大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
旅のお話

休日を満喫!

「今日は台風が来るから出かけるなよ」と夫が言います。
台風も避けて通る嫁だと、夫はいまだに認識がない。

終日お休みは今しかないので朝から自転車でウロウロしてました。

まったく行った事のない喫茶店でモーニング珈琲を頂き、
激安と噂のサンディでは料理の為の清酒が47%引き。安ッ!
エキストラバージンオイルが299円。探検は楽しいものです。


昨日14日は阿波踊りが中止になったそうですが、私が行った13日は運よく開催です。

元々夫も私も徳島県出身なので阿波踊りは子供の頃から日常に接していましたが、
桟敷席でちゃんと見るのは初めてでした。

京都の人が祇園祭をわざわざ見に行かないの同じです(見に行きます!)

阿波踊りはその当時の阿波の守「蜂須賀家政」公が徳島城が完成した時に城下で
「好きに踊れ〜」と言ったのが発祥らしいです。

私も娘の時は連に加わって踊っていました。懐かしいわ。50年前の話です(合掌!)


若い子は踊ります。   それなりの人はお囃子担当です   肺活量がきっと健康にいいはず


男踊りは右手右足から出す  女踊りは右手左足から出す  女は着物が色気あるなと夫が言う


一糸乱れぬ有名連の踊り  大太鼓の響きが客席を盛り上げる  蜂須賀公に扮して頑張ってる


Posted at 2019年08月15日 14時06分44秒  /  コメント( 4 )

のんびりな令和3日目!

のつもりでいたのですが、連休初日から運悪く夫が気管支炎で入院することになりまして
毎日病院通いになってしまいました。あちゃー

老夫婦にはいつ何時なにが起こるかわからない。行ける時に行かなくっちゃと。

ま、大事をとって入院しただけですので私は予定通り令和2日に「友ヶ島」行を決行しました。

友ヶ島はアニメの天空の城ラピュタの世界に似てる?と聞いたら行かなくっちゃね。
背の高いロボットいるかしら?興味津々。

友ヶ島は淡路島と和歌山県の間にある無人島の小さな4つの島の総称です。
地の島、虎島、神島、そして今回行った沖ノ島。

沖ノ島には明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞施設となった島でそうです。

大阪湾に侵入してくる敵軍を監視する為に建設された砲台や弾薬庫が
今でも当時のまま残っています。

その当時、一般人は立ち入り禁止だったそうです。
戦争が終わって一部は爆破されたそうですが第3砲台と弾薬庫は当時のそのまんま残っていました。


朝7時には家を出て南海電車で和歌山市まで。和歌山市から乗り換えて加太港まで向かいます。

加太港からフェリーで20分で沖ノ島に着くつもりだったのですが、
なんとジブリファンが急増したみたいでフェリー待ちに3時間半。甘くみてた。ぬかったーー

海と山しかないのにーーーどうやって時間をつぶせばいいのよ。

仕方がないので1時間ほどぼーーっと海を見てました。当てもなくそこら辺をウロウロ。

食事をしたり食べたり。海沿いだから魚が美味しかったです。

時間が来たので乗り場で並んでいると係りの方が「最終の便が4時半です。島に渡ったら1時間半で港まで帰って来て下さい」とな。はじめての場所なのにそんな殺生な。

とにかくその「第3砲台」だけは何としても見学しなくっちゃ。

人が住めない無人島ですので山ばかりです。とにかく山道の山道。

ハァハァ息も荒く必死に登って片道30分はかかったと思います。
帰る時間を考慮して30分の撮影タイム。

急ぎ急ぎの撮影ですがどうぞご覧ください。


和歌山側から見た沖ノ島   無人島だけど今日は人がいっぱい   旧日本軍が開拓した山道


兵隊さんもこの景色見たよね     廃墟になった将校官舎    主はなくても自然は巡る


大砲に詰める弾薬庫が当時のまま  地下を抜けると第3砲台跡 その当時も花に癒されたと思う


バタバタ走り走りの旅でしたが、平和な令和の時代だからこそ見学する価値があったと思います。
静かな平日にもう一度ゆっくり島を回りたいと思いました(玉木のドラマは見たのか?)

ドラマは逃げないけど沖ノ島は逃げる(??)


Posted at 2019年05月04日 09時20分21秒  /  コメント( 0 )

美山かやぶきの里!

