大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
玉木宏君のお話

ヴァルモンロス!

ヴァルモン子爵の余韻が冷めやまぬ中、皆様悶々とした生活を送っておられることと存じます。

あさが来たの「新次郎ロス」の数倍強い、
いや!くらべものにならない位の「ヴァルモンロス」に陥っているのではと想像しております。

やっぱり生の演技は強烈に心に残りますからね。

私もあんなことやこんな事を思い出しながら平凡な日常を生きております。
罪作りだな〜と思う反面、幸せなヴァルモンロスを味わっているな!としみじみです。



ピロティホールに向かう前に例の聖地の駱駝屋さんに行った時に感じたことを少しばかり。

駱駝屋さんの店先に立った時、今日は定休日なのかと思いました。
入口のドアはカーテンのようなものでふさがれて店内が見えません。

ま、失礼ですが一言で言えば一見さんは入りにくい。
おそらく地元の方がマスターやママと日常会話を楽しむ憩いの場みたいな感じです。

そこにどうして玉木君が入って行ったのか不思議でなりません。

らくだ顔とか鹿顔とか言われている玉木君が「らくだ」に反応したのか定かではないのですが、
それしかない!本人に聞いてないけど。

玉々入った喫茶店が落ち着いていてゆっくり出来る。明日も来よう!

少し薄暗い店内で今日の撮影の事を考えたり、それに珈琲が美味しい。
マスターも自分に気が付かずほっといてくれる。それが居心地良かったのでしょうね。

知らない場所での自分の居場所を見つけたんですよ。

NHKに向かうひと時に「珈琲を飲んだ。さぁ!行こうか!」と
撮影前の英気を与えて下さったマスターとあの椅子に感謝します。


そして、私と玉友さんは駱駝屋を後にして来た道の阿波座駅から乗ればいものを
本町駅まで歩こうかという事で、

うつぼ公園の紅葉した銀杏並木の下をあーだこーだと話をしながら歩きました。
行けども行けども本町駅にたどり着きません。確か徒歩10分と書いてあったのに。

もう30分は歩いたぞ?土佐堀1丁目?ありゃ?私はどこに向かっているのか?
そのはずです。南に下ったら本町駅なのに北に歩いていたのです。中之島まで来てしまいました。

「生駒山が見えたら私は方向を間違わないのにね」と言い訳しながらもと来た道を引き返す。

家に帰って来て、どこで道を間違ったのか衛星地図で探すのが、私は好きです(変態!)


Posted at 2017年11月17日 13時35分14秒  /  コメント( 0 )

笑わされた!

