大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2013-05 の記事

神社仏閣に親しむ!

伊勢神宮でしょ、下賀茂神社、上賀茂神社ときて
今日は滋賀県の三井寺にお参りしました。(何ゆえ?)

だって、ジャンボ宝くじ買ったから (不純!)


京阪三条から乗り換えて浜大津までの電車が素敵なんです。
電車が普通の道路を走って信号では停車するんですよ。バスに乗ってるのかと頭の中が???

それに浜大津から三井寺まで乗り換えた電車が、パトカーの模様でした。
滋賀県警号ですって。遊び心があって素敵でしょ。


三井寺が又また素敵すぎて感動ものです。

道も石垣も森も、昔のそのまんまのみたいで。苔むして悠久の歴史を感じました。
整備はしているのでしょうが。

受付のお姉さんのお話の中で、家康とか秀吉とかの名前がポンポンと飛び出します。

まま、実在の人物には変わりないのですが、
ドラマとか映画とかで見ている分には架空の人物と錯覚してましたから。本当にいはったんだ!
改めて歴史にしみじみです。


仁王門1601年家康が寄進。  国宝金堂1599年秀吉の嫁が寄進。 るろうに剣心のロケ地  


三重塔これも家康が寄進。 れすとらん風月でゆばそばを食べた。 夕陽が心情表現してくれた。

帰りの電車の中から見た夕陽が、65年の人生で一番綺麗でした。
右も左も空全体が真っ赤でしたよ。明日は雨でしょうね。

通路側に座っていたのですが、隣の人の目の前に手を伸ばし思わずパチリ!(迷惑!)


いやぁ いい一日に感謝です。これで宝くじが当たったらもっと感謝します(もう 寝なはれ!)


Posted at 2013年05月31日 22時53分48秒  /  コメント( 0 )

作ってみた!

糺の森の新緑の木々をPCの待ち受けにして、しばし眺めては顔がにやける今日この頃です。

なんたって、一番最新の玉香りですもの。

握りこぶしを見つめて、ココに目をつけてここが鼻で、口は何処につけたらいいのでしょうか?
やっぱり 握りこぶしではおさまりませ〜〜ん!(暇?)

いや、暇ではないのですが忙しい間の癒しでございます。

そんなこんなで。

強欲な私はもうすでにカラッカラのバサッサパサ。
早く情報が解禁になって潤いを取り戻さないことには どーにもこーにも。

そんな時には仕事に没頭することで心を誤魔化しております。

今日はビーフカツサンドを作る事にしました(それ?)
そうです。私にとって一番興味のある仕事です。

糺の森で食べたビーフカツサンドのパッケージをそのまんま持って帰ってました。
神聖な神様がおられる場所に捨てるのもなんなんで。

そのパックにビーフカツサンドを詰めてみました。

問題のソースはケチャップ、ウスターソース、水各50ml砂糖大さじ1を
弱火で4〜5分に詰める。

外国牛肉?は塩コショウをして包丁の背で細かくたたきのばして下さい。
そうすることで筋切が出来て外国牛肉でも柔らかく美味しく頂けますよ。

ソースにジャボッ!と付けてパンにはさめば出来上がり〜♪ 4等分に切って下さい。

どうですか?作れそうでしょう!

それが、意外だったのがビーフサンドのパンは6枚切りでした。

最初サンドイッチは10枚切りと思って切ってもらいました。隙間が空きすぎる。
次に8枚切りにしてもらいました。これも隙間が空きすぎる。

そして6枚切り。パン屋のおねーさんには、さぞかしパン好きの家族と思われたことでしょう。


国産牛でなくても美味しい。   パックを持って帰って正解。  待ち受けにお使い下さい。

私の仕事は土、日、月、火は忙しくて身動きとれません。
しかし、水、木、金は夜のレッスンのみです。

誰かお願い!つぶやいて〜〜♪ 

            いつでもスタンバイOK!です 飛びます!飛びます!(ご苦労さん!)


Posted at 2013年05月29日 10時27分25秒  /  コメント( 4 )

ビーフカツサンド!

なんでも玉木君が志津屋のビーフカツサンドを買ったとか?

