大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2014-11 の記事

話題沸騰!

ピアスを付けるのも難なくこなせるようになり、
今ではピアスがなけりゃ物足りない体になってしまいました。(なんとまぁ!)

この前プロフィール写真を撮ったのですが、まんま66歳の顔でした。
キャノンはウソつかないわ。ショック!

そんなこんなで。

「昨日はドラマ休みました」つまり「今日は会社休みます。」の
ドラマを見てないということです。(やっぱり!)

仕事が9時に終わりますので、夜10時の時間は夫の食事の支度をしたり、
ホッ!として珈琲を飲んだり、コンビニにおやつを買いに行ったりと忙しい時間帯なのです。

気が付けばドラマは半ば終わってるし、予告編を見たし、もういいかな!と
あきらめてしまうのです。だからドラマの感想はありません。

それよか!今日は嬉し嬉しのお知らせが届きましたね〜

『残念な夫。』このドラマは楽しみで楽しみでしかたないです。
ところで、最後に。を付けるのは芸能界では流行なのか?(どーでもいい!)


残念な夫には私にもエピソードがいっぱいあります。
残念な夫を語らせたら日付が変わる程ありますよ。残念な妻がいうのもなんなのですが。

プロデューサーの方はいいところに目をつけたものです。
世間の妻たちの後押しを受けて絶対にヒットしますよ。

こりゃ!新年早々 話題沸騰〜♪ 間違いなしですよ。


という事は、「今日休み」を撮って、「残念な夫。」を撮って
時々「秘境」を撮って〜 聞くだけで目が回る。忙しいね〜


ま、若いんだから今が頑張りどころです。遊んでる暇はないぞ。

                        盆も正月も返上して魂込めろ〜(鬼!)


Posted at 2014年11月27日 21時29分47秒  /  コメント( 2 )

今日は脳が休んでます!

「秘境ふれあい紀行 奥出雲編」でおっちゃんの言った「ズック」に玉木君は大うけしてましたが。

そういや、昔「ズック」って言ってましたね。
その頃のズックは体育館履きのような紐のないやつ。紐が付いているのは運動靴。

それから運動靴をスニーカーというようになって。(いつの話題だ!)

ぴたっとしたズボンがスパッツで今はレギンスと言うし。


ブログの更新をやってないにもかかわらず、
みなさまは過去ブログを読んでしのいで下さっています。本当にありがたい事です。

「元気か?」「元気やで〜」「良かった」「気にしてくれてありがと〜」
玉友さんと一行メールの交換です。

「今日は会社休みます。」も「玉木宏の秘境ふれあい紀行」もちろん見てますよ。
毎週楽しみにしています(ウソだろ!)

「今日休み」は主役のお二人に次いで玉木君の名前が最後にあるから、
最初と最後だけの出演なんですね。芸能界はそういう決まりになっているのか?(ない!)

6話の最初ではるかちゃんと玉木君のシーンが、小川先生と藤原くんに見えてしまったわ。

セリフの掛け合いも顔の表情も小川先生と藤原くんにしか見えなかった。
鹿男の見すぎやろか?

今後、朝尾さんはストーリーに絡んでくるのでしょうか?からんでほしいな〜。

今回の朝尾さんの名言は 「どんな窮地に陥ってもポジティブな気持ちを忘れない」 に決定です。


ネガティブはマイナス思考でポジティブはプラス思考と言ってたのに。
何でも横文字になるのね〜


「どんな窮地に陥ってもプラス思考な気持ちを忘れない」ではセリフにならんわな!(あ・ほ〜)


Posted at 2014年11月22日 21時31分47秒  /  コメント( 0 )

興味があること!

思い出したことが一つ。いつの話だ!と言わないで〜

玉木君が魔天崖へのトビラ(馬が外に行かないように扉がある)を開けて歩いている時に
馬が数頭いましたが、私達が行った時もおんなじ馬がいました。
そこをテレトリーにしているんでしょうね。多分!

「ザック、ザック!」と無心に芝を食べていました。
その音が聞こえるという事は、それだけ浮世の雑音が聞こえない静寂な場所です。

玉木君が手と足をかけた柵の下に魔天崖の257mの断崖絶壁の国賀海岸が広がっているのですが、
実は魔天崖がら通天橋に下りて行く遊歩道があるんですよ。

魔天崖の真上から左に下って行ったとこが通天橋なんです。
その向こうに8月のお盆の頃に夕陽が灯って、ろうそく岩になる観音岩があります。

どうですか?位置関係が解りましたか?(誰に言ってる?)

