大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2009-07 の記事

私の偏見〜☆

映画三昧のついでに「アマルフィ」と「ハリーポッター」を観て来ました。

どうしてだか、なんだか力が入りませんね〜!(理由は明確!)
映画を見ながら寝てしまうという失態をやらかしてしまいました〜!
あぁ〜!「ハリーポッター」これが100億円の映画ですか〜!

玉木君の映画だけでは贔屓目線になってしまいますから、的確な判断をするには
いろんな映画を観て、目を肥やして批評をしたいですし、、、

この歳になればあまり感動とか驚きとかに縁が薄いですから、(だからラングやってくれー!)
映画からでも何かを感じたいのです!強欲なんです、、、! 残念でした!

「アマルフィ」も政府に復習をする動機がまったく薄く描かれていて
納得できませんね〜!へぇ〜!コレで終わりカイ!(すみません!毒を吐いています!)

ドラマだと10時間かけてじっくり人物の内面を描けますが、、、
やはり映画だと2時間では無理が出ても仕方のない事なんでしょうか?

いっそのこと本編で描ききれなかった動機の部分を予告編で先に流したらどうかと
素人ながら思ってしまいます。


キレギレの本編を流すのじゃなくて、、、そう思いませんか?
そうすれば予備知識が活かされてストーリーを理解でき集中できますもの、、、

映画関係者の方は海外のロケというのをうたい文句にしていますが、
確かに日本では見られないような綺麗な映像も、目の保養になって必要かと思いますが、
もっと内面を描いて、観客が共鳴共感できる様な映画は作れないのでしょうか?

お金をかけるのがすべてじゃないと思うのですが、、、 (のだめは例外です!)

ちょっと前の映画ですが、小栗旬君主演の「キサラギ」はすばらしかったです!
ビルの屋上の一室で5人の出演者だけで2時間の映画が完成したのですから、、、
制作費は1ヶ月分の家賃だけ?(そんな訳ない!)

最後まで観客の注目を一点に集めて、居眠りする間を与えてもらいませんでした!
観終わって、心に愛が残りましたから、、、(香川照之さん!上手い!)
ご覧になってない方ぜひ、DVDで観てください!(超おススメです!)

「ホノカアボーイ」も派手さのない静かな映画でしたが、
今も「ごちそうさま〜!」の言葉が私の耳に残っています!

瑛太とつるべ師匠の「ディァドクター」なんてワーナーマイカルでは興行してないんですよ!
映画を製作したら必ず上映してくれるとは限らないんですね〜!新たな発見でした!
悔しいでしょうね!出演された方は、、、


折角、劇場に足を運んでくれる観客に余韻が残る映画って作れないものなのかなぁ〜!
(きびし〜ぃ!私には作れませんが、、、!)

そんな事をふまえて贔屓目線を差し引いても「真夏のオリオン」はいつまでもセリフが心に残り
私の中では一番です!主演男優賞を差し上げます!(どうぞ進呈!いらん、、、)

映画の質と興行成績は比例しないもんだと改めて感じた今日この頃です!


Posted at 2009年07月31日 08時57分47秒  /  コメント( 10 )

東京ブギウギ〜☆

本日(25日)舞台挨拶抜きの「東京観光玉臭巡り」に行って来ました!(アホ!)


舞台挨拶のチケット取りはすべて外れました!が、今回は解らないなりにやってみようと思い、
生まれてはじめてのチケットぴ○に電話で参戦しました。

電話の向こうで「Pコードを入れてください」???なにそれ?
「Pコード!Pコード」と探してるうちに終了!いい経験になりました。失敗も勉強です!

「のだめ」の舞台挨拶にはリキを入れて絶対に頑張るぞ〜!(明日の命もわからん!)
そんな訳で行く気満々だったのです。気持ちは東京だったのです!

さぁ!新幹線で「出かけましょうか」

残念ながら今日は曇り空です!私の大好きな伊吹山も富士山もぜ〜んぜん見えません!
天気が良ければうなぎの養殖で有名な浜名湖の向こうのほうに富士山が見えます。
一番最初に富士山が見える場所です。知っていましたか?
それから品川まで見え隠れしながらついて来てくれるはずなんですが、、、

まぁ!それでも乗り物が好きな私は窓にべったりへばりついて
稲が青々育っているのを見たり畑の中に立っている鉄塔を見たり、
段々畑の茶畑のかしこく整列している様を見るのが嬉しくてちっとも飽きませんでした!

