大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2017-12 の記事

良いお年を自力で迎え...

玉木君がライカで写した写真展のお知らせがありましたが、これ見に行きたいわ〜
写真集では見ましたが是非とも生写真が見たい。

なんたって私はこのマッターホルンを見にスイスに行ったもの(自慢かっ!)


そんなこんなで今年も後3時間を切りました。

玉木君にとってはめまぐるしい一年だったと思います。
彼が活躍すればファンも忙しい。追いかけるのに私もバタバタとめまぐるしい一年でした。

おせち料理を作りながらギャオの鬼畜をリピしていました。

声だけを聴いてシーンを想像しながら。時々画面を見ながら。

よくぞこんななさけない男を好演したものです。
怖さに慣れてじっくり拝見すると玉木君の場面場面の心情表現に引き込まれてしまいます。

最初から順番に撮影したわけではないでしょうに。難しい役を演じきったなと。
演技とはいえさぞかし心が重くなったことでしょう。

子役たちの演技も涙腺を緩めます。
よしこの「父ちゃんの名前はとうちゃん!」胸を熱くしながら田作りや栗きんとんを作りました。


娘のようななっちゃんが、おせち料理を取りにきましたので、
鬼畜のあらすじを言ってDVD持って帰るか?」と言ったら「絶対見たくない」と言います。

そりゃそうだ!普通の感情です。

ロケ地の生駒遊園地は家から近いのに、このロケ地だけは行きたくないわ。
ここでよしこが父ちゃんを待っていたのかとか、あまりにも悲しい。

感傷に浸っている間に彼はずっと先に進んで、
置き去りにされているようで悲しい(年が明けるよ〜!)


皆様良いお年をお迎えくださいませ。


Posted at 2017年12月31日 21時09分25秒  /  コメント( 2 )

後から腹がたつ!

日本語には「犬畜生にも劣る」との言葉がありますが。
人間として生まれたなら当然あるはずの正しいか否かの倫理観の欠如した人をさす言葉です。

が、その言葉を犬や猫が聞けば当然文句が出るはずです(猫が?)

犬猫には嬉しいと怖いの感情しかありません。
人をあざむくとか、ねたみやそねみは当然持ち合わせていません。

嬉しい時はしっぽをふり、怖い時は隠れる。

キタキツネでもわが子を必死に敵から守って育てているのに。

己の身を守る為に、わが子を手にかける人間など言語道断。
放送から数日経つのに、後から猛烈に怒りが生じてます。

宗吉も梅子も菊代もみんなそろって鬼畜だーーー
犬畜生の方がはるかに愛情があるわ。

だから犬畜生という言葉を犬猫の名誉の為に排除したいです(何を言ってる?)


我が家の老犬が三半規管に炎症を起こしてフラフラになりました。
まつこさんが罹った病気と同じです。

抗生物質でフラフラは治ったのですが。
「犬は何が悪くて病気になったのかとか考えへんよな。ジタバタしないで命が尽きたら静かにあの世にいく。犬に教えられるわ」と夫が言います(馬鹿夫婦だな!)

「犬のふり見てわがふり直せ」(出た〜!)



来年の元旦に夫と伊勢神宮に行くことになりました。
本当は一人で行くつもりでしたが、夫婦のマナーとして年に一度は誘わなくてはなりません。

「お父さん伊勢神宮に一緒に行く」「行く」

それからが大変です。夫はあれこれ予定を立てて、あーだこーだと言ってくるのです。
「おやつは500円以内ね」(言いません!)

いつもの阪急トラピックスのバスツアーで行くのですが集合時間が梅田7時20分集合。

我が家から梅田まで1時間もかかりません。
なのに、心配症の夫は余裕をもって出かけたいのか5時半には家を出ないとだめだと言います。

「玉木君のイベントじゃないから起きて10分で出かけられるわ」と言いそうになった。(言うな!)

夫が納得するならそれもいいかなと。「5時には起きな間にあわへんから起こしてやろか」

「大丈夫!起きれるよ」(馬鹿夫婦だ!)


ライブカメラから拝借。今日の富士山五合目。地上はこんなに寒いのに雪がない。


Posted at 2017年12月28日 18時55分31秒  /  コメント( 0 )

スペシャルドラマ「鬼畜」

ドラマ「鬼畜」が終わって2時間も経つと言うのに私の鼻はいまだにグズグズ(風邪だろ!)
今年最後の泣き納めをしました。

恐ごわ見ましたが、さほど鬼畜でもなかったような。

どちらかといえば、子供たちの実母の菊代さんが私の目には一番の鬼畜と思いました。
あどけない2歳や4歳の子供に愛がないってどうよ。

頼りない宗吉に頼らずに、自分が働いてでも子供たちを育てるのが親やろ(ドラマですから!)

