大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
玉木宏君のお話

島後を後にして!

島後の隠岐の島町西郷港からいよいよ西ノ島町の別府港に向かいます。

最初の予定は海士町に行くつもりでしたが、あまりにも天気が良かったので
「国賀巡りの遊覧船が出るから直接西ノ島に向かわない」との
玉友さんの提案で急きょ変更しました。

別府港行の船の中で「ここで寝っころがっていたんやろね!玉木君は」などと
根拠のない妄想話に花が咲きました。

いよいよ私たちの正真正銘の聖地の西ノ島別府港に到着です。


お天気いい〜〜       やっと着きましたね〜by玉木      秘境はどこですか? 


こんな物が好きなのにスリム!ずるい! 知ってる人は知っている ソバの花ここで岩のり買った 



港の着いたのが10時です。コンセーユがオープンするのが11時半。
港のあたりをブラブラ〜

海の透明度に感動しながら歩いていると大きな魚が陸から見えました。
「見えてる魚は釣られへん」母の言葉を思い出しながらお散歩です。

コンセーユの「営業中」の旗が上がらないかと気もそぞろ。
やっとママさんが旗を上げに出てこられました。はよはよ!と飛び込みましたよ。

ママさんは小顔のチャーミングな方でした。テレビより本物の方が細くて綺麗でした。
撮影こぼれ話をお聞きしながら「さざえ丼」を頂きました。
もちろん!玉席を撮影したり、ママさんに撮影されたり。


やっと上がった〜      これははずせない玉席〜♪   めかぶとアラメの低インシュリン


お腹も気持ちも満たされて遊覧船に乗るために浦郷港までバスで向かいます。
このバスの中で北海道から 「玉木宏の秘境ふれあい紀行」 を見て来られた
平均年齢75歳の方々とお知り合いになったわけです。

バスで国賀めぐりに行くと言われましたので、是非船で行くことをおススメしました。
後で感謝されました。

遊覧船の時間まで次の玉跡めぐりです。もちろん!浦郷港の日本一を目指す干物やさんです。
おっちゃんはテレビのまんまの気さくな方でした。みりん干とウルメの丸干しははずせません。



看板するめを出してくださいました。 魚貝食!懐かしいような   この道まで聖地←アホ〜


次はいよいよ魔天崖の絶景です!


Posted at 2014年10月23日 14時35分23秒  /  コメント( 0 )

ろうそく島は幻想的!

旅行から帰って来てからも隠岐の島を思い出しては楽しんでおります。

行く前に楽しんで、行って楽しんで、帰ってからより楽しむ。
まさしく私のポリシー通りの展開です。

隠岐の島に着いた日は降水確率0%、次の日は10%の確率でした。
魔天崖に行った最終日だけは雲が広がっていましたが、それもよしとします。

降水確率0%ですので、ろうそく島巡りの観光船はもちろん出ます。

おそらく、玉木君がバクダンおにぎりを食べた日も次の日も遊覧船は出なかったと思いますよ。
どやさ!玉木くん!

壇境の滝見物が出来ただけでもありがたいのに
その上にろうそく島まで連れて行ってくれるとは。超ラッキ〜♪

ろうそく島に灯りが灯るのは一瞬です。すぐに夕陽が落ちてしまいますので。
はやる気持ちを押さえつつ福浦港から出発です。10分位で目的のろうそく島が見えてきました。

ところが、最初は船の窓ガラスが汚れていて綺麗に撮れませんでした。
席を移動して他の方の席から「ちょっとごめん撮らせて」窓を開けて撮らせていただきました。

厚かましかったですが、失敗は許されませんので。

連写でバシャバシャ撮ったのですが、なんだかね〜満足な写真は撮れなかったわ。


夕陽を浴びたろうそく島   もう少しでショーのはじまり    真ん中に夕陽が落ちました。


私はろうそくの芯が見える方が好き  この間から年に4回だけ灯がともる

ファインダー越しに太陽を必死に見ていたら、なんだか目が変だぞ。
案の定、涙目になり、次の朝は目がパンパンでまっかっか!

玉木君にはサングラスをかけて撮りなはれ!と言ってあげたい!(いつ?)