さぁ!品川駅に到着です!山手線に乗り換えて「恵比寿」まで行きました。

芸能人が出没するという場所です。
我らが「タマクラ」の事務所がある場所です。一度どんな所にあるのか知りたかったのです!

「あぁ〜っ!こんな所にあるんや〜」案外ちっちゃなビルでした(すみません!)
付近をぐるり〜と見渡して満足しました。

☆クリックして大きくしてご覧下さい!共に感動しましょう!


山手線「恵比寿」駅です!    スタバがあります!     駅から見上げた空です! 


スタバでお茶しました!     タマクラがある場所です!      恵比寿駅前です!         

それから、恵比寿といえば「ガ−デンプレス」でしょう!お上りさん丸出しです!

駅から「スカイなんとか」という動く歩道をズーッと行くと目の前に現れます!
あの「花より団子」の道明寺がつくしちゃんを雨の中ずぶ濡れになりながら
待っていた場所です。(見たかった〜!)

喉が渇いたのでレストランに入りました。
「観音池ポークと生ハムのチーズ焼きなんちゃらかんちゃら呪文料理です!
1300円(東京にしたら安っ!)ミネラルウォーター630円(高っ!)

空が晴れてきて、このまま帰ったら富士山見えるかも知れない(今来た所!)


「スカイ?」を出たらこの風景です!どSがどMになった場所です! 古くて新しい三越です!


綺麗でしょう!       ココに水を飲みに入りました!   この位の水なら一気です!     


次にあの私達の聖地「スイング碑文谷」です。中に入ってみました。

あぁ〜〜〜っ!若き日の明日のスターを目指して
バイト三昧の日々を送っていた玉木君の幻が見えます(ウソ!)

おススメの「あんみつ」を頂きました!このホールをウロウロ出たり入ったりしてたんやなぁ!
涙が出そうになりました(ウソ!)


「聖地」です!      玉木君のおすすめです! 駐車場に咲いていたアガパンサスです!

12時に東京に着いて16時にタイムオーバーです。

急いで帰らなくてはなりません!
何せ私は高野山に出かけているのですから、、、???

新幹線の車内で玉友さんから「何と!玉木君が広島スタジアム」にご登場のメールが来ました。

えぇ〜〜っ!私が乗っているのは「博多」行き思わず周りを見渡しました(乗ってる訳ない!)
宿題を急いでしなくては、、、、!新幹線の中で「写経」です、、、!


行きの朝食!定番です!  宿題を忘れずに、、、!

もし何処に行ってた?と聞かれたときの用意にと、、、!
隣の兄ちゃんびっくりしています。

不思議ではないはずです。だって昔の人は旅をしながら何かを極めたんだから、、、!
最後まで写しましたが、さっぱりわかりませんでした!

ごめんなさい!今度こそ本当に高野山にお参りしますから、、、!


Posted at 2009年07月25日 22時39分04秒  /  コメント( 6 )

生まれてはじめて、、、!

昨日(19日)は私の61回目の誕生日でした!

タマクラから届くバースディーのお葉書で自分の誕生日を改めて知らされるようなもので、
いつもはだんな様も子供たちも自分も忘れてしまっています。

なのに娘が(と言っても元バイトの子です)ママお誕生日おめでとう!と言って
花束とケーキを持ってきてくれました!(なんで、知ってたん!)
照れくさいような嬉しいような、、、!

お店「ローソクは何本お付けしましょうか?」
娘 「乗りきらないと思います!」

多分自分の為のケーキは生まれてはじめてかも知れません!ありがとう!なっチャン

玉木君からは愛のこもったメッセージ! 「心から、おめでとう」と言ってもらったし
(はがきですよ!)ほんとに、まったく幸せものです!

去年のおはがきの言葉もため息が出るほど愛が溢れていたし、
どこでどんな風にコメントを考えているんでしょうか?あの忙しいさなかに、、、
ちょっと書けませんよ〜!あの言葉は、、、

まるで自分だけの為に言ってもらった様に錯覚しますから、、、(私だけ?)
この歳になってもそんな風に思う今日この頃です!