ま、不幸の種をまいたのはまぎれもなく宗吉なんですが。


宗吉は今一つ鬼畜に成り切れてなかったような気がします。

どう見ても鬼畜顔のこれはまぎれもなく鬼畜顔だという役者さんが演じたら
もっと違っていたかもしれませんが。

もしそうだとすれば、救いようのない後味の悪い、
今の時代には受け入れてもらえないドラマになっていたかもしれません。

宗吉の鬼畜度はこれぐらいでよかったと思いました。

梅子嫁のじりじり迫るような復讐に、追い詰められての犯行ですから(ひいき過ぎる!)


おそらく愛人宅での宗吉父ちゃんは、深い愛で子供たちに接していたのでしょうね。

子供は心が澄んでいますから、本質を見抜くのは大人より優れていると思います。
利一やとしこが実母を選ばず、父ちゃんを慕うのもわかるような気がします。


刑務所の面会シーンでの遊園地に置き去りにされた女の子が
「父ちゃんまた遊園地に連れてってね」と。

トラウマもなく父ちゃんと暮らすのを待ち焦がれている姿に一番すくわれました。



それにしても玉木君は昭和のお父さんがぴったり嵌って成りきってました。

働く脂ぎった顔。鬼に成りきれずためらいがちな複雑な表情。としこが見つかった時の安堵の顔。

子供達からの手紙を読む父ちゃんの顔。宗吉の涙に視聴者も涙、涙。

なんというか陳腐な言い方ですが、見終わった後に救いのあるドラマでした。


利一が大きくなって過去を思い出した時から
宗吉父ちゃんの地獄がはじまるようで、それが心配。(その後のドラマはありません!)


Posted at 2017年12月25日 02時48分45秒  /  コメント( 2 )

日曜21時は6チャン...

「24日の鬼畜録画しといてな」「うん!わかった」と言って息子がスマホでピコピコ。

「今は携帯から録画出きるんやで」「便利やな。そんなことまで出来て電話代いくら払ってんの?」

「夫婦で2万はいらへん」「えぇ〜そんなにいるの。私なんか2000円いらへんで」
その会話にお嫁ちゃんが「ばぁばの携帯は家の電話持ち歩いてるみたいやな」と。的を得てる。

私の携帯は料理教室の番号06を携帯に転送していますので、
スーパーで買い物していても高千穂峡にいても、どこでもお仕事のご予約が受けられます。

メールと電話で充分事足りていますので、最後のガラケーまで頑張ります(頑張りどころが変!)

だけどパソコンは仕事上必要不可欠。
私の生きる糧になっている玉木君もパソコンで知ったようなものですから。

59歳からのパソコン教室は私の人生を劇的に変えてくれました。
パソコンを使いこなせていなかったら今のこの幸福感はなかったという事です。(なんと!)

ま、そんな事はどうでもいい事なんですが。


いよいよ!見たいような見たくないような「鬼畜」が明日に迫ってまいりました。

今までの彼に対する世間のイメージを払拭するようなドラマになっているような予感がが。

子供を手にかける。そんな畜生にも劣る役を彼が演じる意義がきっとあるはずです。

彼にしか演じられない怖さがあるるるるる?

見終わってあたたかな気持ちになるのでしょうかかかかか?(そうとう怖いんだ!)

松本清張不屈の名作 「鬼畜」 24日(日)21時から6チャンネルで放送です。

見てねねねね(もーええ!)


Posted at 2017年12月23日 23時05分37秒  /  コメント( 2 )

しあわせはそこにある!

内海君にそんな暗い過去があったなんて〜知らなかった。

いきなりですが「セトウツミ」の内海君の事です。

前回まで夜のひと時を瀬戸君と内海君のなんてことない会話劇を何度も見て癒されていたのに、
次回最終回は、今までと真逆のおどろおどろしいサスペンスになってるやんか。


瀬戸君はそのまんまの素直な解りやすい子です。
家は貧乏で、おとんとおかんは離婚寸前と言いながらその実仲がいい。
キャベツは1/4個しか買えないギリギリの生活をしている。