地区の老人会から回覧板が回ってきました。(老人会?)
そうです。私は逃げ隠れできない老人なんです。自分では認めてませんが。

普段は名前を書いたら内容も確認せず、すぐに隣にまわすのですが、
おや?美山かやぶきの里とな。

年一回の懇親会旅行に美山かやぶきの里の日帰り旅行のお知らせが。

美山かやぶきの里は以前から行きたい場所の一つでした。

京都の北西の京都といっても山に囲まれた場所です。
交通の便がなく車でないと行けない場所なんです。

なんというグッタイミングなんでしょう。
今まで一度も会合とかにも参加したことがないのに。得手勝手な老人です。

そんなこんなで。早速カメラを持っていそいそと。

今日は連休初日でしたが運転手の方のプロ根性で渋滞にも巻き込まれず2時間で丹波篠山に到着。
昼食を頂いて美山町まで出発です。

ちなみに丹波篠山の戦国大名はあの波田野氏です。信長の怒りをかったあの方です。
丹波栗や丹波黒豆の産地です。

車窓からは山又山。
ところどころに民家が点在している、美しい自然に囲まれた目に青葉な風景を堪能しました。


美山かやぶきの里は国の伝統建築物群保存地区です。

おそらく、あの大戦でも空襲を免れて残った場所と思います。
古き良き日本の原風景が残る貴重な山里です。

鉄道もなく大きな道路もない不便な田舎だからこそ、そのまんまの姿を残せたのでしょう。
そして現代人を癒している。何が幸いするか人生わからないわ。

途中バスに乗っている時に豪雨になり雷が鳴り響いたのですが、
バスを降りたら、歓迎してくれたかのように青空になりました。ラッキ〜!



映画のロケ地にもなってます  他人の喧騒をよそに生活がある  老若男女が癒しを求めて


民家の庭先にも人を癒す    20〜30年で葺き替える   吹き流しが風もなく穏やか


雨からキラキラの贈り物   名残の桜がおしとやか  道端に咲いていたレースフラワー


民家の石垣に芝桜が満開      そこかしこに花爛漫  キリシマツツジを気取って撮った

  


Posted at 2017年04月29日 20時55分17秒  /  コメント( 0 )

まだ浸ってる!

名古屋駅に7時20分集合なので始発の新幹線に乗り遅れては大変とあわてました。
                               (まだ続いているのか?)

はい!今日は夜だけのレッスンなので暇なんです。
ちなみに醤油あんのみたらし団子と、つぶあんを煮ていただいてどらやきを焼きます。ゴックン!

名古屋駅の太閤通りの噴水前が集合場所です。
周りを見渡しながら絶対この場所に一回は来たと思う!玉木君は。としみじみです。

出発地が玉香のする場所って憑いてるわ(とりつかれてる!)


東海北陸自動車道を高山方面に進んで行きます。
途中郡上八幡の手前の瓢ヶ岳(ふくべがたけ)サービスエリアで休憩です。この名前読めないわ。

郡上八幡で下りる手前だから玉木君は絶対休憩したと思う。違ってたら教えて玉木君!(どさくさ!)

郡上八幡は城下町なので落ち着いた雰囲気でした。お城はバスの中から見えました。

高速を下りて高山から158号線を上高地方面に向かいます。
なんてことない田舎の景色を見ているだけで心がふぅ〜と癒されます。

この頃は全国どこでも道路沿いに綺麗に花が植えられています。
が、私は大自然にひっそり咲いている花を目で追います。

上高地に入る前に釜トンネルを通ります。この釜トンネルの中の高低差がすごいんです。

入口と出口の高低差は100m。当然バスの中も斜めになってます。
前の席と後ろでは1mの差があります。バスに弱い人は酔いそうです。

釜トンネルを抜けるとそこは大正池です。


瓢ヶ岳PAでさらします。痩せなくっちゃ!最初に目に飛び込んでくるのが活火山の焼岳

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」

10月5日(水)午後9時〜 テレビ東京(GYAOで無料配信してます。ネットで見れますよ) 

玉木君が検事になって悪をさばきます。見てね


Posted at 2016年08月25日 13時50分33秒  /  コメント( 0 )

想い出に浸る!

「私10年位前に千里セルシーで玉木君と握手をしたことがあります」
なんと今日生徒さんから衝撃発言。

「CD買って握手をしてもらったんだけど、オーラがすごくてまともに顔がみれなかったです」

「だろう〜」「顔がピカピカに輝いてました」「そうやんな〜」(注:そうでしょうの意味)

なんと!なんとでしょう。
さすが玉木君です。一般の方でも一瞬で虜にしてしまう。

でも、あの時はガリガリに痩せていただろうに(ガリガリでも素敵です!)