Posted at 2014年10月22日 18時56分36秒  /  コメント( 0 )

壇境の滝♪

私の突拍子もない思いつきの隠岐の島行に、
即座に同調して下さった玉友さんお二人との気兼ねのないノンストレスな旅でした。

話すことは玉木君の事ばっかで浮世を忘れ、どんだけ〜〜〜な甘い時間を過ごしました。

私達は玉木君が巡ったとからという不純な動機で動きましたが、
実は北海道から平均年齢75歳?の6名の団体さんが来られてました。

BS朝日で若い役者が紹介した隠岐の島に行きたいと、お友達を誘ったそうです。
テレビの効果を目の当たりにしましたよ。良かったね!玉木く〜ん!


シフォンケーキとフレイバーティを頂き、観光バスで隠岐の島町巡りに出発です。

ガイドさんがいろいろ説明をして下さるのですが、耳が日曜になってしまって覚えてません。
夜行バスで寝てなかったものですから、30時間起きていた事になります。ウトウト!

結局、その日は40時間不眠で頑張りました。
なにせ、ほっかほかの玉跡巡りですもの眠さもなんのその。



途中若玉酢命神社?の2000年の杉見学 同じ鳥居をくぐる喜び←アホ! ま、怖いとこから〜


大昔に伊勢神宮より樹齢数百年の杉を献上するようにとの命により
ほとんどの杉が伐採されたそうです。
鳥居を動かして、かろうじて鳥居前の二本の大杉が残ったそうです。

壇境の滝に向かう杉並木の木漏れ日も心地よくワクワクです。
確かに玉木君が歩いた山道を足跡が残ってないかキョロキョロ〜♪(バカ!)

わぁ〜来ちゃった〜 何度も録画で見た本物の壇境の滝です。

この階段を上って、こんにちは〜と挨拶をして、ここでこうしてカメラをかまえてっと。
頭の中で検証をしながら撮影に励みました。

 
とうとう来ちゃったよ〜    キラキラ〜綺麗〜♪    玉木君に変換してお楽しみ下され 

  
玉木君はこの位置から撮ったと思う   裏見の滝です       目に焼き付けて後にした

明日は玉木君が行けなかった「ろうそく島」編です。


Posted at 2014年10月22日 18時11分58秒  /  コメント( 2 )

隠岐の島旅行 1日目!

見たい!逢いたい!は最強のエネルギーになります。己の歳を忘れさせてくれます。


さて、行ってきましたよ〜 玉木君の心の秘境!魂の秘境!隠岐の島へ。
おばちゃん三人のかしましい旅でした。

隠岐の島は、時間の概念をくつがえしてくれるほどの、それはそれは穏やかな島でした。

帰りの高速バスの中から、大都会大阪の上にのびる灯りを目にした時、

私はここで己に正直に生きているんだろうか?と、
あまりのギャップにそんな思いが脳裏をかすめました。

ちょっと感傷的になっています (似合わない!)

思いついた事を一旦棚上げすることが出来ない私は、
第一回目の「玉木宏の秘境ふれあい紀行」を見て、次の日にはホテルの予約をしてました。

行ける時に行っとかないと、この時期を逃したらいつ行けるか解らないからです。


この旅行で、この世に神は存在するんじゃないかと魂から感じました。

「今日はなんて日だ!」 私に限ってこれはいい意味です。

毎日毎日 「なんて日だ!」 と空に向かってつぶやきました。(いちいち!)
いい事づくしの毎日でした。



夜行バスで朝の5時ごろ米子に着て、空を見上げたら一面の星空が迎えてくれました。
スーッ!と一筋の流れ星までもが歓迎してくれます。なんて日だ!

朝9時の七類発 西郷港行のフェリーで向かいます。

隠岐の島の目的はいわずもがなの 「壇境の滝」 見物です。

観光バスの出発まで時間がありましたので、釣り客と話をした岸壁、
「ボーダーです」 と否定された場所。

「めっちゃ!イケメン」 と言われて赤ちゃんを抱っこした場所、
玉木君がこっちから歩いて来てここで抱っこしたよね。

などと現場検証を重ねながら、確証をとりました。(アホ!)

例のシフォンケーキのお店に向かいました。港のすぐそばにありましたよ。
かわいいオーナーさんにお店作りのお話をしていただいて、大変参考になりました。

玉木君の人となりをひとしきりお聞きして、
「そうだろ!そうだろ!」 と改めて惚れ直しました(どさくさ!)

