大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2016-09 の記事

ヤッタ〜♪

今年最後のチャンスだった関西学院大学の学園祭に当たったよ〜うれし〜〜

それまで二校応募したんだけど、どれもはずれで今年はあきらめてました。
わぁ〜〜拾ってくれる神様がいてはった〜 

26日に当選のメールが来るのは覚えてましたので朝からアウトルックばかり見てました。

なっちゃんが遊びに来てましたけど世間話をしながらアウトルックを開いたり開いたり。
気はそぞろ。

「わ!なっちゃん!当たったよ〜」「途端にテンション上がったな」「あったりまえよ!」
「着ていく服選んでよ」

ディノスから丁度いい具合にカタログが来てましたから選んでもらいましたよ。
私は30代から40代の方のリカコスタイルが好きです(30代って!)

「これどうや?」「ただのおばちゃんのファッションやで」
「これは?」「モデルほど細かったらな」ということでかんかんがくがくの議論の結果、
シンプルなセーターに輪っかのピアスに決定です。

これで11月5日まで生きていける〜(おおげさ!)何か楽しみがなきゃね!

折角西宮まで行くんだからと帰りの楽しみを考えてます。

春ぐらいから武庫川渓谷に行きたいなと思っていたのですが、なかなかチャンスがなくて。
雑誌からコピーした紙がヨレヨレになってました。

学園祭の最寄駅から少し上がった「生瀬駅」から武庫川沿いに
春には桜、秋には紅葉が綺麗な場所があります。

宝塚の街中近くとは思えないほどの雄大な自然が広がっています。

旧福知山線の廃線路を歩けるコースがあるんです。
鉄橋もトンネルも残っててノスタルジックな、これぞ近場の秘境です。

ま、学園祭が終わってからだと、すぐに辺りも暗くなるころだから
渓谷沿いには行きませんけど雰囲気だけでも感じてこようかと。

私の人生「一粒で二度美味しい」を目指します(出ました!)

自然と顔がにやける気持ちを代弁してくれる花たち???


ほったらかしなのに頑張ってくれる オリーブちゃんも嬉しそう! ニラの花は意外と可憐よ


Posted at 2016年09月27日 00時54分17秒  /  コメント( 2 )

我が家は果樹園!

今日は敬老の日です。昨日地区の老人会から「長寿おめでとうございます」と煎茶を頂きました。
私の顔を見てエッ?と。煎茶を持って帰ろうとしましたよ(見栄張るな〜)

ま、いまんところはどっこも悪くないので、敬老と言われても他人事のような気がします。
丈夫に産んでくれた親に感謝です。

映画のチケットを買うときは堂々と老人を主張しますよ。1100円はありがたいです。

そんなこんなで。

「キャリア〜掟破りの警察署長〜」の30秒のスポットが流れたようですが

「あの警察署長の役は玉木君しか出来ない雰囲気を醸しているよ 見てあげてね」
と玉友さんから電話ありましたが、もちろん!もちろん!見せてもらいますよ。

子供の頃から金さんや黄門様を見るのは日本人の務めでしたもの。
「この桜吹雪が目にはいらぬか」毎回同じ決め台詞なのにその時を待ち望んでいました。

最近はテレビから凶悪な犯罪や、聞きたくない事件ばかり流れてきます。

きっと視聴者のみなさま方は日曜の夜に、

計算のない天然署長さんの情けに、
心ほんわかして、せちがない世の中のひと時の癒しになりますよ。きっと!



そして「我が家は果樹園になっている」は少々オーバーぎみですが(毎度のことです!)

私は美味しい果物を頂いたら必ずその種を植えてみます。芽が出ても出なくってもいいんです。

運よく植木鉢から芽が出たときはわぁ〜〜と顔がにやけます。そりゃもう可愛いのなんのって。

この子たちの成長を見るのが結構ストレス解消になるんですよ。みなさん!お試しあれ〜


アボカドは6本あるけど実がならない ビワの木に花が咲きそうな予感? いちじくはまだまだ


ネクタリンの花が楽しみだ〜  コンクリート割って地植えした。 新入りのプルメリアちゃん!


Posted at 2016年09月19日 21時57分03秒  /  コメント( 2 )

思いがあふれている!

最近はなんだかカメラの事ばっかで、カメラブログになっとりますが、
10月からの連ドラ「キャリア」の事は覚えていますので(なぜ言い訳する?)

今日は一日中お休みです。
このチャンスを逃がしてはと、朝もはよから星野道夫さんの写真展に出かけました。

折角なのでRAMGで玉木君が言っていた「駱駝屋」さんに行こうと思ったのですが
駅から遠そうなので次回という事で。というより私の中では旬が過ぎた感がありますし(旬て!)