芸能人はおちおち買い物も出来ないな。まぁ、そのツイラーを見て喜んでいる私なんですが。

携帯電話を拾っていただいたお礼に下賀茂神社の社務所に志津屋のパンを持っていったのですが、

私も昼食にビーフカツサンド(450円)とカルネを糺の森の木陰で食べました。一緒だ〜〜♪

パンは少しトーストしてあって(鉄板で焼いたような?)甘めのソースがパンに沁みて

「フムフムこれは作れる」 とパンを見つめて思ってました。

マヨネーズを使ってなくて
トマトソースとウスターソースをブレンドして砂糖を加えて3時間煮込みました?
のような懐かしいお味でした。細く切ってありますので女性も食べやすい。

創業が私の生まれた年の1948年にはちょっと感動。
志津屋さんは 今年で65歳になります。一緒だ〜


実はそのまんま帰ろうかと思ったのですが、特急の停車駅の丹波橋で気が変わりました。

八幡市まで行こう!木津川に架かっている 「流れ橋」 がどんな橋なのか見たかったからね。

八幡市でレンタサイクルを借りて(またかよ)木津川を上流に向けて上って行きました。

観光協会の方が 「5.5キロありますが」 と言われましたが、
そんな距離は距離ではない! (出た!)

紫外線は半端なかったです。今も顔がヒリヒリしてますが。でも川沿いを走るのは気持ちいい。

ほう、これが噂の 「ながれ橋かよ」 と納得して帰ってきました。

河川敷に宇治茶の畑が延々とありましたが、
この河川敷は誰でも借りられるのか?などと思いながら走っていました。

河川敷の土は長年の堆肥がたまって栄養豊富な土だから、畑にはもってこいなんですよ。


そういえば、中学生の頃 田舎の吉野川に架かっている 「こんにやく橋」 が見たくて
自転車で行ったことを思い出しました。


あちゃ〜 私の精神は中学生の頃から成長なし チャンチャン!


人間と自転車だけが通れる生活橋です。増水で流されても橋板がワイヤーでつながれているから
手繰り寄せて修復出来るそうです。


Posted at 2013年05月25日 01時06分37秒  /  コメント( 4 )

きりきり舞い!

昨日の興奮?から一夜明け本日も京都に行って参りました。
どんだけ〜と言う感はありますが、今日は下賀茂神社に携帯電話を引き取りにです。

昨日は通行止めになっていたやぶさめの馬場道を大きく深呼吸をしながら
スーッ!と残り香を吸い込みました。心なしか煙草の香りがしたような (んなわけない!)

新緑のトンネルの中を真っ直ぐ歩くのは気持ちい〜〜〜〜ぃ!

一歩一歩踏みしめて、周りを見渡して
あんなことやこんなことを思い出しながら本殿に向かいました (罰当たり!)

社務所の方のお礼にと手土産を物色していましたら、

なんといつもの出町柳のレンタサイクル屋近くに「Sizuya」を発見。

おぉ こんな近くにあったんだ。

早速アンパンにクリームパン、カルネにカツサンドなど見繕って社務所にお礼に行きました。

「ご確認の為に待ち受けは?」 と聞かれましたが、私の待ち受けは富士山の写真です。
ノーマルで良かった〜 としみじみです。


彼もこの景色見たかな?     流鏑馬のお馬が走る道。     この道が表参道ですよ。


携帯電話も戻って一安心〜♪

履歴を見たら 「自宅」 のみ。ホッ!としたようなしないような複雑な心境です(お疲れ!)     


Posted at 2013年05月24日 16時59分02秒  /  コメント( 0 )

糺の森 再び!

前回、下賀茂神社の 糺(ただす) の文字に惹かれて行きました。
その時一眼レフでいっぱい写真を撮ったのですが。

御手洗池から流れてくる小川でしょ、平安時代から植わっているかも知れない?ご神木。

糺の森の木洩れ日。流鏑馬 (やぶさめ) の馬場の両端に植えられた目にも鮮やかな新緑。
などなど いっぱい写真を撮ったのですが

私のこのブログは、綺麗に撮れた写真はアップできないようになっている?
綺麗に撮れたのは容量が大きくなるのかしれませんがアップできないのです。

だから 本当はもっと上手なんですよ〜 と言い訳をしてみる。

そこで今日は容量が少ないデジカメで撮ってみるべく行ってきました。(ほんまでっか?)

