大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
旅のお話

楽しみいろいろ〜

アマゾンプライムのCMのライオンになった犬が、けな気で痛々しくって
見てる途中で目をそらせてしまいます。なんでやろ?(唐突だな!)

毎日まいにち天気予報とにらめっこ。17日に行く上高地の事で頭がいっぱいです。
上高地ライブカメラを毎日見ております。

それが〜お天気でも山の上に雲がかかってるのよ。ショック!

台風も来ているようだしなんだか嫌な予感がよぎります。

ま、そんな時は雨でも楽しむことを計画しています。いい空気には変わりないんだからね。

上高地帝国ホテルでお食事をして、美味しい珈琲でも頂いて
限定の柔らかパウンドケーキをお買い上げしようかなと。

これなら雨の上高地でも全然平気(負け惜しみ〜)

まま、本当はカラッと晴れた空に3000m級の穂高連峰がくっきり見えて、
ふぅ〜!とため息つきたい。

RAMGの握手会で玉木君から最強のエナジーを頂いたし、
も一つ山から駄目押しのエナジーを頂きたい(強欲!)

そして私はウヒヒの計画を立てております。

もし、もしも天気が良ければ松本まで出て中央線で駒ヶ根まで下って木曽駒ヶ岳に行こうかなと。
どこで泊まるかはまだ決めていません。

母の介護の時から行きたくって行きたくってたまらなかった場所です。
一泊しないと行けなかったからあきらめていました。

2600mまで一気にロープーエイが連れてってくれます。

そこは千畳敷カールといって氷河の浸食によって生じた半円形の窪地が広がっているのです。
宝剣岳(2931m)が目の前にそびえ一面の高山植物がいっぱい咲いています。うわぉ!

せっかく長野まで行くんだからと、ちょっと欲を出してます。

行く前に楽しんで、行って楽しみ、帰ってから楽しむ!それが私のポリシーだ!(雨だな!)

ういっきからお借りしました。


5月頃の穂高連峰とかっぱ橋 大正池の立ち枯れと穂高 どうですか千畳敷カールと宝剣岳


Posted at 2016年08月05日 23時49分48秒  /  コメント( 0 )

とうとう動き出した!

「お前昔から元気やな〜」夫がしみじみ呟きます。
「しんどいという事はないのか?」「ない」(けんもほろろ〜!)

生徒さんが山ガールデヴューしました。
「金剛山に登ってきました。来週は富士山に登ります」とな。

うらやまし〜〜仕事仕事の毎日の身にとってなんとうらやましいお話なんでしょう。

私が登った山の話をしているとムクムクとなんだか気持ちが盛り上がってきました。

思い起こせば母の介護をしている時に「ううう〜」とたまらない気持ちになったとき
はよはよ!山を見に行った記憶がよみがえりました。

始発の新幹線で名古屋まで行ってそれから中央線で松本や穂高、飛騨高山、上高地など
日帰りできるところはすべて行きました。

母が天に召されてからは遠くの山に行くこともなくなりました。
ストレスがなくなったからでしょうね。

母の介護もなくなって
ポッカリ空洞になった心に玉木君が住みついたということです。(住み着いたって!)

今でも電車に乗ったら遠くの山を見つめていますよ。私は山派で晴れ女です。

そんな郷愁に浸っていたらネットで「名古屋発 上高地バスツアー」を発見。

上高地は昔日帰りで行った事があります。
大正池からかっぱ橋まで木の歩道をテクテク歩きながら梓川沿いを散策しました。

あの時は残念ながら西穂高は半分しか見れなかったです。

玉木君が穂高登頂を断念したNHKの番組で、
足を踏ん張りながら写真を撮っていた下が梓川でかっぱ橋付近です。

うっすら川の流れが映っていましたよ。


蘇ったぞ〜〜という事で、早速ツアーに申し込みました(動き出したな!)
そ、動き出したら止まれない。

お盆休みの17日に行きます。又始発の新幹線を使う時が来ようとは。

名古屋から玉木君が行った東海北陸道で郡上経由で行きますよ(少しの関連を探すんだ!)
あったり前よ。

上高地では3時間半の自由行動だから目いっぱいうろうろする予定。
晴れてたら西穂独標、西穂高岳、ジャンダルム、前穂高が見えるのよ〜

あぁ!人生は愉快だ!(雨だな!)何てこと言う!