そして、魔天崖から見て向こうに見えてる台形の山が赤尾展望所です。


魔天崖と赤尾展望所の間に通天橋  この子もテレビに出た?  向こうが魔天崖 真ん中赤尾


魔天崖から降りてきて、イカ寄せ浜というイカがいっぱいくる浜を通って赤尾展望所に行ったり、
鬼舞展望所に行けます。

どこへ行ってもイカ寄せ浜に戻ってきて、又次の観光地にいくという。
だからイカ寄せ浜が玉跡めぐりの要です。

観光地は船引き運河を挟んで左にほとんどあります。
右側にも別府港や焼火神社(たくひじんじゃ)があるのですが、玉跡ではないですね。

焼火神社も三徳山の投入堂と同じ岩穴に建っています。重要文化財です。
投入堂とかぶるから行かなかったのかな?

その焼火山が噴火して隠岐の島が出来たのです。


「会社休みます。」はどーしたですが、リアルタイムで見ました。

感想が出てこないわ。もう、興味のあることとないことの差が激しいのなんのって。

まま、あえていうならあのまんま浅尾社長が失却するわけがないと思います。

社長職は解かれても、無理を言った自分の責任でイベントを成功させるんじゃなかろうかと?


それにしても、日本一を目指す浦郷「にしわき鮮魚店」の干物が美味しかった〜

あの日おっちゃんの店で食事をしようと思ったのに、「もうご飯が売り切れた」
って言ったから「日曜日なのに もっとご飯炊いときよ!もう欲ないんやから」と言ったら

おっちゃん玉木君にしたように肩をポンポンとたたいてきたよ。(それがどーした)

ちなみに、にしわき鮮魚店にはサインはありませんでした。
撮影が終わったら はよはよ!帰っていったそうです。

「又来た時にしてもらう」と言っておられました。

にしわきさんちから国賀めぐりの船着き場まで徒歩5〜6分です。
船の出航時間が迫っていたから急いだのでしょうね。


撮影の日はうねりがあったので、明け暗の岩屋(あけくれのいわや)には入れないと
判断したので大きな方の観光船で行ったと思います。

国賀めぐりは浦郷港からと別府港からの出発があるからお間違えなく!(誰に言ってる?)

あれからスーパーでみりん干しを買っても、うるめの丸干しを買って食べ比べても
やっぱりおっちゃんとこが一番美味しかったです。


頑張れ!おっちゃん!日本一を目指して〜♪(時は進んでる!)

      私の時は10月18日から止まってる。それ程夢のような出来事だったという事です。


Posted at 2014年11月08日 12時31分15秒  /  コメント( 0 )

たそがれて秋!

「玉木宏の秘境ふれあい紀行」 西ノ島編をもう何度リピったことでしょう。

懐かしくって、懐かしくって。外浜海水浴場の赤い灯台を眺めては涙してます。
ま、泣きはしませんがきっちり現実逃避してます。

「こういうところを求めている自分がいる」 と玉木君が言っていましたが
その気持ちわかります。

ただ海を見て、ただ風を感じて・・・・

センチメンタルな気持ちがどうにもこうにも困ったもんです。
うっとおしいとは思いますが、思い出の写真をば。


こんな景色や           木漏れ日や       こんな流れまで愛おしい


足跡が見える          こんにちは〜と言った      玉木君が立っている←病気だ!


もう一度            この滝が見たい         シクシク←滝に打たれろ!

なんてね。この私が過去を引きずる程の、魂の癒された場所でした。


コンセーユ前の宝石のような海   通天橋は二つ穴があいている   こんな洞窟に入ったのよ

私のこの気持ち誰か わかって〜〜〜(もう 寝なはれ!)


Posted at 2014年11月05日 15時33分31秒  /  コメント( 0 )

三行玉メール!

久々の玉メールが届きましたが、簡潔な中に充実感が垣間見れました(ほんまでっか?)
二行でも三行でも嬉しかったです。

私達が学園祭〜♪たまき〜♪たまき〜♪と浮かれている横で、
実は、学生さんたちが玉木に関係なく頑張っているお姿を拝見させて頂きました。

トークショーの開演前にそこらへんをウロウロしていたら、
ブドウジュースが目に留まりました。

このコーナーは学生さんたちが立ち上げたボランティアのブースでした。

私がすっかり記憶から遠のいていたあの東日本大震災を
いまだに支え続けている学生さん達がいらっしゃったのです。

47都道府県のすべての地域から被災三県(岩手、宮城、福島)に、
学生さんたちはボランティア活動を行っているそうです。

「きっかけバス」といって

東日本大震災を、いつまでも風化させない「きっかけ」

被災地の人たちを、もっと笑顔にする「きっかけ」

ボランティアをしたい学生たちを、東北に連れて行く「きっかけ」

いろんな「きっかけ」を乗せて「きっかけバス」は今も走っているそうです。

『復興とは被災したすべての人に笑顔が戻ること』

そこにおられた学生さんも今年の3月に東北に行かれたそうです。

石巻市のさんま缶詰、福島の杉で作った割り箸、宮城のブドウジュース。
少しだけですが、購入させていただきました。

「この経験があなたの人生に必ず役に立つからね。頑張って〜」と言って


この世のものと思えない

浮世離れした玉木宏トークショーを見に行った次第です!(反省しろ!)


