大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2019-09 の記事

女人禁制!

「学園祭って若い俳優さんや芸人さんが来るんじゃないですか?」
「みなさん知らんやろ〜本物の玉木君はめっちゃ若いで!」

私が学園祭に当選したと生徒さんに話した時の会話です(当たったのか?)

玉木君に対する世間一般の認識はおっさんだったのです。
こんなに若くて気のいい男前はちょっとそこらにおらへんのに(基準が自分!)


そんなこんなで。

今週の土曜日に熊野大社に出かける予定だったのですが、
乗船予定の観光船が増水の為中止になったそうで旅行自体がキャンセルになりました。残念!

そこで先日お参りさせていただいた高野山詣で興味深い話題を一つ。

816年に弘法大師が高野山をお開きになった折にもろもろの庶務を司る役所みたいなものを
高野山の山すその玄関口に慈尊院(じそんいん)を建てられました。

弘法大師のお母さんが息子の晴れ姿を一目見たいと香川県から遠路はるばる来られたそうです。

しかし、
高野山は明治時代まで女人禁制だったので、母君と言えど息子に逢う事は許されませんでした。

お母さんの身を案じた弘法大師は慈尊院にお母さんを住まわせ、
「自分が山から下りてくるから寂しい思いをさせないよ」と月に9度会いに来られたそうです。

そのお蔭か人生50年と言われた時代におかあさんは82歳の長寿だったそうです。

やはり長生きの秘訣は自分を認めてくれて愛されることなんだなとしみじみ。
今後の勉強になります。憎まれっ子世にはばからない。


月に9度も山道24キロを往復するのは並大抵の事では出来ません。愛あればこそ。
慈尊院のある町名は「九度山町(くどさん)」

その時に道案内に犬が付き添っていたそうですよ。
弘法大師さまも一人で山登りするより犬が一緒だと心丈夫だったことでしょう。

その道案内犬が現代にも表れたそうです。

「女人高野 慈尊院」に飼われていた雑種の「ゴン」が
徒歩で高野山参りをされる方が迷わないように案内をしていたそうです。

片道24キロを駆けあがって降りてくる。立派だわゴン!

境内には弘法大師さまの銅像の隣にゴンの墓標があります。合掌!


Posted at 2019年09月04日 16時42分02秒  /  コメント( 7 )

高野山は24度!

元ノラちゃんの黒猫のジジは家にいるのが3時間。21時間は外暮らしです。
お腹が空いた時だけ風呂場の窓から「ニャ〜」帰って来たよ!と知らせます。

「夫がもう一軒家があるんじゃないか?どっかで飼われているんじゃないか?」と言いますが、
まんざら冗談でもない感じです。

歳が歳だしペットを飼うのはコリゴリと思っていましたが、
飼ったら可愛くって可愛くって(3時間でも!)

あまり先の心配は無用と言うのがわかりました。
今ジジから優しさを頂いているのですから、それで充分です。


そんなこんなで。

私は土曜日だけはお仕事がなんとかなります。
最近、働きづめでしたので土曜に開催するバスツアーはないかと調べたらありました。

「令和元年高野山お宝御開帳」すぐさま申し込んだら私でソウルアウト。ラッキー♪

四国八十八ヶ所は2泊3日のコースになっていますのでなかなか予定があいません。
ならば満願成就の高野山に先に行こうかと(ずるい!)

高野山は何度もうかがっていますので庭みたいなもんです。
今回はガイドさん付なので知らない事を知る喜びで興味津々。

ありました。ありました。まずは織田信長公のお墓がどこにあるか教えてくれましたよ。

なんと!豊臣秀吉や前田家やその他の戦国武将のお墓よりものすごくいい場所にありました。

ちなみに高野山の戦国武将のお墓は供養の為の五輪塔なのでお骨は入っていません。
髪の毛や爪などが納められているそうです。

ガイドさんが道なりから「遠くに五輪塔の先だけが見えるのが織田信長公のお墓です」

と言って通り過ぎましたので、私は急いで階段を駆けあがりこの目で拝見しました。

実は信長は比叡山に続き高野山も焼き討ちしようと考えていたらしいです。
それが本能寺の変であんな風になったので高野山は無事だったのです。

焼き討ちしようと企んでいた信長をどうして祀っているかと言いますと、
弘法大師さまは「すべてを許す!誰でも来て〜」というお考えらしいです。素敵!

ただ、秀吉や家康の五輪塔は広くて門までついていてものすごく立派です。

かたや信長の五輪塔はちっちゃい。

がしかし、一番いい場所というのは弘法大師御廟の一番近くにあるのです。
これはどんな意味があるのでしょうか?

つらつら考えるに

「敵は本能寺にあり」の中で岸辺一徳さん演じる信長の腹違いの阿弥陀寺住職の清玉上人が
「あの世では片意地張らずに誰にでも好かれて、この世でかなえられなかった幸せを感じてほしい」

と、ひっそりと高野山の一番いい場所に祀って下さったのでは?(歴史を変えるのか?)

大昔のことなんか誰も生きてないんだから楽しく妄想したらいいんです。

山の中に佇む五輪塔が誰のものなのか最近まで解らなかったそうです。
戒名をみて信長だとわかったそうですよ。

お宝も見せて頂いたのですが、私が興味があるのは信長公なので。おしまい!



化粧をすれば綺麗になれる化粧地蔵 松平家は大きな五輪塔  信長様は人目のつかない場所に


 
木からパワーを頂けます   樹木の苔は草木染の染料に  雑草なのにハルジオンと良い名が

来週の土曜日(9月7日)は熊野大社と谷瀬のつり橋バスツアーです(調子乗り!)


Posted at 2019年09月01日 09時10分46秒  /  コメント( 2 )