ふと思ったのですが、その握手の為に買ってくれたCDを聞いてくれたのでしょうか?
聞こうと思ったのですが怖くて聞けない(なんで怖い?)



信州から帰ってきていまだ想い出に浸っています。
ユーチューブで行かれた方の動画を見たり、アマゾンでカメラを見たり。

もう一度行って綺麗な写真を撮りたいです。そして私は無謀なことを考えております。

まずは、山に登ってみようかなと。

千畳敷カールの遊歩道から登山道に行く坂があったのですが
今回は来るだけで満足だったので山登りなど考えもしなかったのです。

八丁坂から急斜面を1時間ぐらい登ったら乗越浄土(のっこしじょうど2857m)まで登れます。
そこから中岳(2925m)まで登ぼれそうな予感がしてきました。

木曽駒ヶ岳(2956m)までは考えておりません。

乗越浄土からは東の方に富士山が見えるし御嶽山、乗鞍も見えるそうです。あぁ〜

乗越浄土と名が付いたのは苦しみながら登った先が、
そこが極楽のような場所だからではないでしょうか?あぁ〜

まま、痩せることが先なんですが。


そしてうれしいご報告があります。

私は以前からその土地の名産、たとえば青森だとリンゴ、鳥取県だと梨と言う風に
各地の名産の樹木を街路樹にすればいいのにと思っていました。

ビワの木が街路樹、ブドウが街路樹って素敵でしょう。

駒ヶ根から帰るバスの中で発見しましたよ。私の希望通り街路樹がリンゴ〜♪

飯田市付近でバスが信号待ちをしていたら窓の外にリンゴの木が〜「アップル通り」



真ん中のくぼみが乗越浄土  千畳敷カールのテラスでソースかつ丼  ほら!リンゴの木です

なんとか時間の隙間を狙って山に登ってみようかな(やめとけ!)


Posted at 2016年08月22日 01時23分07秒  /  コメント( 2 )

千畳敷カール2

千畳敷カールは2万年前に氷河期の氷が解けてえぐられたくぼみです。

2500m以上は木か育たないので遮るものは何もない。まるっぽ見えます。

綺麗〜〜〜と安心していたら5分で真っ白に隠れてしまいます。
カールに遊歩道があって一周40分で廻れます。


油断をしてたらあっちゅうまに  ナナカマド9月になれば真っ赤に紅葉  こんな実をつけます

高山植物を見ながら振り返って山を見ながら〜♪極楽だ〜〜

ま、一周40分は脇目も振らず前だけを見て歩く人の時間です。
私は2時間ぐらいかかったような。急ぐ旅でもありませんのでのんびりゆったりです。


こんなガレ場を上り下り      剣ヶ池からの宝剣岳     日陰に咲く花サクライウズ



一段と映えるミヤマキリンソウ  高山植物の花形ヨツバシオガマ  綿毛のようなヤマハハコ



凛と佇むウメバチソウ  一人でも存在感ミヤマクロユリ  可愛いけど毒のあるヒョウタンボク


名残惜しいですが宝剣岳とお別れです。
ロープウェイは通年営業なので今度は雪をかぶった千畳敷カールに来たいです。

さぞかし綺麗な星空が見えると予想。

駒ヶ根まで降りて名古屋までのバスのチケットを買おうと思ったら、
エッ!大阪梅田まで出てるやんか。

新大阪までバスで帰ることにしました。なんと5000円。安ッ!

帰りは5時間のバスの旅です。
車窓から栗東まで2キロとか京都まで何キロとか書いてあるのを見ていると

私の頭の中のグルグルMAPが作動して今どこを走っているかわかって楽しいのです。


さぁ!明日から頑張って働きます。どうぞ!玉木君も新ドラマ頑張って下さい!(お決まり!)


Posted at 2016年08月19日 17時41分51秒  /  コメント( 2 )

ふれあう紀行 千畳敷カール編

何度見ても「曇りのち雨」天気予報にちょっとがっかりです。
それでも無理やりテンション上げて気持ちをもっていきました。ソワソワ!

1時間ごとに目の覚める自分にちょっと意外でした。
ま、それほど千畳敷カールに憧れていたということです

17日はは松本泊まりでした。
松本の名物は〜ということでホテルにインする前に駅前商店街をウロウロ!

