大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2014-06 の記事

玉友さん!

「はっぴぃさん!血圧の薬飲んだ」 「うん!飲んだ」
「ブラウスにアイロン当てようか」 「うん!あてて」

私は今まで何でも自分で考えて、決めて、それを実行してきました。
プレッシャーやリスクを抱えながら。

でも、私も女です (女なのか?) そ、幾つになっても女は女ばい!
だれか助けてくれる人がいたら、どこかで甘えたい気持ちはいっぱいあります。

玉木事のイベントでは、毎回必ず同じ玉友さんと同室にしてもらいます。
気を使わなくていい!旅にはこれが一番大切です。

今回も私のわがままに付き合ってくれて、二人は風のようにハワイを吹き抜けました。

わ はっはは〜笑いながら、時にはしんみり語りながら、
私のこれからの人生目標も聞いて下さいました。

わざわざ 大丈夫?などいらん気を使わなくていい。
もうね〜これは運命としか言いようのない程気を使わなくて済むのです。

おかげ様で楽しい旅になりました。

その上にネロ〜♪の生まれ変わりのような心底やさしい玉木君の情けも頂けたのですから、
これ以上の旅はないでしょ。 注:ネロはフランダースのネロね。(蛇足!)


人間の決意表明は誰かに話してこそ、行動に移す事が出来ます。

頭の中で考えているだけでは実現出来ないのです。口に出しながら自分の考えを固めていくのです。
意見を求めなくても、意見を言ってもらわなくてもいいんです。ただ聞いてくれるだけで。


ありがと〜〜〜〜♪玉友さ〜〜〜ん!楽しかったよ〜 これに懲りずによろしくね〜



遠くから映してくれました。背中が丸まってますが、これが普段の私です。
何処が胸かお腹なのかわからんやんか〜 LL寸作ってくれ〜 手枕さ〜ん!


Posted at 2014年06月05日 17時06分08秒  /  コメント( 0 )

ライブ&ディナー編 ...

今回のハワイ行は違った自分になろう!
つまり、今までの私とがらりと変えて変身することを目標にしました。何からでも遊びます。

なので、自分の好みは捨てて、元モデルのなっちゃんに服を選んでもらう事にしたのです。

あらかじめお気に入りに入れておいて、その中からなっちゃんに選んでもらう。

「これどう?」 「この水玉が横に広がった事を想像してみ」 「そっか〜」

「これは?」 「お腹につっかえてブラウスが上がってくるで」 「そやな〜」

と、ハワイ行の2か月前から作戦を練りました。

なにせ、私には時間がたっぷりありますから、楽しい事は出来るだけ長くのポリシーのもとに。

そして、なっちゃんが 「ママの欠点をすべて隠した服を選んだで!今回は清楚で行こう」 
とライブ&ディナーに着て行く服を決めてくれました。

ライブでお逢いしたみなさま!欠点が隠れていたでしょうか?(丸出し!)

欠点隠した〜 欠点隠した〜 と喜び勇んで玉木君の元に出かけて行ったわけです。


ところがです!
実は、私はハワイの5日間髪をとかしていません。櫛を忘れて手櫛で過ごしました(またかよ!)

