大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2012-01 の記事

後からジワッと!

「遊びをせんとや 生まれけむ 戯れせんとや 生まれけん〜♪」

舞子さんの歌声がいまだに脳内を巡っています。

ススキの草原で忠盛にしっかり抱きしめられた赤ちゃんの微笑みを思い出しては、、、
仕事に支障をきたしています (おおげさな!)

あれはきっと舞子が千の風となって、忠盛とわが子を包み込んだのでしょう。

あのように人間同士が殺戮(さつりく)を繰り返す日常の中でも
「子供が夢中で遊ぶように生きたい」 とはっきり言える舞子に涙します。

あのススキの草原にやっぱし行きたくなりました。

本当は10月に行こうと思っていたのですが、その前に予習と思って
松ケン主演のあの場所が舞台のDVDを見てしまった為に、
ゾーーーッと、不気味な印象を持ってしまって結局行けずじまいでした。

見なきゃよかったと思いましたもの。 (意味不明!) きっぱり忘れる事にします。

こんな平和な時代に生きている私には、理不尽な事に対しても一切文句が言えない時代の人って、
どんだけ我慢強かったのかと、、、心が痛みます。

貴一さんが一話からぶっ飛びの演技をかましてくれましたので、終始引き込まれました。
悪が思いっきり悪で善がいきました。

しょっぱなから、あんな重量感ある演技を見せられては、、、

電線にスズメが三羽とまったおじさん???や 忠盛亡き後、はたして若手俳優だけで
ドラマが盛り上がるのであろうか? といらん心配をしています。 (心配ご無用!)


もし私があの時代に生きていたら、命が一つでは足らなかったでしょう。

この言論の自由な時代に生まれて良かったと、しみじみ思った今日この頃です。

                             (チュチュンがチュン!)


Posted at 2012年01月12日 10時30分52秒  /  コメント( 2 )

今頃!

今日からお仕事がはじまります。
お休みが10日間もあったというのにバタバタと今頃掃除をしています。
まぁ、お尻に火がついてアチチチ!となってはじめて動く。

そんなこんなで。
折角のお休みなんだからと後に残るようなものにしたくって2年に一度のペンキ塗りをしました。

何でも自分でやりたい性分なので大工仕事もペンキ塗りもすべて自分でやります。
そして、、、こんなんが出来上がりました。


なかなかの出来でしょう。   ゴソゴソするのが好きです。  彼の好きな古代米お鏡餅です。


いやぁ待ちに待った、今回の大河ドラマ 「平清盛」 は出来がよさげです。

義朝さまは、まだお出ましにはなられませんが (イタッ 舌噛んだ!)

玉木君もいいドラマに出演できて良かった、良かったです。

なんだか違う彼が見えるようで、ワクワク〜♪ しています。

さすが貴一さんは演技が安定してます。清盛が出てこなくっても初回から掴みはいけてました。

私がはるばる見に行ったロケ地が出てきたのでちょっと嬉しかったです。

だんな様が帰ってくるなり 「武士は何が一番大事と言っていたか?」 と聞いてきました。
予告でも見たのでしょうか?

「龍馬伝」 も 「江」 もこの日の為に? 時たま見ていましたので
                「平清盛」 を見続けてもなんら不審ではないでしょう。


金曜日に 「Naked」 日曜日に大河ドラマ。しばらくは楽しみが続きます。

お仕事の予定がポン、ポン、ポンと入っていると言ってましたが、

           これで 「月9」 など来たら小躍りしますね〜♪ (体はひとつ!)


Posted at 2012年01月09日 12時15分26秒  /  コメント( 9 )

私のライバル〜♪

うふふふ。 「永遠のライバルは夫です。」

「いらっしゃいませ〜♪」 と顔で笑って足元は蹴りあっていた。
 
ラジオネーム 意地っ張りさんは、、、私です。 これはネタではなく本当の話です。

30年前に夫が脱サラをして、夫婦で飲食業をはじめました。

バブルの頃でしたので、そりゃもう、日本中が活気があって何やさんも繁盛していました。
私は戦後のどさくさを見てきた生き証人でもあり、バブルを経験した証人でもあります。