行ってきましたよ〜「危険な関係」大千穐楽〜♪

関東からお越しの玉ともさんは、朝の4時半に家を出たそうです。
雨の中を日本全国津々浦々から大阪森ノ宮を目指して大移動です。

今日は最終日という事で
新しい聖地の駱駝屋さんに行くために、玉友さんと阿波座で9時に待ち合わせ。

私は8時過ぎに家を出れば間に合うかなと思っていたのですが、起きたら8時。
あかん!眉だけは描かないと電車に乗れないわ。

玉木君が朝ドラの時に毎日通ったという駱駝屋さん。
運動会の時にわざわざその事をファンに教えてくれたという事は、そりゃ!行かなならんやろ。

彼は飲食店で働いていた経験で商売の事は重々承知しているから、
少しでも売り上げに貢献してあげたかったのかなと思います。聞けないけど。


この一週間、駱駝屋さんは朝からお客さんが途切れることなく満席です。
よかったですね。マスター。

今日はモーニングの「玉ちゃんセット」のみのメニューでした。
長年お商売をやってこられて、こんな経験はマスターも初めてと思います。

マスターもママも朝ドラの時は玉木君を知らなくて「毎日男前が来てくれるな」と
思っていたそうです。

玉木君は9日の午前中に来て、ひっそり珈琲を頂いた時に、
目の前にあった50周年の張り紙を見たのでしょう。

何も言わず盛り花を届けてくれたそうです。なんてええ子なんやろ!涙出るわ。

やっぱり「若い時の苦労は買うてでもしろ!」ことわざ通りそのまんまやんか。


そして、残り香を嗅ぎながら(残ってません!)珈琲二杯おかわりして。
ちなみにおかわり珈琲は100円プラスのみです。マスター太っ腹。



ピロティホールでの観劇も見納めです。
私は寂しいと言うよりむしろホッ!とした気持ちの方が強いです。

私は4回目の観劇でしたが、毎回違った見方が出来ました。この1か月は楽しい日々でした。

ラストシーンでヴァルモンの美しいなきがらの横で、3人の女性が舞台を〆るのですが、
なきがらの玉木君はきっと瞬間睡眠をしているのではと双眼鏡で見続けました(間違った見方です!)

舞台が終わってカーテンコールの時は、皆様総立ちで数分間拍手がそろった時がありました。
鳥肌が立つくらいに綺麗にそろっていましたよ。


そして、もう、皆様知っておられると思いますが、

我らの玉木君が鳴りやまない拍手の中を、上半身裸でヒョコヒョコと出てきたときは
1000人の悲鳴と笑い声が渦巻きました。やりやがった!

大阪ではこれくらいしないと納得してもらえないと思ったのでしょう。
ズボンのチャックにまで手をかけて、けん制していました。ぬげ!


お母さんに叱られながらも水泳続けてきて良かったね!と思う瞬間でした。

お見事な逆三角形の体形の上にあの小顔が付いているんですよ。
もうため息しか出ないでしょう。



ほんと!こんな長距離をあのほっそい体で声も枯れずに走り抜けたものだわ。
ヴァルモン子爵に成りきって生きた玉木君。万来の拍手に恍惚感を味わったことでしょう。


玉木君!キャストの皆様!心よりお疲れ様でした。


もう胃が出ても大丈夫だから、お腹いっぱい食べてね〜  ブラボ〜♪玉木く〜〜ん!


Posted at 2017年11月14日 22時17分58秒  /  コメント( 8 )

泣かされた!

前から二列目凄いわ。役者さんの細かな表情も怒りも悲しみもエロさも
熱演が双眼鏡で見るのと大違い。臨場感がダイレクトに伝わります。

私は最後のシーンでメルトゥイユ夫人演じる京香さんの涙を見て、思わず目頭が熱くなりました。
感情移入とはこの事です。

世間のしきたりや風習に自らいどんで挑発するかのような真っ赤なルージュをふき取って、
素の自分に戻った時に自分が何を求めていたのか、何を失ったのか確信した涙と思いました。

もう取り戻せない愛おしいヴァルモン。
目隠しされてグルグル回されたメルトゥイユも又世間に踊らされた操り人形だったのです。

うつろな宙を見上がる目に涙がひとすじ。


横文字の役名が覚えられないし、セリフが難しくって頭グルグル状態でしたが
3回目の鑑賞で彼女の深い悲しみに共感できました。

今も昔も人は愛がなければ生きられない。

愛を求めているのにプライドが邪魔をして素直になれない。

そんな事解ったらお芝居にならないわな。だから永遠のテーマになるんですね。

ヴァルモンもまたプレイボーイは隠れ蓑で心の底は慈愛のある純粋な青年なんですよ。

私は最後のシーンのヴァルモンは
自ら命を絶ったのではないか?自殺と思いました。(これ書いていいのか?)


メルトゥイユ夫人の鎧をまとったもっと奥の、彼女の隠している真実を知ってほしかった。

ヴァルモンがメルトゥイユ夫人の自分に対する愛を知らないままで、
恨みだけではあまりにも悲しい(まんまと嵌ったな!)


まだ演劇中なので、ぶっちゃけた感想は書けませんが、そんな風に感じ思わず書いてしまいました。


そんなこんなで。今日はお天気もいいのでちょっと早く家を出て大阪城公園で下車。

お堀沿いをカメラを持ってブラブラ〜。
日曜日なので家族連れや幸せそうな笑顔の人でいっぱい。

ま、怒った人はこんなとこ来ないけど。

紅葉の季節を迎え桜もまっかな葉っぱを広げ誇らしげでした。
銀杏も年に一度の晴れ舞台を演じていました。

綺麗やな〜と何度つぶやいたことでしょう。


もう少しで「危険な関係」も終わります。

必死で頑張っている玉木君はこの景色を見る余裕はあるのかなと。

ピロティホールからこの景色を見ながらホテルまで走って帰ったらいいのに
                         (お腹ペコペコで走れません!)