3ショット写真とメッセージ付きサインがありました。
ここで思わぬ収穫が。ご近所の居酒屋さんに二晩続けて来たそうですよ。

私達はホテルでお腹いっぱい食事をいただき、その足で居酒屋に向かいました。
ここにも4ショット写真とサインが飾ってありました。

詳しい場所はみなさん頑張って捜して下さい (ドS!)


いよいよ着きます。     一日目は満席であきらめたそう。   お決まりの玉席です。



突然入って来てびっくりしたそう。  実はこんなものも頂いたそう。




ここもお決まりです。    隠岐牛ステーキ6000円也    今が旬のバクダンおにぎり

もう眠い 限界です! 明日は壇境の滝編です。


Posted at 2014年10月21日 02時08分47秒  /  コメント( 0 )

秘境 ヲタク奇行!

窓の外を見ると少し風が出てきました。雨も少し降ってきました。
いよいよ台風が近づいてきてます。みなさまお気を付けくださいませ。

近所の野良ネコちゃんはどこに避難してるのでしょうか?今朝は餌をねだりにきていません。
この野良ちゃんはグルメなんです。
煮干しの出しカスとかは頭とはらわたを取ってあげないと食べません。

二日続けてあげたらそっぽをむきます。
仕方がないのでさばの味噌煮をあげたら「ニャンニャン」いいながら食べてました。

怖がりの猫ちゃんで私と毎日逢っているのに近づいたら逃げます。
よほど怖い思いをしたのでしょうね。


この台風が去ったら17日に夜行バスで米子まで行って隠岐の島に行ってきます。
日本海は11月に入ったら海が荒れて陸の孤島になります。

その前にと思って放送後すぐに申し込みましたよ。躊躇している時間はありません。
運よくホテルも取れて万事うまくいきました。

隠岐の島町の壇境の滝を見て、遊覧船でろうそく島にかかる夕陽を見て、
ばくだんおにぎりを食べます。ゴックン!

次の朝は早くに起きて水産高校を見に行きます(何故?)
そ、これが摩訶不思議なヲタクのサガなんです。ゆずれません。

それから海士町(あまちょう)に渡ってレンタカーで島を一周してっと。
海士町は玉巡りには関係ないんだけど、海士町の若者が島を盛り上げる為に頑張っているんです。
それを少し垣間見て肌で感じたいのです。それから渡し船で西ノ島に渡ります。15分で着きます。

ホテルは浦郷の山の上にありますので、途中にしわき鮮魚店に寄る予定にしています。

夕方ごろに着くのでやってるかどうか?おっちゃんに会ってひものを買うのも楽しみです。

次の朝はレンタカーで西ノ島一周をする予定です。残念ながらサザエ丼のお店は月曜定休日です。

もちろん外浜海水浴場、赤尾展望所、魔天崖ははずしませんよ。
なんたってほっかほかのぴっちぴちの玉跡ですもの。


はは〜ん!この柵に足をかけたのか?
これは1、2、3っと、向こうから何番目の柵だな (アホ!)

録画してくれたものを繰り返し繰り返し何度見た事か。脳裏に焼き付けてます。

みなさん!写真を撮ってほしいところがあれば、お知らせ下さ〜〜〜〜ぃ!

って、夫には旅行に行く事をまだ言えてない!困ったわ。


Posted at 2014年10月13日 17時22分57秒  /  コメント( 4 )

秘境 隠岐諸島西ノ島編!

我が家はBSが見れないので、息子んちに夜中の11時にお邪魔しました。
「テレビ見せて〜」 (大迷惑!)

子供を寝かしつけている最中みたいで、眠たそうな顔で迎えられました。ごめん!