それまでサラリーマンの貞淑な妻を演じていましたので???
商売をはじめて、持ち前の勝気が出てきたのでしょう。

あの頃の私はまさしく、水を得た魚のごとくだった!と夫が言っていました。
商売を繁盛させる為に意見を言ってはぶつかる。の繰り返しでしでした。

でも、今となっては相手の気持ちまでは考えられず、自分の正論を押し通して喧嘩になる。

まぁ、若さゆえに、エネルギーが満ち満ちていたのだと思います。

もし今、夫と蹴りあいしたら、どちらかが確実に骨折して病院に運ばれるでしょう。
                              (ピーポー♪ ピーポー♪)



まぁ、喧嘩は気持ちのいいものではないのですが、お互いの心の中を知る為には必要です。
喧嘩をしてもいいから、いかに早く解決して仲直りするか。その事が一番大切です。

思いっきり言いたいことを言えるのは、夫婦関係しかないと思います。
ののしりあっても夫婦なら仲直りが出来ます。

友達とか兄弟だと、しこりが残って二度と元の関係には戻れない気がしますね。
夫婦なら何事もなかったように忘れて、又普通に生活が出来ますもの。不思議な関係です。

だから夫婦と言うのは、何でも言い合えるこの世で唯一の 「親友」 になれるのです。

玉木君のファンになる前までは夫婦喧嘩をしていたような?気がしますが、、、
お互いに歳を重ねると相手の立場を理解して喧嘩までには至らないです (後ろめたいから?)

ま、ま、それもありますが、喧嘩するほど体力がないというのが正解です。

自転車で10時間走る体力はあるのですが、
喧嘩の後の精神的なイライラを持続する体力が、この歳になるとないのです。

そしてこの前 NAKED で読まれたように、、、

「あなたの言うことが正しい」と、その場をしずめるために「やさしい嘘をつく。」 に続きます。


そんなこんなで。 結婚とは得てして理想通りにはいかないものです。


「美人でその上に可愛い人が理想」 などと、のたまっているうちは、まだまだだな!玉木く〜ん!

              (ほっといたげて!) 注:そっとしてあげての意


Posted at 2012年01月07日 15時29分54秒  /  コメント( 8 )

不覚にも!

きっちりお正月に届くようにと、念には念を入れて送ったはずなのに、、、

お正月も5日を過ぎたというのに。まだ届いてないとな。

それは大変だ〜〜〜〜♪ 予告では胸キュンのキュンと吹聴したのに。

ということで、もし遅れて届いたとしても同じ玉年賀状ではつまらないと思いまして、
急きょ2パターン目を作成しました。

ところがです。あまりの出来のよさに不覚にも私みずから胸キュンになってしまって、
オットトト〜。バタッ! と倒れてしまいました。

キュンを通り越してドタッ! のグサッ! のバタッ! でございます。

いやぁ、それはそれは妄想がピークに達した傑作玉年賀状が出来上がりました。

我ながらアッパレ〜♪ お見事〜♪ (暇?) そうです。要は暇なのです。

もう一度すべての皆様にお届けしたいのは山々なれど、、、
どうか来年までお待ちくださいませ。 (ドドドドドS!)

なんちて〜〜〜〜♪ 来年までお楽しみを引っ張るとは私もなかなかでしょう。(アホだ!)


今日は香港から帰国の玉友さんと大日イオンで会ったのですが、


イオンには映画館があるのに、五十六さんを見るのを忘れてしまいました。(まったく!)

   舞台挨拶をあんなに頑張っているのに、、、心はすっかり義朝さま〜♪ (ゴツン!)

                          


Posted at 2012年01月05日 20時07分49秒  /  コメント( 0 )

お正月 三日目!

