大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
玉木宏君のお話

いろいろ思うこと!

私はツイラーもラインもやりません。というよりそんな類は難しくってやれないのです。

だから親しい玉友さんも少ないです。この人はと思う人しかお付き合いをしていません。
私のつたないブログにコメントをして下さる方々は、勝手に玉友さんと思っています。

人間はか弱い生き物です。不平不満があれば誰かに言いたい。
誰かとつながって同じ不満を同調してほしい。

ツイラーやラインは良くも悪くも、不満がこだまのように響き渡るのです。これが怖い。


私は彼のお蔭でこの老後の人生が、同年輩の友達よりはるかにはるかにバラ色です♪(古っ!)

毎日、毎日バラ色です。

人んちの息子さんだけど、成長をどれほど楽しみにしているか。
夫や息子にはこの胸の中は見せられないわ。

役者さんは演じてなんぼのものです。
演技が人の心に響けば「この人出てる見よう」という事になります。

実際私も大門美智子のファンクラブに入ってないけどドクターXは超楽しみです。
陸王の役所さんもおじさんだけど、楽しみに見ています。

ファンクラブに入っているという事は、どの役者さんより超一押しだという事です。

会報で彼のメッセージも読めるし。そりゃ本心を書けないまでも彼の人柄が垣間見れます。
これはファンクラブに入った人への、これ以上ない特典です。

降って湧いたご縁があって
ファンクラブに入ったことは私の人生「勝利者」と思っています(なんと!)

その彼が困るような事は極力避けて、ひっそりと陰から応援したいと思っています(あれで?)

10年足ずファンクラブに入っていますので彼の性格やファンを大切にする思いは少しは解ります。

なので、じゃまくさがりの彼がこんなに長くファンクラブを続けているのは不思議です。

ファンクラブなどなくっても、役者として立派にやっていけますよ。
ここまで来たのですから(それは困るだろ!)


この前の観劇で、あの大都会の東京を歩いていると、
こんな大変な世界で彼は戦っているのかと、愛おしくなりました。

必死に戦っている彼が充分力を発揮できるよう、
陰から応援したいと、想いを新たにしましたよ(陰から?)そ、柱に隠れないけど陰から。


Posted at 2017年10月19日 14時49分12秒  /  コメント( 2 )

渾身!渾身!渾身!

舞台「危険な関係」それは唐突に始まります。

ネタバレを知りたくない方もたくさんおられると思いますが、
この舞台はネタバレを知ってからの観劇の方が理解しやすいと思います。

私は結末のネタバレも知って鑑賞しましたので、置いてけぼりにされなくてすみました。
「予習してきて下さい」の意味がよくわかりました。

つまり何度も上映された古典劇ですので、
演出家の方もある程度は観客が知っているのもとで演出されたと思います。本人に聞いてないけど。

品行方正を美とする日本の常識で見てはいけません。
この物語は18世紀のヨーロッパのなんの不自由もない貴族の物語なんです。

18世紀の貴族では当り前の、退廃的な道徳観のない退屈しのぎの背徳ゲームなんです。

貴族と言えど人間だから、本能は愛を求めてそれぞれが苦しんでいる。
その本当の愛が何なのか模索しているんだけど、

なにせ苦労がないからくるくる回って答えが見いだせないのよ。

月末にお金がなくって給料日にホッとするような苦労がない(どんな例えだ!)

何かを成し遂げたいと言う建設的な想いもなく、高みを目指そうとする向上心もなく。
だから感情移入出来る人はいませんよ。

ただただ、観客の理解しようとするやさしさと、
演じる役者さんの演技力があって、はじめて成り立つ演目と思いました。


玉木君は頑張って演じていましたよ。決してほめられる事のないプレイボーイ役。
つかみどころのない役を理解して、舞台二回目にして動きが舞台向きになってました。

流れるような少し大きな動作とか。いつの間にそんな技覚えたんやろ(集大成です!)