内海君の家は裕福で子供の頃から成績優秀ゆえに人を小ばかにした
冷めた学生生活をおくっていた子です。

塾に行くまでのひと時を川べりの階段で本を読んで過ごしていたところに
部活をやめて暇を持て余した瀬戸君と出逢うのです。

天真爛漫の瀬戸君と出逢い、
人とのかかわりの中で自分の人生も考え方もすべて瀬戸君に壊されて感化されていくさまが
視聴者の心も溶かしていきます。

少しずつの内海君の心が溶けていく成長過程が見たくて、何度もリピしたくなるのです。


人の成長は、他人とのかかわりの中でしかうまれない。
そんなじんわり人生を教えてくれるドラマです。

どんな人と出逢うのか、その人から何を感じて学ぶのか。
自分の人生をより良く幸せに生きるためには、人の優しさを感じる心が一番大切と教えてくれます。

幸せはいっぱい足元に落ちているのに、遠いずっと先の前を見て苦しんでいる。

「心ここに非ず」の何かに追われて忙しい現代人を瀬戸君と内海君が導いてくれますよ。



そして私は昨日、心があったかくなる足元の幸せを拾いました。

私の料理教室はレッスン日のご予約は一週間のうちどこに来て頂いてもいいシステムです。
予約簿に名前を書いていただいた方が、その日のレッスンを受ける生徒さんです。
だから私は予約簿を見て材料の調達をすればいいのです。

息子と同い年の男性の生徒さんが「先生来週は仕事が忙しくって来れません」と
訪ねて来て下さいました。

「それを言いにわざわざ来てくれたの」

「これ食べてください。先生!風邪をひかんといて。体を大事にしてください」と言って
帰られました。

その言葉のやさしさに帰られてから胸が熱くなりました。言葉に誠がありました。

生徒さんにこんな事があったのよ。と話しながら私の声は震えていました。


私は生徒さんとのかかわりの中で、人のやさしさも感動も味わうことが出来ます。
なんといいお仕事につかせてもらっているなとしみじみ感慨深いです。


卒業された生徒さんも含め、私とかかわって頂いてありがとうございます!
皆様少し早いですが、良いお年をお迎えくださいませ。


優しい言葉を添えて。   ご近所のおばちゃんの愛に真ん丸な野良ちゃん。


Posted at 2017年12月22日 11時52分15秒  /  コメント( 2 )

なんてことない日常!

毎日寒い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでせうか?
私は70歳を前にして益々パワーアップして日々元気に動いております。

元気のバロメーターは歳ではないと知ってもらうのも私の務めと思っております(必要あるのか?)

ありますよ。
思えば母の70歳の頃はどうだったか。おばあちゃんパーマをかけ着物を着て割烹着をつけ
世間の常識に添った生き方だったような気がします。

今の時代に生きて幸せですよ。
人様に迷惑かけなければどんな格好をしてもいいし、何をしても自由です。

ギャオの無料動画で見た離婚弁護士のあまみんの髪型が気に入りましたので
私も髪の毛をのばそうと思っております(迷惑!)


昨日は久しぶりの出張子守サービスに行ってきました。
今回は食事サービス込みです。

孫に玉ネギ、肉を切ってもらってハッシュドビーフの調理開始。

鶏軟骨のから揚げ、大根サラダを孫に作ってもらいました。
小学一年生の孫1でも言葉で教えれば、理解力があるので作れますよ。

自分が作ったお料理は記憶に残りますから。これぞ情操教育です。

いつものようにナンシー風のマカロンも焼きました。

幼稚園児の孫2が
「ばぁばの作るマカロンはクリームも挟んでないのにどうしてこんなに美味しいの」
なんと嬉しい事をいってくれる。

「それは大好きな〇〇ちゃんに食べてもらおうと、ばぁばが作るからよ」

と言いながら、大昔に自分の息子にこんな優しい言葉をかけただろうかと胸が痛みます。


遠い昔の過去のあやまちはもう「私にはどうしようもない」と無理くり自分を慰める今日この頃。
(彼は先に進んでま〜すよ!)ヴァルモンさま〜


Posted at 2017年12月21日 15時46分03秒  /  コメント( 0 )

楽しみいろいろ!

待ちに待った玉木君からのメールが来ましたが、
短い文章の中にも、愛と若さと男前度が溢れていました。(ほんま でっか〜〜?)

添付の画像が綺麗でした。
都庁の向こうに沈む夕日。忙しくってもやはり空を見て癒されているのね。

綺麗と思った景色を私たちに見せてくれる。 「繫」いでくれていますよ。愛がありますね〜
あれは4時半から5時ぐらいの風景でしょうか。


今年は相当忙しかったとお察しします。
玉木君の忙しさと比例して、私たちはものすごく楽しませてもらいましたが。

忙しくて気がそぞろの時は、目の前の難題をこなすのに毎日毎日必死な戦いだったと思います。

言い換えれば、それだけ演技者玉木宏の需要があったということです。

いろんな役を頂いて今年の成長はめまぐるしいものがあります。

人生には飛びぬけて成長できる時期があります。
そこを攻めて行けばその後の役者道に道が開けるのではと思います。

忙しさも一段落ついた様子が漏れ聞こえてきますが、好きな事をしてゆっくりしなはれ(何様〜!)



