大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2011-06 の記事

ライブの楽しみ方〜♪

「このお姉ーさん! 玉木宏の追っかけしてはるんやでー。」 

いつも行く業務スーパーのレジの子が、隣のレジの人に大きな声で話しかけます。

ま、ま、追っかけには変わりはないのですが、
そんな恥ずかしい事を大衆の面前で、、、い、い、言わなくても、、、
お客さんが居なかったからいいものを、、、

やっぱし、世間ではオタクとか追っかけに見られているのかなぁ?
と改めて考えさせられた、今日この頃です。

お断りしておきますが、追っかけているのではなく私の住んで居る場所に彼が来るのだから
追っかけられているのです。(えぇ〜〜〜。)

そんなこんなで、、、

ライブをより楽しむ方法をライブのプロ? の生徒さんに聞きました。

まずは 「何着ていく?」 「ワンピースを着ていきます。」 無理〜〜〜!

「運動靴で行く?」 「ヒールで行って裸足で飛びます。その方が見えるから。」 ほぅ!

「タオルはどんな風に回す。」 「手首に巻きつけて振る方がくたびれません」 なるほど!

自分なりに練習していたのですが、からまって長くは回せませんでした。
やっぱし、餅は餅や? に聞くほうが的確な答えが返ってきますね。

準備万端整いました! ライブの楽しみ方も手ほどきもしてもらいました。
とは言っているそばで、私を見ている私がいます。 (ややこしい!)

ほんとに、照れずに飛べるのでしょうか? もひとつ自信がない。

「若い人もそれなりの人も一緒に盛りあがろう!」 とか言ってくれないかなぁ!

そうしたら自分を捨てられそう? 何はともあれ 「明日へのドア」 を開ける努力はします。
体力の続く限りタオルを振る所存です。 ふぅ〜。


さぁ、みんなで盛りあがろう! 楽しもう! と、自分でお尻をたたいています。

 私も飛ぶぞ〜〜〜〜♪ 待っててね〜〜〜♪ (偽りなしの追っかけです。) やっぱし!



こんな風に巻きます。    留守の間も頑張ってくれ!  もうすぐヌカミソ漬けになります。


追記です。

今、試しましたら一重に巻いた方がグルグル回りますよ。
                そのまんま汗も拭けるし、、、 (どーでもいいです!)


Posted at 2011年06月29日 22時24分21秒  /  コメント( 24 )

お慕い申しております!

人間の長い長い歴史の中のほんの一部分を生きている私達。

その中で、産まれる、ヨチヨチ歩く、言葉を覚えて、、、そして思春期にはほのかな恋心を抱いたり、

人生に悩んだり、いさかいを起こしたり、目的を見つけたり、失ったり、
いろんな感情に振り回されて人間は生きています。

昨夜の 「JIN 最終回」 は、ものの見事に 「私はなぜ生まれてきたのか?」
の答えを知らせてくれました。


人の道、ぶっちゃけな心の機微を描き、私の心に納得の、解決方法を教えてくれました。

どの役者さんが好きというわけでもなくなんとなく見ていた私は
「大切な事はすべて JIN が教えてくれた」 by パクリ。

私の心は、仁先生と咲さんによって洗われ、自分が生きてきた意義を考えさせられ、
う〜〜〜ん!と唸っておりました。

今朝おきてその意味の深さに又、朝から、う〜〜〜ん! 唸って
今こうしてこんな時間にブログを書いとります。(だんな様がめし!と言っとりますので中断!)

再開!

人それぞれ考え方も生きてきた道も違います。当たり前の事ですが、、、

仁先生の 「俺がこの時代にタイムスリップをしてきた意義はなんだったのだろう」
と、人の道に沿う真面目な考え方? そう考える事があたかも人の道にそれない考え方? 
人生の哲学?