馬刺しに信州そば、ワサビ、山賊焼き、ソースカツ。
その土地の名物を頂くのも旅の楽しみです。

早速居酒屋に入ってすべて残さずたいらげお腹パンパンでホテルにイン。
この日だけで4000キロカロリーは頂いたと思います(アスリートかッ!)

湯船にゆっくり浸かって、寝るまでのひと時を普段は見ないテレビを見て過ごしました。
こんな普通の生活は久しぶりです。上げ膳据え膳はいいものです。

山は朝早い方が晴れる率が高いので6時30分に朝食をかき込んで出発です。


いつもの旅のお供に玉木財布!     朝は少な目に


松本駅から塩尻まで行って乗り換えて駒ヶ根まで。
駒ヶ根からバスで千畳敷まで1000m位山を登って行きます。

山の急斜面に堂々とそびえる立派な松とかを見ていると、
これを切り出すにはどないするんやろ?とか。

これ1本いくらで売れるんかな?とか考えるのが好きです(馬鹿かッ!)

いよいよ!ロープウェイで2612mまで一気に登ります。
高所恐怖症なのに窓際に陣取ります。下を見なかったらいいんだから。



子供でも登れますよ      日本一高い駅です

わぁ〜〜いよいよ宝剣岳(2931m)とご対面だ〜
外に出ると何にも見えません。はぁ〜とため息!(ため息一つで幸せ逃げる!)


旅の記念にさらします痩せなくっちゃ! リュックにはいつでも高度計が入ってる。


それでもここは2612mです。はるかにはるかに浮世は離れていますよ〜♪
雲の動きを見ていると早い。飛べ〜飛んでいけ〜と期待が高鳴る〜

まもなく私の念力が宝剣岳に通じたのか?すっかり雲が晴れてお姿を見せてくれた〜♪

どうぞ!ご覧ください。


真ん中の山が宝剣岳(2931m) アップに耐えられるお姿♪  てっぺんに人が登ってる 

次へ続く。


Posted at 2016年08月19日 16時26分08秒  /  コメント( 0 )

自然にふれあう紀行 上高地編

よく足が棒のようになると言いますが、パンパンの丸太になりました。
なにせ一日6時間以上バスに乗り、毎日一万歩以上テクテク歩きましたよ。

帰ってきてパソコンに画像を取り込むのが楽しみで楽しみで。

ところがどっこい!私がこの目で見た景色とまったく違う!ショック!ショック!

真夜中であろうが頑張ってアップしようと思ったのですが、心が折れてふて寝しました。

これはあれだな!カメラのせいだ。やっぱり画素数のいいカメラが欲しい!(すり替えるな!)
こんなんだったらスマホのカメラの方が百倍綺麗に撮れるわ(やけくそ〜)


まま、自分の腕が悪いのは重々承知の上ですが、
やはりホワイトバランスをオートにするんじゃなかった。曇りにすればよかったのに。

とわけのわからないことをのたまっています。

旅行の楽しみは景色を切取って想い出にすることなんですが、まったく上手くいかなかったです。

玉木君は悔しい思いをすることはないのかな〜もう一度行くわけにもいかないし。
まったく!まったくだ!


という訳で気を取り直して、おしきせの思い出ですがご覧くださいませ。



おなじみの立ち枯れの大正池    人懐っこいカモに癒され     鏡のような池に癒され


こんな景色を浴びながら    梓川の川音を聞きながら 森林エナジーを吸い込んでトボトボ


田代湿原の静寂の横をバタバタ   ギョッ!熊が出た〜  猛毒とは思えないヤマトリカブト


至る所に可憐なノコンギク  澄んだ空気に映えるイタドリ  ただそこに咲くアズマヤマアザミ 


帝国ホテルでちょっとブレイク  ワサビの葉の天ぷらこれ頂き  アフタヌーンセットを残さず


やっと着いたかっぱ橋      なんと!穂高は雲ん中  少し見えた玉香のする西穂独標?


本当はこんな風に見える    仕方がないのでガレ場をアップ  子供が無邪気に楽しんでる


気分をなおして薄紫のクサボタン  上高地は秋の気配  ライブで見た五千尺ホテルのカメラ


なんと!今朝のニュースで知ったのですが、玉木君が金さんになると。
もろ肌脱ぐのかな〜日焼けした肌ではアカンやろ。

と思っていたのですが、平成の金さんなんですね。

よくぞキャストして下さいました。
やはり関係者の方は多方面から役者をご覧になっておられるのですね。

「変わり者の警察署長がお忍びで捜査」とな。ぴったりやんか〜(変わり者がか?)