ヨーロッパから一時帰国で「MW」の舞台挨拶に君臨されますので、なんとしても行きたいです。

チケットぴ○の参戦はやり方がわかりませんので、ファンクラブ枠で応募しました。
もし、万が一当選したら、、、!一番の問題はだんな様にばれないように行く事です。

そこで、悪知恵を働かして、それとはなしにだんな様に言いました!

「この前霊感占いの人があなたの前世は修行半ばで倒れたお坊さんです。
だから写経をしなさい!あなたならきっと出来ます。
と言ってもらったから高野山に写経に行って何かを掴んで来るから
朝いなくても心配しないように、、、」イヒヒヒ、、、!

バチあたらずに、、、舞台挨拶にあたってほしい、、、!!

(当たってから心配しろ!のツッコミよろしく!)



ありがとう!ふっ!  綺麗でしょう! 私の仕事場です!向こうで玉木君が微笑んでいます!

1週間ダイエットを決行しょうと思ったのに、
ケーキ半分食べちゃいました〜(あっちゃぁ〜!こりゃダメだぁ〜!)


Posted at 2009年07月20日 09時19分26秒  /  コメント( 12 )

自己申告〜☆

ばんざ〜い!「真夏のオリオン」目標20回鑑賞達成〜!


よく頑張りました(パチパチパチパチ!自画自賛!)
17日で上映終了の為、本日でぎりぎりセーフでした!(ふぅ〜〜!)

二つの映画館をあっちに行ったりこっちに行ったり、、、!
夜のレッスンの時は昼に、昼のレッスンの時は夜に、、、!時には生徒さんに無理を言って
お休みをいただいて「MW」と二本立てで、、、

間をぬってクネクネとチャンスを狙った獲物の目の様でした!
もう私の人生これ以上の事はないでしょう!
なにせ、ファンになって初の映画ですから、、、大阪のおばちゃんの心意気です!

そこで、くたびれない映画鑑賞のコツを伝授します!

まず入り口でひざ掛けを借ります。席に着いたら靴を脱ぎ、座席にあぐらをかきます。
ひざ掛けをかけて、ブラのホックをはずします(最大のポイント!)
お家でテレビを見ているようにリラックスして鑑賞です!(参考になりましたか?アホ!)

今日の「真夏のオリオン」は見納めと思ったらより一層セリフが心に響きました〜!
私もこれだけ見たら飽きるかなぁ!と思ったのですが、結局、飽きませんでした!!

潜水艦の乗組員は全員が自分の与えられた持ち場を責任をもって遂行する。
それで潜水艦が動く、敗戦を知っても乱れることなく機関長は機械を磨き、
軍医長は看護をし、烹炊長は食器を拭き、淡々と自分の責任を果す!

当たり前の事なんですが、現代の平和ボケしている私達へのメッセージですね!

さて、今日は「MW]」の感想を書きます。

私の一番好きなシーンは、賀来がMWを抱えて飛行機から飛び降りようとした時、
髪の毛をかき上げた演技です。(あれが山田君のアドリブならば凄い!)

かき上げる事ではっきりと賀来の顔が見えます。
結城に自分の苦悩した顔、最期を見せることによって何かを感じて、
人格を取り戻して欲しい!
賀来の結城に対する慈悲愛だったのではと思い胸に迫る物があります。

屈折した自分の人格、それを唯一、見つめ続けてくれた賀来!
飛行機から落ちていく様を見送る結城の目は、
決してモンスターなんかじゃなくって、確かに血の通った人間の目でした(涙、、、!)

幼児期に受けた心の傷を結城は闇に閉じ込め、
復習を計画している時だけ心のバランスが取れていたのでは、、、!

賀来はキリスト様を信じ教育によって心のバランスが取れていた、、、!
そうじゃないと壊れてしまうでしょう(涙、、、!)

同じ恐怖の体験をしても幼い賀来より年上の結城の方が(映画では、、、)
感じる力に差があって、憎しみも悲しみも倍増したのでは、、、
まだ理解不能な幼い脳に惨劇を焼き付けられたとしたら、、、
そう考えたら結城の気持ちも解るような気がしてきます。
決して褒められたものではないですが、、、!