運悪く同室の玉友さんも櫛を忘れていました。

スーパーに何度も行ったのに 「家に帰ったらあるから」 と櫛を買わなかったのです。

あの玉木君が顎をのせてくれた2ショの時も髪の毛をとかしていませんでした。

息子が 「おかんこのトリートメントしたら天使の輪が出来るからハワイでやれや」 と
わざわざ持ってきてくれたのに、空港でもらったインデフィニ―を使いました。

つまり、私はすべての面においてじゃまくさがりです。

ライブの会場は海沿いの草の広場でした。向こうにはラビットアイランドが見えます。
後ろはヒーリングスポットで有名なココヘッドです。


会場でソフトドリンク券とハードドリンク券を二枚頂きました。

私はいち早く 「レッドワイン プリーズ」 と言って早速ゴクゴク!
飲み干したらどこからともなく又券が私の元に。

「レッドワイン プリーズ」 と又ゴクゴク。
バイキング形式で取った料理が塩辛くてワインに丁度合いました。

少しだけワインを頂いて(1本だろ!)ほろ酔い気分で玉木君の歌を聴かせてもらいました。

今回のライブはしっとりした曲が多くて、
前回のように会場に降りてウロウロしてくれませんでした。残念〜

席が遠くて玉木君の表情は見えなかったです。ま、私が抽選したのですが。

さぁ、緊張の握手会です。
化粧直しもせず、口のまわり油でギラギラ、髪の毛もバサバサだったと思います。

握手の瞬間に己の姿が脳裏をかすめ、まともに玉木君の顔が見えない。

下を向いてボソボソ言うのが精いっぱい。
なにせ、ほろ酔いですので挙動不審の私にMマネが 「おかあちゃんコラコラ」 とソフトに
なだめて下さいました。

あのコラコラで目が覚めました。
あのまんま、後1分あったら私は玉木君に抱きついていたでしょう! (酔っぱらい!)

おばちゃんに歳を忘れさせる程、あの日の玉木君は素敵すぎました。

2年間待ちに待った楽しい時間も終わりです。
帰りのバスに乗り込み、自分の犯した失敗を反省しつつホテルに帰りました。

バスをトントン!と軽快に降りる私を見て、玉友さんが 「はっぴぃさん酔ってない」 デへ!



最終日、お見送りのバスに玉木君が爽やかマックスで乗って来て、
玉木君はお一人お一人の顔を確認するようにハイタッチでお別れしてました。

「来てくれてありがとう!」 とあの目力でアイコンタクトをとっていました。

最後の最後まで、勘違いをさせてくれる子です。


今回のハワイの玉木君は、今まで見た中で一番キラキラしてました。

体もほどほどに張って、二の腕と顔の横幅が一緒でした。どんだけ顔小っちゃいねん!

スターになる要素120%でした。あれは努力をしてる!とかのレベルで計れないと思いました。

「ちょっとそこらへんにおれへんで」 by鶴瓶師匠。


さようなら〜 玉木く〜ん!又会う日まで〜 お達者で〜♪   以上です!


Posted at 2014年06月04日 14時57分43秒  /  コメント( 2 )

2ショット写真 付録!

2ショットの時に私が全体重をかけて、玉木君にアタックしたのはすでに書きましたが、
トーク内容は書いていませんでしたのでお知らせします。

実は玉木君とトークをしていないのです。

これは私の悪い癖で相手の話を聞かない、自分勝手に関係なく喋る。
と言うのも私は沈黙が嫌なのです。

だから自分からネタを振って自分で答えるという、いわゆる変態の変人です(知ってます!)

普段の一番悪いところが肝心の玉木君の前で出てしまいました。

それもこれも宏が私を惑わすからです。(濡れ衣!)


急に横に来たものですからあわあわしてしまって、頭の中がひっちゃかめっちゃかになったのです。

なにせ、300人以上の2ショットですので、早く喋らないと時間がありませんから。


「玉木君!あのマッターホルンの写真何処から撮ったん」

「あれはゴルナーグラ〜」

「みなまで言わんでいい!私は行ったんやから坂をトコトコで解る」 ひどいでしょ!

「坂をトコトコ下りてきて、ケルンを積んでるガレ場で撮ったん」

「そうです!」 「やっぱりな!そうと思った」

「ツアーで行ったから私だけ別行動をとって」

「ツアーで」 と、何か言いかけたのに、ここで私は森君を見つめて喋り出すのです。

「ハヨハヨ行かな集合時間に間に合わへんから3100mをだーーと駆け下りて、必死だったのよ」

森君が「大丈夫でしたか」 「ここだろうなと思ったけどマッターホルンが見えんかったの」と

最後は森君で〆ました。


だから玉木君が喋った言葉は 「あれはゴルナーグラ〜」 と 「そうです」と 「ツアーで」
の三言です。

又やっちまったよ〜 普段夫に喋っているのと同じように言葉をさえぎって相手に喋らさない。

はぁ〜深く深く反省してます。折角玉木君が一から説明してくれようとしたのに。
私はなんてことをしてしまったのか。この気の強い性格を恨むわ。

これも一つの照れの最上級と思います。多分?


この事を教訓にして、今度から相手の話をじっくり聞くことにします。(無理!)


Posted at 2014年06月03日 22時26分25秒  /  コメント( 4 )

ダックツアー付録!

続編希望のご要望に気をよくして続けます。


ダックツアーの時に途中から乗り込んできた玉木君が
バスに揺られながらQ&Aに答えてくれました。みんな玉木君の事なら何でも知りたいもん!