人は誰しも自分は何の為に生きているのか? コノ人生で何をなすべきか? 
普段考える習慣のない私でも、何かの折にはフッ!と考える事が過去にも多々ありました。

その時々の環境、年齢、立場で、その時々に違ってはいますが、
考えざるを得ない状況と言うのに遭遇してきました。

「私はこの為に生まれてきたんだ。だからコレが修行なんだ。」 とか、
自分の心を納得させて、出来るだけ悩まないように、出来るだけ穏やかに解決して、
自分の心を安定させる。

そうする事で前を向いて歩いてきたように思います。(今日は真面目だな!)

そうなんです。はっちゃけ日と、考え日があるのが、AB型の特徴です。

どんな綺麗ごとを並べても、どんな高尚な考えを述べても、
それだけが人が生きていく道ではないのです。

それは、その道に行き着くプロセスでしかなかったのです。

とどのつまり、結局、やっぱし、人は人を愛する。愛しかなかったのです。

人を愛すること。心の底から人を愛する。そこに打算も駆け引きもいらない。
ただ純粋に人を愛する。 この事こそがすべてだったんだ!

遅まきながら、、、解りました。 目がさめたぞ〜〜〜〜〜。

「お慕い申しております。玉木様!」 と書きたいところですが、
                   今日はそんな事は書きませんよ。(書いとる!)


え〜〜〜〜〜〜っ! 知らないうちに私の本能がそんなはしたない事を書かせた。

違いますよ。私は家族を愛しております。
出会うべくして出会った、家族を、、、です。 (ウソだな!)


仁先生は架空の咲さんを愛し、咲さんも架空の仁先生をお慕い申して、、、うぇ〜〜ん!

仁せんせ〜〜〜! 気付かせてくれてありがと〜〜〜♪。

        私は今日から今よりも増して愛に目覚めるぞ〜〜〜〜♪ (やっぱし!)


Posted at 2011年06月27日 09時15分16秒  /  コメント( 4 )

玉木君の笑顔に命をか...

嬉しさのあまり玉友さんと生ビール5杯とレモンチューハイ1杯を頂いて、
モノレールにゆられて天国を彷徨って帰ってきた私の気持ちを解っていただけるでしょうか?


さぁ、この世で一番いとおしい彼が待つ千里セルシーに行ってまいりましたよ。

まずは、本日のお衣装は「 貞子」 の前髪を?イメージした白と黒のTシャツ。

その上には5つボタンのジレを羽織っております。
右の襟の所に大小二つのくるみボタンがついとります。

ポケットが左右8コついとりました。そんなに何を入れるのだろう。
すみません。とりとめのないブログになっとておりますが、体がフワフワ浮いとります。

ボトムはスリムな黒パンツ。
靴は以前学際の時に履いていたベルトがいっぱいの靴を使いまわししとりました。

本日は、魂からゆかいすぎてお見苦しい処は多々あると思いますので先に謝っておきます。

今朝は早くから目が覚めました。昨夜はなかなか寝付かれなくて、
なぜか藤圭子さんの 「京都から博多まで」 が頭の中をグルグル巡っておりました。

京都育ちが〜♪ 博多に慣れて〜♪ かわいなまりもいつしか消えた〜♪ (知りません!)

頭を振って忘れよう。忘れようと懸命に努めました。
いつもは7時間ぐらいの睡眠ですが、今日は玉木君並みの睡眠時間です。
自分の中にこんな可愛い? 自分が居た事に朝からおっどろいております。

毎日ヘソ見腹筋と、なんちゃって腕立て伏せ、夜中食べないダイエットが功をそうしたのか
順調に体重が落ち我ながら内心、もぎゅ! っと喜んどります。
(見た目変化なし。) インナーマッスルを鍛えたんです。

いつものTシャツは脱ぎ捨てて、変身願望をくすぐるお衣装に身を包み?
いとおし過ぎる彼の待つdate 場所の千里セルシーへ。

「俺の生歌を聴いてくれ!」 と言う、彼の望みを叶えたいと思ったのか?
天気も味方をしてくれました。

平日にも関わらず千里セルシーいっぱい!のギュウギュウの一般の方も
たくさんご参加のイベントになりました。

後で高校生に聞きましたら、
彼女達の間で「千チュー」に玉木宏が来るらしい?との口コミがひろがったらしい。
もちろん!聞きなれた言葉を頂戴いたしました。

周りを見渡して、
バードウォッチングをいたした結果2000〜3000名はおられたであろう?