玉木君の肉体は(肉体って)素晴らしいものがあります。

特別鍛えてないとは言ってましたが、あんな体昨日今日では作れません。
食べたいものを食べたいだけ食べていては、決して作れない肉体です(何度も言うな〜)

舞台衣装の生地が京都の西陣織の緞子(どんす)みたいなお衣裳です。
本国から持ってきて仕立てたらしいです。

のだめで千秋様がコスプレしていたあの生地ですよ。
シンプルな舞台装置ですのでお衣裳が映えていました。

一番驚いたのはマイクを使わず生声だそうです。

私は二階席の一番後ろでしたがクリアに聞こえました。

玉友さんと「ソファーの後ろとかにマイクを仕込んでいるよね」とか
役者さんの苦労も知らず、のたまっていました。腹式呼吸すごいわ。

くったくたにくたびれたと思うのに、ご親切に握手会までやっていただいて恐縮しました。
おそらく1000人近くの観客数と思います。

ファンのみなさんは舞台の玉木君の頑張りを見ていますので、
スタッフに止められることも無く、自発的に0.48秒位の早さでした。計ってないけど。


とにかく、声をつぶさず健康に留意して、最後まで走り抜けることを心より祈ります。

弁財天様〜玉木君を応援してね〜 彼は強いわ(あったり前だ!)


Posted at 2017年10月17日 16時06分54秒  /  コメント( 4 )

行ってきましたよ〜♪のその前に!

折角の東京まで行くのであれば、一粒で二度美味しいを目論んでいたのですが
この天候です。もう!ジュックジュクのベトベト。

傘をさしては動きが取れないので、急遽予定を大幅に変更して都内の観光のみにしました。
又、天気の良い日に富士山に行こうと思います。

舞台がはじまる3時間前に品川に着きました。この3時間を有効に使ってっと。
品川から山手線で五反田まで行って東急池上線で洗足池まで。

そうなんです。
ここは以前に行った事がありまして、その折に弁天島の弁財天様にいろんな事をお願いしていました。

お礼参りをかねて是非行きたかったのです。

毎日私の頭の中で弁財天様を思い描いて感謝の気持ちを表しています。
といっても私は無信心論者ですからいいかげんなんですが。

程ほどのしあわせ、程ほどの目標。
なんたって程ほど以上の玉木君に出会えたのですから。これ以上の感謝はないでしょう。

雨の中を玉友さんと二人で喋りながら景色を見ながら。なんとゆったりとした時間だこと。

洗足池(せんぞくいけ)は昔は千束(せんぞく)の地名だったそうですが
日蓮が旅の途中で足を洗ったことから洗足に地名が変更になったそうです。

江戸城無血開城の勝海舟の邸宅があったそうですよ。源頼朝の名馬の銅像もあります。

都会の真ん中なのに雑木林が茂っています。
この木を勝海舟さんも見たんだろうなと妄想を膨らませました。

池には鯉がこれでもかっ!というほどいます。

人の足音を聞いて口を開けて餌をねだってきますが、
せんべいを持ってなかったので、鯉に口の開け損をさせました。。
渡らないカモもたくさん泳いでいます。


池の一周をゆっくり回って、出口にアロハ〜の看板発見。
こ、こんなとこに「マラサダ」と書いてあります。早速店内へ。

どうやらハワイ好きの店主の方がハワイのグッズに囲まれたレストランを開かれたそうです。

「マラサダ2個ね。おすすめのランチを二つ」
マラサダは本家レナーズよりきめの細かい揚げパンでした。大変美味しく頂きました。


雨だから人ひとりいない   池にはこんな橋がかかってる  ほら!都会の真ん中とは思えない



いつもお世話になっている弁財天様。綺麗になってた。 都会のオアシスだね



「玉木宏!あぁ朝ドラの」との認識 このメニューを教室に頂く マラサダがレナーズを越えてる

そして、五反田まで戻って渋谷のシアターコクーンへ5分前に駆け込み。
渋谷人多い。垢抜けしてないわ(しつれいな!)