青空に凛と立ついちょうの潔さ    ぎんなんおいしそう   春には可憐な花を秋には情熱 


秀吉公にも想像できない憩いの場    昔の石垣に今を見る   幸せそうなカモを見る癒し


どうですか?この景色       つわぶきと雑木林     あぁ!幸せになってほしかった


Posted at 2017年11月12日 20時00分39秒  /  コメント( 8 )

大阪貸切公演!

さて、行ってきましたよ〜
「危険な関係」ファンクラブ貸切公演。一呼吸握手付(どんな握手ですか?)

なんとまぁ!たくさんの方が北は北海道、南は沖縄県。もっと南のハワイからご参加です。
1000人以上の方が大阪に集結ですよ。すごいでしょ!

やっぱり玉木君は日本の経済動かしてるわ。

先日の東京貸切公演の時は新幹線でおっちらこっちら行きましたが、
今回は自宅から森ノ宮まで25分。

東京からの玉ともさんと11時に待ち合わせしたのですが
30分も早くついてしまって大阪城公園をのんびりウロウロ。

見飽きるほど見てるのに大阪城を見たら嬉しくなります。


懐かしいお顔のたくさんの玉友さんとお会いして同窓会のようでした。

「類は友を呼ぶ」気の合った方との再会は安心感があります。一人でひっそり応援していたら
飽き性の私はもうとっくに違う男前のファンになっていたことでしょう(そうなのか!)

おおきいですよ。この同じ男前のファンになった関係は。

大人になれば友達などそうそう出来るものではないです。
おはよう!こんにちは!位の知り合いは出来ても。

ま、みんな老齢年金仲間ですので、足腰立つうちは応援していこうと思っています。ハァハァ!

そして、その主役の男前は今日もギラギラ!クイクイ!ヒョコヒョコ!
視覚の暴力を振りまきながら、頑張って素敵に演じていました。おわり。

いや、終わりたくないのですが、レポ出来ないので書くことがないんですよ。

そういえば、私のアンケートが読まれました。ペンネール「むぎちゃん」

「フェロモンダダ漏れのヴァルモン様ですが、これだけ長くプレーボーイの役に徹していたら
日常生活でも卑猥になりませんか?」

玉木君の答えが、セトウツミの内海君みたいに堅苦しい秀才みたいな返答でした(どんなんや?)

「はい!ついつい卑猥な目で女性を眺めてしまって男心を押さえるのに困っています」
これくらいの遊び心はないんかい(言いません!)


そして、何事もなかったように家に帰り夫の晩ごはんを作り、今日も終わりました。
玉木君をはじめ皆様お疲れ様でした。

12日は前から二列目で見れる〜〜♪ありがと〜


Posted at 2017年11月10日 19時30分43秒  /  コメント( 6 )

いろいろ思うこと!

私はツイラーもラインもやりません。というよりそんな類は難しくってやれないのです。

だから親しい玉友さんも少ないです。この人はと思う人しかお付き合いをしていません。
私のつたないブログにコメントをして下さる方々は、勝手に玉友さんと思っています。

人間はか弱い生き物です。不平不満があれば誰かに言いたい。
誰かとつながって同じ不満を同調してほしい。

ツイラーやラインは良くも悪くも、不満がこだまのように響き渡るのです。これが怖い。


私は彼のお蔭でこの老後の人生が、同年輩の友達よりはるかにはるかにバラ色です♪(古っ!)

毎日、毎日バラ色です。

人んちの息子さんだけど、成長をどれほど楽しみにしているか。
夫や息子にはこの胸の中は見せられないわ。

役者さんは演じてなんぼのものです。
演技が人の心に響けば「この人出てる見よう」という事になります。

実際私も大門美智子のファンクラブに入ってないけどドクターXは超楽しみです。
陸王の役所さんもおじさんだけど、楽しみに見ています。

ファンクラブに入っているという事は、どの役者さんより超一押しだという事です。

会報で彼のメッセージも読めるし。そりゃ本心を書けないまでも彼の人柄が垣間見れます。
これはファンクラブに入った人への、これ以上ない特典です。

降って湧いたご縁があって
ファンクラブに入ったことは私の人生「勝利者」と思っています(なんと!)