今は星野さん目線の愛を感じたくて、久しぶりに心をふるわせたくって星野さんを選びました。
私愛に飢えてんのかな〜

今回の写真展は星野さんご愛用のカメラも展示されているというので興味津々でした。

今のデジタル一眼レフは連写も出来るし撮ってすぐ見れます。
20年以上前のカメラだと手動巻きでフィルムだったから現像するまで
どんな写真が撮れたのかわからなかったと思います。

極北の河を渡るカリブーや北極海で宙に舞うクジラの水しぶきが綺麗に点に映っているんです。

シャッタースピードや絞りは変えられたんだろうかと。ISO感度は?と疑問だらけでした。

フィルムカメラは36枚撮りしかなかった時代だから連写をすれば
すぐにフィルムがなくなってしまいます。どんな風に撮っていたのか知りたいことがいっぱいでした。

今回の展示物で私の疑問はすべて解けました。

星野さんのカメラはニコンFとペンタックス62のちっさなカメラでした。
望遠は600个離譽鵐困任后

シャッタースピードは1/1000まで変えられます。
感度はフイルムの感度(400)が最高感度です。

いまより条件がすこぶる悪い状態でホッキョクグマのお昼寝やグリズリーがサケを狙ってる毛の一本一本のピントが合っているんです。

アザラシの赤ちゃんのつぶらな瞳に太陽が写っていました。かわいい。

連写は5カットずつ撮っていました。その中から一番いいのが世間に公表されたわけです。
未発表の写真も展示していました。


アラスカの自然、動物、そして人々の日々の営みを一枚一枚どれほどの時間をかけて撮ったのか、

アラスカの大自然に同化して、
そこに生きる人、空気をも含めてすべてを愛さないと撮れないと思いました。

思いが溢れている写真の数々でした。

ところどころに星野さんの世界観のエッセーが貼り出されているのですが、
どの文章も私にとって必要な言葉の数々でした。

2時間かけて写真を拝見しましたが終始胸が熱くなりました。


そして、せっかく難波まで出てきたんだからと
「超高速参勤交代リターンズ」もついでに見てきました。

星野さんに涙して、参勤交代に笑い。バランスのとれた一日でした。

「短い一生で心魅かれることに多くは出会わない もし見つけたら大切に 大切に」

私の脳内玉木君の顔が浮かびました。(お決まり〜)


Posted at 2016年09月17日 07時22分13秒  /  コメント( 0 )

秘境を見直して!

来る日も来る日も写真の勉強をしています。プロの写真家の方の作品を見倒しています。

ま、今更何をするわけでもないのですが、
今までただ何となく撮っていた自分が腹立たしいのです。


玉木君も撮れば撮る程に難しくなって、そのたびに悩んで苦しんでいると思います(おおげさ〜)

一枚の平面の写真から、清らかな崇高さとか圧倒的な自然の壮大さを
見る人の心に訴えるような写真は並大抵では撮れません。当り前すぎる事ですが。

自然の中でその時を待って待って瞬間が降りてこないと撮れませんよ。
今の忙しい玉木君が写真を撮れない気持ちがわかったような?わからないような?


過去の秘境ふれあい紀行を見直してみると彼の撮った写真のなんとやさしいことよ。

撮り手の心がそのまんま写っていますよ。

都会で暮らすスタイリッシュな玉木君も素敵なんですが、
大自然の中をトボトボ歩いている玉木君、軒先の縁側でジャガイモにかぶりついている玉木君の方が
自然の空気にいだかれているようで見ててホッとします。

秘境の時も忙しかったろうに
山道を歩くだけで玉木君にとってはひと時の癒しだったと思いますね。いまさらですが。


スイスでの写真もアフリカで写真を撮った時もパールの写真を撮った時も
彼にとって最高の写真だったと思いますが、

人生や役者としての経験値を積んだ今だからこそ、撮れる被写体もいっぱいあると思います。
是非とも今の彼の心の中に写った思いを見たいものです。


玉木君と同じようにマニュアルモードで撮ってみてわかったことがいっぱいあります。

玉木君が撮った奥祖谷編のかずら橋の写真は普通に撮ればあそこまで神秘的には撮れません。

あれはアンダーめに撮ったからこそ
追っ手に追われたヨレヨレの平家の落人の姿が容易に想像できます(ほんまにほんまか?)


まま、そういうことで明日は星野道夫さんの写真展を見てきます。楽しみだ〜


Posted at 2016年09月15日 15時20分32秒  /  コメント( 0 )

興奮な一日!

暦通り季節は巡り、朝夕はしのぎやすくなってまいりました。
我らの玉木君は10月からの連ドラ「キャリア」の撮影に勤しんでいることと存じます。

私は仕事の隙間を狙って伊丹空港まで一っ跳びしてきました(遊んでばっか!)

伊丹空港の一つ手前のモノレール蛍池でレンタサイクルして
方向音痴の身で飛行機の匂いを嗅ぎながら千里川沿いをエンヤココラっと。

それが、駅のレンタサイクルが一泊二日で200円です。びっくりでしょう。

何度も飛行機を見に来たことはあるのですが撮影するのははじめてです。

私がよく行ってたころはボーイング747、通称ジャンボゼットが飛んでいたのですが
今は飛んでないので行ってませんでした。そりゃもうジャンボはでかいのなんのって。


飛行機の撮影ははじめてなのでマニュアルモードで写せるのかとわくわくしましたよ。

おんなじような写真をどんだけ〜というくらい撮りました。

アマチュアカメラマンの方が500mm位の望遠でバシャバシャ撮ってはりました。
シニア会のカメラクラブみたいな方もたくさん来てはりました。

みなさん飛行機もカメラの知識もすごいです。圧倒されましたよ!この私が。

 
いよいよだ〜         夢中でシャッターを切る      真上を飛ぶんですよ〜



振り返ってガシャ!     安堵する瞬間タッチ!



