大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

女人禁制!

「学園祭って若い俳優さんや芸人さんが来るんじゃないですか?」
「みなさん知らんやろ〜本物の玉木君はめっちゃ若いで!」

私が学園祭に当選したと生徒さんに話した時の会話です(当たったのか?)

玉木君に対する世間一般の認識はおっさんだったのです。
こんなに若くて気のいい男前はちょっとそこらにおらへんのに(基準が自分!)


そんなこんなで。

今週の土曜日に熊野大社に出かける予定だったのですが、
乗船予定の観光船が増水の為中止になったそうで旅行自体がキャンセルになりました。残念!

そこで先日お参りさせていただいた高野山詣で興味深い話題を一つ。

816年に弘法大師が高野山をお開きになった折にもろもろの庶務を司る役所みたいなものを
高野山の山すその玄関口に慈尊院(じそんいん)を建てられました。

弘法大師のお母さんが息子の晴れ姿を一目見たいと香川県から遠路はるばる来られたそうです。

しかし、
高野山は明治時代まで女人禁制だったので、母君と言えど息子に逢う事は許されませんでした。

お母さんの身を案じた弘法大師は慈尊院にお母さんを住まわせ、
「自分が山から下りてくるから寂しい思いをさせないよ」と月に9度会いに来られたそうです。

そのお蔭か人生50年と言われた時代におかあさんは82歳の長寿だったそうです。

やはり長生きの秘訣は自分を認めてくれて愛されることなんだなとしみじみ。
今後の勉強になります。憎まれっ子世にはばからない。


月に9度も山道24キロを往復するのは並大抵の事では出来ません。愛あればこそ。
慈尊院のある町名は「九度山町(くどさん)」

その時に道案内に犬が付き添っていたそうですよ。
弘法大師さまも一人で山登りするより犬が一緒だと心丈夫だったことでしょう。

その道案内犬が現代にも表れたそうです。

「女人高野 慈尊院」に飼われていた雑種の「ゴン」が
徒歩で高野山参りをされる方が迷わないように案内をしていたそうです。

片道24キロを駆けあがって降りてくる。立派だわゴン!

境内には弘法大師さまの銅像の隣にゴンの墓標があります。合掌!

Posted at 2019年09月04日 16時42分02秒

 
この記事へのコメント

若い兄ちゃん

私も若い兄ちゃんにうつつをぬかすばあばながら
日頃はボーっとしているのに学園祭の当選入金手続きなどには
テキパキパワーが湧いてきます。

高野山も興味深いお話、先日のネコちゃんに続き
犬がキーわんこなんですね。
高野山にもたくさんの逸話があるのを知りませんでした。

ハルジオンの名前はさだまさしの曲に出てくるので
知っていたのですが
どんな感じの花なのかは知りませんでした。
名前と形が一致です!
可憐ですね!
Posted by やっくんばあば at 2019/09/07 22:19:10

>やっくんばあばさまへ

やっくんばあばさまも例の件当選したのね。
みんな公に言ってないから言っちゃいけないのかな?

それともやっくんばあばさまと私と二人で彼を独り占め〜(んなわけない!)

ハルジオンは可愛いでしょ。目を凝らせて歩けばいっぱいいろんなことが見えますね。

まだまだ先の事ですが、弱い光を楽しみましょう。
Posted by はっぴぃ at 2019/09/08 14:24:28

弱い光をめざして....

いつも返信まで有難うございます。
何か不都合が生じたらあきませんね。
先日の件削除していただけたら有り難いです。
Posted by やっくんばあば at 2019/09/08 21:23:07

>やっくんばあばさまへ

やっくんばあばさま!不都合なんて1mmもありませんよ。
みんな気にし過ぎなのよ。まったく大丈夫です。

弱い光を糧に生きている私たちの想いが彼に届いているかしら?
もし届いていたら(届きません!)インスタでいいから更新して〜
Posted by はっぴぃ at 2019/09/09 12:43:33

弱い光をめざして....

心強いお言葉!
ウルウルです!
Posted by やっくんばあば at 2019/09/10 12:37:28

>やっくんばあばさまへ

そんな〜ウルウルしてくていいですよ。

私の玉友さんに玉木君と一回しか逢ったことがないのに10年近くもファンクラブに入っている人がいます。

彼が活躍して幸せになる。存在だけで満足している人がいるんですよ。
彼のファンはほぼ親戚のおばちゃん状態かもしれませんね。
私もやっくんばあばさまも生の玉木君に逢える。こんな幸せなことはないです。
Posted by はっぴぃ at 2019/09/10 21:59:36

親戚のおばちゃん状態

生玉様御尊顔を拝見できるのもさることながら
玉木ファンを共有、共感できるのもこれまた幸いです。
Posted by やっくんばあば at 2019/09/15 19:49:39

>やっくんばあばさまへ

昨日黄色い封筒が届いたのですが、メッセージの最後の言葉に不覚にも涙がにじみました。
90歳までファンクラブに入ろうと決心しましたよ。
ぼけなかったらのはなしですが。
Posted by はっぴぃ at 2019/09/18 08:00:13

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*