Posted at 2016年08月02日 10時58分39秒  /  コメント( 0 )

いつまで続く?

今後忙しくなることが予想され、アップ出来る時にアップしておかないと
月12回更新の私のノルマは消化できない。なので、しつこく更新します。

ハワイでの食事はホテルでの切るだけ料理だけではなかったのです。
出かけた先で頂くこともありました。

本当は 「ハワイのおすすめの場所は」 の問いに玉木君が答えていた
ホテル一階のアランチーノのウニパスタを食べたかったのですが、
1500キロカロリーはありそうなのでパスしました。

おすすめの場所がアランチーノ?どんだけ〜〜 好きなんだ!

そんなの食べたら、2日間飲まず食わずしなければなりません。
一気に血糖値が上がる事間違いない。

なので、外食の時も低カロリーな物を探しました。
アラモアナショッピングセンターのフードコートは便利です。私が食べられそうなものがいっぱい。

アラモアナSCの近くの飲茶のお店に玉友さん総勢6名で出かけたこともありました。

空芯菜の塩炒めをオイスターソースに付けて食べるのははじめてで新鮮でした。
こんな食べ方もあるんだ。

いつもはお皿に残った食べ物は、すべて残さず平らげていたのに、控えめです。

なにせ、帰ったら検診を受けなくてはなりませんので。
この旅で残すことを覚えました。もったいないですが。

フードコートで食べた鶏の煮込み弁当やステーキ弁当は美味しかったです。
もちろんご飯(カリフォルニア米)は残しました。

ハワイは日本人観光客が多いから日本人の口に合わせてくれてます。
フクシン漬けやタクアンも添え物に付いてました。


これくらいで丁度いい     みんなでワイワイガヤガヤ!  さすがハワイ!弁当でこのお肉

検診終わって正常値だったら、梅田のタオルミーナでウニパスタ食べてやる〜〜
マカダミアンナッツソースがいっぱいかかったパンケーキ食べてやる〜〜(お好きに!)


今度こそハワイネタは終わります。みな様のご訪問がうれしかったです。 ありがと〜〜♪


ISO感度1800で。玉友さんにレクチャーしました。


Posted at 2014年06月07日 07時32分45秒  /  コメント( 4 )

番外編 供

ハワイでは毎朝コーンフレークにはちみつと牛乳をかけて頂きました。
私も痩せましたが同室の玉友さんも1キロ以上痩せたそうです。

出来るだけジャンクフードは食べず、
ホテルでは野菜中心の食事を作りました。切るだけですけど。

アラモアナショッピングセンターでチーズナイフと可愛い食器を調達しました。
ナイフがあれば何でも作れます。

レモンを絞って同じ分量のオリーブ油に塩コショウ、
そしてアンチョビーを刻んで入れたらドレッシングの出来上がり〜 簡単でしょ!



朝食です。         ベランダディナー     パプリカのおかか和え 激ウマ〜


ニラダレの豆腐サラダ    こんな景色を見ながら バリ贅沢

パクチーと蒸し鶏のサラダ、きゅりとラディッシュの浅つ漬け、プチトマトのマリネ、
わかめのナムルなどなどを頂きました。


最終日のライブの前に例のマラサダを食べにレナーズまで歩きました。
ダイヤモンドヘッドの横をひたすら北へ歩きます。

途中で玉木君のお気に入りのスタバとジュースや発見。

冷たいジュースは体に悪いのでホット珈琲でブレイクタイム。
ショートをたのむのは日本人だけ?ハワイの人はコップもでかい。

「空港からの道やから玉木君も寄ったよね」 などと妄想タイムを楽しみました。

結局歩いて20分位のところを2時間位かけてブラブラ〜


こんな花を愛でながら        空を見上げて幸せだ〜    ほらね!一石二鳥でしょ!