まぁ、すごい歓声でした。下は3歳児から上は、、、言えません。

今日の 「FREE」 の出だしはバッチシでした。
ちょっとリハーサルの時はグダグダ? まぁ、すべて許します。終わりよければすべて良し。

おぐしは 「いいとも〜」 と一緒で不自然に盛り上げておりました。
渡部さん今日はそんな気持ちだったのでしょう。かっこいいからすべて許します。

映画の撮影は終ったらしいです。 (早ッ!)

今からはライブに向けて行動開始。後1週間しかありませんが、すべて許します。かっこいいから。
すみません。今日も訳わかめの状態です。

さぁ、本日私は3回肌を合わせました。 (握手です!)

いつもより増して超絶高速回転? 
はたで見ておりましたら玉木君は道頓堀の人形のようにおんなじ動きしかしておりません。

これは一言でも許されないと察した私はまずは小手調べにジッと目を見つめ合いました。
なんだか体がフワフワしとりますのでお許しを。

生徒さんが合流しまして、 「今日からファンになりす。」  
と言ったら、マネが喜ぶからと伝授しました。

舞台の下から見ていると、
玉木君の声が 「ありがとう!」 と特別はっきり大きな声で言ったので、コレは頂き。

さぁ、私の2回目の握手です。 「きょうからファンになります」 と2オクターブ高音で言いました。 
マネも玉木君も爆笑です。

見ていた方のご意見では玉木君が私の腕をポンポンしたような? してないような? 
飲んでもいないのに記憶がございません。

玉木君の爆笑とマネの 「もう、ファンやろ!」 の突っ込みは聞こえました。

3回目はすぐに来ました。
チケット切りの?兄ちゃんが 「俺が覚えているくらいやから玉木さんはおばちゃんを覚えているで」
と言いましたが、兄ちゃんに言われても満足ではありません。

3回目はヤケクソで 「ほんまにマッターホルンに登ったん!」 と聞きました。

玉木君は 「チェルマットまで行ってそこから写しました」 と言って、
言い足りないのか??? 私の後を付いてきました。 (ウソだな!)

いやぁ! マネがいなかったらきっと話したい事が山々だったのではないかと思います。
                                (あり得ません!)


はぁ〜〜〜。ここまで書いて酔いが覚めてきましたが、 でもこのまんまブログにアップします。


今日! 今よりも増しておっと前の玉木君を見てしみじみ感じた事は

       「立派になったなぁ! まだ、まだ〜♪ FREE 〜♪」 無限と言う意味です。

                               (はよ! 寝−やぁ!)



今日の私の気持ちを表すタチアオイ! お馴染み岡本太郎作。 コノ舞台で彼ははじけました。


Posted at 2011年06月24日 23時56分54秒  /  コメント( 28 )

プロフェッショナル玉...

おぉ〜〜〜〜♪ 期待を裏切らないお・と・こ・だ〜〜〜〜〜!

か、か、感動した〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

新鋭 写真家玉木が生まれたぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪ (お静かに。)

ハァ!ハァ! ゴボッ!ゴボ! 鼻息荒いです。
みなさま! ツアーパンフレットは届きましたか?

いよいよ明日はライブに先駆けて彼の生歌が聞けますね。
大阪以外のみなさま。いち早くレポもどきをしますからお楽しみに待っててね。

たとえそれが玉木関連であっても、何でもゴミの日に出してしまう私ですが、
このパンフレットはいい。

こ、これは絶対に捨てません。お宝です。家宝です。
まぁ、いつもの玉木君のおとっこ前の顔が写っているのは横に置いといて、っと。

私が感動したのは彼自身が撮った写真です。彼が何に心を動かされているのか?