可愛い飛行機J−AIR200ER   B737こんな近くで見える  クリックするとパイロットが見える


 
千里川に写るキラッキラの宝石   手前も向こう岸も興奮のるつぼ



遠くに灯りが見えた〜      だんだん迫ってくる〜   グワァ〜と頭上を越えてタッチ

そして私は9時ごろに帰ってきたのですが
興奮しすぎて服のまんまベットで朝まで寝てしまいました。クッタクタ!(子供かッ!)


Posted at 2016年09月10日 13時35分55秒  /  コメント( 0 )

人と自然のかかわり!

「人はそれぞれの光を求めて 長い旅の途上なのだ」

これは1996年にアラスカでヒグマに襲われて43歳の若さで自然に帰られた
写真家 星野道夫さんのお言葉です。

「自然に対する興味は人間に対する興味。
もっと突き詰めると、生きていることに対する興味」と教えてくれます。

一流の写真家になるには哲学的な思想が根底にあって自然を崇拝して愛して、
自然と対話してこそ、人の心を打つ写真が撮れるんですね。

9月15日〜26日まで難波高島屋で没後20年の写真展が開催されます。
星野さん目線の自然に対する愛に触れ合ってこようと思っています。

何気なく撮っては人には伝わらない。よーよー納得です。

ということで今日は生活に密着した自然を写しに出かけました。
まま、いつものように徒歩3分の近場の公園なんですが。

テーマは「意識してこそ見える愛」なんのこっちゃ?ですが
普段足早に家路を急ぐ人生では、見えてても見えないものがたくさんあります。

娘のようななっちゃんに写真を見せたら「こんなんどこに咲いてたん」と怪訝そうに言います。

「あそこの公園よ」

私もなっちゃん位の時はいつ桜が咲いたのか散ったのかまったく興味がなかったです。
目の前の事しか見えていませんでした。

この歳になってはじめて周りが見えてくるものです。人生も自然も。(出た〜)

さぁ!横や下を見てください!
立ち止まって見てみると日常に追われる生活では見逃してしまう可愛い愛があちこちにあります。


何人の方の心を癒したのか? ザボンも人生を全うしてる  地面すれすれにサルスベリ


秋茄子も頑張ってる     あるじを待つちゃりんこ   時には空を見上げる事も必要


10月の連ドラ 玉木宏主演「キャリア」の情報がちらりほらりと聞こえてきましたね。
撮影もはじまったみたいだし、生きる楽しみが増しました。


自分が経験してわかったことなんですが、写真を撮るには心の余裕が必要です。
大阪に一年近くもいてはったのに一枚も写真を撮らなかった訳が少しは分かったような気がします。

忙しい玉木君ですが
どうか近所の公園に写真を撮りに行ける時間を与えて下さい!社長さん!(行きません!)





 


Posted at 2016年09月08日 00時01分55秒  /  コメント( 0 )

楽しみは続く〜♪

「はっぴぃさん!ドラマのヒロインだったらやった?」「やってない」

「めっちゃ笑えるよ〜それにいっぱいアクセスあったらスポンサーに受けが良くなるよ」
それも一理ある。ということで私も診断に参加することにしました。

20歳の時の写真で試しましたよ(サバ読み杉!)

ま、笑えるというよりはちょっとこそばゆい。
玉木君いろんな演技が出来るんだ!と新しい発見です(役者です!)

それにしても、このWEBコンテンツを考えた技術者が凄すぎます。
このような方が世の中を変えていくんでしょうね。何事も秀でている方を尊敬しまくりです。


そして私は相変わらずカメラに没頭しています。
遠くに行かなくっても近場で写せますから、暇つぶしには便利なおもちゃです。

撮って消して、撮って消しての繰り返し〜

ちょっとでも上達したいので動画で勉強しています。
今私のPCのお気に入りはカメラ講座で占められています。

まずはカメラの構え方、レンズの変え方、スナップ写真の撮り方とか初歩から勉強しています。

レンズの変え方ってゴミが入らないように下向きに変えるんですよ。
もうすでに私のカメラはゴミいっぱい入っている予感。

ほぅ〜と、知っているようで知っていない事ばかり。
仕事が終わったら朝も夜も動画を見倒しています(またか!)

写真は撮って撮って撮りまくらないと上手にはならないらしい。
頭で考えるより感覚で慣れていくのが一番らしい。

玉木君も撮ってるかな?撮らないと感性鈍って腕落ちるよ〜(余計なお世話〜)


マニュアルモードは嵌る     秋になれば黒オリーブに成長     身近な花も題材に


Posted at 2016年09月02日 23時27分28秒  /  コメント( 2 )