レナーズ到着        熱々のシナモンマラサダヲ1個だけ


ここで驚きの新事実をお知らせします。
帰りはバスに乗ろうと思ったのですが、な、な、なんとパスポートが必要だったのです。

お金では乗せてくれないんですよ。驚きの発見でしょ。なので帰りも歩きです。


早く帰らないとライブに間に合わな〜ぃ!雨に濡れながら雨を楽しみながら歩きました(変態!)

汗と雨で何もかもビチャビチャ!

そしてシャワーを浴びて今世紀最大のおしゃれをして、玉木君の元へ飛んで行ったわけです。

たくさんの方にブログを読んでいただいて みなさま ありがと〜〜   おわり


一番上の小さな窓の部屋が2ショットのスイートルームです。
             


Posted at 2014年05月31日 09時30分38秒  /  コメント( 2 )

番外編!

ハワイでは玉木君のあまりの美しさに自分の顔を鏡で見るのが嫌でした。
一日一度ノルマで化粧して、それからは出来るだけ顔を見るのは避けてました。

自分の顔を認めたら玉木君の目を見て話せないもん。あくまでも私は今年23歳 (ゴツン!)

ハワイのイベントスケジュールは前日にしか解りません。
玉木君を追っかけて4回目のハワイですのでもうすでに名所旧跡は行き尽くしました。

なので今回はオプションには参加せずのんびりブラブラ旅にしました。
ま、なんとかの滝は行きたかったのですが土日はやってなくて行けませんでした。

滝に打たれなくても大丈夫と判断してくれたのでしょう (誰が?)

ダイヤモンドヘッドの向こう側のファーマーズマーケットも行きたかったのですが
2ショット撮影が早めだったので行けず。

カラカウア通りを玉友さんと二人でウロウロしただけでした。
以前はハワイに詳しい玉友さんと行動していましたのであまり地理が頭に入ってなくて。
なので今回は自分で動くことにしました。

道も解らず英語も喋れないのに動くわ動くわ。
道を間違ったらダイヤモンドヘッドが見える方向に歩けばいい事だし。

ウェルカムランチの後にアラモアナショッピングセンターまで歩きました。
ここで色気が出てしまって真っ直ぐ歩けばいいものを寄り道寄り道で2時間以上かかりました。
それでも楽しかったわ。

アラモアナショッピングセンターは毎日行ってました。
さすがに二回目からはバスで行きましたけど。

スーパーマーケットはあちこち3軒行きました。
アメリカのマーケットは品ぞろえが豊富で見るだけでも楽しかったですよ。

商品パッケージを読もうとしても英語が解らず、でもちゃんと目的の物は手に入りました。
どのスーパーも日本食を売ってました。しょうゆ、ふりかけ、豆腐などなどなんでも揃います。


こんな空を見上げながら      こんな景色を眺めながら    こんな夕陽を浴びながら



鴨が全員顔突っ込んでる    くたびれたら腰を下ろし   アラモアナショピングセンター


ポップでキャッチ―な品揃え    何でも大きいアメリカンサイズ     ホテルの冷蔵庫


Posted at 2014年05月29日 10時13分33秒  /  コメント( 0 )

世界遺産 富士山!

