大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2019-05 の記事

のんびりな令和3日目!

のつもりでいたのですが、連休初日から運悪く夫が気管支炎で入院することになりまして
毎日病院通いになってしまいました。あちゃー

老夫婦にはいつ何時なにが起こるかわからない。行ける時に行かなくっちゃと。

ま、大事をとって入院しただけですので私は予定通り令和2日に「友ヶ島」行を決行しました。

友ヶ島はアニメの天空の城ラピュタの世界に似てる?と聞いたら行かなくっちゃね。
背の高いロボットいるかしら?興味津々。

友ヶ島は淡路島と和歌山県の間にある無人島の小さな4つの島の総称です。
地の島、虎島、神島、そして今回行った沖ノ島。

沖ノ島には明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞施設となった島でそうです。

大阪湾に侵入してくる敵軍を監視する為に建設された砲台や弾薬庫が
今でも当時のまま残っています。

その当時、一般人は立ち入り禁止だったそうです。
戦争が終わって一部は爆破されたそうですが第3砲台と弾薬庫は当時のそのまんま残っていました。


朝7時には家を出て南海電車で和歌山市まで。和歌山市から乗り換えて加太港まで向かいます。

加太港からフェリーで20分で沖ノ島に着くつもりだったのですが、
なんとジブリファンが急増したみたいでフェリー待ちに3時間半。甘くみてた。ぬかったーー

海と山しかないのにーーーどうやって時間をつぶせばいいのよ。

仕方がないので1時間ほどぼーーっと海を見てました。当てもなくそこら辺をウロウロ。

食事をしたり食べたり。海沿いだから魚が美味しかったです。

時間が来たので乗り場で並んでいると係りの方が「最終の便が4時半です。島に渡ったら1時間半で港まで帰って来て下さい」とな。はじめての場所なのにそんな殺生な。

とにかくその「第3砲台」だけは何としても見学しなくっちゃ。

人が住めない無人島ですので山ばかりです。とにかく山道の山道。

ハァハァ息も荒く必死に登って片道30分はかかったと思います。
帰る時間を考慮して30分の撮影タイム。

急ぎ急ぎの撮影ですがどうぞご覧ください。


和歌山側から見た沖ノ島   無人島だけど今日は人がいっぱい   旧日本軍が開拓した山道


兵隊さんもこの景色見たよね     廃墟になった将校官舎    主はなくても自然は巡る


大砲に詰める弾薬庫が当時のまま  地下を抜けると第3砲台跡 その当時も花に癒されたと思う


バタバタ走り走りの旅でしたが、平和な令和の時代だからこそ見学する価値があったと思います。
静かな平日にもう一度ゆっくり島を回りたいと思いました(玉木のドラマは見たのか?)

ドラマは逃げないけど沖ノ島は逃げる(??)


Posted at 2019年05月04日 09時20分21秒  /  コメント( 0 )