「写真とはまことを写すと書きますが、その時々の精神状態を写しているように思います。」                                  By 過去の栄光。

彼の心の中がそのまんまの写真ですよ。
まだの方はネタバレありですから、届いてから読んでね。

私は感動した時に、感動した気持ちをそのまんま表したい困った人間です。




まずは、海岸に打ち上げられた漂流物の写真に目が止まりました。斜めの水平線がいい。
流木にフォーカスをあて。


「人間は人生の海を漂う漂流物だ。
そこに居るべく安住の地を探し求めて生きているんだ。
俺の居場所は何処なんだろう! 

今、俺の居場所はココだ。 大阪のファンが待つ千里セルシーの舞台だ。
みんな待ってろよ〜〜〜〜〜♪ 明日行くぞ〜〜〜!」


と、言っているような写真です。 (違います。)

「黄昏(たそがれ)がヴァイオレットに変わる頃、
やせた大地にしっかりと根を張る一本の 鹿男の木! (いいえ!)
その存在を天に主張するかのごとく、懸命に足を踏ん張って立っている。

さぁ! 突風よこい。たとえ嵐が吹き荒れようが受け止める。
今、この手で、この体で俺の力をためしたいんだ。」


と、言っとります。 (違います!)


そしてなんたって、にやけ顔になってしまう一押しのフォトは、、、

「悠久の昔から脈々と繰り返し続く自然のいとなみ。
その切り取った一日の中に俺は居るんだ。

あぁ、地平線に沈む夕日よ。マジックアワーに染まった一瞬を俺にくれ。
それを支えに明日も又、俺は前を向いて歩いていく。


と、写真が訴えとります。 (違います!)



あはははは〜♪ なんてしあわせな気持ちにさせてくれる写真集なんでしょう。

嬉しい時にも、心が沈んだ時にも、必ずあなたの心を支えてくれますよ。
彼の想いが伝わってくる。そんな力持ちのフォトブックです。


一期一会〜♪ 一日一膳〜♪ 一家に一冊〜♪ (褒め過ぎです。)

                     まだ、ま〜だ〜♪ こんなもんじゃない。


Posted at 2011年06月23日 14時25分11秒  /  コメント( 6 )

なんだ!nand 〜♪

先日から私の中のこだわりが顔を出してウロウロしておりました。

普段はこだわりがない方なのですが、一度こだわり出したら自分でも手がつけられません。
近所のショッピングセンター、デパートあらゆるところを巡りましたが、
納得するものに出会えず、結局、専門店の並ぶ難波の 「千日前道具屋筋」 まで出かけました。
今日は電車ですよ。

飲食店を営んでいた頃はのべつ買い物に出かけていた場所ですが最近はとんとご無沙汰です。

早速、馴染みの食器屋で品定めをしていると、
「ありゃ、渡辺さん若こうなって綺麗にならはったなぁ!」と社長が声をかけてきます。

「うん!よー言われる!」 「瘦せはって、なんか悩みでも?」 「しっつれいな!」
いろいろ昔話に花が咲き、そうだ鹿男の話をふってやろう。

「昔、鹿男のロケがあったやろ!」 「そやそや、向こうの方で撮影してたなぁ。毎週見てたわ。
プリンセストヨトミもやってたで!」
思わず 「たこ焼きやの兄ちゃん」 と言いかけ、飲み込みました。

やっぱり社長はプロです。
私がこんなこんな?と希望を言ったらピッタリのものを出してくれました。早速お買い上げ〜♪

おまけに450円もまけてくれました。 「うちの包装紙でええか?」 と出してきた紙を見て
おっどろき! そのまんま星マーク。

希望のものに出会えたうれしさで、高級めし屋で豪勢に贅沢をさせてもらいました。

お腹もいっぱい、さぁ、買えろ。

あれ? なんか英語の看板がが見えるぞ。 ゆっくり読んだら「andonand」

ほぅ、これが例のドーナツ屋? まさか? ココ?

と、うたぐりの心で入りました。 「もしかしてココは玉木宏さんのご来店のお店ですか?」

「はい、そーです! こちらにサインがございます。」

ひぇ〜〜〜! びっくりです。そう言やぁ! 昔、難波あたりでワイワイあったような?