『しやがれ』 に出ていたクドイ店のハンバーグを食べると言っておきながら、
結局は時間が足りなくって行けませんでした。

明るいうちに新宿からバスに乗らなくっちゃ!
午後5時には河口湖のレンタサイクル屋が閉まってしまうので、ハヨハヨ急ぎました。


東京は10日(火)雨のち曇りでした。雨にけむる東京駅も素敵だったのですが、
いい写真が撮れませんでした。

これは許せる!と思う写真しか載せたくないという、私なりのこだわりがあるのです。



前日の強風と雨模様から一転して、11日は朝から青空が広がっていました。

朝5時に起きて、恐る恐る富士山を見たら ヨッシャ〜♪ 見えてる〜

前日に東京駅の千疋屋で買った、超お高いバナナとアンパンと白湯を頂き、
血圧の薬を忘れずに飲んでっと。

自転車で河口湖へ向かいます。河口湖の朝は−5度、なんのこれしき。

陽が登らないうちに、湖から立ち上がる朝もやを写さなくっちゃ。
残念ながら朝もやは現れてくれませんでした。2年前に見たのは奇跡だったのでしょう。

でも、富士山は今回も微笑んでくれました。

もう、綺麗のなんのって、あまりの感動に時間が止まったようでした。
バシャバシャ!夢中でシャッターを押しましたとも。

帰ってからパソコンで編集したら、おんなじ様な写真ばっか。
まま 被写体は動かない富士山ですから、おなじになっても仕方がないです。

今年のお正月に撮った写真とあまり違いはないのですが、懲りずにご覧ください。

 
河口湖駅と夜明け前の富士山   赤く染まってきました。  東の山から朝日がキラキラ〜♪



一瞬現れた逆さ富士    時を忘れる程の景色です。   雲が出てきて逆さ雲


寒さも時も忘れ、至福のひと時を過ごし、朝9時30分のバスで新富士方面に向かいます。
なにせ、バスは一日二便しかありません。今回は白糸の滝で途中下車です。

次のバスまで4時間ありますので、この4時間を有効に使って富士山の西側を観光しました。

富士五湖ではないのですが、田貫湖というダイヤモンド富士が写せる湖があります。、

その休暇村のホテルはお正月に撮影した人は、
次のお正月の予約をして帰られるから予約が取れないそうです。

そんなマニアックな場所を一度見てみたい。白糸の滝からタクシーで向かいました。

「写真撮る間 待っててね」

雲が出てきましたが、大沢崩れが真正面に存在感を示していました。



雲が出てきましたが、それが又幻想的。


ちなみに大沢崩れは、過去に何度も噴火して積み重なった溶岩の、弱い岩盤が崩れていて、
ダンプカー20数台のガレキを毎日撤去しているそうです。



お正月に来た時も白糸の滝は工事中だったのですが、まだやってました。
なので、滝の下までは降りられなかったので上から写しました。



富士山の伏流水が岩から流れてる。 男性的な音止めの滝です。  なごりのモミジが華やいで


滝観光をしてもまだ2時間位時間がありましたので、そこら辺をウロウロ〜
雑木林に入って探検しました。



富士山は人の暮らしに溶け込んでる。 1000年は経ってるツゲの木  サザンカが自己主張



忘れられた野菜達       小さな清流に野セリがいっぱい    私のカメラは光が6本




靴にはドロボウ草がぎっしり。 新富士からの馴染みの富士山  あっちこっちで名物を食べ続け



結局、似たような写真ばかり800枚位撮ったのですが、ほとんどをゴミ箱に捨てました。


玉木君も写真展の為に、何枚撮ったんやろ?ピンボケでいいから一枚頂戴。(はよ寝なはれ!)


Posted at 2013年12月12日 03時41分38秒  /  コメント( 2 )

決定!

9日 (月) は曇り時々晴れ 11日は晴れ時々曇り。富士山の天気予報です。
週間天気予報が出るのを待ちかねて、決定しました。

写真展は雨でも嵐でも関係ないのですが、富士山が見えなけりゃつまらないので、

10日に先に東京に行ってから、河口湖へ行きます。

河口湖に着くのが遅くなっては富士山が見えないので、早めにバスに乗ります。
実質5時間位東京に滞在して、ちゃちゃっ!と済ませて (コラッ!)

新宿からバスで河口湖へ行く予定です。

写真展は1時間もあればゆっくり見れるでしょう。

それから豊島園まで行って 「しやがれ」 に出ていた喫茶午後でマスターのダジャレを
聞く予定にしています。

すみません!ひとりごとなので無視してください。

河口湖に16時に着いたらいつものようにレンタサイクルで夕陽の富士山を撮って、
サブサブと言いながらホテルにインする予定です。

翌朝は5時に起きて河口湖の朝もやを撮って、河口湖を一周する予定です。

気温は解りませんが、朝もやが現れてくれる予感がします。
朝日が昇ってきたら朝もやはなくなりますので、寒いですが頑張ります。

そして向こうの山から昇る朝日を撮ります。

AVモード 絞り値F22 露出−2〜3 

で太陽の光が、放射状にのびる朝日が撮れます。今朝試しました。バッチリでした。

そして一日二便しかない路線バスに乗って河口湖から新富士まで帰ります。

この二便しかないバスを有効利用してあらゆるところを巡る予定です。

時にはタクシーで、バスのないところは駅まで歩きで巡ります。
知らないところを歩くのは楽しいものですよ。一度お試しあれ〜(試しません!)