だって、この回だけはリアルタイムで見たかったもん。
12時に終わってソーッ!と帰ってきました。

あの後鍵はかけたのか?どーしたんやろ?朝までそのまんまだったような予感。

今回の西ノ島編は何としてもリアルタイムで見たかった。

「来週からは白い丸いやつに焼かんでもいいから」 とお嫁ちゃんに伝えました。
「そしたら、何回かまとめて焼いとくわ」 とな。

いやぁ〜西ノ島編は前回にも増して癒されました。地元の方との会話に愛を感じました。

そりゃ、昔から知ってる子がこんなにも有名になったんですもの、地元の方の誇りですよ。
狭い島だから子供はみんな我が子同然なんでしょうね。

成長を心底喜んでる様子が伝わってきて微笑ましかったです。

日本には、人も景色も美しい秘境が残っていたんですね。

自然が作り出した魔天崖(まてんがい)の断崖絶壁で牛や馬がのんびり草を食んでいましたが、
あの子たちは足を滑らせて崖からに落ちたりしないのだろうかと心配で心配で。

動物だから危険は察知すると思うのですが、動物にも人間にもうっかりというのがありますから。

玉木宏の心の秘境とナレーションが言っていましたが、私には玉木君の魂の秘境と思いました。
もっと深い部分のね。

どこを見ても美しい日本の原風景が広がっていて、魂を癒してくれるに違いないと確信しました。

いまの私のザワザワの心理状態を鎮めてくれるには、ぴったりの場所です。


海水の浸食で通天橋がなくなる前に、ちょっと一っ跳び行ってきます。

 癒されに行くぞ〜〜〜〜 (マジで〜) そ、百聞は一見に如かずです。


Posted at 2014年10月10日 17時29分59秒  /  コメント( 4 )

秘境ふれあい紀行!

我が家の郵便番号は571−0066ですよ!玉木く〜〜〜ん!

昨夜の 「玉木宏の秘境ふれあい紀行」 夜の11時に見るにはピッタリの穏やかな番組でした。

って、我が家はBSに加入してないのでリアルタイムでは見てないのですが。
1年に数時間しかテレビを見ない私にはBSは関係ないのです。

息子んちにお願いしてたら、なんと出勤前に持ってきてくれましたよ。
おかんが早く見たいだろうと思ってくれたのね。
朝から丸い白いやつに焼いてきてくれました。

今日は朝からパソコン教室の日です。
ワードはすべて知り尽くしたのですが、エクセルを習ってなかったので、
今再びノイローゼ気味になりながら頑張っています。

って、そんな事はどーーでもいいです。パソコン教室は1時間で切りあげてはよはよ帰ってきました。

録画再生〜♪

実は私は大昔に隠岐の島に行ったことがあります。

自然が残っていてなんにもないところに行きたくってね。伊丹空港から50分で行けます。
ちっちゃな飛行機でこわごわ行きましたよ。玉木君が歩いていた港近くは懐かしかったです。

海をのぞきながらブラブラ歩きました。
いっぱいお魚が見えてるんだけど、「見えてる魚は釣られへん」という母の言葉を思い出しながら。

ばくだんおむすびも売店で買いました。
その当時はそれがばくだんおむすびとは知らなくってね。小腹がすいたので食べました。

普通の海苔とちがって薄いんだけど、海苔の香りと弾力があってコリコリしてて、
醤油味の素朴なお味でした。

玉木君が食べるのが解っていたらもっと味わって食べるんだったわ (アホ!)

隠岐の島本島は交通の便がいいから観光客も多いです。
だから少し海が濁っていたような?星空は綺麗だったな〜

港近くは鉄筋のホテルとかの建物がいっぱいあって、少しがっかりしましたが、
少し歩くと昔ながらの神社があったり、海や自然と共に暮らしてるのどかな島でした。

細い川にもあっちこっちに白い船が泊まっててね。家から直接船に乗れるような?
港から見える赤い欄干の橋が私の記憶に残っています。

ま、私の想ひ出はどーでもいいんだけど。

あんな男前が歩いていたら島のみなさん、さぞかしびっくりされたでしょうね。

特別な受け狙いの言葉は話してないんだけど、
玉木君本来の素直さというか真面目さが言葉となって伝わってきて、1時間癒されました。

トボトボ歩く後ろ姿のなんとオーラがない事 (コラ〜〜〜〜)

隠岐の伝統相撲の 「人情相撲」 は考えさせられました。

勝った人は、次の相撲では負けるというルールが、なんとやさしい事。

ちいさな島で島民が仲良く暮らす知恵なのでしょうね。人情相撲いい言葉です。

闘牛も練習では引き分けにするって、牛までにもやさしい教育をする島の文化に感動しました。

ちょっと!ひとっ飛び行きたいような気持になりました。今は行けませんが。


忙しい玉木君ですが、秘境巡りで少しでも心を解放してほしいです。

我が家の郵便番号は571だよ〜 (何にもないだろ!) そ、言ってみたかったの。


Posted at 2014年10月03日 20時22分44秒  /  コメント( 0 )

こんな事ってあるんですね!