手塚治虫さんは「性善説、性悪説」を頭においてストーリーを考えたのではと思いました。
人間は生まれながらにして善だという考えと、
人間はそのままにしておいたら欲望的存在だからどこまでも落ちていく、
だから教育が必要だ!という「性悪説」

まさしく賀来と結城そのものと思いませんか?

私は若い頃は「性善説」を信じたかったですが、
今の歳になればやはり人間は「性悪説」の方が正しいのかなぁ!と思っています。

だから幼児期に本当の愛をかけてもらえる人が絶対必要なんです!
結城を作らない為にも、、、(フィクションですから、、、!)

映画とかドラマはどんな極悪非道な人間でも最後は何かを感じて心が動いたり改心したりして
観ている方は、すっきりするのですが、「MW」は違いました。
「どうにかならんかったのか〜〜〜!」と、、、!
でも、結城の心にも必ず何かが芽生えたものと信じたいです!

日本ではファンが映画を観て割り切れない思いでモヤモヤがいっぱいなのに〜!

ヨーロッパの玉木君は「MW」の事はすっかり忘れて千秋様になりきって
涼しい顔をしている、、、(当たり前〜!)めいっぱい楽しんで下さ〜い!

「あぁ〜!あんなラストシーンでは納得でけへん!あれからどうなるんじゃ〜〜!

うぅ〜〜〜っ!」(まぁ!映画ですから、、、!納得!)


Posted at 2009年07月16日 15時13分31秒  /  コメント( 10 )

感動のすすめ〜☆

私はいつも生徒さんに料理以外の無駄話をよくします。
その中の一つに「一日一回感動をしよう!」の話をします。

人間は感情の動物ですから毎日腹の立つことや嫌な事が絶え間なく押し寄せてきます。
避けて通ることは出来ません!相手がある事ですから、、、
そこでより穏やかに幸せに暮らすにはどうしたらいいかと、お節介話をします。
自己満足感はなはだしいと思いますが、、、

一日一回何でもいいから感動をすることをすすめています。
たとえば雨に濡れたアジサイを見て綺麗と思ったり、
公園で遊ぶ子供を見て無邪気と思ったり、子犬を見て可愛いと思ったり、
美味しい物を食べて幸せだなぁ〜!と思ったり
「オリオン」を観て感動することは10回分の値打ちがあります(笑)

結構身近に感動することは溢れているのですが、
気にしないと、気がつかないことが多いです。

感動すれば感性が磨かれます。感性とは綺麗な物をみたら心から綺麗と感じる力です。
気持ちです。何に対しても的確に正しく心が動く事です。

幸せを感じる時って結構、簡単で単純な事です。
嬉しい事があったら人にも優しくなれるし、自分もここちいいし、、、、

でも感動をしようと思ったらじっとしていては向こうからはやって来てくれません!
それにはやはり外に出て自分の方から攻めていかないと感じることは出来ません!
感動の獲物を自分の目と心でキャッチしないとダメです!

さぁ!玉木君のように休みの日には外に出て何かを感じて下さ〜い!
(結局!何でも最後は玉木君に行き着きます!)

現代人は感動や幸せのレベルが非常に高いと思います。
本当はもっと低い所にレベルを落したら、もっと幸せを感じられるのに、、、
と私はいつも思います!

私は夜ベットに入ったら手足を思いっきり伸ばして、「あぁ〜!横になって寝れる事は
幸せだなぁ〜!」と毎日つぶやきます!(バカみたいでしょう!)

自然と何か感謝の心が芽生えてきて
「今日も一日なに事もなくありがとう!」「玉木君!今日は楽しかったですか?」
と言って寝ます!(イタイ人です!)

当たり前に思っていた事からでも幸せは感じられますから、、、頑張って下さい(誰が、、、)

感性が磨かれたお母さんに育てられた子供は、人生勝ったようなものと思いませんか?
人間は自分の努力だけで自信はつきません!人の言葉の支えが要ります。
しっかり子供をほめて育てて支えてあげて下さい!(誰にでも言えることです!)

「オリオン」を観てなんだかやさしくなって、そんな風に感じた今日この頃です!

今日で鑑賞18回です。瑛太主演の「銀色のシーズン」17回の記録を破りました!