ほんまですよ。純粋に御手洗池からの小川を取りたかったのです。きっぱり!

顔がこぶし大のサイズかどうか確認に行ったわけではございません。

まぁ、犬も歩けば棒に当たったということです (なんのこっちゃ?)

生きていれば いい事が向こうからやってくる。祖母の遺言どす!


私の胃にはこの料理は前菜です。ネ!御手洗池からの湧水がキラキラ〜 美人水と言われる花梨水 

やっぱり綺麗に撮れない。ショック!

ウキャウキャ!と浮かれていたら携帯電話を紛失しました。
帰りの電車の中で落ち込みましたよ。

何処で失くしたんやろ? 自転車で走っている時に落としたんやろか?
ロッテリアの化粧室に置き忘れたのか? あれやこれやと悩みまくり。

まぁ、いつかはやると思ってました。
携帯がないと どーにもこーにも仕事に支障をきたします。

ダメもとで自分の携帯に電話をしたら、
な、な。なんと下賀茂神社の宮司さんが電話に出てくださいました。
社務所に届いているそうです。ありがたかったです。もう諦めていましたのに。


てな訳で、明日も又、朝早くから下賀茂神社に出勤します。

         柳の下にドジョウが二匹〜♪ いるかな? (心をただし(糺)なはれ〜)


Posted at 2013年05月24日 00時58分59秒  /  コメント( 2 )

真夏日にくったくた!

パスポートを受け取りに電車で30分の大阪城近くの府庁まで出かけました。
印紙を買おうとバックをごそごそ あっちゃ〜財布が入ってません。なんてこった!

ポケットの中に入ってた小銭で切符を買ったのが間違いでした。
又、電車に乗ってしぶしぶ家まで取に帰りました。同じ道を二度通るのはきつかったです。

府庁のある天満橋から京都三条までは特急で46分。
予定では、パスポートを取ったらその足で三条まで行ってレンタサイクルで嵐山までひとっ跳び。

そして、嵐山から南へ下ったところにある鈴虫寺へ行って
鈴虫の声を聞きながら和尚さんの説法を聞きに行く予定だったのです。

この歳になると誰も何も言ってくれませんので誰かに説教をしてほしかった。

仕方がないので、すぐ近くの大阪城まで行くことにしました。
例のプリンセスたこやき屋?がどーなったのかも見たかったし、真っ直ぐ帰ればいいものを。

テクテクテクテク 真夏日に大阪城を一周しました。くたびれた〜


大阪城は豊臣秀吉が建てた!と歴史では習ったような?

実は 秀吉が1583年から10数年かけて築いた大阪城ですが、
大坂冬の陣、夏の陣 (1615年) で城は焼失。

その後徳川幕府が西国、北陸の初大名64家に命じ1620年から10年かけて大阪城を再築。

その際 秀吉が築いた石垣も庭もすべて取り壊し10メートルの盛り土をして、
まっさらな状態の上に今の大阪城が建ったそうです。

大きな石は瀬戸内海から兵庫県の御影石も船に乗ってやってきたそうです。
徳川幕府に気に入られようと諸大名はみんな頑張ったのです。

今、私達が見る大阪城の石垣や建物、堀までも徳川幕府が建てたのです。
太閤さんじゃなかったのか。青天のへきれきです。

まぁ、建てたのは大工さんやたくさんの民だったのですが。


400年間地震にも耐え持ちこたえた石垣の積み方を 算木積み (さんきづみ) といって
長い石と短い石を交互に積み重ねて強度を増したそうです。 byボランティアのおじさん談

石と石の間は接着剤を使わずにそのまんまだそうですよ。

帰りに大阪城ホールが建っている現代建築の石垣を見たらコンクリートが埋められていました。

過去に阪神大震災より大きな地震があったそうですが、石垣は400年間 無傷。
まったく すごいわ〜 


大手門の隅櫓は当時の建物。 大名はこぞって大きい石を集めたそうな これが算木積みです。 


兵どもが夢の後 悲しい!     庭園に咲いたけな気な雑草。     大阪城は日本の宝  



伊賀上野城の次は姫路城 だったらその次は大阪城にしてよ〜〜 (予定なし!)