「もうアカン!もう無理。もう帰ろ!」 何度、自転車を方向転換したことでしょう。

いや、ここまで来たんやから、もうちょっと、もちょっとだけ登ろ。

さぁ、行ってきました。生駒山を越えて奈良県まで。
生駒連山の455mの山越えがこんなにも過酷なものとは。

ナビタイムによると門真市から暗峠まで14.8キロ。時間にしたら2時間とな。

ふん、ふん! これは楽勝だ。 と、と、とんでもございませんでした。


生駒山は大阪の東の方向にありますのでそれを目指して走ります。
占いで有名な石切神社を過ぎ、、、

いよいよ奈良時代からあったといわれる国道308号線の入り口に到着。
すでにここまで2時間かかっています。これがかの有名な酷道か?心はワクワクでした。


今日は石切さんは素通りです。   ここが308号線の起点です。 この生駒山を越えます。

登りはじめてすぐに息が上がりました。

おそらく傾斜は45度?ほんとですよ。20m登ったら足が止まる。
高度に慣らすかのように息を整える。平地を探しては休憩の繰り返しです。


滑り止めの道路です。      ココの住んでいる人凄い!    ここからが地獄でした。

上から降りてきた人に聞きます。

「峠まであとどのくらいですか?」 「今までのぼって来た距離の2倍ぐらいです。」

疲れが、どーーーーっ! と出ます。
帰ろうか?自転車を大阪側に向けましたよ。 「いや、登ろ!」


地元の方は健脚です。   奈良時代からの石垣だろうか?


途中、真言宗のお寺のお坊さんに出会いました。

「自転車でここまで登って来たのですか?」 「はい!修行です!」まだ、余裕があるな自分。

上から降りてきた人が 「峠までもうすぐですよ。」 とやさしい言葉をかけてくれます。

あ・あ・あ〜〜〜〜〜〜〜。嬉しい! やっとこさ!やっとこさ! 暗峠に着きました。

20キロの自転車を押しながら2時間30分登りました。途中口に含んだ水が飲みこめない程です。
飲み込むのに時間を要するって、人生はじめての驚きの体験でした。

「頑張って登ったら、頂上で違った感情を味わえるからね!ゆっくり、ゆっくりね!」

と、途中で出会った地元の方が言葉をかけて下さいました。それを励みに頑張れました。

あの方は弘法大師さまだったのではないでしょうか?そんな風に感じられる体験でした。
まさしく地獄で仏様の声を聴いたようでした。


暗峠〜♪奈良時代からの石畳です。上は信貴生駒スカイライン! 向こうに見える山を又越えます。


下りの景色に癒されます。     廃墟に実る柿の木です。   主なくとも、けな気です。

でも試練はここからだったのです。

やっと生駒山を下りたと思ったら、まだもう一つ山越えがありました。
ホッ!とした後の山越えは余計にきつい。平地を1時間位走って近鉄南生駒から又、坂です。

一度、たまらなくなって途中で引き返しました。 「いや、やっぱり登ろ!」

又、牛歩のごとく足を進めます。

時々ハアハア!言いながら道端に座って写真を撮っている自分に
「まだ、余裕がある!」 言い聞かせながら登ります。


頂上に着いたからって、下りは、スィーーー!とはいきません。

なにせ傾斜が45度?ありますので自転車を押して下ります。
まったくひと気のない山道はいくら私でも怖いです。

イノブタが出てきたらカメラで応戦しようか?などと考えながら下ります。 (豚が逃げる!)


こんな実に癒されたり!   弘法大師様に癒されたり! 国道なのに3本の線に癒されたり!


振り返れば生駒山の裏側が見える。 二つ目の山の頂上です。 この山を越えてきました。   

はぁ〜〜〜〜〜〜。やっと平地に出ました。

歩いていた兄ちゃんに 「この道を行けば平城宮に行ける?」

「平城宮はまったく真逆です。ここは大和郡山市です!」

えぇ〜〜〜〜〜〜〜。 北に向かうところを南に下っていたのです。トホホホホ。

法隆寺の斑鳩の里まで来てしまいました。どこで間違ったんやろう。後の祭りです。

山道ですので標識がまったくありません。
まぁ、地元の方しか通らない道なので必要ないのでしょう。ミスりました。
あまり苦しくて地図を見る気持ちにならなかったです。

とにかく一番近い駅まで行ってタクシーで行こう。

近鉄大和郡山から平城宮に着いた頃には真っ暗です。

リチャードを忍んで、暗闇の中で三角の儀式の跡に立って、、、


間違って迷い込んだ場所。  ねずみリチャードの想い出が。 朱雀門の向かいに出来ています。  

そして近鉄西大寺から輪行で帰ってきました。

そんなこんなで。10時間の私の旅が終了しました。

登るのも地獄。途中で帰るのも地獄。あぁ、あきらめなくて良かった。


でも、残念!春日大社でおみくじが引けなかった。ぜんざいが食べれなかった〜〜〜〜。

鹿せんべい食べたかった〜〜〜〜。(無事がなにより!) クタクタのヘロヘロ!で〜す。


Posted at 2012年01月04日 10時40分24秒  /  コメント( 10 )

お正月 二日目!