ま、まさか? こ、こんなところであなたに?お会いできるとは、、、

今更〜! のネタで、すみませんね〜♪

やはり、私の様なファンの方が尋ねてこられるそうです。

そんなこんなで、、、

偶然が偶然を呼び、思わぬところでご対面にちょっと嬉しかった。今日この頃です。

                (賞味期限切れ〜!) なにせ、不器用な人間ですから、、、?



今日一つ目の偶然!      こんな所にあったんだ!  コノ入り口から入った記憶が?


おぉ〜!今日の二つ目の偶然〜♪  レジの下にディスプレーしてる。    今日の収穫です。


Posted at 2011年06月21日 17時31分43秒  /  コメント( 10 )

祭りの前の静けさ!

最近は日曜の夜9時が待ち通しく楽しみにしております。言わずと知れた 「JIN」 です。

坂本龍馬暗殺の影にはいろんな人の思惑が交差していたんだ!
暗殺されたという事実しか今まで知りませんでしたが、演出が深いです。

来週はいよいよ最終回です。さて、視聴者をどんな風に納得させてくれるでしょうか?

そんな事を考えていたら、JIN は出演しているキャストを見るのが楽しみで
見ているわけではない。純粋に物語の流れが面白いから観ている。

やはり芝居は脚本家の腕だな! 改めて感じた今日この頃です。

そして私の好きな番組は 「鉄腕ダッシュ」 です。
時々見ていますが、ドラマチックな展開はないのですが、ゆる〜ぃ流れが好きですネ!

ただ、自然が映っている。北斗がそこにいる。村長が浮いている。TOKIOの誰かが出ている。
何かを食べている。

そして今回は被災した福島県での田植えが出来ないので、
新潟県魚沼地方で田んぼを借りての、男米の田植え風景でした。

魚沼産コシヒカリはお米の最高ブランドです。なぜ高いか解りました。

稲の間隔が離れている。つまり普通の田植えより半分の量しか収穫出来ない。
稲の間隔が広く風通しがいいので、いもち病などの害虫にやられる事がない。
ほぅ、納得の価格だったのですね。

いっつもお米売り場で眺めるだけでした。買いたい、けど買えない。
こんなお米に慣れたら売り出しのお米が食べられなくなるし、、、

でもいっぺん、清水の舞台から飛び降りる覚悟で勇気を出して2キロだけ買おう。
あはははは。米を買うのに勇気がいる。そんな気持ちにさせるお米です。

今回も80歳を過ぎた明雄さんのお元気さに考えさせられました。

毎日やる事が待ち受けていて、人に頼られて、そして自らも前向き。
う〜〜ん! こんな風に私も生きたいです。

元気な方が前を歩いて下さったら、私の生きる道しるべになります。80歳でもなんのその。

まだまだ FREE 〜♪ 突っ走しれるぞ〜〜〜〜〜♪

田植えが終って田んぼ脇で炊き立ての 「魚沼産コシヒカリ」 を頂いていましたが、

お、おいしそ〜〜〜!

昔、「ご飯をおかずにご飯を食べる!」 というコマーシャルがありましたが、
これならいけそう。

「しあわせを餌にしあわせが生まれる」

無理くりですが、語呂合わせにそんなフレーズを思い出しました。

しあわせな考えのところにしあわせが寄って来る。


玉木君がしあわせな気持ちをくれるから、もっとしあわせな気持ちになる。

     やっぱり!無理くりですかね。 (まぁ!ほぼ、合っています!) ですよね〜♪


Posted at 2011年06月20日 10時39分09秒  /  コメント( 0 )

フリーライブ〜♪

目の回るようなスケジュールの中、
        わざわざ大阪まで来てくれるとは、思わず万物に感謝です。 (大げさな!)


私達は先日のトークショー&握手会で充分堪能させてもらったと思っていたのに、、、
なんていい人なんでしょう。 (今更〜♪)

昨日のタマクラメールには何のことだか? 最初は信じられませんでした。

玉木君の希望で??? そんな事が実現できるのでしょうか? 映画撮影は???

