大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2012-07 の記事

明日はアレックスに会...

1964年の東京オリンピックの時、私は高校一年生でした。

日本の選手が出る日は学校はお休みでして、家でテレビを見て結果を提出するのが宿題。
なんとまぁ、のん気な平和な時代でした。

高校の時は卓球部に入っていましたので、いまだに卓球に興味があります。
福原愛ちゃんのスピード感に目が回りそうになりますが。

その上に最近は水泳をやっていますので、寺川綾さんの背泳を見て勉強しています。
勉強と言うにはおこがましいですが、これもスピードに目が付いていけてません。

寺川綾さんの 「あきらめずに頑張っていたら」 のインタビューは、
本当に頑張った人だけが言える言葉です。

毎日なんとなく仕事をこなしている身には、耳が痛くて反省することしきりです。

頑張っている人はそれだけで周りに力や勇気を与えてくれます。

玉木君もしかりです。

さぁ、大阪イベントまであと少し、頑張っている玉木君から力をもらいたいです。

目を見て手に触れて、のぶたパワー 注入〜 青春アミ〜ゴ〜♪ 修二と彰

義朝玉に会えなくなって壊れております。


玉木く〜〜ん! ダレてる私に力をおくれ〜〜〜〜♪ (大河ドラマは?)

                             う〜〜〜ん! 夏バテです。


Posted at 2012年07月31日 23時08分30秒  /  コメント( 0 )

家族貸します!

玉木君に対する一般の方のツイラーが面白くって、ツイツイ覗いてしまいます。

安定のイケメン (まぎれもなく!)、

声の深み最高だよなー (すばらしい表現ありがとう!)

前より色気がすごい気がする (ほぅ!)

ひょろりとした男優だと思っていた玉木宏がこんなに男臭く見えるとは (66キロ 32歳です!)

玉木宏のかっこよさで地球がやばい (ま、意味は通ずるような?)

いやぁ、若い人の表現は面白いですね〜♪

義朝殿にはまり込んでしまった身としては、現代劇は物足りないかなと思ったのですが、
まぁ、これはこれでアリかな?

玉木君の変わり身の早さに、ついていけてないような? そんな気がした今日この頃です。

最近のアレックスばりのライオンヘアーに、私はちょっとやられております。
いろんな姿をお見せしたいからとハワイで言っていましたが、
今までで一番好きなスタイルです。

ファンイベントにはこのおぐしで登場してくれるのでしょうか?

それとも渡部さん 「同じヘアーメイクでは俺のプライドが許さん!」 と
違うスタイルで攻めてくるのでしょうか?

3回ライオンヘアーでもプライドは崩れませんので、渡部さんお願いします。(聞こえません!)

「家族貸します。ファミリーコンプレックス」 核家族の現代では、あり得そなテーマでした。

娘と嫁はレンタル出来ても、戸崎が心の隅で詫びている息子はレンタルできなかったんだ。
男性は往々にして口下手だから、気持ちのすれ違いはあるでしょうね。

愛していても言葉で言わないと通じない。なんとももどかしい限りでした。

病床の戸崎に息子の言葉をぶつけるシーンでは、

冷静な山室社長が仕事を忘れたかのように、思いのたけをぶちまけていましたが、
感情を吐き出したことで、山室社長も父親との軋轢を解決出来たんですね。

軽いレンタル家族では、メッセージ性が薄いと思っていましたが、
このシーンがすべてだったように思いました。


山室社長の歩きながらのセリフが多かったように思いますが、
それもドラマがテンポ良く感じた一つでしょうか? いっつも歩いていたような。

う〜ん! 二時間ドラマでは不完全燃焼気味です。
山室社長の人生をじっくり覗いてみたいような気がしました。



それにしても、アラフォーを遥かに過ぎてると思われる面接官の離婚した旦那さんが、

    やばい程の山室社長では絶対不自然すぎる〜〜。どんだけ、あねさんなんでしょうか?



パパと信じた娘さんの今後が、可哀そ過ぎます。 (おおきなお世話!)


Posted at 2012年07月28日 16時48分32秒  /  コメント( 0 )

ふぅ 脱力!