18回×10回感動=180感動!(ばんざ〜い!1年の感動ノルマ半分達成!アホです)


Posted at 2009年07月14日 10時19分23秒  /  コメント( 0 )

おバカなお話〜☆

「真夏のオリオン」魚雷到達までふたじゅう秒!(違いました!)
私の目標ふたじゅう回まであと4回!
来週の(16日)木曜日までに到達しま〜す!(ふぅ〜〜っ!)

決して暇人ではありません!自分の中で目標を決めたからには、
あらゆる難題乗り越えて、隙をみて、万障繰り上げての鑑賞です!

何度観てもクライマックスのシーンでは涙が流れます!
ラストの坂を登ってきて志津子のもとに帰ってきます。
決して手放しで喜べない艦長の困惑したような顔、
でも「オリオンに導かれて」愛する人に生きて会えた喜びが表情からにじみ出て、、(涙、、、)

いい映画ですね〜!ファン目線を差し引いても、わたしの中では「主演男優賞」ものです!
セリフぜんぶ言えそう!

あわせて「MW−ムウ−」も同時鑑賞です。
天使と悪魔!模範な人と鬼畜な人間!80度の緑茶と冷水の中の尖った氷!
あと何かありますか〜!ボキャブラが貧困な私はこの位しか浮かびません!

「MW」はツッコミどころ満載ですが、それは置いといて、、、!
玉木結城は違った意味で好きですね〜!

もし、私が演出するとしたら(そんな訳ないですが、、、妄想です!)

問題の禁断のシーンです!

発作の為にソファーに横たわっている結城が、ガライの肩に手をかけて
「俺がそうしてやるよ〜」つぶやく様なけだるい響きに、呼吸を止めて見入ってしまいます!

が、いまひとつ、もう一歩踏み込んで、
ガライの首に手をかけて少し引き寄せるような仕草をすれば

(さぁ!みなさん妄想してくださ〜ぃ!)

「違うそうじゃなくて、、、」のガライの言葉も活きて、二人の関係性も理解できて、
観客は暗黙の了解のもとに、その後のストーリーに何ら疑問が生じることなく、納得して
集中出来たのではと、思いました!

私も1回目では「あぁ〜!結城がかたきを取ってくれるのかなぁ」と誤解していましたから、、、

手の位置ひとつで、すべてが解釈できたのに〜!
玉木君が監督に「体に触れるほうが、ソレらしい感じが出る」と提案したそうですが、
あと一歩だったのに、、、!(若い!)

そうすれば、渋谷の街中にそのまんまの証拠写真を掲げて、ビルの窓をふさいだ事も
プロモーションとしても立派に活かされたのではないかと思います!

「オリオン」が目標海域に到達したら今度は「MW」を攻撃です!

幸せですよね〜!会おうと思えばいつでも会えるのですから、、、!
ふたつの映画が終わってしまったら、確実に玉夏枯れに突入です(あぁ〜〜!)

これって!お料理教室のブログですよね〜!(はい!何か、、、?)


Posted at 2009年07月11日 01時35分52秒  /  コメント( 4 )

私の主観〜!

本日2度目の「MW−ムウ−」を見て感じた事を書きます!

一度目では解らなかった事がやっと理解出来ました!
山田君の「2度見てください!」の言葉にのってしまいました〜!
まぁ!言われなくてものりますが、、、

ファンだから必死に感情移入して、目を凝らして集中してみているから
その時々に見せる結城の表情の中に見え隠れする苦悩がやっと理解できますが、
一般の人はサラ〜ッと表面をなぞったような見方をしますから、
それで評価されてしまうのがとても残念です。
(そういう私も玉木君が出ていない映画はそんな見方をしていますが、、、)

私は原作本も見ていないし、予備知識を持たずに見ましたから
理解し難い部分はいっぱいありましたが、
玉木君曰く「無機質に演じた」その中にも表情の端々に結城の、人に悟られたくない弱い部分が
見え隠れして、今日は胸が熱くなりました!

ひとりのメッセンジャーとしてあんなに頑張って演じきったんだから
「玉木宏じゃないと演じられない」と、まで言ってくれたんだから、
この不完全燃焼の気持ちは続編を作ってもらって、より魔性の魅力を活かして
女も男も翻弄させる!
そんな結城を見ないことにはまったく納得いきません!(何様だぁ〜!のツッコミよろしく!)

