大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2014-01 の記事

ささらほうさら!

リアルタイムで見た時は、私の気持ちが、ささらほうさらでのめり込めませんでした。
夫と二人で見ていたものですから、自分の顔がにやけていないか時々確認したりして。

「この役者 この頃よー出てるな」 ドキツ!

「役者は道がついたら出れるねん」 訳の分からない事を言う私 心がささらほうさら?

気持ちを落ち着けて、改めて一人で見直しましたら、今 私の目じりに涙が溜まっております。

「桜ほうさら」 心に沁みるいいドラマでした。後味のいい本当にいいドラマでした。

くしくも今年、生徒の皆様からいただいた年賀状に

「坦々とした毎日の中にしあわせは隠れています。それを捜す毎日にしてください」と
返信しました。

あぁ!私は笙之介さんと考えが一緒だった。
なんだか嬉しくって、嬉しくって (新年一発目のアホ〜)


今の生活に不足を言わず、まじめに生きる。それが出来てこそ前を向けるのです(出ました!)

人それぞれに立場が違えば常識も違う。それぞれの地位で野心も違う。

人を傷付けても、押しのけても歩きたい人もいるだろうし、
そうする事が自分の為だし、家族の為と思っていてもそれは仕方がないことです。
どんな生き方も間違いはないです。


あの偽の証文を代書した荒くれ者の押込殿が、
笙之介さまに出逢って自分の生きてきた道を考え直すきっかけを作った。

風間さんの心の変化の演技が、ほんとうに素晴らしかった。

純真で打算もけがれを知らない真っ直ぐな考え方の笙之介さまがまぶしかった!と。
和香さんの言葉のように、その心の変化をお見事に演じられていました。

風間さんの演技は、共演した玉木君への なによりのお年玉だね。
いい勉強させてもらったと思います。良かったね 玉木く〜ん!

大御所欽也さんの演技は言わずもがな。

もちろん私一押しの和香さんの演技も言わずもがな。

そして、そして我らの玉木君の自然な演技に成長を確信しました。

純真でひたむきな笙之介さまが、
リアル玉木君と重なっているようで、キャスティングして下さった方に感謝です。

自分は、笙之介さんとは程遠いみたいなことを言っていましたが、程近いです。
笙之介さんは、玉木君の人柄そのものですよ。


それぞれの役者さんの渾身の演技と、美しい八番掘の風景と相まって、
素敵なハーモニーを奏でるオーケストラの如く感じました。

八万掘を滑走する笙之介と兄上の足音と息づかい。

緊迫した場面でキラキラと川面の光が映っていましたが、
あれはフタッフが水の入ったバケツで川面を動かせて作っていたんですよ。

それを向こう岸からライトで照らしていました。
私はどんな風に映るのか楽しみにしていましが、綺麗に映っていましたね。

手桶に映った青空にポツン!とひとしずくの波紋。こんな細かな演出はさすがNHKです。


古き良き時代の人々の、貧しくとも幸せそうなお顔に、優しい気持ちを思い出させてくれました。


和香さんと笙之介の寄り添って歩く後ろ姿に、明るい未来が見えて、
満開の桜が二人を祝福しているようで、ほんとにいいラストシーンでした。


お正月にふさわしく 
        心を穏やかにやさしくさせて下さった役者さんたちに 乾杯〜♪




裏話!

実は、あの八番掘で兄上に追っかけられるシーンは、時間をかけて何度も何度も走っていました。
走る前に玉木君は石垣の上に足を載せてストレッチをしたりして。準備運動をしてました。

その時、袴の下から黒のレギンスがチラリ〜 (ド変態!)

さ、もう一回リピします。今度は綺麗なお顔の、細かいパーツまで見るとするかッ!お正月だ〜♪


Posted at 2014年01月03日 14時36分11秒  /  コメント( 9 )

新年のご挨拶!

新年 明けましておめでとうございます

みなさまには穏やかなお正月を迎えられたことと存じます。

毎年恒例の初日の出を撮りに行こうと思ったのですが、
寝ぼけまなこで東の空を眺めたら あいにくの曇り空。

こりゃ見れんわ!と再び布団にもぐりこんで、ぶちゃ(愛犬)と一緒に寝ちゃいました。

起きたら8時でした。あちゃ〜新年早々寝坊の幕開けになりました。

急いで郵便受けから年賀状をピックアッップ!
ササッ!と仕分けして今年も無事お宝年賀状を懐に隠してホッ!と一息。

ここ最近の玉年賀状は誰から来たのか解らないように
美しいお顔をベールに隠しているように思うのですが?

事務所も家族にバレないように気を使っていただいて 
ありがたいような、ありがたくないような? (新年一発目のゴツン!)

だって 新年だからこそあの穏やかなお顔を拝見して 

「今年も頑張って追っかけるぞ〜 ゼェゼェ!ハァハァ!」 と心を新たにしたいんだもの。

ウソですよ。玉木君のあの真面目な文字を見るだけで、頑張ろう〜と言う気持ちになれます。


そんなこんなで 

今年も玉木、玉木で明けました。

           みな様 今年もよろしくお願いします。はっぴぃ!




玉木君も食べたかなぁ?


Posted at 2014年01月01日 09時51分26秒  /  コメント( 2 )

前へ |  1  2