大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
2008-12 の記事

高野山にお参りしました!

高野山と私の話!

毎年、恒例行事としてお盆と年末には和歌山県の高野山参りをします。
と言っても私は信心深い人間ではありません。
今までズーッと神も仏も関係なく、初詣も行った事がありません!
ただ、目の前のことに懸命に生きてきた訳です。
でも、50才を過ぎた頃から何となく動かされるように高野山に足を運ぶようになりました。

2006年にユネスコの世界遺産に登録される前から訪ねていました。
南海電鉄「なんば駅」から高野山「極楽橋」まで1時間40分の旅です。

毎日お腹いっぱい食事が出来るありがたさや、元気に楽しく生きられる事のありがたさ、
若い頃には当たり前と思っていたことがこの歳になれば自然と、
そのような感謝の気持ちが芽生えてくるものなんです!不思議です。

年末に高野山に参る事と、お正月を過ぎた頃、日本全国晴天の日に
富士山を見ながら温泉に浸かる事が、
1年間幸せな気持のテンションを保つ私の「おまじない」かも知れません!

高野山は、およそ1200年前(平安時代初期)に「弘法大師空海」によって開かれた、
真言密教の総本山です。標高およそ900mの山の上の盆地に117の寺院が点在しています。
歴史上の人物のほとんどの方のお墓があると思います。徳川家の霊台もありますよ。
人口4000人のうち1000人がお坊さんです。

世界遺産に登録されてからは外国の方がとても増えたように思います。
外国のインテリゼンスのある人は日本の歴史や、
古い建物に興味があるのかも知れません!

高野山駅からバスで東の端の一の橋、奥の院まで20分もかからない位の小さな聖地です。

私がいつも一番に参る所は、
弘法大師様が眠っていると言われている奥の院の「御廟所」です。

願い事はその時々に気になっている事です。自分の事を願った事はありません。
いつも手を合わせていると涙がこぼれます。心がその時だけでもすみきった様に感じます。

私は毎年行っていますので、もうほとんどの場所や道順が解りますが、
でも今回、新しい発見で麩まんじゅうのお店を見つけました。やはり笹に包まれて、
モチモチ感が京都の「麩嘉」より強いと思いました。(美味しかったです!)

どこへ行っても、どんな時でも関連があるものを見つけ出しますねー!やっぱり!(笑)

そんな訳で神聖な聖地!高野山の風景で癒されて下さい!


高野山まで1230円です!   山の下です。いい駅名と思いませんか!   山の上の駅です!


今日の空です!        手を清めて参ります!       奥の院への入り口です!


厳(おごそ)かな参道です!まさしく聖地と思いませんか!1200年前から見下ろして見守って!


歴史上の人物の本物の墓所です!


豊臣秀吉公も眠っています!    苔のむすまでと言いますが!  どれだけの年月を経て! 


御廟(ごびょう)付近です!    綺麗な流れの玉川です!    壮大さが伝わりますか! 


ぜんざいを頂きました!      精進料理です!       麩まんじゅうです!  


総本山金剛峰寺(こんごうぶじ)山門です! 同行二人御大師様と一緒です!池に氷が張って! 

帰りにお土産やさんで、「高野山 真言宗 21世紀 心の伝道」と言うポスターの言葉に
心が反応しました!

 冬の根雪を溶かすのは、あたたかな春のそよ風
 かたくとざした心を開くのは、あなたの思いやり
 


 嬉しいことや、悲しいことや
 いろんなことが折り重なって
 人生は深まっていく


本当にその通りと思いました!(合掌)


Posted at 2008年12月20日 23時50分40秒  /  コメント( 12 )

☆チームオーサカ☆オフ会!

玉木宏君ファンクラブ「チームオーサカ」第1回目オフ会をしました!

今日(6日)はハワイ旅行に大阪から参加した皆さんとの
第1回目の「チーム・オーサカ」オフ会の日です。

香港から帰国のK子さん、キャリアウーマンのお二人、主婦組3人の計6名の
玉木君!大好きメンバーです!

みなさんに「麩まんじゅう」のお土産が一番喜んでもらえるのではと思い
今週2度目の「麩嘉」に行って来ました。
お店の方のお話では、玉木君みずから買いに来られたそうです。
なんだか、この店ののれんをくぐったのかと思うだけで、嬉しくなりました!!

今日は、のんびりゆっくり歩いて京都の地理を覚えました(コツが解れば京都の地理は簡単!)

二条城の前の堀川は、本来水の流れていない緊急用の堀だったそうですが、
今は、清流を流すべく工事中です!

前回撮れなかった二条城の写真をアップします。

江戸時代に徳川家康が京都御所の守護と将軍上洛の祭の宿泊所として造営し
15第将軍徳川慶喜が大政奉還をして、徳川時代の幕が下りた、二条城です。
時代が明治に替わって、二の丸御殿が一時、京都府庁舎となり、
その後宮内庁の管轄になり二条城離宮となったそうです。

地下鉄東西線、二条城前駅を出ると目の前が東南隅櫓です。
お城の周りには垣根にピラカンサが植えられ、赤と黄色の実が
秋晴れには映えてとても綺麗でした!