Posted at 2017年10月17日 14時04分07秒  /  コメント( 0 )

いよいよだ〜♪

「大門美智子にして」「誰それ?」「ドクターXよ」
明日の朝早く息子んちに行って、髪の毛をブローをしてもらいます。

スマホで検索して「これか!」「そ、そんな髪型にして!」
雨らしいのでヘアスプレー固めてもらいます。カッチカチ!


いよいよ明日は、待ちに待った玉木君主演の舞台を見に行けます。うれし〜ぃ!

もう幕が開きだいぶん経ちますので、いろんな方のネタバレもがっつり読みました。

ふむふむあんなことをしたり、そんなことまでやるのかと予備知識も頭に入りました。

私はネタバレ全然OK!派です。むしろ知りたい。

ある程度の事を知っとかないと衝撃が大きすぎて体に良くないと思うのよね。

この歳になるとどんな事でもびっくりはしないんだけど、玉木君がやるとなると別です。

玉木君が魂を込めた渾身の舞台をこの目でしかと見届けます。

なんだか、見る前から胸が熱くなります。

頑張っている姿を見たら涙が出そうな予感がします(老人性涙目だろ!)



そして、我が家の可愛い花の名前が解りました。

「紫、つる性、秋」で検索したらなんと「琉球あさがお」というらしいです。

ちょっと拍子抜けです(なんで?)
いや〜姿かたちからもっとおしゃれな名前と思っていたもので。

葉っぱはモミジのように5葉だし花はちっちゃくて可愛いし、

これから見る目が変わりそう、水をやる手に精気がない(あさがおにあやまれ!)


こんな風にハンキングにしたら下に垂れてあさがおもステキでしょ!


Posted at 2017年10月15日 09時45分12秒  /  コメント( 0 )

後6日〜♪

「お前は長生きするわ」毎度のことながら夫の褒め言葉を謹んでお受けします(褒めてない!)

今朝は目が覚めたら9時30分でした(バケモノかっ!)
朝からのレッスンがない日は気持ちものんびりしていますのでつい寝すぎます。

老夫婦二人暮らしのこんな穏やかな日々が訪れるとは若い時は考えもしなかったです。
子育て真っ最中のカンカンに頑張っている娘のようななっちゃんに教えてあげたい。


「腹筋割れてる」「目で殺す」「甘くて苦い」などと浮世離れした心地いい情報の嵐に
我を忘れそうな朝に見つけましたよ。

お気に入りのつる草に花が咲いてるやんか〜
名前もわからない草に、こんな可愛い花が咲くなんて知らなかったわ。

朝晩の水やりと時々の水肥料をやらないとすぐにグタッとなります。この子がわがままなんですよ。
手塩にかけた子が成長する様は嬉しいものです(どーでもいい!)

いやいや!日常のささやかな幸せを感じられる人がこの世で一番幸せな人なんですよ。
私の留守中に雨が降ってくれればいいけど。

後6日で玉木君に会える。うれしいわ〜♪

夫には東京に行くとは言ってません(またか!)
ま、私には四国八十八ヶ所巡りと言う隠れ蓑があるから(罰当たり!)

あわよくば富士山にも行こうと思っているのですが、どうやら雨の予報がが。
ま、人生そんなに上手くはいかんわな。

富士山は見えなくっても忍野八海には行こうと画策しています。
渡辺食品で草餅を食べて、新そばを食べます。

本当は鱒の家で鱒の刺身を食べたかったのですが、団体客しか対応してないみたいです。残念!

どうやら渋谷にラクレットのお店があるらしいです。
わぉ!ぜひぜひ食べに行きたい(食い物ばっか!)

人生は限りがあるからより楽しく生きなくっちゃ!これも食養生です(お大事に!)