違いますよ。人情味があって押し付けない正義感がぴったりはまるということです。
私たちファンは、そのまんま演じたら玉木金さんになると知っていますけど。

視聴者の方に是非とも、新次郎さんとも違う新しい玉木君を見てほしいです。

次回は千畳敷カール編です。


Posted at 2016年08月19日 11時32分40秒  /  コメント( 0 )

いよいよだ!

「おとうさん!きゅうりの漬物切ろうか?」「いや胃の調子が悪いからええわ」

「私明日から休みやから、ちょっと旅行行ってくるわ」

いやぁ〜どさくさに紛れてやっと言えました。ほっと一安心です。これで大手を振って行けます。


普段天気予報など気にも留めない私ですが、自分が動くときは一日何度も天気予報を気にします。
どうやら台風が来てるらしい。

私は晴れ女なのに上高地の近くに玉木君がいるのか?(無茶苦茶な!)

山を見に行って山が見れないってどうよ。ま、それが人生です(大雑把な!)

そんな時は曇りの上高地を撮ります。もし、雨が降ったら雨にけむる大正池を撮ります。

しずくの垂れた高山植物を連写で撮ります。連写で撮ったら水玉が映るんですよ。
芸術作品を撮る予定です(撮れるのか?)予定は未定でしばしば変更有!

何でもいいんです。心が解放されて魂が癒されるんだからどんな景色も宝物です。

私の脳内には前穂高岳も西穂高岳も西穂独標もすべてイメージできてますので
雲の中からでも解ります(言い切ったな!)

玉木君のファンになる前から私は上高地や穂高に憧れていました。

槍ヶ岳を見たいが為に西穂高駅まで新穂高ロープウエイで行った事もありました。

その時は天気が良くって遠くの山々まで見えました。
今でも展望台から槍ヶ岳を見ている自分が見えますよ。

玉木君のファンになってすっかり山の事は忘れていました。
山より綺麗で、見てるだけで癒される玉木君で満足してたんでしょうね(ヨイショ!)


18日は台風も去って木曽駒ヶ岳の千畳敷カールが見える予定です。私の中では。

さぁ!明日は4時起きです。始発の新幹線で行くぞ〜〜待ってて〜


Posted at 2016年08月16日 18時51分07秒  /  コメント( 2 )

週間天気予報!

学園祭の当選メールがどっか寄り道をしてるんじゃないかと
何度もOUTLOOKを開いている今日この頃。

まま、応募をした時点で落選はわかっていました。

だって「羽衣国大大学」って書いたし、もう一個の方は年齢書き忘れたし。
こりゃ!あかんなと予想はしてました。

女子大生にデレ〜と鼻の下をのばした玉木君を見たかったな〜(お口がすぎます!)


そしていよいよ17日の週間天気予報が発表になりました。「曇り時々晴れ」微妙だわ。

ライブカメラでは今日はくっきり穂高が見えてたのに〜ショック!

ま、それでも気温20度の避暑地に避暑してきます。行けるだけで幸せなんだから。

五千尺ホテルのブログでは朝晩は12〜13度らしいです。長袖着用と教えてくれてます。
ちなみに五千尺とは標高1500mにあるから尺になおしたら五千尺。

大阪は熱中症になる程暑いし、なので想い出のRAMGTシャツで行こうと思っていましたが却下。

上高地はお盆を過ぎたら秋の気配だそうです。高山植物がいっぱい咲いてらしいです。

渡らないカモも梓川を悠々と泳いでいるし、
どこを切取っても綺麗な被写体ばかりで久しぶりに一眼レフの出番です。やっほ〜

千畳敷カールは2600mあるので冬支度でお越しくださいとな。

千畳敷フェイスブックでは、下界が曇りで山が見えなくっても
山の上の千畳敷は晴れで宝剣岳が綺麗に見える時もあると希望を持たせてくれます。

だから大丈夫だ!(何が?)

と、楽しみにしているのですが夫には私が留守にするのはまだ話していません。どうしよう!

好き勝手をしているようで言いにくいわ。(はよ言え!)


Posted at 2016年08月10日 21時50分42秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