美味しかったです。   さんまの缶詰も味わって頂きました。


いわき産の杉で作った割り箸に日本人でありながら知らなかった言葉が添えられていました。

割り箸を「割る事」は、事をはじめるという意味を持ちます。
祝い事、神事・・・

私達の国では、大事な場面にいつも真新しい割り箸が用意されました。

純いわき産の杉原木を材料にしたこの割り箸を、福島より復興の願いも込めて送ります。

新しい事のはじまりに・・・・・

なんだか、私は励まされました。


Posted at 2014年11月03日 14時10分22秒  /  コメント( 0 )

京都女子学園祭!

行ってきましたよ〜今年お初で最後の学園祭です。
タマクラ枠で当選という名誉を背負って、浮き足立ってトコトコと。

名古屋から遥々お越しの玉友さんと京都駅で9時に待ち合わせ。
時間がないので、糺の森まで一っ跳び〜のロケ地見学。

雨上がりの森の空気が美味しかったです。朝一番にここら辺を馬で走って、ここで一服して、
午後からは木を組んだところで 「行かせてくれ〜」とすごんで。

などと現場検証をしていたら〜〜〜〜

なんてこった!玉座が壊れてぼろぼろになってるやんか〜
誰か悪がきが玉座の上で飛び跳ねたのか???玉跡がなくなってる〜。不吉な予感が。


七条から長い上り坂をハァハァ言いながら上がった先に京女はありました。
入り口にはおそらくエクセルで作った?手の込んだモザイクのポスターが張り出されていました。

入り口のファンクラブ枠のところに長い行列が。
「玉友さんから先着順だよ」 と聞かされて、えぇ〜そんな〜聞いてないよ。

その上に真ん前ではなかったのです。
なんてこった〜タマクラ枠なのに、なのに、なのに〜〜〜〜〜〜〜

前のエリアの通路を挟んで後ろなんですよ。奥さん! ショック!

最後の方に受付したから、ほぼ目視できる範囲。あぁ!玉木君が遠い〜〜

「一番真ん前で見てくるからね〜」とたくさんの方に触れ歩いたというのに〜
生徒さんに無理を言ってお休みさせてもらったのに〜ガックシ!

ま、仕方がないですね。学生さんのお祭りだもの。


いつものようにテーマソングにのって玉木君は後ろのドアから入場です。
縦横通路をサービス歩きです。

そりゃもう、歓声が凄いのなんのって。若い子は素直でいいですね。
かっこいい〜かっこいい〜のため息がそこかしこから。

まま、私達は見慣れていますので、さほど感動はなかったです(コツン!)

席が後ろだったことがショックのあまり何を話したか覚えてません。

司会の女子が「玉木さんおしゃれですね〜」の問いに、

学際は私物で、きのうの夜に選びました。と、

やおらまくり上げていた袖を真っすぐなおして黒いパーカーを脱いで、
下のセーターを見せてくれたのですが、、、ショック!

玉木君は34の数字が自分の歳と同じだからと言いながら後ろに向いて前を見せて。


そのセーターは、ワシとタカとトラとパンダが合わさったようなセーターでした(違う!)

20歳やそこらの学生さんに見てもらうんだから、
白シャツか白Tでいいのにと私は残念がりました。


まま、その鍛え上げられた肉体は惚れ惚れするものでした。
おそらく脇腹をつまんでも一かけらのぜい肉も付いてないであろう!と思いました。

さすがスターです。(遅い!)


日々やっている事はの問いに

「30歳ぐらいから運動をやっています。京都で撮影の時はここらあたりまで走ってきましたよ」

「出来るのを出来ないように見せるのは簡単ですが、出来ないのを出来るように見せるのは大変なので」と言ってました。

はるかちゃんが玉木さんの事をなんて呼んでますか?の問いに

代わりに言ってみて!と司会者の子にふって。

司会の子が 「玉ちん」 と言ったら 「お〜言っちゃったな〜」 とおやじ丸出しの目で喜んではりました。

以前は、はるかちゃんから「お玉ちん」と呼ばれていたそうですよ。自由でいいわ。

舞台挨拶の時に鴨川が見えるバーでお酒を飲んでいる時に
窓の下で鴨っプルがイチャイチャし出して、始まった〜とお酒を飲みながら見ていたそうですよ。


今日しみじみ感じた事は

王子さまからおじ様に変化しつつあるのは間違いない!それもまた良し! 以上です。



京都駅は秋の装い。  なんてこった!玉座がバラバラやんか〜  手の込んだポスターが嬉しい


Posted at 2014年11月03日 08時11分28秒  /  コメント( 2 )