Posted at 2013年05月22日 21時37分15秒  /  コメント( 0 )

生存確認がうれしい!

昨日のツイラーの大さわぎから一夜明け
今日も姫路でロケをしているんじゃないかと朝からソワソワ!

それにしても
庭園の撮影であればなにも姫路まで行かなくても彦根城の庭園でもでも良かったんじゃ!と
恨みつらみの今日この頃です。(何故?)

いけない事とは知りつつ、指の隙間からきっちりお姿を拝ませていただきました。

足元の福助のべっちんの足袋に包まれた(おばんかッ!)おみ足がさぞかし蒸れ蒸れなのでは。

あの後 速攻脱ぎ捨てたのは容易に想像がつきました。

それにしても学生諸君が微笑ましい。
誰もかれもが、やばいやばい! の呟きに浮世を忘れさせていただきました。

端的で的を得てる 「やばい!」 は最高の褒め言葉です。

彼の顔が握りこぶし位だった!には思わず自分の握りこぶしを見つめ、
「んなわけない!3歳の孫でも、もちょっと大きい」 とひとり突っ込んでおりました。

いやぁ、不謹慎ですが楽しかった〜〜〜 ありがとう若者たち!

玉木君の対応も好感度アップのようですので、これでファンクラブ平均年齢が下がる事請け合い。


これまで忍耐に忍耐を重ねてきましたので生存確認が、やばい程うれしかったです。

      元気そうで良かった〜〜♪ (シーーッ!) 言っちゃいけなかったかしら?


Posted at 2013年05月18日 21時12分08秒  /  コメント( 4 )

お城めぐり!

これが疲労というものなのか?

よほどの事がないかぎりくたびれた!とは口に出せない性格の私が、
昨夜は仕事が終わった後10時に就寝。(子供かッ) 久しぶりにくたびれた〜〜〜

なにせ、電車では寝ない事をポリシーにしていますのに帰りの電車で爆睡。

ハッ!と気づいて隣の方に 「ここどこですか?」 「大阪駅です」 
ビックリして飛び降りましたよ。乗り過ごさなくてよかった。

そんなこんなで。

昨日は彦根城まで行ってきました (何故?) ひこにゃんに会いにね (ウソつけ!)

巷で噂のユルキャラひこにゃんがどんな子か確かめたくてですよ。

彦根城は江戸時代に井伊直弼のご先祖さまが築いた歴史あるお城です。
大阪城程は大きくないですけど、黒を基調としてて堂々とした威厳を感じました。

お城へ続く石階段が昔のまんまのようでゴツゴツして登りにくかったです。
でも、又それが歴史を感じられて私は満足しましたよ。

今回はあまり写真を撮ってません。なにせ一眼レフは重いから持っていきませんでした。
写真を撮るのが目的じゃなかったから (だから何故?)

まぁ、深くは追及しないで〜〜


取り壊しを免れて歴史が残った。    後ろ姿も威風堂々。   石垣の下に咲く可憐な花!

このモヤッ!としているのは心霊写真なのでしょうか?(単なる汚れ!)


あぁ〜 疲労感は精神から生じるものだと しみじみ感じた今日この頃です。

  玉木く〜〜ん!どこにいるの〜〜 今日は何食べるの〜〜 (気をたしかに!) はい!


