大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2011-07 の記事

台湾いろいろ〜。最終編!

台湾に行く前にちょっと見ようと借りた 「セカンドバージン1・2」 を
借りている事さえもすっかり忘れ、延滞料金を徴収されました。 (ドジ!)

やっぱし、心ここにあらず状態だったと改めて感じた今日この頃です。

台湾の一般女子達に玉木君の歌を聞いてもらっても言葉が理解出来ないのじゃないか?と、
心配しておりました。

でも、よーく考えたら私も玉木君の日本語が解りません? (しっつれいな!)

まぁ、ロックの雰囲気は万国共通なので
きっと伝わって満足してもらえたのではと勝手に思っています。

やっと、 「START」 を全曲聴き終えました。
本物を聴いた後ですから光景がよみがえって懐かしかったです。

何とかの方へ〜♪ は、さぁ 光の射す方へ〜♪ だったのですね。 (何を今更〜。)

「絆」 を歌詞カードを目で追いながら聴いていたら不覚にも涙がにじみました。

誰の心にも持っているそれぞれの悲しみ、苦しみ。
悲しみも、苦しみも人に言えるうちはまだましです。本当の悲しみは口には出せません。

でも、あの歌を聞いていたら玉木君なら解ってもらえるのではないか?
口に出さなくても心の内を察してもらえるのではないか?

やっと解りました。 なぜ?この歳で息子と同じ歳の芸能人のファンになったのかが、、、

私が生きている間に決して口に出せない事。口に出せばもっと悲しみが増幅するようで、
何十年もずっと心の奥にとどめていた事を玉木君なら解ってもらえる。 (重過ぎます。)


あぁ〜〜〜。 歌の本来の意義がわかったような気がします。

  ありがと〜〜。 玉木く〜〜〜ん! 私の為に歌ってくれて〜〜。 (誤解に錯覚です。)


そんなこんなで、、、まったく玉木ネタが出てこない台湾いろいろ〜♪ の最終投稿です。


占いの館の斜め前のお寺にお線香を奉納したのはこの前書きましたが、
帰って調べたら商売繁盛の神様。三国志に出てくる関羽雲張先生 (知りません)
をおまつりしているとか、、、

だから、台北レガシーの会場の前でお祓いをしてライブの成功を祈願してたんだ。

ヘアメイクの方が帰りの時間待ちにおまいりに行ったとか?
きっとライブが成功した御礼に伺ったのでしょうネ!

ひゃぁ〜〜♪ ニアミスだったのか〜〜〜〜。 残念〜♪(強欲すぎです。)



一日2万人の方が訪れる。   四角の建物に回廊が巡っています。

残念ながら写真はすべて削除してしまいました。玉香りが残っていたかも知れないのに。
 

おまいりする時には住所、氏名を言ってからするようにと言われていたのに私は忘れました。
まぁ、神様ですから名前を言わなくても何でもお見通しと思うことにしときます。


焙煎だから珈琲店です。   麺食主義 パスタ屋さんです。 西海岸?ファーストフード店。


夜の珍 あやしい?でもチョット見たい。 ネイルサロンですよ。 バスの中で怖いもの発見。



月曜日に彼に会って (まぎらわしい!) 今日は木曜日。もう、遠い過去の記憶です。

  私の一年は彼に会ってから次に会えるまでを夢に生きとります。 by サラダ記念日。



今度いつ会える! (だ・か・ら〜。ZEPP大阪に行ってください!) ゆれる。


これで、台湾珍道中レポを終了。 読んでくれてありがとう、、、です! 楽しかった〜♪ 


Posted at 2011年07月08日 08時19分31秒  /  コメント( 2 )

台湾の夜市〜♪

台湾ではお家で料理を作らないらしいです。
「嫁に来たくなったでしょう!」 とガイドさんが言っていました。

私達もライブが終った後、毎夜、夜市 (台湾の屋台村?) にくりだしました。
タクシーの初乗りが70元 (210円)
4人で乗車ですから割り勘にしたら電車で行くよりお得です。
とにかく何でもお安い。