まぁ、心配はご無用です。 なんせ今が働き盛りの青年ですから、、、ネ!
病は気からと言いますから、、、気の張っているうちはどんな無理でも出来ます。

嫌々やっていたら病気が襲ってきますが、楽しんでお仕事している内は大丈夫ですね。

と、心配をしているふりをして、本当は 「まっこと〜。うれしいぜよ!」

まさか、まさかのサプライズ〜♪
彼女にサプライズをしてもらうのが一番うれしいと言っていた男が、
こ、こんなことってあるんですね。 一言主神社にお礼に行かなくっちゃ! (ウソだな!)

私は喜怒哀楽が激しい人間です。コレは歳をとっても変わりません。
嬉しい時はスットコドッコイに嬉しい。 悲しい時は泣きます。 (当たり前〜。)

昔、だんな様が予定していなかったボーナスをもらってきてくれた時に、
私は嬉しくってベットの上をピョンピョン飛びました。 (そんな事、どーでもいいです。)

いやぁ、あのメールを読んだ時に飛んでやろうかと思いましたもの。 それくらい嬉しかった。

「玉木君と触れ合うのは (握手です。) 私のエネルギーが湧き出る核みたいなものです。」

とお手紙もしたためました。

さぁ、頑張るぞ〜〜。今度こそ 「ありがとう!」 と目を見て言ってもらうんだから、、、



あのぅ! もし、予定の人数より少ない時は少しだけでも、1秒程長〜く。

 触れ合う事をお願いします。 って、無理ですよね〜。(無理です!) はい、 Roger 〜♪


Posted at 2011年06月17日 01時25分43秒  /  コメント( 4 )

続 山本五十六殿〜!

昨日の心躍る発表の後に、またもや戦後の記憶がよみがえって参りました。

「真夏のオリオン」 の時もそうでしたが、時々昔を思い出すことは、
今のしあわせを噛みしめる事にもなりますので、私としては自分の為にもなります。

折角、戦後を知らない俳優さん方が演じてくださるのですから、
知っている私が黙っているわけにはいきません。

我が家のだんな様は 昭和16年12月8日の

パールハーバー奇襲作戦 「トラ・トラ・トラ。 ワレ奇襲に成功セリ」 

の1ヶ月前に生まれましたので、そのまんま戦中派です。

朝からちょっと話しかけたら 「喋る、しゃべる」 いつもは寡黙なんですが、
空襲で逃げ惑った怖い経験がありますので自然と話に力が入ります。

私が一番知りたいのは、その当時の国民がこの戦争に勝てると思ったのか? と言う事です。
民主主義の時代に育った私達が抱く疑問です。

軍事教育とラジオから流れてくる情報がすべての時代には、個人が考える力は著しく低下していて、
早く言えば無知だったということです。

以前、母に同じ事を尋ねたことがありましたが、
「毎日生きるのが必死で目の前の事しか考えられなかった。」 と言っていました。

山本五十六さんは外国との力の差は歴然としている事を知っていたが、
追い風の流れをひとりの力では止めることは出来なかったのでしょう。そこに苦悩が生じます。

折角、坂本龍馬さんが命をかけて大政奉還の足がかりを作って、
誰でも平等で幸せになれる時代にして下さったのに、その当時には生かされていなかったのです。

歴史を変えるほどの高尚な考え方でも、広く隅々まで届くには100年かかるそうです。


昔、家族の戦争体験を聞いていた時に、心に残ってやりきれない思いをした事があります。

北海道の稚内公園にある 「氷雪の門」 を知っていますか?
稚内の電話交換手の女性9名が集団自決したお話です。
戦争に敗れ北から北海道に入ってきた軍隊に、はずかしめられるくらいなら、、、と。