Posted at 2013年05月17日 12時26分50秒  /  コメント( 0 )

葵祭〜♪

なんだか一気に夏がやってきたようです。

月曜日に上賀茂神社に行って、
そして今日も京都三大祭りの葵祭に行ってきました(通勤かっ!)もちろんレンタサイクルでね。

なにせ、家を出てから1時間で京阪電車終点の出町柳に行けますので。

その上になんたって我らの玉木君が
京都に居るのか?居ないのか?ひょっとして居るかもしれないし、居てほしい。

この時期を逃したら今度いつ同じ空気が吸えるかわからへんし〜

ということで、
同じ空気を吸いながら平安時代の雅を感じたくて、人生初の葵祭に行ったという次第です。

行列は朝10時30分に御所を出立。
下賀茂神社で儀式を執り行って賀茂川堤を午後3時ごろ通過。

賀茂川堤に狙いを定めて行ってきました。料理教室の準備をしてから出かけても間に合いますので。

少し早くつきましたから、もちろんお決まりのデミ詣でを。

そして天然炭酸水のペットボトルに天然水を汲みにいつもの梨の木神社へ。

織田信長公のお墓のある寺町通り阿弥陀寺にも行ってきました。
私は信長のイエスノーがはっきりしたぶれない性格が大好きです。


Lサイズチーズのせ卵サービス。  固い発砲水を私は一日3本飲む。 隣で蘭丸が寄り添ってる。  

ちなみにデミのマスターは信長ヲタク 何でも知ってますよ。

今を盛りのお方と、無念にもこの世を去ったお方の違いはあれど、
ヲタクの心はヲタクにしかわからないから、話がはずみました。


出立してから4時間30分お疲れさま!   馬もお疲れ様!      平安時代の藁ぞうり。


何を入れてるのかしら!     三種のなんちゃら入れかな?    この日の為にカットしたの?  


脳内義朝殿に変換してください。    色とりどりの日よけ傘。   まさしく平安美人です。


本当にこんなにも雅で、そして不自由な時代があったのですね。
改めて昔の方のご苦労が忍ばれます。

明日も夜のレッスンのみです。昼間は暇です さて、どこに行こう! (おばけ〜)
 


Posted at 2013年05月15日 23時18分48秒  /  コメント( 2 )

今日も京都へ!

「又、来たん?」 「そ 私は自由人やから」

なじみになったレンタサイクル屋の兄ちゃんと他愛無い会話も又楽し。

朝も早よからはパスポートの更新に行ってきました。
若く映ろうと一生懸命よそゆきの顔を作ったのですが、はぁ!歳は隠せなかった。

証明写真はなんで綺麗に撮れないんだろう?
玉木君の免許証写真も犯人みたいな顔をしているのか?(作りが違う!)


その流れで京都までひとっ跳び〜 今日の京都は30度。

炎天下の中を自転車漕ぎこぎあっちへウロウロこっちにヘロヘロ〜
くたびれましたが、なんだか心地いい疲労感でいっぱいです。

今日は上賀茂神社経由カキツバタで有名な太田神社まで行ってきました。
京阪電車出町柳を出発して川沿いをひたすら北へ上ります。

アレ?行けども行けども上賀茂神社に着きません。

バス待ちの方にお聞きしましたら、なんと道を大幅に間違ったようです。

上賀茂神社は賀茂川沿い。なのに私は高野川沿いに北へ北へ。
三角形の二辺を走った事になります。

まぁ、道を間違っても時間がかかっても玉木君と同じ空気を吸っていると思うと、

                           それも又楽し〜♪ (ドあほ〜)



行楽日和でしょ!        こんな雑草が大好き。   それぞれがそれぞれの楽しみを。


上賀茂神社の桐の大木です。   1000年も前から脈々と。   なんだか可愛いおみくじ?


大田神社のカキツバタ!神社の前が魯山人の生家。びっくりです。


塩白湯麺♪ 大将は北京の方なので俳優の名前を知らない。残念〜♪

初めての道を走るのはウキウキします。帰りは違った道を帰るのが私のポリシ〜♪
一回で二度楽しいでしょ。

そんなこんなで

午後7時に家に帰り家族の食事の支度と洗濯して、そしてこうしてブログを書いとります。


やる気は行動することでしか起きないものだ!としみじみ感じた今日この頃。


はぁ〜 それにしても写真は難しい。綺麗に撮れない スランプだ。

            玉木く〜ん!お願い 手取り足取り教えてくれ〜 (この世では無理!)


Posted at 2013年05月13日 23時22分14秒  /  コメント( 2 )

 1  2  | 次へ