台湾のお金は日本の銀行で両替できません。なので、関西空港で1万円ぶんだけ両替しました。
結果、占いのお金 (6000円) を差し引いたら5000円位で楽しめましたよ。

コンビ二に行ったり、タクシーに乗ったり、食事に行ったりしても1万円も使いませんでした。
基本私は何処へ行ってもお土産は買いません。
今回もお金が残っても仕方がないので帰りの空港で孫のパッチン留めを買ったぐらいです。

台湾の街中は香辛料の匂いが立ちこめています。八角やチョウジや豚肉の匂いが漂っています。
コンビ二に行ってもレジの横に香辛料のタレに漬け込んだゆで卵が売っていました。
その匂いが店内に充満してる。(笑)

夜市は台湾料理のすべてが食べられます。
といっても漢字が読めませんから何となく感覚で料理を頼みました。
まぁ、漢字ですから大体はわかりますが、、、


台湾のバスです。 「宏 益々お盛ん!」 やっぱし、台湾中に知れ渡っていたのか?


こんなお店がいっぱい。  臭い豆腐 注文する勇気が出ません。  想像が付かない料理。


これだけ頼んで一人300円。   肉味噌ご飯 60円。  タピオカミルクははずせません。


一番高い牛肉麺 270円。 カキのお好み焼き風 150円。 にんにくたっぷりの野菜炒め90円。

こんなにお手軽だと、お家では作らないでしょうネ!
お味は全体的に薄め。なので山盛りの唐辛子をかけていただきました。
家に帰って体重を計ったら1キロ減〜♪ カプサイシンパワーを実感しました。

ちなみに、日本製は高いです。交流会の時に緊張をほぐそうと思って。
アサヒスーパードライ(小瓶のもっと小)を買ったのですが、600円以上しました。

小さすぎて、一気でした。体の中に入ってもウンともスンとも?言いません。
現地の缶ビールは120円でした。


あれからたった数日しかたっていないのに、なんだか遠い昔のように感じます。


パリコレでおすましの玉木君の写真を見て、
こんな男前の若者と言葉を交わしたのかと、信じられない気持ちです。


仕事がなくてお腹をすかせていた青年が、
わずか数年でパリコレから招待状が届く男になって、アメリカンドリームを掴んでのです。


あぁ〜。 益々 BIG〜♪ になっていく玉木君! 立派です。


こりゃぁ、気軽に声をかけたらバチ当たりそうだな! 次回からは敬語を使いますからぁ!

   今度会っても無視しないで〜〜♪ (やっと立場が解りましたか?) シュン!



  


Posted at 2011年07月07日 07時16分10秒  /  コメント( 2 )

もう一つの感動〜♪

何か?の歌の出だしに変声?が聞こえてきますが、
あれは玉木君が腹話術で声を出しているのか?と、思わず双眼鏡でのぞき込みました。

声を出している風でもなくどこから聞こえてくるのか不思議でした。
録音だとすればスイッチ押す人もタイミングが難しいだろうに、と思っていました。

タマクラスタッフが歌っているというのを聞いて、ほぅ〜。遅ればせながら納得!

私の中では祭りも終わり、(はじまったばかりです!)
「今度いつ会える?」 と玉木君に聞きたいなぁ! 

さぁ♪ 何とかの方へ〜〜♪ と指を差す玉木君をもう一回見たいなぁ! 

    としみじみ感傷に浸っている今日この頃です。(Zepp大阪に行ってください!) 


そういやぁ、ライブ初日に 何とかの方へ〜♪ と歌っている玉木君の目に涙がにじんでいましたよ。
私は高性能ペンタックス双眼鏡でしっかり見ました。
目が真っ赤になって、何ともいえない顔で涙をにじませていました。

こんなにたくさんの方が自分の方を向いてくれている。
自分にありったけの声援を送ってくれている。

下積みの時代があった人は、最高の瞬間に苦しかった時がフラッシュバックして
比較対象したこの最高の時間がありがたくて、感謝の気持ちがあの涙になったのでしょう。
俺様キャラの部分もあるでしょうが、根はしごく普通の真面目な青年です。