そしていよいよ!24日(土)21:00からの
スベシャルドラマ「鬼畜」がすぐそこに迫ってまいりました。

怖いわ〜何が怖いたって「鬼畜」というタイトルが怖いのよ。

なんだか注射の順番を待つ気分です。もうすぐ自分の番だわ〜ソワソワ!ドキドキ!怖い怖い!

「鬼畜」に癒しは求められないし愛もなにもない。
鬼畜本人側からすれば、自分を守るのに必死で罪を犯し続ける。

そこに理性のかけらもない。ま、理性が働けばそんなことしないと思うけど。

だれが鬼畜を止められるのだろうか?見終わった後に何が残るのか?

お嫁ちゃんに録画をしてもらおうと思っているのですが、
クリスマスにこんな怖いドラマを見せられないわと躊躇しています。どうしよう(好きにして!)


Posted at 2017年12月14日 14時53分35秒  /  コメント( 0 )

やさしさにあふれている!

悪と仮面のルールの舞台挨拶が今日は大阪であるそうですが知りませんでした。
今日はお休みなので行けたのに〜と後の祭りです。

ま、知らなくってもいろんなメディアが今日の玉木宏を教えてくれます。

昨日の名古屋舞台挨拶、今朝のラジオといい
知りたい情報をいち早く画像でアップしてくれますので非常にありがたいです。
いいお仕事してくれます。


生徒さんに映画のあらすじを話すのですが、
熱が入って「先生もう30分経ちました」と言われる始末です(迷惑!)

「深みのあるいい映画だから見てね。大日シネマではやらないと思う。
梅田でしか上映しないからお仕事帰りに寄ってね」と。



近所の黒猫ノラちゃんの姿が今日は見えません。
昨日にドアの前でガォガォと泣きながら何かを訴えていました。

少し温めた牛乳を与えたのですが一口も飲めず。
毎日おいしい餌やりをしてくれている近所の奥さんたちと「もう、星になったのかな?」と
話しながら、どの方もみなさん涙ぐんでいました。

やさしいね〜この世はやさしさにあふれています。

皆さんからやさしさをいっぱいもらったノラちゃんは、最後は幸せな気持ちで星になったのかなと、
涙があふれる反面、ホッとした気持ちにもなります。

ノラちゃんはノラちゃんなりに一生懸命生きたんだ!と教えられることがいっぱいです。
「猫のふり見て我がふり直せ」涙。 私らしくないね〜


Posted at 2017年12月08日 14時18分02秒  /  コメント( 0 )

楽しみは尽きない!

「鬼畜」なんと!おどろおどろしいドラマのタイトルなんでしょう。

タマクラからの朝のメールにびっくりです。いつの間にそんなドラマ撮ったんやろ?

玉木君が出なかったら私は絶対に見ないドラマです。ドロドロ系は苦手な分野です。

しかしネットに上がっているおんぶ紐で子供をおぶっている彼の姿がしっくり合っているような。
あれは八幡市の流れ橋やんか。こんな近くで撮影していたとは。知らなかった。

とうとうお父さんを演じる歳になったのかと、なんか喜んでいいのやらさみしいやら(喜べ!)

役を演じてない時の玉木君はアラフォーには見えないからね。そりゃもうピッカピカだもの。

オファーが来るという事は、世間はおっさんと認知しているのか?(おばんが何いう!)

ちょろっとあらすじを読んでもう泣いてしまいました。
本当に鬼畜になりきれるんだろうかと、ちょっと心配(心配ご無用!)

今年はいろんな顔の玉木君を見せてもらいました。
それにしても、よう働らかはりますな。

立て続けに大作にご出演とはファンとしては誇らしい限りですが、
さぞかし神経クッタクタとお察しいたします。

ま、どんな大変なお仕事でも、環境を変えたらくたびれが取れる子やから大丈夫と思うけど。

寒さが身にこたえる季節になってまいりました。
首巻して靴下履いて、ついでに腹巻などしてお体をご自愛ください(げ!見たくない!)


ピロティホールの貸切公演の時に、玉ともさんから自宅で栽培された乾燥コーンを頂いたのですが
今日ポップコーンにしたら38粒位が鍋いっぱいになってこれもびっくり!
ものすごく増えます。


この後カラメル味にして頂いた。美味しかったよ〜ありがとう!


Posted at 2017年12月03日 21時15分09秒  /  コメント( 4 )