ほら!めちゃくちゃ可愛い   オンリーワンのオリーブちゃん   目を凝らせばこんな子が


Posted at 2017年10月10日 12時05分49秒  /  コメント( 4 )

いよいよだね〜

いよいよ明日、舞台「危険な関係」が初日です。とうとうやってきました〜♪

ヴァルモン子爵のビジュアルが公開されましたが、案外あっさり系のお衣裳でした。

男前を見慣れているであろう女優さんにまで褒めていただいて
「でしょう!そうでしょう!」と誇らしい限りです。

やっぱりね!あの魅力的な目力は、ドクターXといい勝負ですよ(なんのこっちゃ?)
最近ドクターXに嵌ってます。

私は16日までオアズケですが、楽しみは後からやってくる。

太田胃酸持参の舞台鑑賞ではあれなんで、しっかり食養生をして胃を治してから拝見いたします。
待ってて玉木君(待つわけない!)言論は自由です。


今更ですが「巨悪は眠らせない」の感想を少しばかり。

社会派ドラマゆえの息苦しさはありましたが、見ごたえがありました。

正義と信念を貫く冨永検事が、ちょっと力が入りすぎ感はありましたが(そんな役です!)
最後までダレずに拝見できました。

重苦しい場面の連続の中で
新聞記者の神林君や和菓子屋のお父ちゃんが丁度いい具合に緩和剤でした。

視聴率に媚びず、作りたいものを作るという放送局の意気込みがアッパレです。


それにしても、脱力なんちゃらは、ありゃなんなのよ。面白ない。
なんでうちの玉木にあんな小芝居をやらせるのよ〜プンプン。

「無料で7日間」というので見ましたが、いくら玉木君が出てても途中で見るのをやめました。

まったく〜こんなに時間の無駄使いと思ったことないわ(いくらなんでも言い過ぎ!)


Posted at 2017年10月07日 21時58分40秒  /  コメント( 2 )

ある日の会話!

娘のようななっちゃんが言うには、
とんねるずに出ていた玉木君を見て「この人男前やな〜」と息子が言うてたでと。

私の目にフィルターがかかっているからと思っていましたが、
なるほど!小学生の目にも男前と認識できるんだね。

「でも、あの玉木君はそうでもなかったやろ、なんか服が変だったわ」(何てこと言う!)

「何着ても素がええから差し引いても男前や」ありがとう!なっちゃん!

さんまさんとかとんねるずさんにかかると玉木君はいじりがいがあるやろなと思った次第です。
天然玉木君を上手にいじってくれます。益々好感度アップですよ。


そんなこんなで。

もうすぐ10月になります。こんなにも待ちわびた10月は私の人生はじめてです(なんと!)

なっちゃんに選んでもらったブラウスを着てパンツをはいて「どうこれで玉木君に逢いに行ける?」

「あかん!あかん!ピチパチやんか〜こんなん着て行ったらあかん!バランス悪すぎ!」
「えぇ〜〜そんな〜10月までに痩せるから」「無理やろ!」

「せっかく買ったのに〜」「またいつか着れる」
とっかえひっかえ着替えてもすべて却下!

そうなんですよ。ここ最近の私は緊張感のない生活の中で、ジュレックとライ麦パンを食べ、
好きなものを好きなだけ食べた結果、みじめな姿になりました(またか!)

太ったら何着ても似合わない。ショック!

ま、そんな事どうでもいいと言う私と、無駄な抵抗をする私がいます。

「だったらどんな服がええの?」
唯一褒めてくれたカシミヤの紺のチョッキにジャケットを羽織れと言います。

ジャケットはグレーで、靴はスリッポンにして足首を出せと。

本当はトレンチコートを羽織って首にスカーフを巻いてヒールを履いたら完璧だと。
「そんなぁ!舞台見に行くのに、そんな恰好でけへんわ」「歳とったら清潔感が一番やで」

なっちゃんのファッションチェックは的を得てるわ。

「おしゃれに気を使って、玉木玉木と言いながらボケへんようにしいや」と言ってくれます。

「玉木の衣裳のコーディネートさせてくれへんかな」是非是非心からお願いします!


