が大好きなんだから。私も彼の活躍が自分の幸せと勘違いしています。


「結婚は人生の墓場だ」と昔から延々言われています。ご結婚おめでとう(ド、ド、ドS!)


花の清らかさに救われます


Posted at 2018年06月28日 14時43分07秒  /  コメント( 6 )

馬のお話!

今日発走の宝塚記念にディープインパクトの子供が5頭出走します。ワクワク!

ジャスタウェイ、オルフェーブル、キングカメハメハ産駒(子供ね!)も出走します。

カタカナばかりを見ていると脳が馬脳になってしまって、
ネットで見つけたカタカナを馬の名前と勘違いします。

カンジンスキー、カンツォーネ、ブエナビスタソシアルクラブ。

どの馬の産駒だろう?と脳が勝手に反応します。


今は新馬戦メイクデビューの時期ですので毎週土日が楽しみです。

新馬戦は産まれて2年経った馬しか出走できません。
馬の年齢はお正月を過ぎたら一歳加算されますので人間の年齢からしたら2歳馬は幼稚園児位
です。馬体は500キロ近くありますが。

そのわずか1年数カ月しかたっていない馬が競馬場を必死に走るのです。

中には走るの嫌やと言う馬も出てくるのです。観衆の声や人ごみが怖い子もいます。

それでも前を向いて調教で教えられて通り、たてがみをたなびかせて走る姿がけな気で。

当然1着の子もビリの子もいます。馬にとったらビリでも関係ないのです。
なにせ走るのが楽しいんだから。

人間のエゴで1着でないと意味がないとか勝手な事を言いますが馬に取ったらそんなの関係ない。

私はその馬の姿勢に共感するのです。

数ある芸能人の中で玉木君は今現在は1着を走っています。
でも彼に取ったら1着も5着も関係ないのかも知れません(結局そこにいく!)

自分と真逆を演じる事が楽しい。役を通じて人の心が学べるのが嬉しい。
世間の喧騒をよそにそんな風に思っているのかも知れない(馬と一緒にすんな〜)

これから一人では経験できない喜びや、家族が増える大変さを味わうことになるのです。

どんな事も経験に勝ることはないので、
嫌な事も不自由な事もしっかり味わって人間を深めて下さい(ドS!)


Posted at 2018年06月24日 16時49分57秒  /  コメント( 2 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