その彼が困るような事は極力避けて、ひっそりと陰から応援したいと思っています(あれで?)

10年足ずファンクラブに入っていますので彼の性格やファンを大切にする思いは少しは解ります。

なので、じゃまくさがりの彼がこんなに長くファンクラブを続けているのは不思議です。

ファンクラブなどなくっても、役者として立派にやっていけますよ。
ここまで来たのですから(それは困るだろ!)


この前の観劇で、あの大都会の東京を歩いていると、
こんな大変な世界で彼は戦っているのかと、愛おしくなりました。

必死に戦っている彼が充分力を発揮できるよう、
陰から応援したいと、想いを新たにしましたよ(陰から?)そ、柱に隠れないけど陰から。


Posted at 2017年10月19日 14時49分12秒  /  コメント( 6 )

渾身!渾身!渾身!

舞台「危険な関係」それは唐突に始まります。

ネタバレを知りたくない方もたくさんおられると思いますが、
この舞台はネタバレを知ってからの観劇の方が理解しやすいと思います。

私は結末のネタバレも知って鑑賞しましたので、置いてけぼりにされなくてすみました。
「予習してきて下さい」の意味がよくわかりました。

つまり何度も上映された古典劇ですので、
演出家の方もある程度は観客が知っているのもとで演出されたと思います。本人に聞いてないけど。

品行方正を美とする日本の常識で見てはいけません。
この物語は18世紀のヨーロッパのなんの不自由もない貴族の物語なんです。

18世紀の貴族では当り前の、退廃的な道徳観のない退屈しのぎの背徳ゲームなんです。

貴族と言えど人間だから、本能は愛を求めてそれぞれが苦しんでいる。
その本当の愛が何なのか模索しているんだけど、

なにせ苦労がないからくるくる回って答えが見いだせないのよ。

月末にお金がなくって給料日にホッとするような苦労がない(どんな例えだ!)

何かを成し遂げたいと言う建設的な想いもなく、高みを目指そうとする向上心もなく。
だから感情移入出来る人はいませんよ。

ただただ、観客の理解しようとするやさしさと、
演じる役者さんの演技力があって、はじめて成り立つ演目と思いました。


玉木君は頑張って演じていましたよ。決してほめられる事のないプレイボーイ役。
つかみどころのない役を理解して、舞台二回目にして動きが舞台向きになってました。

流れるような少し大きな動作とか。いつの間にそんな技覚えたんやろ(集大成です!)

玉木君の肉体は(肉体って)素晴らしいものがあります。

特別鍛えてないとは言ってましたが、あんな体昨日今日では作れません。
食べたいものを食べたいだけ食べていては、決して作れない肉体です(何度も言うな〜)

舞台衣装の生地が京都の西陣織の緞子(どんす)みたいなお衣裳です。
本国から持ってきて仕立てたらしいです。

のだめで千秋様がコスプレしていたあの生地ですよ。
シンプルな舞台装置ですのでお衣裳が映えていました。

一番驚いたのはマイクを使わず生声だそうです。

私は二階席の一番後ろでしたがクリアに聞こえました。

玉友さんと「ソファーの後ろとかにマイクを仕込んでいるよね」とか
役者さんの苦労も知らず、のたまっていました。腹式呼吸すごいわ。

くったくたにくたびれたと思うのに、ご親切に握手会までやっていただいて恐縮しました。
おそらく1000人近くの観客数と思います。

ファンのみなさんは舞台の玉木君の頑張りを見ていますので、
スタッフに止められることも無く、自発的に0.48秒位の早さでした。計ってないけど。


とにかく、声をつぶさず健康に留意して、最後まで走り抜けることを心より祈ります。

弁財天様〜玉木君を応援してね〜 彼は強いわ(あったり前だ!)


Posted at 2017年10月17日 16時06分54秒  /  コメント( 6 )

行ってきましたよ〜♪のその前に!