私は歌が途切れないかと心配しましたが、声をふるわせることなく最後まで歌いきっていました。
あそこで声がつまっていたら私も泣いていたと思います。
感謝の心をどんな時にも持っている玉木君です。これからも何をしても彼は安泰です。不動です。



今回のライブで一生懸命な玉木君に惚れ直したのはいうまでもありませんが、
バンドメンバーの演奏には音楽を知らない私が感動をおぼえました。

バンマスのいくちゃん。ドラムのタカズミ。ベースの貞子?
それと、顔なじみのないキーボードの子。まさしくこれぞプロだ! というサウンドでした。

彼らは二の腕も出してないし、ふくらはぎも強調していません。でも、とっても魅力的でした。

ひとつの事を真剣に極め、自信をもって演奏している。自信が演奏に表れています。

特にタカズミのドラムは私の腹の底まで響いて、心臓のリズムを狂わせるのではと心配しました。
血圧の他に心臓の薬も飲まなくてはいけませんか?と思わすほどの力強さがありました。

どの子もみんな細こまい子達です。(身長がさほど高くないの意)
あの体のどこにあんなスタミナがあるんだろう?

ありゃ、くたびれるだろうに。
又次の日も叩かなくてはいけないし、毎日腕立て伏せと腹筋運動は絶対やっているだろう。
そうでなくっちゃ、あんなエネルギッシュな演奏を2時間もやれる訳ない。

演奏は裏方です。表に出ている玉木君を支えて、玉木君が間違ってもそれに合わせる。
時々、いじめっ子で無茶振りする玉木君に惑わされる。

君達! お仕事と思って耐えてくれ〜〜〜! ずっと彼を支えてくれ〜〜〜〜!
お願いせずにはいられません。

あうんの呼吸で耳慣れた音に安心して歌える。彼らが居てくれて 玉木宏〜★ が輝く!

ありがと〜〜!貞子たち〜〜。玉木君を踏み台に出世するのだぞ〜〜〜。キバレよ〜〜。

そんなこんなで、、、いい人の側には いい人が集まる。



玉木君がいい人だから貞子達みたいないい人が集まった。そんな結論を導き出しました。

玉木が出てこないと思いきや、、、〆はやっぱし玉木君〜♪ 讃美です。 (読めてます!)


Posted at 2011年07月06日 18時06分19秒  /  コメント( 4 )

3日目 交流会編〜♪

あぁ〜。今午前4時を過ぎとります。 
                  コレを終わらせないことには眠れない。(何に?挑戦。)


交流会は11時集合です。今朝もはよから食べ放題〜♪

ここまで来たらダイエットも関係ない。パクパク、パクパク!しっかり頂きました。
お腹も満腹〜♪ 前日の玉木リピートで心も満腹〜♪

ゆっくりお風呂につかって、化粧に念を入れます。ホワイトを目の下に入れてっと?
芽衣子がアイシャドーのコマーシャルで入れとりましたので、、、マネしてみました。うふっ!

フリフリのジャケットに身を包み。あんりゃ?瘦せてパンツがブカブカ?
まぁ、座っての触れあいですのでそんなの関係ない。

あぁ〜〜〜。 嬉しいのと裏腹になんだか寂しい。
         「今度いつ会える?」 と聞いてみようか? (勇気があればどうぞ!)


空港で渡された書類の中にテーブル番号があらかじめ記入されていました。

私の番号は 「15−5」

会場について自分の席を確認したら、、、、
あっさり舞台のまん前です。それも体をひねらなくても、よじらなくても見える位置です。


あぁ〜〜♪すずめ達ありがと〜〜♪ 思わず日本に向けて感謝の言葉を述べました。(大ウソ!)

段々、ペースが上がってきました。 コレはランナーズハイか?