耳の中に福毛が生えてきたのか? 顎を動かすたびにザワザワ聞こえる今日この頃です。

もちろん首にもはえているし、太ももにも生えてます。 (単なる老化です!)

お正月から心臓には悪いけど、心はほんわかするお年玉を、
おしきせながら、みなさまに受け取っていただきました。

皆様のリアクションが今年の私の生きる力になります。 (おおげさな!)

出し忘れた方、又重複して出した方、いろいろあるかと思われますが、、、
まぁ、そんないい加減さも私です。どうぞ脳内あの声に変換しながらお読み下さい。

さぁ、ボチボチ行動を開始しないと益々肥えてしまいます。
自転車旅行から3キロ増えました。

がしかし、あんなにのべつ食べて3キロなのかとちょっと嬉しいです。

明日は奈良 春日大社に初詣に行きます。
鹿男はリアルタイムで見ませんでしたが、玉木に嵌った当初は何度も行きました。

なじみの鹿も出来たくらいです。 (ウソだ!)

もちろん予告の通り自転車で行きます。
多分、往復100キロ位かと思いますが、まったくもって問題なしです。

冷たい風を受けながら走るのは、気持ちがいいんですよ。

心はオフですし、誰に遠慮もいらないし、どこで休憩してもいいし。
ほんとに心身ともに癒されるものです。どうぞみなさまもお試し下さい。

最近、70歳のだんな様も自転車にはまったようです。
「俺も奈良に行こうかな?」 などとのたまわっています。

「アカン、アカン坂がきついで、くたびれたら仕事にならんから」 と必死に止めました。


もしだんな様が 「NAKED」 を聞いていたら 「永遠のライバルは?」 に

    「俺の永遠のライバルは嫁です」 とメールを出すことでしょう! (ネタだな!)


Posted at 2012年01月02日 11時28分56秒  /  コメント( 14 )

新年のご挨拶!

新年 明けまして おめでとうございます!

みなさま健やかに新年をお迎えの事と存じます。

大阪は曇り空ですが、初日の出を拝みに行ってきました。
初日の出を拝むなんて、私の人生で今まで一度もありませでした。

今年は私の人生の転機の年です。自分の中では今年に賭ける勢いです。

なので、曇り空でも日の出が見えなくても、行こうと決めていました。

私の決意を察してか、ひょろひょろですがお顔を見せてくれました。

あんまり綺麗には撮れていませんが、ごみなさまも拝んで下さい。


生駒山の上から初日の出〜♪    門真はレンコンの産地です。    可愛い鳥を発見!


道端の雑草に惹かれます。    名も無き花にもおめでとう!   鳥も喜んで食べてます。

会報が届きましたでしょうか?私は玉年賀状より会報がお年玉でした。

なんと謙虚な彼でしょう。おばちゃんを泣かせてどうするつもりだ。

いやぁ、活字がこんなにも人の心を打つものなのかと、新年から心をグサグサやられました。
こちらこそ私を選んでくれてありがとう!(新年から錯覚です。)

錯覚と幻聴を持ち合わせてこそ、真正の玉ファンです!

海外 RA★MG 〜♪ も開催してくれるとな。なんて親孝行な息子なんでしょう。
ひっちゃかめっちゃか、あっちこっち 忙しいだろうに。

これで私には今年の仕事と玉事の目標が出来ました。玉木くんありがとうです!


さぁ、今年も一年走るぞ〜〜〜〜〜〜〜〜♪ 

と、気持ちを無理やり持ち上げています。はぁ!はぁ! (やれば出来る!)

                                        ありがとう!



ひろみん軍団のみなさま!神戸で住所を書いてもらった手帳が見当たりません。ごめんなさい!

年賀状が届いていない方、お手数ですがホームページから住所をお知らせください。
まころんちゃんには今日出しました。しばしお待ちを。


Posted at 2012年01月01日 12時35分32秒  /  コメント( 28 )

前へ |  1  2