折角の東京まで行くのであれば、一粒で二度美味しいを目論んでいたのですが
この天候です。もう!ジュックジュクのベトベト。

傘をさしては動きが取れないので、急遽予定を大幅に変更して都内の観光のみにしました。
又、天気の良い日に富士山に行こうと思います。

舞台がはじまる3時間前に品川に着きました。この3時間を有効に使ってっと。
品川から山手線で五反田まで行って東急池上線で洗足池まで。

そうなんです。
ここは以前に行った事がありまして、その折に弁天島の弁財天様にいろんな事をお願いしていました。

お礼参りをかねて是非行きたかったのです。

毎日私の頭の中で弁財天様を思い描いて感謝の気持ちを表しています。
といっても私は無信心論者ですからいいかげんなんですが。

程ほどのしあわせ、程ほどの目標。
なんたって程ほど以上の玉木君に出会えたのですから。これ以上の感謝はないでしょう。

雨の中を玉友さんと二人で喋りながら景色を見ながら。なんとゆったりとした時間だこと。

洗足池(せんぞくいけ)は昔は千束(せんぞく)の地名だったそうですが
日蓮が旅の途中で足を洗ったことから洗足に地名が変更になったそうです。

江戸城無血開城の勝海舟の邸宅があったそうですよ。源頼朝の名馬の銅像もあります。

都会の真ん中なのに雑木林が茂っています。
この木を勝海舟さんも見たんだろうなと妄想を膨らませました。

池には鯉がこれでもかっ!というほどいます。

人の足音を聞いて口を開けて餌をねだってきますが、
せんべいを持ってなかったので、鯉に口の開け損をさせました。。
渡らないカモもたくさん泳いでいます。


池の一周をゆっくり回って、出口にアロハ〜の看板発見。
こ、こんなとこに「マラサダ」と書いてあります。早速店内へ。

どうやらハワイ好きの店主の方がハワイのグッズに囲まれたレストランを開かれたそうです。

「マラサダ2個ね。おすすめのランチを二つ」
マラサダは本家レナーズよりきめの細かい揚げパンでした。大変美味しく頂きました。


雨だから人ひとりいない   池にはこんな橋がかかってる  ほら!都会の真ん中とは思えない



いつもお世話になっている弁財天様。綺麗になってた。 都会のオアシスだね



「玉木宏!あぁ朝ドラの」との認識 このメニューを教室に頂く マラサダがレナーズを越えてる

そして、五反田まで戻って渋谷のシアターコクーンへ5分前に駆け込み。
渋谷人多い。垢抜けしてないわ(しつれいな!)


Posted at 2017年10月17日 14時04分07秒  /  コメント( 0 )

いよいよだ〜♪

「大門美智子にして」「誰それ?」「ドクターXよ」
明日の朝早く息子んちに行って、髪の毛をブローをしてもらいます。

スマホで検索して「これか!」「そ、そんな髪型にして!」
雨らしいのでヘアスプレー固めてもらいます。カッチカチ!


いよいよ明日は、待ちに待った玉木君主演の舞台を見に行けます。うれし〜ぃ!

もう幕が開きだいぶん経ちますので、いろんな方のネタバレもがっつり読みました。

ふむふむあんなことをしたり、そんなことまでやるのかと予備知識も頭に入りました。

私はネタバレ全然OK!派です。むしろ知りたい。

ある程度の事を知っとかないと衝撃が大きすぎて体に良くないと思うのよね。

この歳になるとどんな事でもびっくりはしないんだけど、玉木君がやるとなると別です。

玉木君が魂を込めた渾身の舞台をこの目でしかと見届けます。

なんだか、見る前から胸が熱くなります。

頑張っている姿を見たら涙が出そうな予感がします(老人性涙目だろ!)



そして、我が家の可愛い花の名前が解りました。

「紫、つる性、秋」で検索したらなんと「琉球あさがお」というらしいです。

ちょっと拍子抜けです(なんで?)
いや〜姿かたちからもっとおしゃれな名前と思っていたもので。

葉っぱはモミジのように5葉だし花はちっちゃくて可愛いし、

これから見る目が変わりそう、水をやる手に精気がない(あさがおにあやまれ!)