それにしても、役者と言う仕事はあっちこっちからのカメラワークで切れぎれに演じて、
その時々に集中力が要求されて同じテンションを保ちつつ演じなければならない!
大変な仕事だなぁ!と思います。

玉木君流のグラフは絶対必要でしょうね!

演じた後は「まな板の上の鯉」状態で後は編集者の腕(感性)によって
作品の良し悪しが決まってしまう!
なんともじれったいような悔しいようなそんな感情に襲われました。

役者も監督も含めて編集に参加出来てディスカッションしながら映画作りが出来たら
よりすばらしい映画が生まれるんじゃないかと素人ながら考えてしまいます。

演じた役者の想いや意見を聞いてくれて、編集に取り入れてくれる様な
そんなシステムはないのでしょうか?

「真夏のオリオン」は血の一滴も見せずに戦争の悲惨さを
この平和な時代に生きている人にメッセージとして残してくれました。

「MW−ムウ−」を見ていただいた観客の方に、演じた俳優の想い、
制作サイドの意図を感じていただけたのかとても気になります!


Posted at 2009年07月06日 22時31分13秒  /  コメント( 5 )

霊感占いの先生に出会...

今まで占ってもらった経験は数知れず、、、!

いつも突然に占ってもらう機会が訪れます。

今回の先生も生徒さんにだいぶん前から教えてもらっていたのですが気持ちがのらなくて
そのままになっていました。

それが突然「私は何の使命で生まれてきたんだろう!」と突拍子もない疑問が浮かんできて、
すぐにその生徒さんから情報を頂いて行って来ました。(思い立ったら早いです!)

霊が見える人だと聞いていましたので、行く前に普段しない掃除を念入りにして心を清めて
伺いました。

前に淡路島の先生には入り口を入った瞬間から
「何で来たの?あなたのような何でも解決できる人が、、、!」と叱られましたので、
今回も恐々伺いました。

やはり霊を透視できる方で、自分では気がつかなかった魂の底の底をつかれて、
最初から号泣です。

普段考えないようにしている心の傷をグイグイとひっぱり出されるのですから、、、!
涙が流れるほど心が綺麗になっていく様が自分でも解りました。

私は山が大好きで、特に富士山と北アルプスの槍ヶ岳、スイスのマッターホルンが
一番気になります。

奥飛騨温泉からロープーウェイを乗り継いで登った西穂高の売店の展望台から見た景色!
左の方に焼岳、真ん中に乗鞍岳、向こうの方に白山、右の方を見るとあの槍ヶ岳がみえた感動は今も映像として私の中にいます。

とはいっても登るのは生駒山の700mから伊吹山の1500m位の低い山しか登りません。
山の中にいると本当に心が「ふぅ〜〜っ!」となるのです!

玉木君にはまる前は一年に6回ぐらい登っていました。今は全然行きません!
山よりもっと素敵な楽しみが見つかった物ですから、、、(エヘへ!)

そんな訳で自分は山から生まれたのでは?と思っていました。ピッタリでした!

私の前世は修行していたお坊さんで志半ばで倒れた人らしいです。

今まで「何でこうなったのか?」とか、「うまくいき過ぎやなぁ!」とか
日ごろ疑問に思っていたことの何で?何で?が次から次へと点と点がつながって一本の線になり
今までの謎がすべて解けたように思いました。心から納得しました!

私は人の意見をまったく聞きません!笑い話のようですが、料理教室をやるにあたって
工務店の人が家を壊しはじめて、驚いているだんな様に「料理教室やるネン」
と、はじめて打ち明けた位ですから、、、(本当の話です!)

何でも一人で考えて一人で決めて行動しますから周りも「暗黙の了解」状態です。

だけど、人の言葉に愛を感じられたら、その人の意見はすべて聞き入れます。
今回の先生のお言葉には愛がありました。

教室の生徒さんに今日言われました。「なんか先生優しくなった!」と、、、!(エヘッ!)

そうです!私は超単純です!(笑) 変われるんですよ〜!この歳からでも、、、!