ひえぇ―――――  び、び、びっくり―――――

久々の更新がなんてこった〜 落ち着いて落ち着いて!ハァハァ!

と、と、当選したよ〜〜〜〜〜♪ 京都女子大学の学園祭に行ける〜〜〜〜〜

夢じゃなかろうか?何度もOutlook2010を見直したよ。

こんなのはじめてです。タマクラ枠の当選なんてはじめてですよ。
やった〜〜〜やった〜 (静かに!)

ほぼ、あきらめてたんだけどね。この世に神様はおられました。ありがと〜


今私は新しい事業の準備に追われています。
ストレスとプレッシャーに押しつぶされそうで心が折れまくっていました。

救いの神が表れた〜これもお伊勢さんのご利益なのか?嬉し〜〜〜ぃ!



って、今の状況では変態ブログを封印しなくちゃいけないんだけど、今日は特別の特別です。

まったく更新していないにも関わらず
たくさんの方がブログをのぞいて下さってありがたく思っております。みなさんやさしいわ。



いろんな事が決まりましたら発表しますので、今しばらくお待ちください。
これを追い風に頑張るぞ〜〜 うれし〜〜〜〜!では。


Posted at 2014年09月26日 16時30分13秒  /  コメント( 5 )

学園祭〜♪

ヤッタ―――!神戸女子大学の学園祭のお知らせが来ましたよ〜 行きます!行きます!

カレンダーに予定も入れたし、何が何でも行きます!(抽選です!)

身辺にどんな事が起ころうが、万象繰り上げて乗り越えて行きます!(だから〜)

今私はストレスとプレッシャーの真っただ中です。
だから、この学園祭は私の為のものだと言っても過言でない (なんとまぁ!)

6月のハワイからもう数か月。私の心はパサッパサのトゲトゲのギシギシ。
この潤いを欲している心にどうか恵を下され〜〜〜〜(いちいち!)

生玉木を二年後まで待てないよ〜 などと、年甲斐もなく大声で叫んでみました。


我が家の日陰の身のミョウガが芽を出しました。
毎日毎日裏庭に出て今か今かと待ってました。

やっとこさ、待ちに待ったちっちゃい芽が出てきました。
こんな、か細い芽を摘み取って食べる気にはならないよ。

ミョウガは私の大好物なんだけどね。あまりにもけな気でいじらしくって。

青シソとかショウガ、ミョウガは日本のハーブですよ。


ほら!頑張ってるでしょう!  ネクタリンも大きくなった   ビワを公園に里子に出します。


Posted at 2014年09月12日 16時26分14秒  /  コメント( 2 )

ご無沙汰です!

「今日は会社休みます」 にかけてなんかおもろいフレーズはないか
あれこれ思案をしているのですが、う〜〜〜ん!おもろい事が浮かんでこない (アホ!)

ハワイのイベントの時に玉木君の口から 「10月のドラマに出ます」 と言っていました。
あてにしてなかったのですが、あれはほんとだったんだね。

楽しみっちゃ!楽しみなんだけど、今一つ食指が動かない。
まま、気楽に見れそうで、それはそれで楽しみだ(どっちだ!)

早いものでもう9月に入りました。我が家のこの夏の電気代が例年の半分です。
暑い日が少なかったのか?私の体が年老いたのか?(後の方!)

いろいろ巷では玉木情報が漏れ聞こえてきておりますが、私は地味〜に玉枯れております。

やっぱり目の前でドヤさ!のお顔を拝見しない事には力が湧き出てこないわ。

今年は関西方面の学園祭はあるのでしょうか?
秘境探検のついでに来てくれたらいいのに。そうしないと私の心がカラッカラになりそう。

去年の学園祭の親指にぎりの記憶だけでは持ちこたえれそうにないです。


あれこれ心がざわつく時には、
2ショット写真を眺めては心を落ち着かせております。(指しゃぶりかッ!)

ま、そんなもんです!

あ〜次回の2ショット写真まで後2年もあるし、その時私は68歳。

自分の年齢が信じられないわ!(信じろ!)


Posted at 2014年09月06日 21時54分46秒  /  コメント( 0 )

前へ |  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  | 次へ