「おもしろうないんか?」 だんな様がいいます。あちゃぁ〜 バレました。

「まぁ、中休みやな 源平合戦になったら又面白うなるやろ!」 
と、必死で言い訳しましたが。

先週までの、身をのりだした見方と違っていたのでしょう。

わかってはいたのですが、クレジットに玉木宏の文字がない。ふぅ〜。

義朝殿の出ないドラマは、なんともむなしくって、見ている私は覇気がない。

先週までの手に汗握る展開は一体何だったのでしょうか。
清盛もすっかり義朝殿を忘れてるし〜〜。ちょっとは忍んでくれたらいいのに。薄情なんだから。

清盛のHPも見る機会がグンと減ったし、「おもしろうないのぅ!」 と呟いてみる。

まぁ、玉木義朝殿の鬼気迫る演技を見せられ続けたのですから、
すべてが霞んでしまうのも、仕方がないことでございます。

 この気持ちの沈み方は、一体何なのでしょうか?

だんな様の手前、演技で見続けるのは辛いものがあります。
「録画しといたから」 と言ってくれるのですが、金輪際見返すことはないと思います。

人生で一番楽しいと思われる生玉木君に会った後よりも、寂しさが半端ないです。ふぅ!

ドラマはまだ続いているからでしょうか? 早く終わってくれないかな! (コラッ!)



6日のサプライズなお知らせでも妄想しながら、寂しさを紛らわせます。チ〜ン!

   お願い! 連ドラよ 来い! おばちゃんに元気をおくれ〜〜〜♪ (うん、うん!)


Posted at 2012年07月23日 00時42分38秒  /  コメント( 2 )

みかん色〜♪

頼朝 (よりとも) の 「より」 は頼む! のよりなんだ。

義朝父上は 「後の事は頼むぞ!」 と長男頼朝に産まれついた時から無意識に託したのか?

さすが 「名は体を表す!」 昔の人はいい事を言います?

偶然ではなく、必然的に時は流れていく。としみじみ感じた今日この頃です。

会報が届きましたが、目が釘付けになったのが、ハワイでのオフショットのカリブ浮かび?です。
決して鍛えられた胸筋に目がいったわけではございません。 (あやしい!)

ほぅ、玉木君もハワイで 「カリブ浮かび〜♪」 をしてたんだぁ!となんだか嬉しかったです。
私とおんなじだ! と少しの事で喜ぶ私は乙女?

ハナウマベイでは監視員のお兄ちゃんが望遠鏡で監視していましたので、目線を感じながら、
頭のすみでは、おばちゃんが溺れてる!と思われてないか心配してました。

大の字になって脱力して目を閉じて浮かんでいたら、波が岸まで運んでくれます。
又沖まで行ってプッカプッカ〜♪ 繰り返してました。

気持ち良かったですよ。是非おすすめです。


そんなこんなで。

娘のようななっちゃんに6日のイベントに持っていく 「みかん色〜♪」 の件を相談しました。

「みかん色のおパンツかおブラにしようかな?」 と言ったら猛然と反対されました。

「アカン!絶対にアカン!そんなん、ふったら玉木君が歌えんやろ」

「そうかな?玉木君おブラが好きやで!」 「ポンジュースにしたら」 「いやや、ベタすぎる」

やっぱし、おパンツはダメなんかなぁ!面白いと思ったのに。
ハンカチを振っているように思わへんかな?

う〜〜ん!困りました。振り出しに戻りました。なんにしよかな?と、只今考え中〜♪


と、悩んでいたら手枕からお知らせが。みかん色のものを用意してくれるそうですが。


それでいいのか、悪いのか。玉木くん驚いてくれるのかな? どーなんだろう?

う〜ん!やっぱりみかん色〜♪ のおパンツを持っていく事にしよう! (悩みはないのか?)


Posted at 2012年07月20日 23時26分08秒  /  コメント( 0 )

まだまだ続く 義朝殿〜♪

あの子はいつから哲学者になったのだろう。哲学的なやさしい言葉に泣かされました。

誰も気に留めない。私も言わない自分が生まれた日。

なのに、玉木君からきっちり誕生日におめでとうカードが届きました。 (手枕です!)

私からも 「つながりにありがとう!」 とお礼が言いたいです。




そんなこんなで。お芝居なんだからと頭では解っているのですが、

演技とは言え、玉木君があれほどまでに全身全霊で演じた義朝殿に感情移入をしてしまって、
どうにもこうにも。


鴨川での一騎打ちの後、清盛は六波羅の屋敷に帰れば、時子が迎えてくれて、
あったかいお茶など飲んだだろうに。

一方負け武将の義朝殿は、手勢数騎と東海道を下ったそうな。史実にはそう書いていました。

道路も発達していなかった平安時代です。どこをどんな風に下って行ったのだろうと
胸が痛いです。痛いのは私なんだ!と重々知っていますからご安心を。


おそらく、鴨川から山科に向けて馬を走らせたのではないかと思います。

追手が来るのを解っていますので。山科から山越えをして大津に入り、
石山を経て、琵琶湖の下の瀬田の唐橋を渡り栗東を過ぎ、

そして、清盛と取っ組み合いの喧嘩をした例の 「野洲川」 沿いにパッカパッカ!