私は子供でしたが母に 「ほんまに悪い人だったん」 と聞きました。
「そんな悪い人はおれへん。死ぬ事はなかったけど仕方がなかった!」 と言っていました。

ここにも教育が生きていたのです。
あの時母が 「敵軍は悪い人ばっかしや」 と言っていたら幼い私は心を乱したに違いありません。

戦争はケンカです。 殴り合っていたらドンドン、エスカレートしていって
元のケンカの原因はどっかに置き去りにされて、ケンカに勝つことが目標になる。
理性を失った人間は誰にも止められません。

まぁ、そんな感情は平和の時代に育った私達だから解る事ですが、、、

今は戦争はありませんが天災は襲ってきます。
今のこの時期だからこそ、観た人の気持ちが救われる。

だから映画の撮影後に早い時期の公開になるのでしょう。

玉木君が出演するのも嬉しいのですが、
もう一度、真のしあわせとか、生きる意義とか、真理とかを過不足なく伝えてほしいです。


平和ボケしている私の心に、グサッ!と感じさせてくれる映画になることを祈ります。

                        フレ〜♪ フレ〜♪ た・ま・き〜。




ほら、4日前に刈り取ったニラが再生してるでしょう。あっち向いて、こっち向いたら(笑)


この実は「グミ」ですよ。

子供の頃に近所のお庭になっていたグミがほしくてたまりませんでした。
お味はしぶくて酸っぱくて、決して美味しいものではないのですが
お腹がすいていたので食べたかった。

やっと、この歳になって植木屋さんで買いました。
持って帰る途中に何人かのおばちゃんから声をかけられました。 「昔、よー食べたわ!」

ちっちゃな実の 「ゆすら梅」 青リンゴの味のする 「なつめ」 すっぱい 「やまもも」
今では需要がないのか見かけません。

おそらく、植木屋のおっちゃんも懐かしさのあまり仕入れたのでしょう。


好き嫌いが言える飽食の時代に生まれたことはしあわせです。

                 聞いていますか? 玉木く〜ん! (聞こえません!)


Posted at 2011年06月16日 17時46分43秒  /  コメント( 4 )

山本五十六殿〜♪

あぁ〜〜〜〜。 胸が詰まります。 目の奥に涙が溜まっとります。

溜まった涙は12月23日まで私の瞳の奥にとどまるのでしょうね。
大きなスクリーンに映し出された晴姿を見たときに満を期して、うれしさと感動のあまり、
あたかも心に溜まったオリのよな不安が浄化され、ツーッと涙が頬を伝う。(大げさ!)

来ましたね〜。 大きなお仕事が、、、叫ぶぞ〜〜〜〜♪ う、うれぴ〜〜〜〜〜〜♪

玉ファンが待ちに待った心から望んでいた骨太でメッセージ性の強い映画。
真の世論について考え苦悩し続ける役どころ、「東宝日報」 の新聞記者 真藤利一。

これぞ30歳代の映画ぞな。

玉木君が一番望んでいた役どころ。 そして私達も役者玉木に演じて欲しい役どころ〜。

個人の力ではどうにもならなかったあの悲惨な戦争。
間違ってはいたが、それを信じて同じ方向に向いていたあの当時の日本人。

その中心人物の山本五十六殿は日本の力を客観的にとらえていた。
現代では信じられないようなメディアの操作力。

そんな中でもそれに疑問を持っていた人が居たのですネ! その真実を描いてくれるんだ。
なんだか救われるような気がします。

観た人それぞれが、自分の解釈で戦争をとらえる。

そして、役者玉木は芝居を通じて、日本人が歩んできた歴史。
自分の力ではどうにもならなかった封建的な時代を知ることになる。

苦悩の演技の中から人の心の機微や、人間としてのあり方などを、
お芝居とはいえ、学ぶことになる。

そして私達は玉木君が演じることで過去の歴史を学びなおし、
私達も知識が増え、改めて人生を考えるチャンスを与えられる。

コレこそがまさしく!相思相愛〜♪ (ちょっと違うと思いますが?)


なにはともあれ、、、心がはずむ〜♪ やったぁ〜〜〜〜! (薬を忘れずに!)

