大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2018-07 の記事

奇遇の奇遇!

玉木君が島根県の「ご縁フルエンサー」選ばれたそうですが、
これって何をする大使なのでしょうか?

西ノ島町が都会のお仕事に疲れた玉木君を癒してくれるのはファンなら誰もが知ってる事です。

そんな大切な秘密の場所を公にして大丈夫なのか?
ま、これ以上ぴったりなご縁フルエンサーは他には見当たりませんが。


そして奇遇な出来事を一つ。

毎度の事ながら「あのね〜玉木君が隠岐の島のフルエンサーに選ばれたのよ」と
料理に関係のないたわごとを話していると(自覚はあったんだ!)

「実は私、西ノ島町出身なんです。〇〇と言う場所です。先日も一週間帰ってました」

「ぎぇ〜〜」と声にならない奇声を発しましたよ。

「いつも先生がおきのしまと言っているのを聞いてどこのおきのしまだろうと思ってました」
な、な、なんという奇遇なんでしょう。

「それが、西ノ島に信号機が出来ているのにびっくりしました」とな。

どこにあったかは覚えてないんだけど確かにありました。と。

私が知ってる限りでは西ノ島小中学校の前に唯一ボタン式の信号機があります。
子供達が都会に出た時に戸惑わないようにと設置したそうです。

島には二車線の道路が一本走っているだけで道に迷う事はありません。
摩天崖に行っても鬼舞展望所に行っても三度(みたべ)例の謎のヤギがいる場所に行っても
必ずイカ寄浜を通ります。

なにせ私は10年前から4回行ってますから(いつのまに?)

最初は客室乗務員のお友達と行きました。「何にもないところに行かない?」という事で。

その時は秋でしたので台風の影響で飛行機が飛ばなくってもう一泊しました。
島ならではのハプニングです。

キャンプをしたりバンガローに泊まったり、自転車で探検したり、海釣りに行ったり、
シーカヤックをしたりと。もうやることがないくらい遊びました。

仕事が忙しい今はどこへも行けませんが、やはり行ける時が吉日なんですよ。


たくさんの観光客に来てもらって島の発展に一役買って出たと思うのですが、
ほんとに大丈夫なのか?(いらん心配だ!)


Posted at 2018年07月28日 21時06分30秒  /  コメント( 2 )

猛暑お見舞い!

外に出ればうだるような暑さ、地面からの照り返しに辟易している毎日です。
猛暑お見舞い申し上げます。

私はこの暑さで一気に老けた気がします。
自分の顔を見るたびに干からびていくのがよくわかります。

今まではなかなかの70歳だな!と、ほくそ笑んでいたのに(あつかましい!)

電車の乗り下りに階段を駆けあがり、炎天下の中自転車を必死にこいで、
駅からは徒歩でえっちらこっちら。顔も腕も真っ黒け。

エスカレーターでは必ず左側を上ります。関西では左側が空いてます。
それを自分のノルマと課してます。
そのお蔭か体力はみなぎってきました(干からびてるのに!)

そしてめまぐるしい忙しさの中、5時間ほど時間が空きましたので介護施設の近くの映画館に飛び込んでジュラシックワールドを見てきました。やった〜

マナーとして一度は見ておかないとね。

ぶっちゃけ前回の吹き替えではちょっと違和感がありましたが(正直者!)

今回は意識することなく鑑賞できました。ジュラシックに溶け込んでいました。成長したんだね。

長年役者のお仕事に携わっていても、なにもかもが上手くいくわけないです。

彼の自覚は当然の事と、役者さんの成長を見守りながらファンが育てる部分も多いと思います。
頑張れ〜新夫♪


そしてこの暑さの中、我が家のキュウリは頑張っています。水は一日3回やります。
キュウリは水食いです。水が少しでも切れるとちっちゃなキュウリの子供が枯れてしまいます。

キュウリの気持ちになって、キュウリを理解しないと育ちません(なんと大袈裟な!)

そこで活躍するのが冷房から出た除湿水です。
去年から除湿のホースが途中から切れてしまってポトポト落ちるのをバケツに溜めて植木の水やりに使っています。

ま、ホースを直すのが邪魔くさいというのもあるのですが。水道代も助かりキュウリも喜ぶ。


一日三杯は溜まる。   頑張れ〜キュウリも玉木君も←言われなくても!


Posted at 2018年07月27日 23時50分24秒  /  コメント( 0 )

オジュウチョウサン!