水口を過ぎ、そして最難関の 「鈴鹿峠」 を越えて関宿に入ったのでは? (暇?)

いや、暇ではないのですが、元来のフーテン魂が興味をそそるのです。

関宿からは、昨年末の自転車旅行と同じ道です。

考えれば、私は850年あまりの時を経て、義朝殿と同じ道を走ったのです。 凄いぞ自分!

亀山を鈴鹿川沿いに四日市まで。

そして富田を過ぎ例の私だけが怖い川 「長良揖斐川と木曽川」 を渡し船で渡ったのだろうか?

それとも、四日市から伊勢湾を船で知多半島まで渡ったのか?

その頃、宋の国の海賊船みたいなのが日本にあったとも思えないし。

陸地を行ったのなら、伊勢湾沿いに東海道を下り熱田神宮の方へ行ったのか?

それなら由良様のご実家でかくまってもらえたろうに。
賊に身を落としたプライドの高い義朝殿なので、迷惑がかかればと思い立寄れなかったのか?

正清が長田を頼って行こう!と義朝に言ったのか?
それとも心に痛手を負った義朝殿は考える気力もなく、正清が良かれと思って殿をお連れしたのか?


あぁ 何はともあれ、野間に着いた時は、「はだし」 だったそうな (涙!)

どんなにか苦しくて、つらくて、くやしい旅だったろう! に。

だ・か・ら、

私は村人が突いていた餅になる前のおこわを、お腹いっぱい食べる義朝殿が見たかったのです。

歴史は変えられないのですが、あの時、熱田神宮に助けを求めてほしかった。



重ね重ね、腹が立つ。長田め〜〜〜。 頼朝〜〜〜〜 後は頼んだ! (まだ、続きますか?)


Posted at 2012年07月19日 12時44分53秒  /  コメント( 8 )

義朝殿に会いたい!

ご近所のおじいちゃんが孫を抱っこして 「浪曲子守歌」 を歌っていました。

に〜ぃげたぁ にょう〜ぼにや 未練はない〜が♪ おちち〜欲しがるこ〜の子が〜♪
あの赤ちゃんは寝たのでしょうか?

そんなこんなで。

もう、義朝殿の最期から数日経ったというのに、いまだに思い出しては心が痛く、ままなりません。
もう金輪際、義朝さまの勇姿は拝めないのでしょうか?

回想シーンとか未公開シーンなどを挟んでくれたら、また生きる希望が湧いてくるというもんです。

1月の始まりの頃には期待と不安が入り混じっていましたが、
その不安もお見事に蹴散らしてくれるほどの武者っぷりでした。

世間の皆様はじめ関係者の皆様も後にも先にも 「義朝=玉木宏」 と刷り込まれたのでは
と、内心ほくそ笑んでおります。

でも、平清盛HPを見ても何処にも義朝殿のお姿はございません。とっても寂しいです。

ポスター右上の ○ の中にお写真をのせてくれたらいいのに。 (病欠かッ!)

「大河ドラマって、こんな寂しさがあるんだなぁって実感しますね」 by 清盛と同意見!

まだ大河ドラマは続いているのに、来週からはどんな気持ちで見ればいいのでしょうか〜。

つらつらと振り返るに。義朝殿の最期が正清と一緒の自害で良かった〜。としみじみ思います。

頭の上にアンテナ10本程立てているかのごとく神経をとがらせて、
周りを警戒していた義朝さまが、風呂をすすめられて 「かたじけない!」 と入るわけないです。

風呂なんか何日入らなくっても死なないんだから。

それより、息絶えだえでたどり着いた野間村で、
農民の突いていた餅を空腹のあまり手掴みで食べたシーンを入れてほしかった。

せめて、死ぬ前にお腹いっぱい食べたところを見届けたかった。

村人は義朝を襲わないでしょう。
心許して、つかの間のひと時を過ごさせてあげたかった。


頼朝、義経〜〜。父上の無念を晴らしてくれ〜〜。長田をいてまえ〜。(注:やっつけろの意)


そうだ!名古屋ライブにいけないんだから、義経の修行した 「鞍馬寺」 に行ってこよう。
今思いつきました。

京阪電車 出町柳から叡山電鉄に乗り換えて終点が鞍馬寺ですよ。まるっぽ 山ん中〜♪

鞍馬温泉もあるんです。
北山杉の山を見ながら露天風呂〜♪ お風呂から出たら地酒の冷酒がキンキンに冷えています。


今年は毎年行っている瀬戸内海の小島には行けないから。


これに決めました。これに決まりだ〜〜〜〜〜♪ (おしあわせに!)