本日は飲茶形式の回転テーブルです。

最初に蒸し鶏が出てきましたが、食べているとカチッと何かが歯に当たります。
歯が取れたのかとびびリましたが骨でした。

ここまできて前歯がないのは泣くに泣けない。 なので鶏はスルーしました。

さぁ、いよいよ! この世で一番会いたい! 触れたい! 感じたい!大好きな彼との
交流会です。 (料理教室のブログをお忘れなく!) わかっとります。


後ろで悲鳴が聞こえます。颯爽と現れたいでたちは 「クールビズ」 を意識した???
甚平さんです。(違います!)


白地に小さなトランプ柄が全体にちりばめられたジャケットと膝上丈の半パンツ。
中は黒のタンクトップ〜♪ まぁ、甚平さんも玉木君が着たらおっしゃれ〜♪ (違います!)

足首細〜い、ふくらはぎ筋肉強調のサービスが付いてきました。 (料理教室ですよ!)
わかっとります。

この時からテーブルの上の料理達は、誰からも忘れ去られました。

マネのご挨拶もそこそこにテーブル回りです。

今回は握手はなしです。2日間で何千人もの人と握手をしたので、、、
さぞかし手が痛かったろうに。

さぁ、ドキドキのワクワク! その瞬間だけは彼の瞳に私が映る。 (はい、はい!)

目の前に〜〜〜〜〜〜〜。 来た〜〜〜〜〜〜〜♪


前日の玉リピートで今日は 「腰の具合はいかがですか?」 と来るな。
先読みしていた私は、彼が口を開くのを待っとりました。

こちらは相手が出てくるのを待つ。 黙って見つめ合う若者と私。



「なんだよ!」 なんだよ! なんだよ! なんだよ! ですよ。

「ん」 のところにアクセントですよ。 はい!どうぞ! 「な・ん・だ・よ!」

あぁ〜〜〜〜〜。 やっぱし祖母の遺言は本当だった。 「生きていりゃこそ!いい事はある。」

シゲばあちゃ〜〜〜〜ん! ありがと〜〜〜♪ (誰だ!)
 

サービスショットです。     この舞台でご挨拶〜♪        会場の雰囲気です。

そんなこんなで、、、もう、寝ます! (朝ですよ!)


Posted at 2011年07月05日 05時33分43秒  /  コメント( 28 )

2日目ライブ 握手編!

昨日の私の心配をよそに今日も玉木ライブは 「完ぺきの完」 でした。

ノドの片隅の一部も嗄(か)れてはいません。

この日は一番後ろから舞台を見ることにしました。

なぜなら前日は肉眼で見える位置にいましたが、
腰が痛くなっても前屈をしようにもいっぱいの人で出来なかったからです。

どうしても首を上げて見ますから、体が反って腰にきます。
後ろなら自由に体を動かせるし、床に座ることも出来ます。

この日は若い子と一緒に体で玉木君の歌を感じました。つまり踊った???ということです。

時々、たびたび、正座して体をいたわってやりました。でもやっぱし腰にくる。


1日目のライブの時の彼のおぐしは、モンチッチ風がかっこよくなった感じでした???
この日はほぼ、後ろに髪をセット?していました。

一曲目から全力疾走の彼の動きで、前髪が乱れてプレスリー風にチョロリと額にかかりました。

おぉ〜。 エエ感じや! と喜んでいたのもつかの間???
衣装変えの後出てきたときは、スプレーでかっちり固めてくっついていました。
渡部さんいらんことしよる???

私のテーマソング? の時には体が勝手に動きました。

2日目となると体が勝手に反応しよります。
自分の意思ではそんなはしたない?と思っているのに体がするんです。

そして、時々座る。その繰り返しです。いそがしい。

さぁ、ライブも終わりお目当ての玉木宏との触れあい。
サクサク、サクサクと進む中私は瞬時にボケ編を選択しました。

玉木君の汗にまみれた目を見つめて、一言 「腰、痛い!」 と訴えました???

「あは! こし、いたい?」 頂きました〜〜〜〜〜〜〜〜♪

玉木リピーーーーート! 夢にまで見た!(ウソだな!) リピーーーート〜〜〜♪

ゴチになりました〜〜〜〜〜〜♪ その日の夜は祭りだワッショイ♪

そんなこんなで、、、、明日はいよいよ!