オフ会の会場は北新地「ごま屋ちゅう兵衛」です。

ハワイでは少しお話をしただけで、名前も存じ上げない方ばかり6名の集まりでしたが
誰に遠慮することなく、玉木君トーク炸裂の喋りっぱなしの2時間でした。
場所を移して3時間まだまだ喋ります。

喋るのに夢中でお料理の写真を撮るのを忘れました。
みんな玉木君が、大好きな事がよーくわかりました。当たり前のことですが、、、

今後の玉木君の応援をどのようにして行くか?どのように支えていくかとか、
話が尽きることなく午後11時に終了です。

声がかれました。目がショボショボです。みなさまお疲れ様でした!
一丸となり、一緒に彼を支えましょうネ!又お会いしたいです!


東南隅櫓(やぐら)です! この石垣は誰が組んだんでしょうか!   ピラカンサの実です!


東大手門です!徳川家康が住んでいたんですよー! 歴史を感じさせる松の間から撮りました!


今日の空、ため息ものです!  二条城前の刀剣のお店です!       反応します!


Posted at 2008年12月07日 13時08分45秒  /  コメント( 8 )

玉木君の好きな「麩ま...

どんだけ!甘いもんが好っきゃねん!!


京都二条城前、掘川通りにある全日空ホテルで、あるキャリアウーマンの方の
講演会があると言うので行って来ました。
ハワイでお知り合いになった東京在住のキャビンアテンダントのMちゃんが
京都に所用があるのでお会いしませんかと連絡があり私もついでに
講演会におじゃました訳です。

Mちゃんとはハワイから帰ってきてもメールや電話で妄想トークに花を
咲かせていた仲です。
香港のK子さんとも環境も歳も違う私たちがどうしてこんなに親しくなったのか謎です。

講演会も終わり、今回メインイベントの玉木君お気に入りの麩まんじゅうの「麩嘉」さんへ
徒歩で向かいました。

同志社のトークショーでは「京都に来たら買って帰る」と言っていた麩まんじゅうです。
二条城の近くと言っていたのですが、20分位歩きました。
住宅街の中ほどに京都らしいたたずまいのお店がありました。

麩まんじゅうは小麦グルテンから作ります。小麦粉を袋に入れて上から水をかけながら
揉んでいくとネバネバのガムのような物が残ります。
それが小麦グルテンで小麦粉のそのまんま、たんぱく質です。
だから非常に栄養満点の和菓子です。

ちなみに、強力粉はグルテンが強(いっぱい)で薄力粉は薄(少し)です。
パンやうどんの様にねばりやコシを求める時は強力粉です。
ケーキや天ぷらなどサクッとしたい時は薄力粉が合います。


全日空ホテルのいちようの木です!  見上げて見ました!       夜の二条城です!


お店の方の許可を得て撮影しました!   老舗です!       防火用水がお店の前に!


歴史を感じます!        重みがあります!


予約をしないと買えませんので!  5コ入り1050円です!    中は甘さ控えめのこしあん!

お味は小麦蛋白と餅粉をブレンドしたモチモチです!あんは丹波産の黒豆のこしあんです。
笹の葉に包んで蒸してありますから、笹の香りがしてなんともお上品なお味です。
玉木君が好きそうな味と思いました!
やはり食欲に負け、あまりの美味しさに3コぺロリと頂きました(ガクッ!)
「麩嘉」(ふうかと読みます)さんのTEL 075-231-1584です。

それから10分位歩いて「大源」というお鮨やさんに行きました。
とてもおもろい大将で、板場とカウンターで漫才のような掛け合いをしながら楽しく
お鮨をいっぱい頂きました。(極楽です!)

目で見るだけで申し訳ないんですが、ご覧下さい!


ヒラメのエンガワです!   塩とすだちで頂くイカです!    海水に漬けたうにです!


大間産まぐろです!       炙ったあなごです!       臭みを消した白子です!


生きている帆立です!     浸かり方がグッドのいくらです!   からす貝磯の香りが!


味噌とわさびがミスマッチ!   なんとも美味しい玉です!     香ばしいうなぎです!


無添加のしば漬け巻です!    紅トロの贅沢巻きです!     あわびが動いています!

とにかく、ネタはすべて「生かって」います。
大阪では新鮮なネタを生かっていると言います。醤油も大将こだわりの手作りで、
私は醤油の代わりに青森の男鹿半島の塩で頂きました。
素材の味が生きて最高です!

「誰か芸能人は来る?」とお聞きしたら、びっくりする様な方が来られるようです。
守秘義務で教えてもらえませんでした。カンタービレさんは来たのかしら、、、            


Posted at 2008年12月03日 00時47分11秒  /  コメント( 17 )