Posted at 2012年07月18日 10時11分05秒  /  コメント( 4 )

清盛28回 友の子 ...

義朝と共に夢見た武士の世を、清盛は息子の頼朝に見てもらいたかったのか?

武士の頂点に立つ自分の姿を、誰でもなく本当は義朝に一番見てもらいたかった。

清盛の頼朝への温情あるはからいは、今は亡き友への温情のようにも思いました。

「義朝の存在なくして 清盛はなかった」 
清盛の心の中にはこれからも友の存在が心の糧になり、生き続ける。私はそう、思いたいです。

赤子の牛若に自分を重ね合わせ、常盤に母舞子を重ね合わせ。「母なら子の為に生きろ!」
ここにきて、清盛の人となりがよく表れていました。

どこまでも父上を尊敬し、 「父上の元へ行かせてくだされ」 と訴える頼朝を殴りながら、
義朝に重ね合わせ、心の内を語る演出には、涙が首すじまで流れました。

志半ばで死に急いだ、友への怒りの裏返しの愛に泣かされました。
義朝を思い清盛の流した涙に頼朝は救われたことでしょう。ほんと、いい場面でした。


己の力を信じる清盛には、友の子、友の妻を助けることが
後の世に平家に刃を向けるとは、ゆめゆめ思わなかったでしょう。

義朝殿が最期に 「足のかけ方 次につかむ枝の選び方を間違った」と 言っていましたが、
私はそうは思いません。

正々堂々と清盛が京に入るまで待ってから、迎えうったじゃないですか。
卑怯な姑息な手は使わなかったでしょ。

あの時、卑怯な手で勝っていたら、後に頼朝は征夷大将軍にはならなかった。

誇り高き源氏の棟梁としての生き様、武士の死にざまを、息子頼朝はちゃんと見ていたからこそ、
義朝父上の意思を継いで、父上の果たせなかった武士の世を作ったじゃないですか。

平家の衰退は、清盛亡き後二代目が育たなかった。

滅びたかに見えた源氏の繁栄は、源義朝亡き後、父上の背中を見て、
志を継いだ頼朝、義経が立派にちゃんと盛り返したじゃないですか〜。 (誰に言ってる?)


だから、 「足のかけ方、次につかむ枝の選び方」 は

                        絶対に間違ってはなかったよ。 義朝殿。



一般の方の、義朝玉木の演技を称賛する声を聞くのは、何よりも嬉しいです。


毎回、今日の出演時間は何分だとか、清盛のライバルにしては描き方があんまりだ!とか
散々愚痴ってまいりましたが、、、

いやぁ、義朝さまの存在感は絶大でした。 「勝」 のお守りが彼を支えて下さったのでしょうか?


800年の時を経て、義朝殿がそのまんまのりうつった様な、

魂のこもった武将でした。 充分堪能させてもらいましたよ!




玉木く〜〜ん! ありがと〜〜〜〜♪ そしてお疲れ様でした。

私も義朝殿亡き後、傷心の清盛を支えて最後まで見させていただきますよ。 (誰に言ってる?)


Posted at 2012年07月16日 11時43分58秒  /  コメント( 4 )

まだまだ 頑張る!

今日は12年頑張ってくれたガスコンロを入れ替えました。

このコンロのお蔭で私の生活は成り立ってきました。
感謝の気持ちを込めて綺麗にお掃除をしました。

磨きながら12年前の事を思い出していました。

あの頃は、海のものとも山のものとも分からないのに、なぜかゆるぎない自信に溢れていました。

それまでに私は飲食店を三軒開店させました。
その経験があったから、未知の料理教室を開けたんだと思います。

ほんと、今となってはよーやったなぁ!と自分で自分を褒めてやりたいです。

新しい事をする時は緊張します。電車を待っている時も熊のようにウロウロしました。

じっとしてられないのです。何をしてても、頭の中は開店の準備の事でいっぱいでした。

しかしです。成功するとかリスクがあるとかが頭をよぎる事はまったくなかったです。
「時代がこれを求めている。」 とそんな根拠のない自信であふれていました。

走り出したら止まることは出来ません。前に進むのみです。

何が私を動かしたのかは解りませんが、それが自然の流れのように導いてくれました。

一人で考えてひとりで決断する。この性格は子供の頃から変わらず、です。
一人で考えるからこそ。責任はすべて自分にあります。

まぁ、今となっては、たまたま上手くいったというのもあるのですが、
私は前しか向かない性格だからと思います。 (後ろに目はない!)