Posted at 2017年09月15日 19時13分46秒  /  コメント( 2 )

最新の玉木君!

めったに見ないテレビを自然に見るにはどうしたらいいのかと、朝から思案に明け暮れ!
そうだ犬のブラッシングをするついでに見よう!という結論に達しました。

なにせ、夫は私が玉木君のファンだという事は知りません。この先知らそうとも思いません。
いくつになっても男性はやきもちやきだからね。

なのに、なのに!登場した途端
「おっとこ前やな!」思わず口走ってしまったわ。あかんあかん!顔もにちゃにちゃ!

表情を見られないように背を向けて(お疲れ様!)
「八みつとえらい違うな!やっぱり選ばれた俳優さんやな!」と、しどろもどろ(失礼な!)

一瞬の登場でしたが破壊力半端ない!

それはそれは!男前すぎて天孫降臨かと思いました。(意味不明!)見慣れているはずなのに。

今日は一段と綺麗でしたよ〜玉木君に「綺麗」は禁句らしいですが、綺麗なんだから仕方がないわ。

心から思わずつぶやく言葉を誰も止められない。

ヒゲが濃くなってる。日焼けなおってる。髪刈り上げてる。そしてやっぱり素足だ。

はじめて見る番組でしたが、みんな座敷に座っているし、これ玉木君どうするんやろ?
心配をよそに堂々と素足でした。それでいいんですよ。玉木君なんだから。

同じ大阪の空にいるだけでなんだかうれしい!(馬鹿かっ!)


一番お気に入りのつる草です。かわいいでしょう!毎日何度眺めることやら!


Posted at 2017年09月08日 12時21分29秒  /  コメント( 2 )

やっと最後です!

ホテルの朝食は7時から、私が出立したのは6時前。
あぁ〜素泊まりにすればよかった!といまだに悔やまれます(ちっちゃ!)

いよいよ一重かずら橋から二重かずら橋までバスで向かいます。

東祖谷小中学校を経て落合集落、ごうしゅう芋のおっちゃん元気かな!と山を見上げ。

落合ヴィレッジで下りた中国の青年がいました。秘境ふれあい見たのかしら?

「次はおちあい」とのアナウンスで青年はバスを降りようと前に行きましたが、
運転手の方が「おちあいヴィレッジ ネクストネクスト」と言っていました。

阿波池田でもお掃除スタッフの60歳ぐらいの方が時刻表を見ていたアメリカの方に
「キャナイヘルプユー」とお声をかけて相談にのっていました。

私は聞き耳を立てていましたが、それはそれはお見事な会話でした。

「奥さん英語勉強されたの?」「独学よ 外国のお客さんが多いから必要かと思って」
すごいわ〜ちゃんと会話が成立していましたもの。

アメリカの方も「ありがとございます」と丁寧に挨拶されていました。
英語は勇気だなと!思った次第です。


久保からは9人乗りのマイクロバスに乗り換えです。
なぜかと言うと山道なので道幅が狭い。

対向車が来るとどちらかが下がります。少し行けば下がりの繰り返しです。

その道すがらでは、名頃かかしの里があり、たくさんのシュールなかかしが迎えてくれます。
バスの中からは撮れませんでした。

とにかく長くバスに乗りますのでお手洗いは済ませておくように。
玉木君はどうしたのかな?(ほっといたげて!)

やっと憧れていた二重かずら橋に着きました。トコトコと結構長い坂を下ります。

男橋はあきらめて女橋の方に向かいます。だって!玉木君が写真を写した場所だもの。

ところが写真を写したのは向こう側。写真を写すには橋を渡らなくてはなりません。
高所恐怖症の私は勇気を振り絞って一歩一歩。向こうには玉木君がいる(いません!)

最初は怖さのあまり足元を見ていたのですが、下が見えるやんか〜びくびくコワ!