その時、オフステにも上がっていた袖の少ないフレンチ袖のTシャツです。

なにせ、走るバスの中ですので体を支えないとあぶない。

玉木君は天井の木のところを持ちながら答えるわけですよ。
それも右手で持って、左手に持ち替えて。もうお分かりとおもいますが。ブツブツ!

答えを聴かなくっちゃいけないのに、

気が散って 気が散って (おやじかッ!) 違います!おばはんです。


そして質問した方の目を見て答えてくれました。名前を呼んで全員の質問に答えてくれたのです。

それはそれは、じっと目を見て 「もうやめて〜」 と言うまで見つめられ続けるのです。
違った意味での拷問です。

あの目力で見つめられるんですよ。よくぞみなさん持ちこたえられたもんです。

倒れる寸前のかたが、数名おられたような?おられなかったような?
残念ながら私は棄権してしまったのですが。チ〜ン!

忙しい最中、一級船舶の免許を取った玉木君は凄いわ!ファンに報告したかったんやろね。
頑張っている自分を見てほしい。

どんなに頑張っても認めてくれる人がいないと、人は心もとないものです。
このRA★MGは玉木君の頑張りのお披露目でもあり、ファンから力を頂く場所でもあるわけです。

一人が好きで寂しがり屋の玉木君は、
みんなの声援が彼のやる気を起こさせ、又先に進めると思います。

ま、私が言っても説得力はないのですが。

この免許で日本まで船で帰れるそうです。それだけはやめてくれ〜〜 この体で全力で止める。



玉木君の成長が 私の成長?喜びです。 家族よ ごめん!さ、仕事します。


Posted at 2014年06月03日 11時41分57秒  /  コメント( 2 )

まだまだおさまらない!

短パン姿の息子が遊びに来ました。
細さはこんなもんだったけど、すね毛が違うわ。筋肉も足の長さもは全然ちがう!と

息子の足元をじっと見つめる母は変態でしょうか? (まぎれもなく!)

4歳の孫にこっそりパソコンでドアップ玉木の写真を見せました。
「○○ちゃん これ誰?」 「パパや〜♪」

ど、どこが!似てるのは歳だけやろ。心で叫びましたとも。

「これは、ばぁばのたまちひろちよ」

「あのな〜この前たまき君テレビに出てたで〜」 

な、な、なんと少しの間に言葉がはっきりしてるやんか。

もう、ばぁばのたまちひろち!とは言ってくれないのね! 孫の成長が寂しい今日この頃。

孫まで巻き込んで何してる?ですよ〜 楽しければ何でもいいんです。


もっとお願いします!のご要望にお応えしてハワイネタを続けます。デヘ!

ウェルカムランチの時に玉木君が、軽〜ぃエロ発言をした時に、
「みなさん書かないでね〜イメージってもんがあるからさ〜」 と。

その時玉木君が 「イメージはイメージ」 とMマネに反抗しました。
親子喧嘩を見ているようでした。

私は「玉木君の意見に賛成〜」と思わず叫びそうでした(言えるのか?)いや、言えませんけど。


千秋様、真面目、爽やか、礼儀正しい、ストイックなど等。
私達は玉木君の健康的なエロさは重々知っていますが、世間のイメージはしっかり根付いています。

でも、このイメージを打ち破ってこそ新たな境地が開けるような気がしないでもない。

玉木君は自分から発信する性格ではないし、
このエロバカで、ゆかいな宏を世間に知ってもらうには誰かに一肌脱いでもらうしかない。

一番適任者は、ウエ○ツ君ではなかろうか?と。

どうか宏の秘密をジャンジャンばらして欲しいと思うのであります。

それとも又ラジオをやって素のエロ玉を発信するのもありかな? (忙しい!)


等身大の玉木を発信すれば、若い男子も食いついてくれるような気がするのですが。

エロバカ宏 最高〜♪(却下!) 面白いと思うんだけどね〜 目がッショボショボ!もう寝ます。


Posted at 2014年06月02日 23時31分32秒  /  コメント( 2 )

興奮冷めやまず!