タマクラファン待望の夢? 憧れ? 生きる希望? 「メインイベント交流会」 へと続きます。


ライブチケットとパスです。    一般販売のチケットです。    今日の台湾の空〜♪ 


Posted at 2011年07月05日 04時13分06秒  /  コメント( 0 )

2日目観光編〜♪

ライブは夜の7時からです。
前日の感動を引きずったまま3時間睡眠の朝を迎えました。 (ほぅ!玉木並み!)

今回のツアーには朝食がついていました。この企画は非常にいい。

同室の玉友さんと6時半からバイキングに行きました。
メニューも豊富でゆっくりとお食事を頂きました。


泊まったオ王朝大飯店です。   2日で睡眠6時間。    吹き抜けの明るいホテルです。


食べ放題は魅力です。   やっぱし〆はふりかけご飯。  ホテルの前をブラブラ〜♪散歩。          

食事が終ってからホテルの前の緑道を散歩しました。零れびの中を玉語りをしながら歩く。
これほどのしあわせなひと時が他にあるでしょうか?

台湾の朝を堪能して、私達はガイドさんから教えてもらった 「台湾占い」 に出かけました。
相も変わらず女の好きな事 「芋、たこ、南京」 そして占い。

米粒占い。自分が占って欲しい事を願いながら親指と人差し指で米をつまんでお皿に入れます。

私は「息子たちがしあわせに暮らせますように!」と願いを込めて入れました。
                             (玉木じゃないんかい!)

ごめん!いざとなったら息子になりました。
まぁ、玉木君はもうあの歳で出来上がっている。 息子達はまだまだ心配の種がありますから、、、

一番うれしかった事は私の職業選びが正解だった!と言われた事です。
まぁ、それは自分でも解っていた事ですが、念を押されたらうれしいものです。

線香をいただいて、それを奉納する為にお寺に行きました。
台湾の高野山?みたいなところです。今回観光したのはここだけでした。

後から解った事ですが、ライブ会場の入り口にもお供え物がしてありました。


お供えものがいっぱい。     台湾の歴史を感じました。    これも何かのご縁です。


Posted at 2011年07月05日 03時16分44秒  /  コメント( 0 )

1日目ライブ〜♪ 続き...

みなさんが一番お知りになりたいのは 「 R G B 」 ライブが
本当に 「Alive」 より進化しているのか? と言う事と存じます。

きっぱり! はっきり言います。

進化しすぎて 玉木君が遠い所に行ってしまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

      行かないで〜〜〜〜〜〜〜! もう少し私達の玉木で居て〜〜〜〜〜〜〜〜。


今、思い出して胸が熱くなって涙が出そうです。ほんとですよ!

彼の歌声は魂に響きました。アルバムを聞いていなかった私の心にも沁みました。

歌の神様が乗り移ったのか? と錯覚するほどの声量は、
玉木宏から玉木宏への挑戦状をたたきつけた! と思うほどでした。

それは、それはお見事!
どこまでも、どこまでも伸びていく声量に会場中のみんなが震えて乗らざるを得なかった。

明日、声が枯れたらどーしよう! 声が出なかったらかわいそう!
その老婆心は、まったくもって見当違いでした。

そして、台湾のファンクラブのみなさまの彼への愛に、私は負けました。


玉木宏をのせて、調子を上げさせて、いい気持ちにさせて、
                そして初日を成功に導いたのは彼女らの愛の掛け声です。


日本のフンクラブのすべての方が、彼女達にお礼を述べたいと思ったに違いありません。
彼自身もいっぱい!いっぱい! お礼を言いたかったでしょう。

1m以上の大きなエアーメールの中にはフンクラブ一人ひとりのキスマークが付いていました。

大きなプレゼントボックスには
ビーサンの鼻緒にスワロフスキーのデコレーションがしてありました。
どんなにか玉木宏が喜んだか、、、

一致団結の台湾ファンクラブ ばんざ〜〜〜〜ぃ! ありがと〜〜〜♪

ライブの終了後には、彼の感謝の気持ちを込めて握手会がありました。
彼の足元を見ると今しがた頂いたビーサンを履いていました。

彼のファンに対してのやさしさと人間性に、改めてため息が出るほど感動しました。

あんなにダイナミックでエネルギッシュなライブの後に疲れも見せずに
大勢の人と握手をしていきます。

ニコニコ! やり切った笑顔を一人ひとりにくれました。

あぁ〜〜〜〜! 私達は本当にしあわせでした。 ありがと〜〜〜。 


Posted at 2011年07月05日 02時19分48秒  /  コメント( 0 )