失敗は自分で認めたら失敗であって、認めなかったら成功です。

失敗も成功も、自分で決められるのです。

人の評価も必要ですが、自分を褒めてやるのが一番です。
自分を評価すれば、また一つプライドがムクムクと湧き上がってくるのです。


綺麗に磨いて、お塩をまいて、持って帰っていただきました。



ありがと〜〜〜♪ コンロ!私の生活を支えてくれて。

     そして、ありがと〜〜〜〜♪ 玉木くん!私の心を支えてくれて。 (どさくさ!)



そんなこんなで。センチメンタルになった今日この頃です。

過去の卒業生のみなさま! 私は今も元気に頑張っています。ありがとう!


Posted at 2012年07月14日 08時35分57秒  /  コメント( 0 )

再び うれしい!

仕事が終わってメールを見たら、
な、な、なんと玉木君が ZEPP Namba で歌ってくれるとな。

あの優しい声で私に。 (ボケたか?) 何と言われようが思い込んだもん勝ちです!

2010年にハワイではじめてあの歌を聴いた時、わたくしは不覚にも涙がにじみました。

それまで、玉木君の唄の中で一番好きなのが 「Seasons」 です。

「少しずつこぼれてく愛に 気づかないふりして〜♪」 誰の心にも響きますよ。
いい歌です。歌えませんが。

でも、あの時聴いた 「アメリカみかん?」 は私の中でトップに躍り出ました。

はじめて聴いて、歌詞の意味も充分わからなかったけど、心に沁みましたよ。

玉木君が歌手活動に重点を置いていたら、絶対ヒットするやろ な!と思いましたもの。

海千山千の私が感動したくらいやから、
今が盛りの若い子が聴いたら共感してくれるに違いないです。 いい歌です。歌えませんが。

歌えないのは、覚えようとしないからなんです。

私もカラオケでは、門真市のみそらひばりと言われてる女ですよ。

港町十三番地、悲しい酒、
「髪の乱れに手をやぁれば〜♪ 赤いけだしが風に舞う〜♪」 みだれ髪 (知らん!)

コバヤシさちこさんも得意です。



まぁ、そんなこんなで、なにはともあれ、ぶっちゃけ! うれし〜〜〜〜ぃ!

   義朝仕込みの声で歌って聞かせてくれる〜♪ ありがとう!オレンジ〜♪ 言うてもた!


Posted at 2012年07月12日 22時38分33秒  /  コメント( 13 )

神様のいじわる!

残念 残念、残念、残念、残念、


玉木君の一番嫌いな言葉を連呼してやる〜〜〜〜〜〜〜!

あぁ〜〜〜〜〜。名古屋ライブは行けないです。

やはり50倍?の競争には勝てなかった。 チ〜〜〜〜〜ン!

今朝はいつもより増して早く目が覚めてPCのメールを開いたら。
ら、落選 の文字が〜〜〜〜〜。昨日の喜びは今朝の落胆。

人生の縮図のような今日この頃でした。

二度寝をしてやろうと思ったのですが、なんだか寝れないし。
窓の外を見れば、若い娘さんがコツコツと早足でご出勤です。朝早くから頑張ってるね。

まぁ、ZEPP Namba は当選させてくれたんだから、それで良しとします。

8月6日から一週間休みなのに、残りの6日間は何をして過ごせばいいのでしょうか?

そうだ!名古屋ライブに行く予定のおあしで、折り畳み自転車を買うことにします。

去年、東京まで行った自転車は20インチの自転車で20キロありました。
想像してください。10キロのお米が2個。

それを担いで階段の上り下りは、いくら私でもきつかったです。

以前から軽い自転車が欲しくてネットで探していました。

ありましたよ。13キロで26インチの自転車が。最軽量です!
これも何かのご縁です。思い切って買います。


軽くて走りやすい自転車で、富士山に行くぞ〜〜〜〜〜〜〜。 と強がってみせる。

                           ふぅ〜! (ご愁傷様です!)


Posted at 2012年07月11日 07時19分15秒  /  コメント( 18 )

 1  2  | 次へ