なんだそれは?とお思いでしょうが、これはサラブレッドの名前です。

先週の日曜日に福島競馬で7歳のオジュウチョウサンが平地を走りました。

もともと平地を走る馬だったのですが新馬戦から成績が悪くて障害の方に回ったわけです。

植え込みを飛び越える障害レースでスタミナのある彼はメキメキ頭角を現し、
なんと障害G1(重賞レース)5勝を上げて9連勝中で平地を走る機会が与えられました。

4年8カ月ぶりに豊さん鞍上でのぞみました。

スタートから前につけて4コーナーを回った頃にはトップに。

そのまんま3馬身くらい差をつけて優勝ですよ。
なにせ谷あり坂あり、障害ありの4000mも走っていましたからスタミナは充分過ぎるほどあるのです。

福島競馬ではオジュウチョウサンが平地を走るというので満員。

重賞レースでもないのにG1なみの歓声に包まれていました。

オジュウチョウサンも首をかしげていたと思います。だって障害を飛び越えることなく終わったのですから。

これで彼は10連勝。どうやら年末の有馬記念に出場できるかも?ともっぱらの噂です。

頑張れ〜オジュウチョウサン!私は頑張っている人も馬も大好きです。

オジュウチョウサンのおじいさんはサンデーサイレンス(前記参照)
サンデーはディープインパクトのお父さんです。やっぱり血統強いわ。


もう、ユーチューブで何回見たかわかりません。
起きてオジュウチョウサン、仕事終わりにオジュウチョウサン(またかっ!)

だって肝心の玉木君の情報がさっぱりなんですもの。なにしてはるんやろ?(ほっといたげて!)


さ、これから介護のお仕事に向かいます。
今日のお献立はブリの照り焼き、肉味噌たっぷりの冷製うどん。

玉木君がデザインしたラングのTシャツを着て玉木君と「同行二人」で向かいます(どうぞ!)


Posted at 2018年07月15日 16時01分36秒  /  コメント( 0 )

歳は関係ない!

「ママ!玉木ロスじゃないの?」突然娘のようなみどりちゃんが聞いてきます。

「結婚してもしなくても玉木君は玉木君やから」「へーそうなん!」

「玉木君がインスタグラム始めたんやけど、嫁さんがフオローしたらしいよ。
ステージ嫁さんになったら冷めるわ。家でせんどあえるのになんでそんなことするんやろ?」

「そりゃ!結婚したのが嬉しいんちゃう!」ある朝の職場での会話です(ゆるすぎる!)


今私は人生最高の忙しさです(ブログ書いとる!)

社長のご要望で介護のお仕事の日数が増えました。
新しいブループホームに時々働かせていただいています。介護の勉強してて良かったわ。

お食事の時には、料理に合わせたランチョンマットを敷き、かわいい箸置きを置き、
食器も料理に合わせて整えました。患者様が「旅館の食事みたいやな」と言って下さいます。

私の作るお料理を美味しそうに食べて下さるのを見るのが嬉しいのです。

だからやりがいがあって忙しくっても楽しいです。
この歳の私を必要としてくださる事がもったいなく思います。


夫が「大丈夫かお前そんなに働いて」

「働きすぎて死ぬ人はおらん!
嫌々働いてストレス抱えて人は病気になるんや。だから大丈夫やから」(そりゃそーだ!)

そんな風に事あるごとに夫が話しかけてきます。

私は料理教室が終わったら真っ暗にしてパソコンで競馬を見たいのに。
夜のひと時は一人でゆったりした時間をもちたいのです。誰かが側にいるとくつろげないのです。

そこでフッ!と思ったのですが、38年間も一人が好きで一人の時間を大切にしてきた人が
四六時中誰かが部屋にいる。

もうそろそろ息が詰まっているんじゃないかと老婆心ながら思う今日この頃(一緒にしないで〜)


Posted at 2018年07月06日 22時30分39秒  /  コメント( 4 )

インスタグラム!

この前の地震で高槻に住んでいるお友達が2週間ガスが止まったと言っていました。
そんな被害があったなんて知らなかったです。

門真市は震度4だったそうですが、我が家は特別何もなかったと思っていたのですが

彼のご結婚の数日前にフッ!とベット横の棚を見たら玉木君が写したマッターホルンの写真が
倒れていました。

ラミネート加工をして時々ちら見していました。あれは虫の知らせだったのか?(ぶり返すな〜)

じゃまくさがりの玉木君がインスタをやるとな。どんな心境の変化があったのでしょうか?

そして今日のインスタが数年前にバックパッカーで行ったスイス。
なんでこんな古い写真を?と思ったのですが。

なんと梅田阪急でライカ写真展を開催してくれるそうで、なんとも嬉しい。
蒸し暑い気候にぴったりのチョイスです。

あの右に写っている山はリスカム(4527m)と言います。
写っていませんが、左にはモンテローザ(4634m)があります。

リスカムとモンテローザの間を流れているのはグレンツ氷河。
もう一つの氷河とあわさってゴルナー氷河となりマッターホルンの方に流れています。

なにせ私は現地でリスカム見たんだもん(自慢するな〜)

あの写真の左端に実は鷹(たか)が写っているのがわかりますか?
狙って撮ったのではないとおもうのですが、偶然写っていたのでしょうね。

静寂の雪山にあの鷹と湧き上がる夏雲が写っているだけで動きが出ます。
だからあれを写真展に出したのでしょう(聞いたのか?)

聞けるわけない。だって人の夫だもの(ぶり返すな〜)


こんな風に彼が動いてくれたらブログネタに困らないわ。これからも更新宜しくお願いします。

出来れば一言メッセージなどお願い!(無理を言うな〜!)


Posted at 2018年07月02日 18時28分25秒  /  コメント( 0 )