大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2016-08 の記事

楽しみいろいろ〜

アマゾンプライムのCMのライオンになった犬が、けな気で痛々しくって
見てる途中で目をそらせてしまいます。なんでやろ?(唐突だな!)

毎日まいにち天気予報とにらめっこ。17日に行く上高地の事で頭がいっぱいです。
上高地ライブカメラを毎日見ております。

それが〜お天気でも山の上に雲がかかってるのよ。ショック!

台風も来ているようだしなんだか嫌な予感がよぎります。

ま、そんな時は雨でも楽しむことを計画しています。いい空気には変わりないんだからね。

上高地帝国ホテルでお食事をして、美味しい珈琲でも頂いて
限定の柔らかパウンドケーキをお買い上げしようかなと。

これなら雨の上高地でも全然平気(負け惜しみ〜)

まま、本当はカラッと晴れた空に3000m級の穂高連峰がくっきり見えて、
ふぅ〜!とため息つきたい。

RAMGの握手会で玉木君から最強のエナジーを頂いたし、
も一つ山から駄目押しのエナジーを頂きたい(強欲!)

そして私はウヒヒの計画を立てております。

もし、もしも天気が良ければ松本まで出て中央線で駒ヶ根まで下って木曽駒ヶ岳に行こうかなと。
どこで泊まるかはまだ決めていません。

母の介護の時から行きたくって行きたくってたまらなかった場所です。
一泊しないと行けなかったからあきらめていました。

2600mまで一気にロープーエイが連れてってくれます。

そこは千畳敷カールといって氷河の浸食によって生じた半円形の窪地が広がっているのです。
宝剣岳(2931m)が目の前にそびえ一面の高山植物がいっぱい咲いています。うわぉ!

せっかく長野まで行くんだからと、ちょっと欲を出してます。

行く前に楽しんで、行って楽しみ、帰ってから楽しむ!それが私のポリシーだ!(雨だな!)

ういっきからお借りしました。


5月頃の穂高連峰とかっぱ橋 大正池の立ち枯れと穂高 どうですか千畳敷カールと宝剣岳


Posted at 2016年08月05日 23時49分48秒  /  コメント( 0 )

とうとう動き出した!

「お前昔から元気やな〜」夫がしみじみ呟きます。
「しんどいという事はないのか?」「ない」(けんもほろろ〜!)

生徒さんが山ガールデヴューしました。
「金剛山に登ってきました。来週は富士山に登ります」とな。

うらやまし〜〜仕事仕事の毎日の身にとってなんとうらやましいお話なんでしょう。

私が登った山の話をしているとムクムクとなんだか気持ちが盛り上がってきました。

思い起こせば母の介護をしている時に「ううう〜」とたまらない気持ちになったとき
はよはよ!山を見に行った記憶がよみがえりました。

始発の新幹線で名古屋まで行ってそれから中央線で松本や穂高、飛騨高山、上高地など
日帰りできるところはすべて行きました。

母が天に召されてからは遠くの山に行くこともなくなりました。
ストレスがなくなったからでしょうね。

母の介護もなくなって
ポッカリ空洞になった心に玉木君が住みついたということです。(住み着いたって!)

今でも電車に乗ったら遠くの山を見つめていますよ。私は山派で晴れ女です。

そんな郷愁に浸っていたらネットで「名古屋発 上高地バスツアー」を発見。

上高地は昔日帰りで行った事があります。
大正池からかっぱ橋まで木の歩道をテクテク歩きながら梓川沿いを散策しました。

あの時は残念ながら西穂高は半分しか見れなかったです。

玉木君が穂高登頂を断念したNHKの番組で、
足を踏ん張りながら写真を撮っていた下が梓川でかっぱ橋付近です。

うっすら川の流れが映っていましたよ。


蘇ったぞ〜〜という事で、早速ツアーに申し込みました(動き出したな!)
そ、動き出したら止まれない。

お盆休みの17日に行きます。又始発の新幹線を使う時が来ようとは。

名古屋から玉木君が行った東海北陸道で郡上経由で行きますよ(少しの関連を探すんだ!)
あったり前よ。

上高地では3時間半の自由行動だから目いっぱいうろうろする予定。
晴れてたら西穂独標、西穂高岳、ジャンダルム、前穂高が見えるのよ〜

あぁ!人生は愉快だ!(雨だな!)何てこと言う!


Posted at 2016年08月02日 10時58分39秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2