魂からゆかい編〜♪

も〜〜〜〜〜〜〜〜〜

玉息まじりに  も〜〜〜〜〜〜〜〜

悲鳴にもにて もーーーーーーーーーーー♪


た・た・た・た・た・た、、、、、

か・か・か・か・か・か、、、、、

な・な・な・な・な・な、、、、、

ふ・ふ・ふ・ふ・ふ・ふ、、、、、

も・も・も・も・も・も、、、、、

だ・だ・だ・だ・だ・だ、、、、、


(通訳します。)

玉木君があまりにも カッコよすぎて 涙が私の頬をつたい 
ふるえがくるほど もっともっと 大好きになった! と言っとります。



たたたたたた、、、、、

みみみみみみ、、、、、


楽しそうに舞台狭しとはじけまくって、見てるほうもしあわせすぎて、

なんだか心が、、、とっても い・た・い! と、再び申しております。 (もう、いい!)


は〜〜〜〜ぃ! 行って来ましたよ。

彼のもうひとつの顔  「ミュージシャン玉木」 の 祝パチパチ〜♪ 台湾での初ライブ〜♪ 

は〜〜〜〜〜っ! 今は脱力感と満足感と、、、目を閉じればあの楽しい日々が脳裏をかすめ、

ふぅ〜〜♪ と玉息をつかずにいられない、こんな気持ちを解っていただけるでしょうか?


1日目〜♪

桃園空港から免税店経由ホテル行きを選んだ私は、もうすでに負け戦でございました。
でも、それはわたくしにとっては仕方がないことでございます。

開演19時 日中、外で何時間も待つことはその後のわたくしの命取りになるのでは?
と危惧したことからの行動でございました。(テンション変?) 
はい! 目がショボショボ! しております。

あはははは。

当日は朝から忘れないように血圧の薬を飲みましたよ。 

会場に着くと、(早速デスカ?) もうすでに長い行列が延々続いておりました。
先頭がどこかも見えません。

台湾の一般の観客の方たくさん並んでおられます。あちこちで北京語が飛び交っていました。
何処で知ったのか? 玉木君をどんな風に好きなのか? 聞こうと思っても言葉が通じません。

まぁ、台湾でも玉木宏のカッコよさは確実に浸透している。
おっとこ前は世界共通、言葉はいらない。心は通じる。

会場は倉庫を改装? いや倉庫そのまんまをライブ会場にしたような、飾りっけのない

これぞ、ライブの原点だ! ライブ経験が不足の私でもそんな風に感じました。

玉木宏の台湾での初舞台を、
あたかも何年もその時が来るのを待ってくれていたかのような?
古くて趣のある玉木好み? の荒々しい会場でした。


ライブでは終始観客と一体感を感じられました。
玉木君のアルバムを聞いていない私でもノリノリ〜♪ のユラユラ〜??? 

た・魂から たのし〜〜〜〜〜〜〜〜♪

ライブの様子を逐一話したい気持ちは山々なれど、、、それでは楽しみが失せる。

そんなこんなで、、、、

あなたのいつもの妄想を1・2・3 ギア上げて さぁフル回転〜♪ 

          脳内満タンにして 精一杯! 想像を膨らませてネ!



コノ芝生が集合場所。   会場前で各自玉話に花が咲く。 ココがライブ会場入り口ですよ。


会場内の趣のある建物。  こんな可愛いお店もあります。  歴史を感じさせる建物でしょ。    


まだまだ 続くよ! FREE 〜♪


Posted at 2011年07月05日 01時10分59秒  /  コメント( 4 )

前へ |  1  2