なにはともあれ、11日は晴れてくれるのを祈ります。

富士山がメインのように聞こえますがそれは錯覚ですよ。

あくまで玉木君の写真展がメインですので。
彼の写真がどれほど成長したか楽しみにしています。


写真は撮れば撮る程、プロの方の写真を見れば見るほど、上手くなりますから。


いつでもどこでも首からカメラをぶら下げて、いっぱい撮って頑張ってほしいです。

                 いいカメラ持ってんだから (余計なお世話!)


Posted at 2013年12月04日 22時27分59秒  /  コメント( 2 )

現実逃避!

学園祭のお知らせが来ましたね。今年は地方の大学に出かけて下さるようですが、

きっと、ファン思いの玉木君ですもの 「津々浦々に行くぞ〜」 との
玉木君の意見が尊重されたからでは?と私は思います。


そして、私は性懲りもなくスイスを懐かしんでいます。
またかっ!と言わないで〜〜

スイスから帰って、毎日毎日、くる日も来る日も人様のスイスブログや映像を見ています。
ここ行った。ここ知ってる。懐かしくって、懐かしくって、いまだに現実逃避しています。

どんだけ〜〜〜〜の感はありますが、それほどスイスは素晴らしかった。
目を閉じれば山々の景色や草原が浮かんできて、どうにも、こうにも困ったもんです。


私は8日間行っただけで、こんなにも旅を懐かしんで、
こんなにもしあわせな気持ちになれているんだから、

玉木君はおよそ1ヶ月間のバックパッカーでさぞかし、思い出もたくさんあるでしょうね。
行く前に楽しんで、行って楽しんで、帰ってより楽しんだと思う。多分!

忙しい日々もその思い出で、やり過ごせたんじゃないかな?


仕事から帰って来て急いでパソコンを立ち上げ、その間に珈琲を入れ、横にたばこを置いて、

ふぅ〜と一服してから、旅の初日からのピクチャを眺めつつ

「あぁ もう一度行きたいなぁ!今度はモンブランを撮りに行こう!」

「ここはちょっと白飛びしてるな。アンダー目に撮った方が良かったのか?

    アングルが平凡過ぎる。今ならもうちょっと綺麗に撮れる!」 とか思っているかな?
                               (妄想を越えてる)


今でも一番行きたいところはスイスかな〜?


テラスから眺めていた景色。  どこまでも続く線路わきの草原。 ホテルの裏庭から山を見てた。


Posted at 2013年08月02日 06時07分57秒  /  コメント( 4 )

まだまだ引っ張ります!

まだまだスイスネタを引っ張ります。なにせ、私は今週はお休みですので、お付き合いを。

今まで数々の旅行をしてまいりましたが、
ハワイも良かったのですが、スイスにはハワイよりもっと優しさを感じました。

ツェルマットはなんだか懐かしいようなデジャブ感がありました。
それは何度も写真や映像を見たからかも知れませんが。

ツェルマット村が観光客のお蔭で成り立っているという子供の頃からの教育もあるようです。
どこで買い物してもやさしい。すれ違う村民も穏やかです。

「遠いところを来てくれてありがとう!」 牧場の馬さえ親しく近寄ってきましたもの。


スイスは資源がない分、観光で生活しているという自覚が根付いているのでしょう。

ツェルマットは村内すべてが歩行者天国です。電気自動車は速度20キロ以内。

人の歩く速度に合わせて、すべての環境が整っています。もちろん信号もありません。

これは観光バスで巡ったすべての地域も信号はありませんでした。我先にの競争心がないのかな?

電気自動車は営業用のみで個人では所有できません。

車のローンに追われる事もなく(笑)

だから余裕が出来てバカンスでいろんなところに遊びに行って穏やかに優雅に暮らせる?