               は〜ぃ! プチッと指で押して取り出し、飲んどります。



モーニングを頂きながら至福の時〜♪

ちなみに、五十六さんはお父様が56歳の時に生まれたからこの名がついた。(お元気だ!)


Posted at 2011年06月15日 12時41分50秒  /  コメント( 11 )

玉活の合い間に!

雨上がりの野菜たちの成長を眺めては、心が癒されている今日この頃です。

究極の最高の仕事は農業だというのを何かで読んだ事がありますが、
少し解ったような気持ちになります。

青虫にも負けず、食べられて穴だらけになった葉っぱはそのまんまにして、
次の新芽を出していく。まったく、大した野菜たちです。

一日何度も眺めてはこんな人生を歩きたい!と野菜に教えられる毎日です。 (ほんまか?)

野菜を植えたことのない方でもニラの栽培は簡単ですよ。
私は3年前に植えたニラをいまだに収穫しては美味しく頂いていますよ。
サッとゆがいて、塩、胡麻油で味付けしてナムル風にして頂いたりします。

刈り取ったらその日に、次の芽が出てきています。
あっち向いてこっち向いたら成長しています。 (ほんまか?) コレほんとです。


そんなこんなで、、、

私は決して芸能レポーターではないという証拠に、
海苔のつくだ煮と棒々鶏のサラダのレシピをアップいたします。

海苔のつくだ煮は無添加なので1週間以内にお召し上がり下さい。
我が家のだんな様は2日で一瓶食べます。



海苔のつくだ煮

☆材料☆

板のり   10枚
     (30g)
水   400ml
砂糖  大さじ2
酒    〃
みりん  〃
醤油  大さじ3
塩    少々
酢    〃 (保存性を高める為に)


1. ビンは洗って、乾かしておく。
  鍋に板のりを小さくちぎって入れ、水400mlを加えて浸してから中火にかけ
  ドロドロに溶けるまで4〜5煮る。
  のりが溶けたら、調味料をすべて入れ中弱火で水気がなくなるまで10分位炊き、
  熱いうちにビンに詰める(熱いうちに入れると殺菌になる)

たかのつめを2つにちぎり種を取り除き、加えてもよい!
 きのこ類やちりめんジャコを入れても美味しい。


棒々鶏のサラダ

☆材料2人分☆

ささみ   2本
きゅうり  1本
トマト   1コ

ささみの下味
 酒  小さじ1
 塩・こしょう少々

棒々鶏ソース
 練りゴマ大さじ1
 醤油  〃
 砂糖 小さじ2
 胡麻油 〃
 酢   〃
 白ネギ 5cm
 しょうが半かけ
 ラー油  適量


1. ささみに、酒小さじ1、塩、こしょう少々をふり、ラップをしてレンジに2〜3分かけ、
  (途中裏返す事)ラップをしたまま冷ます。 (しっとりとしたささみになる)

2. 白ネギ、しょうがはみじん切りにする。棒々鶏ソースを合わせる。

3. きゅうりは、斜めに薄切りにしてから千切りにする。
  トマトは、縦半分に切り5mm幅の薄切りにして、切った端から皿に盛りつける。
  トマトの周りにきゅうりの千切りを盛り付け中央にささみを細かくほぐして盛る。
  (筋は取り除く)食べる直前に上からソースをかけていただく。


愛の押し付けです。  火を使わないので今からの季節に。   昨日刈り取って、もう新芽が。

棒々鶏ソースはたくさん作っておけば便利です。酢を足したらゴマダレにして鍋物にも使えます。

酢とサラダ油を加えたらゴマドレッシングにも変身します。
ゴマには不飽和脂肪酸といってコレステロールの含まない油なのと、体に必要な栄養素がいっぱい。



さぁ、みなさ〜ん! ゴマをたくさん頂いて、お肌ピカピカで玉木君に会いに行こう!

結局、最後は玉木の名前が出て来なくては終れません。困った〜。 (そのままでいいよ!)

                                 ありがとう!
  


Posted at 2011年06月14日 00時43分25秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