Posted at 2009年07月06日 08時54分25秒  /  コメント( 0 )

玉木宏主演「M W」〜!

本日(4日)「M W」の初日上映に行って参りました!

玉木君曰く「壊して、挑戦する!」あぁ〜〜〜〜っ!感想が〜〜〜〜っ!

私の嫌いなもの注射とへびと暴力!(聞いとらん!)

贔屓目線を差し引いてもこわ〜ぃ!怖すぎです!

上映中何度目を閉じた事か、、、!(最初から終いまで、、、)
多分上映中延べ30分は目を閉じていたでしょう!

何度か観たら慣れるでしょうか?慣れないでしょうネ!多分!

気持ちは解りますけど、結城の立場も理解できますが、
世界を滅亡させるには動機が少々ヒステリックな感じがいなめません!
2時間位では多分描ききれていない部分があるからだと思いますが、、、!
結城の押さえ込まれた苦悩をもっと表現してくれたら入り込めるのですが、、、(あぁ〜〜!)

何時の世も悪がはびこり「無理が通れば道理が引っ込む!」納得いかない様な終わり方に
不完全燃焼感が残りますね〜!

いっそのこと必殺仕事人のような人にブスッとやってもらったほうが「パチパチ」良かった〜!
とすっきりするのですが、、、!

手塚治虫さん流の問題提起なんでしょうね!

結城の冷たい目線にはゾクッとして見惚れるくらいカッコ良くて、目が離せなくて
サディスティックな狂気迫る演技力に
確実に成長度合いは感じられるのですが、、、(あぁ〜〜〜!ため息ばかり出ます!)
やっぱり嫌です!(グスン!)

気分直しに夕方からは「オリオン」の倉本艦長に会ってきました。(合間に仕事してる!)
艦長はいいですね〜!人間味に溢れていて、、、!同じ人が演じてるとは到底思えません!

あのハーモニカで吹く「オリオン」の楽譜が欲しかったのですが、今日手に入れました。
劇場で売っているレターセットの便箋が楽譜になっていました。
ピアノで弾いて一人で癒されます!
右手だけですから簡単です!私でも弾けま〜す!

しばらくは「MW」を観てから「オリオン」で中和する!このパターンが続きそうです!

なんだかんだ言ってもやっぱり観に行くんかい!(はい!)


Posted at 2009年07月05日 02時03分01秒  /  コメント( 2 )

玉木宏〜〜♪

From tamaki が超々嬉しい〜〜〜ぃ!!

こんなに愛のこもった長いメールははじめてですね〜!感動〜〜〜です!

読んだ印象は玉木君もいろんな事を考えているんやぁ〜!と思いました。

男前はそれだけで世間はチヤホヤするし、努力をしなくてもモテルし、
周りもおだてて、、、だから頭の中は単純で(ごめん!)思慮深くないと思っていました。

感動です。私が知らなかっただけでちゃんと物事を考えていたんです!
嬉しくって!嬉しくって今興奮してブログを書いています。

そうですよね〜!一方通行のファンなので彼の頭の中がどうなっているか
考える術もなくて、、、!

たとえ彼の頭の中が単純であっても、鈍感であっても、たとえ小2であっても
何でもいいからファンというのはどんな玉木君でも好きなんだから、、、
あのサンダルまでも愛おしく思えていたのに、、、

反則ですよ〜!
こんなにも深く物事を解っていて、こんなにも自分の意見が言えるって、、、(涙、、、!)

本当に嬉しいです!性格が良くって、姿かたちが美しくって、立ち居振る舞いが整っていて、
思慮深くって、親孝行で、、、欠点ってあるのですか?すべての男性を敵に回していませんか?

海外の歴史のある建物と、綺麗な空と、夢のような景色と、澄んだ空気に触れて、
その上に指揮も終わって、少し心の余裕が生まれてきたのでしょうネ!

ホントに良かったです!後はお芝居だけに集中できますもの、、、(涙、、、)

いっぱい写真を撮って、いっぱいリラックスして、いっぱい美味しい物を食べて、
いっぱい思い出を作って帰国して下さ〜ぃ♪

あまりの嬉しさに興奮マックスです!

自分の息子の成長より嬉しいかも、、、(息子!ごめん!)


Posted at 2009年07月03日 22時09分39秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