村の学校もバカンスで混まないように、夏休みの日程をずらせているそうです。byガイドさん談

20代の給料が50万だとか?
物価が高いと言われていましたが、庶民が買い物するスーパーは日本と変わりませんでした。

エビアンの水が1000mlで150円位。野菜も果物も豊富。

料理の味付けまで、人の歩く速度に合わせた味付けです。塩と胡椒といたってシンプル。

誤魔化し味になれている日本人には、物足りなかったかも知れませんが。


シンプルな味の玉ねぎスープ。  型で抜いたサラダこれは頂き。  バターでソテーした白身魚。



コンソメ味が強くない。   ジャガイモをバターで焼いただけ。  毎回果物はいっぱいでした。



サラダは山盛り頂いた。  白身魚をフリッターにしてタルタル。  パリパリフランス菓子。



ここでも野菜が豊富。   白ワインで溶かしたチーズ美味。 ちゃんとデザートまで付いてる。



ブドウのジュースが激ウマ。   2000mの山の上のランチ。  可愛いデザートでしょ。

スイスはいろんな国に囲まれているから
フランス風だったり、イタリア風だったりドイツ風だったり、いろんな味が楽しめました。


山岳ガイドの方にお聞きした話ですが、今も村では調味料の貸し借りがあるそうです。

「ちょっとペッパー貸してくれへん」 「町まで買い物に行くけど、なんか買ってこようか?」

若い人が町まで買い物に出かけたら
ご近所のお年寄りの分まで買い物をしてあげるのでは?多分?

「アップルパイ作ったけど、食べる?」 目に浮かぶでしょう。


貧しかった頃の日本の情が、スイスの村にはまだ残っていたのです。

教育も大学に行きたい人はすべて入学できるそうです。中学を卒業しても就職口はたくさん。
だから無駄な競争もなく、子供たちが穏やかに育つのかも知れません。

ペーターが文字を覚えられなくてもコンプレックスを持つことなく、
いい子に育ってるいでしょ (アニメです!)


今度ツェルマットに行けたら、自転車で村人が住む地域に行こう!

               そしてスイスをもっと感じたい! (明日の命もわからん!)


Posted at 2013年07月25日 20時09分35秒  /  コメント( 0 )

スイス旅行記 番外編

急ぎ急ぎブログをアップしたらなんとまぁ!間違いだらけ。

旅行記 ─,離好ぅ垢両鐚韻如「バスは線路で一時停車をしてはいけない」 は間違いです。

そりゃ、日本でも線路で一時停車はあかんやろ!駐車違反以前の問題です。

要は踏切のまえで停止しなくていいのです。そのまま渡っていいのです。

なぜなら停止してエンストを起こす確率の方が高いかららしいです。
踏切がない分自己責任で渡れ!ということでしょう。

お買いものでも新しい発見が。

COOPで買い物をした時にベルトコンベアーにカゴから商品を出して乗せます。
ほかの人との区別は三角のアルミみたいなもので仕切ります。

ダーッと流れてきて最後に止まるようになってました。合理的ですね。



驚く話題を一つ捧げます。(誰にだ!)

マッターホルンが見えるゴルナーグラード駅やクルムホテルにはもちろん水洗トイレがあります。

そりゃもう、ガァーと下界と同じくらいの水量です。

浄化水槽かと思いきや、な、な、なんとあの3100mから下界まで下水が通っているそうです。

同時に水道も下界から3100mまで引いてあるとな。ビックリでしょう。


富士山が世界遺産の登録が遅れたのもその問題がクリアできなかったからと私は思っています。

遥か昔からスイスの方は先見の明があったのでしょう。

これはどこの展望台でも同じだそうです。どうですか?驚く話題を捧げたでしょう。

ハワイのゴミ問題といい、スイスの下水問題と言い 
私は環境庁の回し者かっ!と自分に突っ込んでおります。


それでは 暑中お見舞い方がた 高山植物などご覧ください。




★  幸せいっぱいの人々編



すずしさは届きましたか?


Posted at 2013年07月24日 23時42分58秒  /  コメント( 4 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