写真を撮りたい一心で怖さに打ち勝ちましたよ。要するに下を見なくて前を見る。

足元を確かめながら頑張りました。
写真を撮って、帰りはもうかずら橋はコリゴリなので野猿でこちら側に。

野猿は下が見えないので楽勝でした。垂直に生えてる木も見れたし、
何よりおんなじロープを握ったし(馬鹿かっ!)

野猿は真ん中ぐらいまでは勝手に動きます。真ん中からは結構力が入ります。




二重橋へ坂を下る帰りがしんどいよ 男橋は見ただけでスルー さ、ポストカードショットです


下から見た女橋        女橋の向こうは野猿     持ってないと勝手に動いていく


玉木君が握ったロープ〜♪  垂直に生えている玉木木←もはや 名残惜しい振り返りの玉木坂 

又、3時間バスに乗って阿波池田まで戻りました。

玉木君の秘境の撮影も大変だったと思うわ。
二重かずら橋から剣山を越え美馬インターチェンジ?から徳島道で大阪まで戻ったと思う。

あの頃は朝ドラがあったから日帰りだったと思うから。本当にお疲れさまでした。今更ですが。

私の夏休みは終わった〜 しんどいけど楽しかったよ〜 合掌   


Posted at 2017年08月19日 09時20分22秒  /  コメント( 2 )

玉木君とふれあってないけど!

阿波池田駅9時31分の高知行き土讃線(どさんせん)で大歩危まで向かいます。
ちなみに土佐の土と讃岐(さぬき)の讃で、どさんせんです。

知ってたか?玉木君!(又出た!)

この二日間で高速バス往復、池田までの汽車往復。
それになんたって二重かずら橋までのバスが遠い事遠い事。

大歩危から久保と言うところで乗り換えて片道2〜3時間はかかります。
一生分のバスに乗ったような気がします。

それにバスの便が一日2本。剣山(つるぎさん)登山に行く方向けのバスなので、
頃合いの時間は12時8分しかありません。

10時前に大歩危に着きましたので例のお揚げさんを頂いてお接待のお茶を頂いても
時間はたっぷり。遊覧船乗り場に行こうと思ったのですが、これも駅からが遠い。

おそらくロケの日はタマクラ号で、お揚げさんの奥さんは玉木君と同乗して
向かったのではないでしょうか?見てないけど。

そう考えるとなんだかうらやましいわ〜

2時間近くも待つのはあれなんで1時間早いバスに乗って手前のかずら橋まで向かい事にしました。
かずら橋までは20分ぐらいで着きます。ここは観光地なので食べ物を売っていました。

琵琶の滝があってマイナスイオンをたっぷり浴びてアユの塩焼きを頂きました。
この食事が最後でした。二重かずら橋付近は食べ物屋さんはありません。

持っていってた干し芋とそら豆の梅干し味が重宝しましたよ。

ま、暑かったので水ばかり飲んでいましたから空腹感は感じなかったです。


阿波池田駅をトボトボ歩く   ここで切符にハンを押してもらう   一両のワンマンカー 


誰もが座りたい玉木席    同じポーズで私が座るデヘッ!  やすお工房の手創りおもちゃ


陸橋の下で汽車を待つ為の暗闇の灯り いよいよ着いたぞ〜  駅からの急な玉木坂←もういい

そうなんですよ。私も普段の様に前の方で待っていたら向こうから駅員さんが
「そこには汽車は止まりません 陸橋付近でお待ちください」と言われました。

乗り降りする人も一人か二人。


だからあの屋根の下には、暗闇の中で待つ人の為の蛍光灯がついています。
ま、確かに玉木君が言うようにせっかくならもっと大きくしてもよかったかなと。

 
握手をしてくれる玉木君はいない  石臼は丁度いい速さがある  ゆず酢をかけて頂く

まだある長いわ〜


Posted at 2017年08月18日 18時42分32秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