こんな風にハンキングにしたら下に垂れてあさがおもステキでしょ!


Posted at 2017年10月15日 09時45分12秒  /  コメント( 0 )

後6日〜♪

「お前は長生きするわ」毎度のことながら夫の褒め言葉を謹んでお受けします(褒めてない!)

今朝は目が覚めたら9時30分でした(バケモノかっ!)
朝からのレッスンがない日は気持ちものんびりしていますのでつい寝すぎます。

老夫婦二人暮らしのこんな穏やかな日々が訪れるとは若い時は考えもしなかったです。
子育て真っ最中のカンカンに頑張っている娘のようななっちゃんに教えてあげたい。


「腹筋割れてる」「目で殺す」「甘くて苦い」などと浮世離れした心地いい情報の嵐に
我を忘れそうな朝に見つけましたよ。

お気に入りのつる草に花が咲いてるやんか〜
名前もわからない草に、こんな可愛い花が咲くなんて知らなかったわ。

朝晩の水やりと時々の水肥料をやらないとすぐにグタッとなります。この子がわがままなんですよ。
手塩にかけた子が成長する様は嬉しいものです(どーでもいい!)

いやいや!日常のささやかな幸せを感じられる人がこの世で一番幸せな人なんですよ。
私の留守中に雨が降ってくれればいいけど。

後6日で玉木君に会える。うれしいわ〜♪

夫には東京に行くとは言ってません(またか!)
ま、私には四国八十八ヶ所巡りと言う隠れ蓑があるから(罰当たり!)

あわよくば富士山にも行こうと思っているのですが、どうやら雨の予報がが。
ま、人生そんなに上手くはいかんわな。

富士山は見えなくっても忍野八海には行こうと画策しています。
渡辺食品で草餅を食べて、新そばを食べます。

本当は鱒の家で鱒の刺身を食べたかったのですが、団体客しか対応してないみたいです。残念!

どうやら渋谷にラクレットのお店があるらしいです。
わぉ!ぜひぜひ食べに行きたい(食い物ばっか!)

人生は限りがあるからより楽しく生きなくっちゃ!これも食養生です(お大事に!)


ほら!めちゃくちゃ可愛い   オンリーワンのオリーブちゃん   目を凝らせばこんな子が


Posted at 2017年10月10日 12時05分49秒  /  コメント( 4 )

いよいよだね〜

いよいよ明日、舞台「危険な関係」が初日です。とうとうやってきました〜♪

ヴァルモン子爵のビジュアルが公開されましたが、案外あっさり系のお衣裳でした。

男前を見慣れているであろう女優さんにまで褒めていただいて
「でしょう!そうでしょう!」と誇らしい限りです。

やっぱりね!あの魅力的な目力は、ドクターXといい勝負ですよ(なんのこっちゃ?)
最近ドクターXに嵌ってます。

私は16日までオアズケですが、楽しみは後からやってくる。

太田胃酸持参の舞台鑑賞ではあれなんで、しっかり食養生をして胃を治してから拝見いたします。
待ってて玉木君(待つわけない!)言論は自由です。


今更ですが「巨悪は眠らせない」の感想を少しばかり。

社会派ドラマゆえの息苦しさはありましたが、見ごたえがありました。

正義と信念を貫く冨永検事が、ちょっと力が入りすぎ感はありましたが(そんな役です!)
最後までダレずに拝見できました。

重苦しい場面の連続の中で
新聞記者の神林君や和菓子屋のお父ちゃんが丁度いい具合に緩和剤でした。

視聴率に媚びず、作りたいものを作るという放送局の意気込みがアッパレです。


それにしても、脱力なんちゃらは、ありゃなんなのよ。面白ない。
なんでうちの玉木にあんな小芝居をやらせるのよ〜プンプン。

「無料で7日間」というので見ましたが、いくら玉木君が出てても途中で見るのをやめました。

まったく〜こんなに時間の無駄使いと思ったことないわ(いくらなんでも言い過ぎ!)


Posted at 2017年10月07日 21時58分40秒  /  コメント( 2 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