ハワイから帰ってきて早寝早起きの日々が続いております。夜10時半には眠たくって。

しつこくハワイネタですが、お許しください。

行きの飛行機で玉友さんが窓際を譲ってくれました。

私は電車に乗っても窓の外を眺め続けます。
本当は飛行機では窓を閉めないといけないのですが、こんな機会はめったにないので
キャビンアテンダントの目を盗んでは眺めていました。

漆黒の闇の中に星がいっぱい見えました。
飛行機は雲を突き抜け飛んでいるのですから、当然宇宙そのものが見えるわけです。

そりゃもう、綺麗のなんのってカシオペアと北斗七星がそこにあるんですよ。

周りにはキラッキラと無数の、まさしく無数の星が輝いていました。
こんな星空は宇宙の真ん中でしか見られないでしょうね。

地上から見てもカシオペアと北斗七星はくっきり見えますが、
宇宙の中でもものすごくものすご〜く大きい星です。

その周りに小さな、まさしく星屑のような名もない★たちがべったりという感じに見えるんです。

カメラにも映らない自然の雄大さにもう興奮しまくりました。


星の方が綺麗なのか生玉木が綺麗なのか?あのハワイでの玉木君を見たら心底悩むところです
                                    (お決まり!)

そんな宇宙の星にも引けをとらない玉木君と何日も逢えたのですから
私の目はこれ以上の保養はございませんでした。

今まで数えきれないほどの生玉木に逢っているのにいまだに慣れません。
目の前に現れた生玉木の 「破壊力」 といったら筆舌に尽くしがたい (おおげさ!)

こんな破壊力のある生玉木と一緒に行動しているスタッフを尊敬します。
目を合わせて照れるってことはないのでしょうか?今度Mマネに聞いてみます。


これはあれだな!どこかで自分の歳と自分の容姿が頭をかすめて

見られたくない!けど、見てほしい!複雑な女心がわざわいするんだ!(女心?)ほっとって!


Posted at 2014年06月02日 07時57分42秒  /  コメント( 3 )

マッターホルン熱 再び!

ハワイでの撮影会の生写真をパソコンの壁紙に一時的にしてみると、あくまで一時的です。
等身大の顔がこちらを見つめています。 ふふ!照れるわ〜 (バカ!)

目の下の三つ星ほくろも、目の上の傷もそして毛穴まで映っています。
福毛が映ってないか今調べています (暇なのか?)

よくやったぞ〜 私のキャノン!

こんな機会を与えて下さった手枕スタッフに感謝してもしきれません。
一生の思い出が出来ました。

これは夢だったんじゃないか?消えてなくならないかと、毎日何度ピクチャを開くことか。

本当は6Dのキャノンを買うか買うまいかと迷っていたのですが、買わなく良かった〜
慣れたカメラが一番。本当にいい仕事してくれました。

なにせ被写体がいいからブレもなく、くっきり15枚撮れました。

途中アップだけではあれと思ったので、
あの10秒の間に望遠から標準レンズを付け替えて引きの写真も撮りました。

今まで散々写真を撮って来たのは、この日の為だったのかとしみじみです。


ダックツアーのQ&Aで何の質問の答えかは覚えてはないのですが、

玉木君が 「ツェルマットから見えるマッターホルンをもう一度見に行きたい 
もう少し歳とったらゆっくり行きたい」 と言っていました。

よっしゃ〜 マッターホルンネタを振ってくれた!と私はうれしかったです (振ってません!)

なので、2ショット後のフリータイムでマッターホルンのお話に変更したのです。

2010年の7月に玉木君がバックパッカーで一人旅をした時に私は羨ましかったです。
私はマッターホルンに恋焦がれていたのですから。


マッターホルンと言っても空に突き刺すような姿だけではないのです。

富士山が新幹線から見える富士山と河口湖から見える富士山は同じ富士山でも印象が違うように。


ゴルナーグラード展望台から見えるマッターホルンは東壁が見えて北壁が少ししか見えません。

このマッターホルンも好きには変わりないのですが、私にはきつすぎて。

なので、
ツェルマットから見える東壁と北壁が等分に見えるマッターホルンが私は好きです。

ダックツアーで玉木君が、ツェルマットから見えるマッターホルンと言った時は
一人ほくそ笑んでいました。



                                画像はお借りしました。

ここをトコトコ降りてきて  この場所の近くから撮ったかな?  ツェルマットからこんな風に見える  


ヘルリン小屋からはこんな風に イタリア側からは南壁が見える 東壁と北壁のバランスがいい

ね!同じマッターホルンでも場所が違えば、印象が違うでしょ (マニアック!)

つまり、何が言いたいのかと申しますと、同じマッターホルンが好きだったよ〜〜〜 (単純!)


Posted at 2014年06月01日 19時34分19秒  /  コメント( 2 )

前へ |  1  2